エレファント

○デザイナー

○メーカー

○プレイヤー

○対象年齢

○プレイ時間

○日本販売価格
ミヒャエル・シャハト

アミーゴ

3〜5人用

8歳以上

30分

1500円

エレファントはプレイヤー達が商人となって陶磁器を集めて得点を獲得するカードゲームです。 プレイヤーはよりよい得点を得る為に上手く陶磁器を集める事が必要ですが時々ゾウが現れて集めた陶磁器を踏み潰してしまいます(なんと!)。 上手くゾウを避けて陶磁器を集めて行きましょう。ゲーム終了時に最も高得点のプレイヤーがゲームに勝利します。

■ゲームスタート「手番は二択」
テーブル中央には購入出来る陶磁器カード5枚と陶磁器を踏み潰す像カード5枚が並んでいます。 プレイヤーは手番になったらお金カードを支払って場に並んでいる陶磁器カードを1枚購入するか、 それとも場に並んでいる像カードを1枚選び、その効果を適用するかを選択します。

●お金カードを支払って陶磁器カードを1枚購入した場合、 購入した陶磁器カードは他プレイヤーに見えるように自分の前に配置します。

●像カードを選んだ場合、描かれているゾウと同色や同数枚の陶磁器カードを踏み潰されて失います。 その代りにお金カードを1枚獲得します!。

像カードには「任意に2枚の陶磁器カードを失う」や「赤2枚と青2枚を失う」など様々な種類があります。
そしてここでポイントなのが選んだ像カードの効果を適用しても 自分の陶磁器カードを1枚も失わない場合でもお金カードを1枚獲得出来る所です!。

先の例で言えば「赤2枚と青2枚を失う」のカードを選んだ時に、 それ以外の色の陶磁器カードしか持っていなければ 何も失わずにお金カードを1枚獲得出来ちゃう訳です(^o^)

■得点計算「4種類を自由に選択」
陶磁器カードが10枚購入されるたびに得点計算が発生します。

各プレイヤーは自分の獲得している陶磁器カードを見て4種類の得点方法から任意の方法が選べます。 ただし注意してください!、それぞれの得点方法はゲーム中に1回ずつしか選択出来ません。後の得点計算では前に選択していた得点方法は選べないのです。

各色最大数のみ」「各色最小数のみ」「1色全て」「全カード」の4種類があります。

■ゲームエンド
4回目の得点計算が終ったらゲームは終了します。

4回の得点計算の合計点が最も高いプレイヤーがゲームに勝利します。

■エレファントは自分の手持ちの陶磁器カードを失わないように 上手いタイミングで像カードを選びお金カードを獲得して陶磁器カードを集めて行くカードゲームです。

各プレイヤーが獲得している陶磁器カードも、 場に並んでいる像カードも常に公開です。その為自分の陶磁器カードを上手く守り、 なおかつ相手プレイヤーの陶磁器カードは踏み潰されるような像カードの選択が重要になります。 何しろお金カードが無ければ像カードを選ぶしか無いのです。 その為、タイミングが悪いと自分の陶磁器カードが次々と踏み潰されていくデスマーチに突入する事も大いに有り得ます(爆)。

そして面白いのは得点方法が4種類あり、その時々で選べる所です。人情的には「全カード」の得点方法は一番最後に残しがちですが、 私がプレイした時には私は最後に全ての陶磁器カードが踏み潰されてしまいなんと最後は0点になってしまいました(爆)。

欠点はタイミングが悪いと像をどうにも回避不能な所でしょうが、 カードゲームにカード運は仕方ありません。ゲーマーらしく運が悪かった思って諦めましょう。もしくは朝日に向かってリベンジを誓って下さい(笑)。

集めては壊れ集めては壊れ・・それでも集めてしまうのが人間なのです。(^o^)/Good☆☆☆☆

国内ボードゲーム販売店







メビウス・ゲームズ


ゲームストア・バネスト


プレイスペース広島