Go to Top Goto TopPage


こんな一瞬

 

麻雀を打っていると自分の気持ちが揺れ動く一瞬があります。
ここではそんな一瞬の心の動きについて書いてみたい。


・雀士としてうれしい一瞬 2000.3.25
ドラマを見ていて麻雀のシーンがあった一瞬。
 
・あ?と思う一瞬 2000.3.25
考え事をしている隙に、鳴きたかった牌が通り過ぎていた一瞬。
 
・役の魅力を感じる一瞬 2000.3.25
飜牌ドラ3では何も感じないのに、ジュンチャン三色では手が震えた一瞬。
 
・ほくそえむ一瞬 '00.2.22 up コール・ウォンさんの一瞬
他家の上がり牌(特にカンチャンやペンチャン)をアンカンして封殺した一瞬。
 
・白い目で見られる一瞬 '00.2.22 up コール・ウォンさんの一瞬
3人麻雀でリーチを掛け、その直後に抜きドラを連続でさらしまくり止めにツモ上がった一瞬(しかも、安手が三倍満に化けている)。

・気持ち良い一瞬2 
'00.2.22 up コール・ウォンさんの一瞬
ヤミテンで待ち続け、目当ての奴に直撃をかました一瞬。

・気持ち良い一瞬 
'00.2.22 up コール・ウォンさんの一瞬
三人リーチが掛かっている最中に、自分がツモッて上がりきった一瞬。
 
・アンモニアチャージ99%な一瞬 5.16 up あひるさんの一瞬
この局が終わったらトイレ行って来ようと思っていたけど、なんとなく忘れてしまって、次局の途中で思い出し、急にせっぱつまった状態になっちゃったけど、そんな時に限って誰かが長考している一瞬。
 
・細川たかしな一瞬 5.16 up あひるさんの一瞬
誰かが「きたぁのぉ〜♪」と歌いながら「北」を捨てた後、頭の中で「北酒場」が鳴りっぱなしになり、どうにも止まらない一瞬。
 
・ブチ切れそうな一瞬 4.25 up
いつまで経っても、紙一重で一向聴な一瞬。
 
・つられた一瞬 4.25 up
配牌をもらっているとき、親が勘違いして4トン目を持っていってしまった時に、何故か下家がチョンチョンを取ってしまった一瞬。
 
・俺って哭きの竜か?と勘違いさせられる一瞬 4.25 up
槓をしたら、それがドラになった一瞬。
 
・すごくみみっちぃことを言ってるなぁと感じる一瞬 4.25 up
3900を振り込んだときに、4000点を払ったのに100点を返してくれないときに、「100点返せ〜!」と請求する一瞬。
 
・動揺しているのか?と思ってしまう一瞬 4.25 up
高い手に振り込んでしまった直後、山を積むときに「がしゃん!」と崩してしまい一発で積めなかった一瞬。
 
・とっととぐちゃぐちゃにまぜちゃいたい一瞬2 2.5 up
あがられた時、点数計算を間違えて過小申告しているのがわかっている一瞬。
 
・とっととぐちゃぐちゃにまぜちゃいたい一瞬 2.5 up
リーチかけてあがられた時、そいつが裏ドラを見るのを忘れて点数を計算している一瞬。
 
・口先だけのうそっぱちな一瞬3 2.5 up
親をノミキックで流されたときの、「いいよ。そんなもんさ。」とか言っている一瞬。
 
・口先だけのうそっぱちな一瞬2 2.5 up
親の時の、ペンチャン待ちの、くそったれリーチの時の、「高いよ」とか言っている一瞬。
 
・口先だけのうそっぱちな一瞬 2.5 up
リーチに全然訳が分からなくて適当に要らない牌を切った時に、それが通って思わず「コレ通ると思ったんだよなー。」と発している一瞬。
 
・だんまりを決め込む一瞬 2.5 up
倍満をツモられたって時に、計算違いしたのかそいつが跳満しか請求しなかった一瞬。
 
・発狂したくなる一瞬 2.5 up
自分が親って時にダブリーかけられた一瞬。
 
・ホッと一息な一瞬 2.5 up
流局してしまうときに自分は聴牌でないし、しかも周りはテンパっていそうで「嗚呼....」とため息混じりに点棒を用意しようとしてまでいたのに、結局誰も聴牌していなくて握りしめていた点棒を置いた一瞬。
 
・誰かがあがってくれるのを必死にお願いする一瞬 1.21 up
「リーチ!」と勇ましく宣言したは良いものの、ふと自分の手を見たら実はテンパってなかった事に気がついた一瞬。
 
・かっこわるい一瞬 1.21 up
リーチをかけて一発目のツモの時に、めちゃくちゃ気合い入れて、気迫装置スイッチオン状態で思いっきりツモって、その牌を表向きに卓に叩きつけて、「ふふふ...(にたり)」といかにもツモれた様な表情をしたくせに(ホントはあがりじゃないのに)結局最後に「つか〜ん」と言い放って捨てたところ、横から「それロン!」と言われあがられた一瞬。
 
・河合俊一が頭をよぎる一瞬 1.21 up
喰いタンのみをあがってしまった一瞬。
 
・あやしい...?一瞬 1.21 up
親の時、本当に何もしていなくて、冗談のつもりで「今回はダブ東ドラ3だな」と手牌をもらう前に言っていたところ、いざふたを開けてみるとマジでその手が入っていて、しかもちょうどサイコロの目も「5」だったりした一瞬。
 
・全く意味のないことに喜んでしまう一瞬 1.21 up
親でサイコロをふったところ、ピンゾロの丁が出た一瞬。
 
・いつの間に?と思う一瞬 1.21 up
気がついたら全く関係のない山の端っこの上の牌が、いつの間にか誰かにつもられて汚されているのに、誰も全く気がつかなくて、みんなして「誰だよ〜、こんなとこ知らん間にツモったヤツは〜?!」と言ってるし、でもやった本人も無意識のうちにやってて、わけが分からなくて、結局この事件はお蔵入りした瞬間。
 
・後の祭りな一瞬 1.21 up
配牌をもらって「お.なかなか良い配牌だ!」とめちゃ喜んで、1巡目に何気なくいらない字牌を切ったあと理牌をしていたら、ふと何かが変だなぁと思っていたところ、配牌の最後の1枚を取り忘れたことに気がつき、思わず「あぁ!」と声を出してしまったが、どうしようもなかった一瞬。
 
・どうしてもテンパれない一瞬 1.21 up
ごく普通にツモってきて、ごく普通に切って、ごく普通に打っていたつもりなのに、何故か少牌であったことが判明した一瞬。
 
・こんなことってあるんだね.とブルーな気分な一瞬
親がいきなり「うははは...」と高笑いをしながらダブリーをかけてきて、こっちはこっちでめっちゃ困って「知らん。」と適当に余ってる字牌を切ったところ一発で当たり、しかもそれが跳満で、わずか一巡で18000点が吹っ飛んだ一瞬。
 
・蚊帳の外な一瞬
ぽんぽんぽんと下家.対面で鳴きまくって自分の順番が3回くらい飛ばされた一瞬。
 
・ちょっとだけムッとくる一瞬
対面がリーチをかけようと威勢良く「リーチ」とリー棒を投げてきて、カツンとそれが河や山に当たって跳ねて、自分の御膝元に転がってきた一瞬。なんや?ケンカ売っとんのか?あ?
 
・気になって仕方がない一瞬
捨て牌の切り方がめっちゃ汚くてぐっちゃで、しかもちゃんと6枚切りをしないで延々とだら〜っと延びてどんどん下家の方に攻めていってる一瞬。
 
・なんや?うっとうしいな.ワレ.あ〜?!と思う一瞬
上家が起家の親で、起家マークが置いてある上に積み棒を積みやがったときに、「ポンポンポンポン」と、裸単騎までこいつが鳴きまくりやがって、しかも鳴いたときに俺の方に向かってポンしたのをどんどん置いていきやがって、自分の手牌の寸前のところまで積んでこられた一瞬。
 
・力を入れすぎて後悔する一瞬
めちゃめちゃに気合いを入れて、もうギリギリッと音の出んばかりに力を込めて盲牌していたら、だんだん親指の爪がはがれてきちゃって、めちゃめちゃ痛い思いをした一瞬。
 
・ムカっとくる一瞬
自分が「通るだろう」と思って早いリーチに向かって仕方なく西の暗刻落としをしてみると、全く脈絡のない七対子でもないのに西単騎で待たれていて、そいつが自慢げに「いやぁ〜、出ると思ったんだよなぁ」と自慢げに言われた一瞬。
 
・ツキの無さを感じる一瞬
字牌のドラを捨てきれずに大事に取っておいて誰かが捨てたので仕方なく併せて切ったところ、次の順目にそのドラをかぶってしまってめちゃめちゃ悔しいんだけど、どうしようもないので泣く泣く切ったところ、ドラの地獄待ちに振り込んだ一瞬。
 
・ツキの無さを感じる一瞬2
何となく対子落としした牌が、あとで槓ドラになってしまった一瞬。
 
・やる気のない一瞬
ハコってるし、オーラスだし、親でもないし、配牌も悪い一瞬。
 
・やる気のない一瞬2
国士無双を狙っていて、一向聴まできて「あとちょっとだ...」とがんばっていたところ、ちょうど持っていない牌を誰かが切ってきて、他の人もそれに合わせた形でばしばし切っちゃって、国士があがれなくなってしまった一瞬。
 
・ツッコミを入れたくなる一瞬
「リーチ、一発、メン、タン、ピン、ヅモ!」と指折りながら数えて「跳満」を請求された一瞬。
「メン」って何ちゅう役じゃ?おい。
 
・俺って強欲だと思う一瞬
七対子でドラの中張牌待ちでリーチをかける一瞬。
 
・麻雀を感じる一瞬
麻雀を終えて、「さぁ、帰ろう」と立ち上がろうとしたときに、膝が「ぱきぱきぱきっ」っと音が鳴って立ち上がれなかった一瞬。
 
・打ち方が弱いなぁと感じる一瞬
高め平和ジュンチャン三色の跳満手をはっているときに、親リーチがかかってしまい、その順の自分のツモがド安めツモのみを引いてしまい、ツモのみであがってしまった一瞬。
 
・河を見ていないなぁとつくづく思う一瞬
自分のあたり牌が全て捨てられているのに気づかないでひたすら待っていたことに気がついた一瞬。
 
・何考えているんだかと思う一瞬
他家のリーチに対して「この字牌はション牌だから捨てられねぇ。」と止めていたのに実は自分で鳴いていた牌だったことに気がついた一瞬。
 
・何考えているんだかと思う一瞬2
混一をやっていて字牌の単騎待ちで待っていたところ、実は自分で鳴いていた牌だったことに気がついた一瞬。
 
・俺って顔にでるタイプなのかなぁと考えさせられる一瞬
何気なくダマではって様子を見ていたところ、「お前テンパってるだろ」と指摘されてしまった一瞬。
 
・思わず鳴いてしまう一瞬
他の3人が何か知らないけど鳴きまくっている一瞬。
 
・流局の時にあまり手を開きたくないなぁと思う一瞬
5萬切りの2萬待ちで筋引っかけリーチをかけたところ、一発で「お前ひっかけの2萬待ちだろう?」と見破られて、しかもみんなに「こいつに2萬だけは切るなよ」と言いふらされてそのまま流局してしまった時の、「どうだった?」と聞かれながら手を開けなきゃならない一瞬。
 
・すごくわくわくしながらあたり牌が出るのを待つ一瞬
ダマで平和のみでとりあえずはっていたところ、親からのリーチがかかったんだけど偶然にも親の安全牌で今にも出そうな雰囲気で、「こりゃでるな」と思いつつ待っている一瞬。
 
・服装はきちんとした方がいいなぁと思う一瞬
シャツの袖の所のボタンをはずしていてだらしない状態で打っていたところ、ツモろうと手を伸ばしたときに袖が引っかかって、鳴きたかった字牌のドラの対子の所がちょうどよくパタンと倒れてしまった一瞬。
 
・譲ることのできない一瞬
牌の数を数えながら山を積んでいたところ1枚足りなくて、ふと横を見たら同じように1枚足りなくて探している人がいて、思わず目が合ってしまったんだけど「俺は正しい数を積んでいるんだ」と頭の中で思った一瞬。
 
・文句を言いたくなる一瞬
他家が半分先ヅモみたいな感じで、まだ切っていないのにツモに手をかけているところに、「ポン」と鳴きが入ったのにも関わらず、その後にそれを見てから山に戻していったのが、自分の所に来る牌だった一瞬。
 
・先走ってしまう一瞬
白、發と対子で、中が1枚ある時に、中が切られたら中が鳴けないのにも関わらず思わず「ポッ...」と声が漏れてしまった一瞬。
 
・気合いが感じられる一瞬
点バコのなかには1万点棒しかなくて、それでリーチをかけた一瞬。
 

[トップページ/こんな一瞬]

メール

ご意見・ご感想等はこちらまで