1/100 SCALE
【 ∞ JUSTICE GUNDAM 】


SEEDの新生1/100スケールシリーズより
2代目ジャスティス…インフィニットジャスティスガンダム(長…)です。
実はこれが新生1/100の第1弾w
再びキラ達と共に闘う決意をしたアスランが乗り…これに乗った途端、急に強くなりましたねw
(迷いが無くなって、本来の自分を取り戻した…とも言うがw)

フレームの色が、ストライクフリーダムの「金色」に対し「銀色」という、2体揃って前代未聞の豪華(?)フレーム機w
ストフリの時同様、今回もフレーム部シルバーで塗装してやりましたw

ちなみに当初は「ナイトジャスティス」って名前の予定だったようですが
とある事情で、ストライクフリーダムが「スーパーフリーダム」から変更となった時
一緒に、こんな長ったらしい名前に変わってしまいました。
フリーダムはともかく、コイツはそのままで良かったと思うんだが…^^;

プロポーションは、これまた申し分なし!非常にカッコ良いです。
脚が妙に長い気もしますが…劇中のイメージからすれば、こんなもん?w

さて、この∞ジャスティス…兵装が異常に多いのも特徴ですな。
…特にビーム刃系の充実度は異常w
ともかく、順番に見ていきましょ〜。


MA-M1911 高エネルギービームライフル。
このデザインは結構好みですが…塗り分けで苦労したw
右写真のように、リアアーマーにマウントできます。

ちなみにこのキット、グレーのパーツが、このライフルのを含めて妙に青っぽくて変だったので
その色の部品は全て、普通のグレーで塗りました。
…銀のフレームといい、かなり塗装箇所多かったな、これの制作^^;


ここから、フライングディスプレイ状態で(背中のファトゥムも飛行形態で)、お送りしますw

MA-M02G シュベールラケルタ…というビームサーベル。
旧ジャスティスのと、全く同じものだそうです(…が、部品流用はされてませんw)。
腰サイドのマウント部から、すぐポロポロ落ちるのが難点かな。
溝で、ちゃんと固定されないもので…^^;

右写真のように、ツインソード状態も再現可能ですが
2本連結は出来ず、繋げた状態のものが別に付属します。
前作のキットだと、間に接続パーツ挟んで繋げてたけど、その分見た目的にアレだったからなぁw

また、盾から発生する盾(笑)…ビームシールドもクリアーパーツで再現されてます。
シールド中央の発生器部分を外して、パーツを挟み込みます。


MX2002 ビームキャリーシールド。
盾というより、武装キャリアーとしての意味合いが大きいと解説に書かれてて…なんか納得w

ビームブーメラン(RQM55 シャイニングエッジ)も取り外し可能。
…ビーム刃のクリアーパーツ共々、非常にデカいです(笑)。
シールド装着時はビームサーベルとしても使えるって…便利だなw

また、左手だけですが…このように平手が付属。


盾に付いた、もう一つの装備…EEQ8 グラップルスティンガー。
ソードストライカーに付いてたようなアンカーで、リード線で射出状態再現可能です。
本編では一切使っていない…言わば幻の装備?
SPで放送された、真の最終話のOPで1シーンだけ使ってただけw


MR-Q15A グリフォンビームブレイド。
膝〜足の甲にかけて発生するビームの刃。
何気にシン(デスティニー)に対して使用頻度高しw
この装備で、デスティニーも…^^;

ビーム刃パーツが、足首がニュートラルの位置で丁度の長さですが
ツマ先を下げた状態で丁度いいくらいが良かったかも?
それだと、蹴りのポーズが決まったかもだし(でも、その脚があまり開けないというw)


背部に背負った「ファトゥム−01」単独飛行形態。
本体から外して、折り畳まれた機首を展開するだけです。

旧ジャスティスの「ファトゥム−00」の後継機ですが…遥かに凶悪になっております。まさにビーム刃のカタマリ^^;
劇中でも、本体に勝るとも劣らない活躍ぶりだったし。
最後はレクイエムの中に突っ込んで行ったけど…単体でミネルバのエンジン部をぶち抜いたのは、今思い出しても恐ろしいw


両翼に装備されたビーム刃・MR-Q17Xグリフォン2 ビームブレイド。
ガイアの背中に装備されてたのと同じものだそうです。

このキットだと、これしか再現されてませんが、他にビーム砲を畳んだ後部の黄色い部分と、機首の下にもビーム刃発生器があるそうで。
それにより、ファトゥムそのものが大型の突撃武器にって…まさに…^^;
…解説読んでて、どんだけ凶悪な装備なんじゃ〜!…ってw


機首周辺(ビーム砲展開状態)と、後部バーニアのアップ。
バーニア部まわりは、結構精密なモールド入ってます。

ちなみに翼は、エンジンブロック毎動き、若干角度がつけられます。


劇中では見られませんでしたが(飛ばしてばかりだったし)、下部にグリップがあり
このようにぶら下がり飛行状態にする事も可能。
旧ジャスティスのファトゥムが、上に乗るタイプで、今度は下かw

左写真…ファトゥムの方は支えなしで、何とか安定してます。
まさか安定するとは思わなかったので、正直驚きました(笑)。


主武装、可能な限りフル展開状態で2枚ほど載せてみました。
…改めて見ると、ほんとに凶悪な機体だなぁとw


並べてみたシリーズ(?)…まずは旧ジャスティスと。
旧の方が背高い?…と、調べてみたら、本当に少〜しだけデカいw


続けて、ストライクフリーダムと。
…うーん…無理もないけど、やはり釣り合わないねぇ。
MG版と並べると、しっくり来そうw

【塗装箇所】
複雑なカラーリングの機体なので、覚悟はしてたけど^^;
胸の緑ラインはシール使っちゃいましたが、それでも↓こんなに…

【シルバー】:各部フレーム部分
【グレー】:…グレーの部分全てw(マジ)
【メタブルー】:ビームライフルのセンサー
【ホワイト】:ファトゥムの機首裏側の白い部分・腰サイドアーマーの一部
【ブラック】:ファトゥムのダクト(?)内部
【レッド】:ファトゥムのバーニア内側
【イエロー】:ファトゥム後部(バーニアカバー?)の黄色ライン
【エアクラフトグレー】:ファトゥムの翼の明るいグレー部分
【パープル】:ビームサーベル柄のライン
【DESTINYピンク(マーカー)】:ビームライフルのピンク部分
【アイグリーン(マーカー)】:各部スラスター内側の緑部分
【メタブルー】:トサカ部の細長いセンサー部分

←前へ 戻る