編集者注
  • 原本中のルビについては、[ ]にいれて該当する単語の直後に挿入した。
  • 同じく原本中で傍点のあった箇所は原則として『 』で囲み、一部では太字とした。
  • 写真中の脚注は画像化の際に判読不可能となったため、レタッチソフトで消去し、別途テキスト化したものを配置した。
NEXT