昔のゲームも捨てたもんじゃない!!

とまあそんなわけで、私のやってみたゲームの感想だとか何だとか、適当なことを書いております。決してゲームを究める程やりこんだわけではありませんから、「そうじゃないよ」とか、「もっといい方法があるよ」だとかの、御意見、御感想をゲストブックなり掲示板なりへ書き込んで頂けますと嬉しい限りでございます。
よろしくね。(イキナリくだけたなあ^ー^)
 

大航海時代 外伝

概要

これは、大航海時代IIのゲームシステムを使って、イベントを増やしたと言う感じですね。ただし、PS版の大航海時代IIはパソコン版も知ってる私としてはちょっと辛いものがあります。でも、ご安心下さい。PS版大航海時代IIとは似ても似つかぬ位に洗練されて、遊びやすくなっています。ですから、もし大航海時代IIもやってみたいと思われるのでしたら、外伝より先にPLAYされることをお薦めします。外伝を知った後でIIをするのは辛くなる可能性大です。また、外伝にはIIのキャラクターがイベントで(起きるかどうかはやり方次第)登場してきますので、IIを知っていると思い入れが違って来るかも知れません。

主人公は艦隊を率いて港から港へと渡り、交易品の売買でお金を稼いだり、酒場で情報を集めたり、水夫が不足していれば雇い入れたり、航海士を仲間にしたり、造船所で船を造らせたり、中古船を買ったり、不要な船を売ったり、船の装備を整えたり、アイテム屋で主人公の武器や防具、航海用具、酒場女への土産を買ったりなんかしながら、艦隊を目的にあうように整備していき、名声値を上げて、最終イベントのクリアを目指します。
光栄はこのゲームシステムをリコエイションと名付けていますが、RPG の体裁でシミュレーションゲームをするという感じでしょうか。あ、いわゆるシミュレーションRPGとは異なります。あれは、シミュレーションゲームの体裁で戦闘システムが RPG という感じですからね。リコエイションは、あくまで主人公の視点でゲームが進むというのが RPG 的なわけです。

主人公をまず、2人の中から選びます。初心者用として、ミランダ。ジェノバの冒険娘です。上級者用として、海賊のサルバドルが用意されています。
ミランダを選べば冒険者として世界各地を巡り、遺跡だとか、珍獣、自然、怪物といったものを発見する旅に出ることになります。スポンサーになるジュリアーノ教授の依頼を受けたら、対象のものを発見してもすぐに帰らず、その周辺に他にも何かないか探してみるといいでしょう。冒険者としての知名度が上がることによって、イベントが発生したり、総督からお声がかかったりします。総督の命令をこなすと爵位がもらえ、貴族に叙せられ、以後、総督府への出入りが自由に出来るようになります。その後も総督からの命令をこなすことに よって爵位も上がっていきます。最終イベントが発生する頃には候爵か公爵になっていることでしょう。

サルバドルを選んだ場合、海賊らしく戦闘に次ぐ戦闘をすることになりますが、はるばる遠隔地へ出かけることになったり、ちょっとした冒険のイベントが起こったりします。
 

ちょっとしたコツ

 

会計技能を持った航海士を仲間にしよう

会計技能をもった航海士を雇って、会計士に任命すると、値切り交渉に役立ってくれます。現在船に積んでる 交易品の最も高く売れる港も教えてくれますが、あまり意味はありません。
とにかく、ロンドンでラウルフィッチを仲間にしましょう。
 

金貨90万枚銀行に預けよう

銀行にお金を預けると1ヵ月に3%の利子がつきます。莫大な利率ですね(^_^ 銀行には100万枚以上預けることはできません。利子によって100万枚以上になるはずでも、100万枚からは増えません。そこで、90万枚預けておいて、3ヵ月に一度90万を超える分だけ利息として引き出すようにすれば、3ヵ月に1度10万枚近い金貨が自動的に手にはいるというわけです。
 

ジーベックはお薦め

船には色々な種類があって、新たに船を買おうとしたときに迷うところですが、ジーベックはお薦めです。風向きにあまり左右されず、大量の荷物を積め、ガレアスを相手にしない限り戦闘にも使えます。ミランダで戦闘をしないつもりなら、最初から最後まで役に立ってくれることでしょう。
 

真夜中のアイテム屋

深夜2時にアイテム屋に行ってみましょう。旅館で宿泊するときに、2時に起こすように頼んでおけばOK。
但し、0時過ぎてから旅館に泊まると丸一日、時間をロスしますから、そういう ときは旅館に入ったり出たりを繰り返して、時間調整した方がいいでしょう。
 

長距離移動の際は食糧多めに

水は砂漠以外の陸地に上陸すれば、手に入る可能性が高いので、食糧を多めに積んで行けば寄港する回数をへらせる。港を出て、次の港に入るまでの日数が多ければ幾何級数的とまではいかないまでも航海経験値が増えます。
 

戦闘するなら日本へ

日本の港の工業値が1000になると、鉄甲船を造れるようになり、中古船も出回るようになります。鉄甲船は大砲を100門積める上、風向きにあまり影響されずに航行できるのでうれしい。耐波性がないので、最高級の船首像をつけましょう。そのためには長崎か堺の商業値も1000に上げておきたい。莫大な金額が必要になりますが、鍵は長崎の銀と東アフリカの金の交易です。
金と銀は商品分類が貴金属になっていますので、長崎で銀を買うと、金の相場も上がります。そこで金を売れば大儲け。といっても北欧で売るのとあまり変わらないのですが。しかし、今度は銀の値段も下って、適正価格にもどります。この銀を持ってモガディシオあたりで売り払うと、モガディシオの金相場が下落し、安く金を仕入れることが出来ます。貨物専用に仕立てたジーベックなら575の貨物を積めますから、一往復で30万くらいの荒利を見込めます。1往復に要する日数はジーベックで40〜50日くらい。このお金で堺に投資しましょう。

ミランダで海賊をやってみよう

初心者向けキャラの、ミランダでプレイすれば海戦をする必要は まずありません。ですが、海賊は儲かります。積荷なんかはどうでもいいのですが、海戦に勝つと相手の艦隊の船をぶんどることが できます。自艦隊の船とあわせて合計10隻になるまで、相手の船を 組み入れることができますから、なるべく高価な船をぶんどることにしましょう。そう、近くの港まで持っていって、売っぱらうのです。ガレアス、ガレオンなどの戦闘艦は高く売れますが、これらを ぶんどれるようになるまでには、相応の戦力や、ミランダの戦闘 経験値を必要とします。まずは、キャラックのような商用船を 狙いましょう。これでも1隻金貨2万枚ですから。5隻もぶんどった 日には10万枚。
さて、それではミランダで海賊を始める準備をしましょうか。

海戦で勝つには
1.相手の旗艦を砲撃で沈める
2.相手の旗艦の乗組員を白兵戦で全滅させる
3.相手の提督と一騎討して勝つ
4.相手の旗艦が戦場を離脱する

のいずれかによります。4では戦利品も相手の船をぶんどることも 期待できませんので、実質1〜3で勝たなければいけません。 理想的には3で勝つのが望ましいのですが、状況に応じて、1や2 でも勝てるようにしておきたいところです。序盤のうちは1はま あ無理でしょうけど。
1のためには、砲撃技能を持つ仲間を集めたいところです。 ハンブルグのギャビン・フィッシャー、ロンドンのエドワード・ ローレンス、リスボンのミグェル・レアル、アイルランドの エドワード・ダンピア、アテネのアンソニー・ジェンソンあたり でしょうか。
それから、主人公自身、砲撃技能を身につけましょう。砲撃技能 のあるなしで、砲撃の威力が格段に違って来ます。砲撃技能は ハンブルグで教えてもらえます。
あとは大砲を大量に積める船を選び、強力な大砲を積む事ですね。
2のためには相手の旗艦より多くの乗組員を乗せていることに つきます。主人公の戦闘パラメータの影響もないではありませんが…。
3のためには、相手の旗艦より多くの乗組員を乗せて、とにかく一騎 討ちに持ち込む必要があります。少ない人数だと、一騎討ちさせて もらえないことがあります。
最初のうちはミランダの戦闘レベルも剣技もお寒い状態なので、 強力なアイテムを装備してカバーしたいところです。 剣はクレイモア(コペンハーゲン)かバスタードソード(ダブリン)あたりがいいでしょう。 もっとも、ヨーロッパを離れるようになってから海賊を始めるのであれば、 他にもいろいろとより強力な武器がありますが…。防具はプレイトメイル(コペンハーゲン)でいいでしょう。 エロールの鎧や聖騎士の鎧はまだ高すぎて買えません。

ぶんどった船を港まで持って行くためには、その船の船長になる 仲間の航海士が必要です。仲間の航海士には毎月給料が必要になりますが、 船を売り払って得られる利益に比べれば、微々たるものです。技能 のない航海士でもいいですから、雇いましょう。


序盤からミランダで海賊をするなら、手紙配達と地図契約の 為に北欧へ向かうときに、どこかで借金取り立ての仕事を 請負い、取り立てた金貨5万枚でジーベックを買ってしまいましょう。ラ・レアルでも構いませんが…。交易品の売買をしながら北欧へ向かい、仲間の航海士を増やして いきます。ラウル・フィッチとギャビン・フィッシャーはお忘れなく。北欧ではクレイモアかバスタードソードと、プレイトメイルを手に入れます。準備が出来たら、リスボンで定員一杯まで水夫を雇い、地中海への出入口ジブラルタル海峡あたりで網を張って、提督の戦闘レベルがなるべく低い(10未満でないと苦しいか)艦隊が通り がかるのを待ちます。国籍はイタリアは当然除くとして、ポルトガルもやめておいた方が賢明です。商船隊が狙い目ですね。獲物が見付かったら攻撃を仕掛けましょう。一騎討ちでなかなか勝てそうに 無い場合は、切り込み攻撃に切替えましょう。
そうそう、海賊で稼いだら、ヴェネツィアへ行って、金貨5万枚届けておきま しょうね。(実は返さなくてもいい方法もありますが…)でないと、冒険名声 が上がっても、総督からお声がかからなくて、イベントが進行しなくなって しまいます。

 
ホームページへ