スカイライン計画

○デザイナー

○メーカー

○プレイヤー

○対象年齢

○プレイ時間

○日本販売価格
Jang Je Ho

アミーゴ

2〜4人用

10歳以上

約45分

6800円

スカイライン計画は韓国生まれのボードゲーム「トリプラ」のドイツ版です。ルールに変更点はありません。 とある再開発都市を舞台にこのゲームでプレイヤーは投資家となってビルを建てて他プレイヤーから利益を獲得する事を目指します。 サイコロを振り、自分のプレイヤー駒を移動させると共に、建築者も移動させて自分のビルを建築して行きます。 自分のビルの隣のマスに他プレイヤーの旅行者が止まれば利益を獲得します。ゲーム終了時に最も多くの利益を獲得していたプレイヤーがゲームに勝利します。

■ゲームボード☆基本はスゴロク
ゲームボードの通路マス各プレイヤーの駒が時計回りで移動するマスとなっています。
4隅にはアクションカードを引くアクションマスがあります。

ボードの中央にはプレイヤー達のビルを建設する建設のマスがあります。ここには全てのプレイヤーが共通して使う建築家の駒が1つ置かれています。

■ゲームスタート☆ プレイヤーは手番に白と黒のサイコロを振ります。

白のサイコロ
白のサイコロはゲームボードの外周のマスにある自分のプレイヤーの駒を出目の数だけ移動させます。 もし止まったマスに直接隣接する建設マスに、他プレイヤーのビルが配置されていれば、そのプレイヤーにお金を支払わなければなりません(ToT)

そして超重要!なのがいくらお金を支払うか?です。 支払うお金はそのマスに隣接した相手プレイヤーのビルと、そのビルに隣接するそのプレイヤーのビルの総合計になります。 例えばそのプレイヤーのビルが5つが隣接していたらビル5つ分のお金を支払う事になってしまうのです。ガ〜ン(ToT)。

黒のサイコロ
黒のサイコロはボードの中央の建築場のマスにある建築家の駒を出目の数だけ移動させます。しかし縦横無尽に移動できる訳ではありません。 建築家の駒は移動中、1回90℃しか曲れないのです。つまり反復横飛びなどで6歩なのに結果として1歩しか移動してない事などは出来ません。

○空いているマスに止まったら?
建築家の駒が建築場の空いているマスに止まれたら自分のビルを1つ配置出来ます☆。

○自分のビルの上に止まったら?
建築家の駒が自分のビルの上に止まれたら、自分のビルを1つ、その上に配置出来るかも知れません☆。 その為には、そのビルを2Fなら2歩、3Fなら3歩移動させ、 他プレイヤーの自分より低いビルのが配置されているマスに移動させ潰さなればなりません。

そうです!他のプレイヤーのビルを潰せなければ2Fや3Fのビルは建築できないのです!
そしてビルが3Fになり、他プレイヤーのビルを潰したらそれを高層ビルに交換します。 普通のビルは他プレイヤーから10金を奪えます。しかし高層ビルなら10倍の100金が奪えるようになるのです!

■ゲームは続き・・・
以上のように手番には2つのサイコロを振り、自分の旅行者の駒を移動させ、次に建築家の駒を移動させます。 上手く他プレイヤーのビルをすり抜けると共に、どんどん自分のビルを建設して高層ビルに発展させ大金を奪いましょう☆

■ゲームエンド☆
いずれかのプレイヤーが破産するか、もしくはプレイヤー人数で決められている数の高層ビルを プレイヤーの誰かが建築したらゲームは終了します。 最後に高層ビルを1つ100金に変換して、 最も多くのお金を所有していたプレイヤーがゲームに勝利します☆。

■スカイライン計画はモノポリーに影響を大きく受けているサイコロゲームです。 基本的に戦略的な要素は非常に少なく、唯一戦略とも言える建築家の駒の移動も、 自分のビルを大きく出来るか?、連鎖を作れるか?、他プレイヤーの連鎖を潰せるか?ですから、 戦略と言うよりも選択肢を全て探して打つ当然の一手という感じがします。 ですから戦略ゲームではなくサイコロゲームとして気軽に楽しんで欲しいですね♪。

欠点は建築場のマスが一辺6マスに対して旅行者の駒の最大移動も6歩なので、四隅からスタートする場合、 サイコロを振る前から全てのマスに逃げ場が無くて終わっている状況になり得る事と、 イベントカードの内容に当たり外れがあり過ぎる所でしょうか?、でも運の要素が強いゲームですから楽しんだ者勝ちでこれはもう良いのでは無いでしょうか?(爆)。

サイコロの出目に一喜一憂して皆でワイワイ楽しみましょう♪☆☆☆
国内ボードゲーム販売店







メビウス・ゲームズ


ゲームストア・バネスト


プレイスペース広島