Yahoo!ジオシティーズ ゲストブック 戻る  

  2005年12月23日 (金) 23時33分06秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  来夏の再映画化に連動して出た小学館文庫版『日本沈没』を読了。
時を重ねてもこの物語はおもしろい。
おーい第二部はまだかーと言いたくもなります。
『虚無回廊』の続きもそら読みたいけれど。
小松さんには、国土を喪った後の日本人の姿をきっちりと
描ききっていただきたい。森はそう思います。
司馬さんもお隠れになられて久しいし。
こうなるとこれは小松さんの使命ですぞ。

ところで竜叶さんが主演した怪作『宇部沈没』。
ウワサにのみ聞きますが、観たいなぁ。
ほかにもたしか『さよならジュピター』のパロディにも
出ていませんか、彼。
彼のかかわった映像作品(バイクのビデオとか含め)を、
一堂に集めてながめる一夜は、企画できないかなー。

東京で、ですと嬉しいです。
どうでしょうか、管理人様。
  2005年12月24日 (土) 22時38分32秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  『宇部沈没』は貴重な8mmフィルムのオリジナルしか存在しませんから、そりゃほとんど門外不出でして、借り出して映写機にかけるのは大変な重圧だったりするのですが…。
なにかの機会にFujiのDVD化サービスでデジタル保存化できれば本当は良いんでしょうが。さすれば8mm映写機を探してこなくてもOKですねぇ。
『ジュピター』のパロディムービーは私は初耳です。永山さんの神出鬼没な活動範囲には改めて驚かされたり…。
企画は大変難しいことをご了承頂いた上で、いつかもしかしたら、というお返事でよろしいでしょうか(^_^;)
  2006年1月3日 (火) 23時52分56秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  あけましておめでとうございます☆
「いつかもしかしたら」との由、了解いたしました。
それでは気長にお待ちしたいと思います。

BBJのパロディフィルムは、森の記憶違いでなければ
その昔、大阪は桃谷にあったゼネラルプロダクツにて、
竜叶さんから耳にした覚えがあります。
あぁ…でもあれからすっかり時間が経ち、ほんとうに
彼が出演したのかどうか、自信なかったりして。

このサイトをご覧の方でもしご存知でしたらば、
ご教示くださいませ。
  2005年11月21日 (月) 10時45分46秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  カウンター01111すっかり見逃し。あうう。
  2005年9月23日 (金) 22時48分44秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  おぉ。もうじきカウンターが1000に☆
キリ番記念に、アザラシステッカーはどないでしょ?
  2005年9月24日 (土) 22時58分54秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  おお、そうですね。
カウンター、geocitiesの引っ越し前に7000までいったんですが、
その後、原因不明のリセットが起きてしまいましたが。
では、1000のキリ番踏んだ方は、掲示板かメールで
お知らせください。
TADステッカー進呈いたします。
  2005年10月3日 (月) 20時33分20秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  1015でした。
キリ番踏んだ御方、おめでとございます☆
  2005年10月7日 (金) 00時35分14秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  えー、今回は、1000のキリ番踏まれた方の申請が
なかったということで、残念でありました。
みなさま、これにかかわらず以後もごひいきに
お願いします。
  2005年9月5日 (月) 22時31分57秒
 [名前] :  しゃあ
 [URL] : 
 [コメント] :  杉並は14号+前線の大雨でかなり沈んだようですね。
宇部は6日午後から一騒動ありそうです。
  2005年9月6日 (火) 08時15分03秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  幸いうちの近所は平気でしたが、ニュースで見覚えのある場所が
冠水しているのは驚きました。
1時間に100mmの雨でしたから、河川の設計数値を超えて
しまったようです。
統計上も50mm/hの雨は近年増えているそうです。気候変動
でしょうか。
宇部も台風の予想進路に近いですね。気を付けてください。
  2005年8月29日 (月) 22時55分02秒
 [名前] :  森実
 [URL] : 
 [コメント] :  竜叶さんと縁あるXTを松山の人たちに委ねた後。
半年ほどCT110に乗り。
やっぱニーグリップできて、高速道路にのれる単車ぢゃないと、で、決めたのがCL400。
むかしのスクランブラーっぽい、本田のシングルです。
オフ車っぽいポジションはお気に入り。
向かい風とかアレだけど、視野は高いしコイツに慣れてしまうと、前傾タイプは軽くてもなじめなくなる。

そいえば竜叶さんのバイク歴は、当人からは聞けずじまい。
彼はもっぱらオフロードタイプを乗り継いできたのかな。
それともオンオフ両刀遣い?
  2005年8月31日 (水) 02時02分48秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  ようこそ、森実さま。
永山さんは大学進学時に原付免許を取って、
R&Pにかなり長い間乗ってましたね。
もしかしたらR&Pを2代乗りつぶしてるかも。
その後は、私が知ってるのはDT50。
中免取って黒のXLX250R。これはもう壊れそうになっても乗り続けてた。
最後にTT250Raidに乗り換えてもXLXは廃車にせずとってましたね。
あと東京で、ご存じのXT250。
取材で広報車両に乗ることも多かったはずですが、「バックオフ」誌の仕事の時はトレール車ばかりのはずですね。
オンロード車に乗ってたのは私は見たことないなぁ、そういえば。
あんまり乗り換えしないで、一台を愛着もって長く乗る感じですね。
  2005年9月3日 (土) 11時47分38秒
 [名前] : 
 [URL] : 
 [コメント] :  管理人さま、どうもです。
なるほど、竜叶さんはオフ車系のヒトだったのですね。
東京で彼を見かけた折りにも、たしかあれは借り物?のCRMでしたし。

ときどきバックオフ誌を立ち読みします。
SSER絡みのイベントレポートを読むと、つい竜叶さんの名前が昔クレジットされていた位置を、目で追っていたり。
きっとそれは、これからも変わらない気がします。
さて。夏の終わりにもうひと走りすっかなー。
  2005年6月1日 (水) 01時15分33秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] :  www.geocities.jp/zenepro_gareki_fictional_manual/
 [コメント] :  6月1日です。
10年経ちました。
  2005年6月3日 (金) 01時27分44秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  郷里を離れて暮らす私には、過酷なほどいつもと同じ日常の6月1日でありました。
しかし、ふるさとの友人とメールしたり、ON LINE SSER PRESSのOrganisation Voiceを拝読したりするにつけ、10年前のことは本当であったと再確認いたしました。今一度深く黙祷を。
  2005年6月3日 (金) 23時36分32秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  さて、毎年書いていますが、続く今日6月3日は永山さんの誕生日です。
あと2日で35歳を迎えるはずだったことを、その彼の年齢を僕たちは追い越していくばかりであることを、今年も思うのであります。
せめてこのサイトが続きますように。
  2005年6月12日 (日) 09時23分37秒
 [名前] :  10年前
 [URL] : 
 [コメント] :  夜中に仕事を終えてNiftyにメールを見に行く
そして訃報が転送されている
あの晩を忘れることができないです。
  2005年6月28日 (火) 00時00分13秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  ちょうどNIFTYのガイナックスステーションがオープンで
そこでも訃報が流れましたね。
永山さんは生前はライターの立場から、ワープロやパソコン通信
には否定的でしたが、自分の訃報がコンピュータ上を行き交う
なんて思ってもいなかったでしょう。
  2005年2月28日 (月) 00時17分40秒
 [名前] :  CATVを見てますよ
 [URL] : 
 [コメント] :  ケーブルTVの番組欄に「八岐之大蛇の逆襲」を発見してから、ずっと楽しみにしていました。
懐かしいなぁ20年前のN氏。
まあ主役なわけで、若いパワーが炸裂してますね。
  2005年3月13日 (日) 03時02分39秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  うわぁ〜、失礼しました。
このゲストブック、マメにチェックしているつもりなのですが、
なぜか気が付いたのが今夜です。
『八岐之大蛇』いいですよねぇ。N氏だけじゃない、みなさんの
若いパワーが画面からあふれてきます。ケーブルで見れる時代に
なったんですねぇ。
  2005年1月27日 (木) 08時34分45秒
 [名前] :  ごちそうひぢき
 [URL] : 
 [コメント] :  インタネットサーフインをしておりましたら偶然、流れ着きまして。
大変、興味深く、全部、読んぢゃいました;
やはり、白眉は、ウルトラフォーク、ですかねぇ?
(自分は故人の方と縁なき者なので、オタク話などを書かせて頂きますネ)

そうだったのか!

って感じです。 子供心にも何故あの巨いのは3機分離合体するのか不思議
でした、自分の感覚では弱く(小さく)なっちゃいますから、その後、
ビートたけし、のネタで、「合体ロボの3機とか5機とかが1体のロボんな
って、数が減って弱くなっちまってるぢゃ〜ネ〜カ!?」(一同爆笑)
って、
ネタで、ハァハー自分と逆の考えを持つ人もいるのかァー
つまりこれは個人的見解の相違に基づく認識上の問題に過ぎないのダナ。
と、自分を無理やり納得させていたのですが・・・

そうだったのか!

矛(ほこ)としてのα機 + 剣(つるぎ)直衛機としてのβ機 +
そして、
輪(くるま)カーゴ・輸送機としてのγ機 というシステマチックな構成
だったトハ!!
(感動) 
  2005年2月6日 (日) 09時57分01秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] :  www.geocities.jp/zenepro_gareki_fictional_manual/
 [コメント] :  ごちそうひぢきさま、いらっしゃいませ。
お出迎え遅くなりました。
メカデザインが玩具メーカーが主導でなかった時代の、フィルムメーカーならではのエンターテイメントあふれたホーク1号ですが、残念ながら理屈面が弱い。
そんなところに愛を持って設定を補った良い仕事だなぁと私も思います。
もう、全部お読みいただいたとのことですが、Web化した労が報われます。また思い出されましたらお寄りください。
  2004年10月14日 (木) 19時12分45秒
 [名前] :  time_pie
 [URL] : 
 [コメント] :  GeoCititiesがひとつになって、システムが移行し、'04年10月5日からは古いゲストブックには書き込むことができなくなりました。
これからは、こちらの新しいゲストブックをどうぞご活用ください。
  
▲このページのトップ 戻る  

Yahoo!ジオシティーズ