ロスマンフォス

○デザイナー


○メーカー

○プレイヤー

○対象年齢

○プレイ時間

○日本販売価格
Maja Dorn
Rudiger Dorn

ツォッホ

2〜5人用

6歳以上

20〜30分

6000円

ロスマンフォスはプレイヤー達がパン屋さんになって、パン焼き窯を暖める燃料になるロバの糞を集めるゲームです。 その為にパン屋さんはロバの大好きな5種類の麦を用意してロバに食べさせます。そして麦を食べているロバを見守り糞をした瞬間、その糞を取り合うのです。 ですが糞の取り合いに暴力はいけません!。どんな麦の糞をするのか予想して仲良く糞を分配します。ゲーム終了時に最も多くの糞を集めたプレイヤーがゲームに勝利します。

■ゲームスタート「ロバに麦を食べさせよう♪」
プレイヤーは手番になったらアクションカードを1枚捲りその指示に従います。
麦を食べるロバカードが出た場合、指示されている色のロバを時計回りに進ませて進んだ距離と同数だけ 5色ある麦を任意の組み合わせで食べさせます。

ロバの駒は中が空洞になっていて麦を口から食べさせる事が出来ます。
さすがはドイツ職人です(^o^)/。暖かい木のぬくもりがあるロバの駒は可愛いですね☆。

またこの時に麦の色と数を覚えておきましょう。後でロバの糞を取り合うときに重要なのです。

■ロバが糞をした!「何色の糞か覚えているかな?」
アクションカードの糞をしているロバカードが出た場合、 カードに描かれている色のロバのお腹の中に入っている麦を予想します。各プレイヤーは麦の色に対応したディスクを持っていて、 ディスクの矢印を5色のなかの1色を指定して伏せて置き一斉に公開します。

そしていよいよロバが糞をします!。ロバの駒のお尻を開けて麦を取り出します。
実際にお尻から麦が取り出せるロバの駒はさすがドイツ職人の造りですね♪。

各プレイヤーは自分の指定した色の麦を獲得します。
複数のプレイヤーが同色を選択していた場合には均等になるように分配して残りはロバのお腹に戻します。
指定した色の麦が1つも入っていなかったら何も獲得できません。

そしてゲームを続けます。

■ゲームエンド
アクションカードからSTOPカードが捲られたらゲームは終了します。
ここで全てのロバが順番に糞をするので順に予想して麦の分配を行います。

ゲームが終ったら獲得した麦の数を比べ、最も多くの麦を集めていたプレイヤーがゲームに勝利します。

■ロスマンフォスは記憶とバッティングのシステムを取り入れた子供ゲームです。 何よりもまずロバの駒が非常に良く出来ていて、口から食べさせてお尻から出てくるギミックはとても可愛らしく出来ています。

ゲームのシステムの方は、食べさせた麦の色と数を記憶する要素と、他プレイヤーと指定した色が被ると分配になるバッティング要素が非常に上手く出来ています。 ロバが時計回りに進む事で、ロバの位置で麦を覚える記憶技もやり難くなっている所がまた良いですね。

欠点はロバが糞をする時、お腹の中から麦が少し出難くてよく振らないと残ってしまう事がある所でしょうか?

小さい子供の誕生日などにプレゼントしてみては如何でしょうか?☆☆☆
国内ボードゲーム販売店







メビウス・ゲームズ


ゲームストア・バネスト


プレイスペース広島