面白い麻雀小説発見!


[ インデックス ] [ ホームページ ]

投稿者:ステージハンター - 投稿日時:2003年04月09日 01時13分01秒
引用

皆さんは麻雀小説と言えば、真っ先に思い浮かべるのが、言わずと知れた不朽の名作・阿佐田哲也の「麻雀放浪記」だと思います。麻雀を打つ人は必ずと言っていいほど読んでいる本だと思います。これはある程度常識になっていますね。
僕も昔、夢中で読みました。(その他の作品も読みました)
しかし、最近では麻雀小説が全然出版されなくなってしまいましたね。と思いきや見つけました!最新の麻雀小説を!その本は彩図社という出版社のぶんりき文庫から出版されていた「一寸雀師・サキ」という文庫本です。著者はちーくんです。ストーリーが面白く、また闘牌シーンもかなりこっています。皆さんもぜひ読んでみたら!


この投稿へのコメント

GeoCities