カタンの開拓者たち

○デザイナー

○メーカー

○プレイヤー

○対象年齢

○プレイ時間

○日本販売価格
クラウス・トイバー

コスモス

3〜4人用

10歳以上

約60分

4800円

カタンの開拓者たちはカタン島を舞台に、プレイヤーは開拓民となって島の開拓と発展を進め、 最初に目標点の『10点』に到達したプレイヤーが勝利者となるボードゲームです。

■セットアップ
最初に全員『開拓地』と『街道』を2つずつ島に配置していきます。
(最初に選んだ場所が最後まで影響しますから、よく考えましょう!)

■ゲームスタート☆
手番になったらまずサイコロを振ります。(2D6)

島には5つの産物『粘土』『木材』『羊毛』『穀物』『鉱石』があり、7以外で2D6の目が出る数字が各土地にあります。

サイコロの目からどの産物が取れたかを確認し、その産物が出る土地に『開拓地』があるプレイヤーはその産物を取れます。 そしてその産物を元に街道を増やし、開拓地を増加、発展させて行くのです☆。(発展すると『都市』になり産物が二倍取れます)

■交渉が大切☆
手番プレイヤーは欲しい産物があれば他のプレイヤーと産物の交換交渉が出来ます。
「私の粘土と○○さんの羊を換えて下さい〜。」など誰と行っても構いません。 また交換する数も自由で1枚と2枚など、貴重な資源は高くなります。

■島に居るのは開拓民だけでは無い。
始めのサイコロの目で7が出た時『盗賊』駒を好きな土地に配置できます。 これは『お邪魔駒』で、盗賊が居る限りその土地で産物が取れなくなります!

そのほか『発展カード』があり、その中の『騎士カード』で盗賊駒を撃退したり、 『独占カード』で好きな一つの資源を宣言し全員から徴収できたりします。

以上のように『サイコロを振り資源を手に入れる』『産物の交換交渉をする』『街道、開拓地の発展』 を繰り返し規定点『10点』に到達したプレイヤーの勝利します☆。

■カタン島上陸作戦☆
カタンの開拓者たちは戦略、交渉、運が非常に良くゲームに溶け込んでいる画期的なボードゲームです。 このケームの楽しさは「初期配置からなる戦略」と「相手との交渉」にあります。島は産物ごとに六角形のピースに なっていて、ランタムに組み合わせて毎回違う地形の島を楽しめます☆

欠点は・・有名なゲームですから好き嫌いが両極端に分かれすぎている人間にあるのかも知れません。
国内ボードゲーム販売店







メビウス・ゲームズ


ゲームストア・バネスト


プレイスペース広島


      
1995年大賞    1位