メルマガとは?


 「メルマガ」とは「メールマガジン」の略でその名の通り、「電子メールなどで送られてくるマガジン(雑誌)」という意味です。これは、メールが受け取れる環境であれば誰でも読むことが出来ます。ただ、メールマガジンは“雑誌”とはいっても、文字中心のシンプルなものです。パソコンなどを対象としたメールマガジンなら画像などを使うことも出来ますが、携帯端末では本当にシンプルな物になってしまいます。また、携帯端末の電子メールは特性上、数ページにも及ぶような長いものは掲載できないので(ドコモ:255文字、Jスカイメール:198文字)、文量もやや長めの手紙程度のものが中心になります。

 ここまでの説明ですと「そんな地味なメールマガジンのいったいどこがおもしろいの?」と思うかもしれません。確かに、メールマガジンには、紙媒体の雑誌のような派手さはありません。でも、一般の雑誌が取り上げられないような、ある特定の趣味や嗜好に関する情報の濃さなら、メールマガジンの方に分があります。例えば、オカリナ演奏や切手収集など、専門誌がないようなマイナーな趣味でも、メールマガジンなら誰かが発行しているかもしれません。メルマガは基本的にアマチュアでも無料で手軽に発行できるので、紙に印刷して発行するよりもコストや手間が断然かからないからです。

 メールマガジンを発行しているのは、たいてい同じような嗜好性を持つアマチュアの方なので、送られてくる情報も自分の目線に近く、ついつい親近感を覚えてしまいます。気が付けば、メールマガジンを発行している方とお友達になっていたり、メールマガジンに自分も寄稿してみたり、というようにどんどん輪が広がっていくのもメールマガジンの魅力といえるでしょう。

 しかもメールマガジンの場合は、インターネット上のホームページとは違い、自分から情報を探しに行かなくても、情報を定期的にメールで届けてくれます。なので、一度登録をしてしまえばあとはメールマガジンが届くのを待つだけです。送られてきたメールマガジンは、電子メールソフトの受信箱に保存されるので、都合のよいときに開いて読むことができます。現在流通しているメールマガジンはそのほとんどが無料で発行されているので(当サイトのメルマガも無料です)、あまりお金もかかりません(かかるのはインターネット接続料金ぐらいです)。また、有料メールマガジンの中には、株価情報や競馬予想などの貴重な情報を配信しているものも多く、月額わずか数百円なら十分に元が取れるというものが多いのが特徴です。また、登録したメールアドレス発行者にも分かりません(メルマガ配信サービスの場合。下記参照。)。


 では、こうしたメールマガジンはどこを見れば探せるのでしょうか? メールマガジンの発行には、発行する人が自分で配布リストを作成し、毎週や毎月、自分のパソコンから送っているというケースもありますが、そんな人はめったにいません。第一、面倒くさいですし、登録者が数百、数千、と増えてきた時メルマガを管理しきれなくなってしまいます。そこで、もっとも一般的に取られている方法は「メルマガサイト」と呼ばれるメールマガジンの配信サービスを行っているホームページに登録することです。メルマガサイトでは、メールマガジンの登録・解除からメールマガジンの発行までを自動で行ってくれる機能が備わっているので、発行者はメールマガジンで送る文面を用意するだけでメールマガジンを発行できるのです。この場合、発行者は登録者のメールアドレスを知ることが出来ません。このため読者は安心してメルマガを購読することが出来るわけです。


 こうしたメルマガサイトの草分け的存在が「まぐまぐ」です。まぐまぐは、まだ世の中にメールマガジンという言葉がなかったころから存在していて、今存在する形の無料メールマガジン配信サービスを、国内で初めて成功させたホームページといえます。
まぐまぐは「インターネットの本屋さん」と称するだけあって、大から小まで、実に何万誌という数のメールマガジンを発行している巨大メルマガサイトです。ここに来ればまずないものはない、というくらい、その内容は充実しています。トップページからは、各カテゴリごとにメールマガジンが分類されていますので、自分の興味のあるカテゴリをクリックして、目的とするメールマガジンを見つけてみてください。あるいは検索機能を使って、キーワードで探してみるのもよいでしょう。


 各メールマガジンの紹介ページには、そのメールマガジンがどのような内容なのかを示すサンプルが用意されています。まずはサンプルをチェックして、おもしろそうだと思ったら、試しに自分のメールアドレスを登録してみましょう。頻繁に発行されるメールマガジンなら、しばらくすると自分のところにメールマガジンが届けられるはずです。なかには「不定期発行」というメールマガジンもありますが、この場合は発行者の都合で登録後もしばらく発行されないこともあるので、注意してください。


 届けられたメールマガジンを数回読んでみて、おもしろうそうだと思えば、そのまま購読を続ければよいでしょう。逆にあまりおもしろくないと思ったら、再度まぐまぐのホームページ上からメールマガジンの解除を行うこともできます。メールマガジンはプロではないアマチュアの方が、自分の時間を工面しながら発行しているものが多いため、発行頻度や文章の質にもピンからキリまでいろいろなものが存在します。ただ、まぐまぐの場合、メールマガジンの購読・解除は自由に行えるので、まずは気軽にいろいろなメールマガジンに登録してみて、じょじょに自分にあったものに絞り込んでいけばよいでしょう。


トップ | 漢字クイズ | メルマガ | 携帯用サイト | リンク  | ランキング