Go to Top Goto TopPage


あばうと点数計算

麻雀において点数計算は必要不可欠。まぁ、自分でできなければ誰かがやってはくれるんだろうけど、やはり麻雀をやるからにはそれくらい自分で出来なければ。しかしすべてを覚えるのもちょっと。。。

ということで適当にある程度覚えときましょう、というのがここの趣旨です。

 

役がいっぱいあるときの点数計算
役があまりないときの点数計算
パターンで覚えたい符
符の計算方法
暗刻・槓子の符計算法
点数表による点数換算
点数表をまったく見ない符計算のみからの点数計算法

・役は何飜あるのか?

これがわからなければ、点数計算のしようがないというもの。これくらいは頭の中に入っていなければ麻雀は打てません。これくらいは大丈夫だよね?

それでその時の状況はどうなっているか?

役がいっぱいある
役があまりない


・役がいっぱいある

役がいっぱいあったなら、うはうはだし、そりゃ点数計算も楽ってもの。満貫・跳満・倍満とか言ってればいいんだから。
ちなみにその関係は以下のようになります。

  必要飜数 子の点数 親の点数
満貫 7 8000(2000. 4000) 12000( 4000)
跳満 8.9 12000(3000. 6000) 18000( 6000)
倍満 10.11.12 16000(4000. 8000) 24000( 8000)
3倍満 13.14 24000(6000.12000) 36000(12000)
役満 15以上 32000(8000.16000) 48000(16000)

ツモった時(表のカッコ)
子は上がり点数の半分を親に、残りを半分ずつ分けて子に請求しましょう。
親は上がり点数を平等に3等分して、みんなに請求しましょう。

満貫だけ覚えておけば、あとは倍々ですから簡単でしょう。
(ただし跳満は1.5倍満なのです。)

こういった高い手は麻雀の花形なんだから、間違って請求するなんてだっちゃいマネはしないように。


・役があまりない

計算が面倒なのと言ったら安い手の場合です。
なぜなら飜数が7飜以下の時には「符」の計算をしなければならないからです。

符計算においては、計算しないでも良い場合がある。
これはパターンで決まっている状態で、わざわざ計算するまでもないということです。

計算しないパターン

条件 門前 暗刻 和り方 備 考
20符 なし ツモ ツモ平和有りのルールの時
30符 なし ロン・ツモ 平和型の時
40符 なし ロン・ツモ  
50符 なし ロン・ツモ 七対子の時 ※注1


※注1 七対子の場合
七対子は一般に2飜相当の役といわれています。そして点数計算の時には50符の表で1役落とした状態で計算していきます。だから七対子のみの時は50符の1飜で1600点と計算します。ここで間違ってはいけないのは、七対子はあくまでも2飜役なのです。点数計算の便宜上、50符1飜で計算していますが、跳満等へのステップアップの際には勘違いしないようにしましょう。


・符の計算をする場合

下のチャートに沿って考えていきましょう。
ひとつ注意点としては、自分の都合のいいように考えましょう、ということ。
複合面子での待ちでは、いろいろと組み合わせを考えると、嵌張、単騎待ち等が浮き出てきます。それを見逃さないようにチェック。

  はい いいえ
絶対的符 20符
門前ロン? 10符 0符
ツモった? 2符 0符
待ちは1枚だけ? 2符 0符
頭は飜牌? 2符 0符
暗刻・槓はある? ○○符 0符
合  計 20+□□符

仕上げに合計の1の位を切り上げて符の計算の完成

・解説

絶対的符
これは副底といいます。符計算の始まりは必ず20符から、これは絶対的犯すことの出来ないきまりとして覚えましょう。
「麻雀の世界の仲間入りは20から。」

門前ロン?
これは門前加符というのが付きます。門前でロン和りしたときのみの追加です。
「自分の力のみでここまでこぎつけ、よくあがったものだ。でも最後にきてツモれない詰めの甘さ。ちょっとかわいそうだから点数が確実に1ランクアップするように10符つけてあげよう。」

ツモった?
これはツモ符いいます。その名の通り、ツモったときに付く符です。
「締めを自分の手で引き寄せるとは、ちょっと点数が高いぞ。でもツモって役が付くからなぁ。だから2符だけ追加しよう。」
ただし嶺上ツモの時にはツモ符は追加されません。
「嶺上の役までもらった上にツモ符までとるのは贅沢だ。」
ということでしょう。

待ちは1枚だけ?
これは、単騎・嵌張・辺張待ちのことを指しています。
たしかにそうでしょ?それ以外は多面待ちになるからね。
ただし多面待ちでも組み合わせによっては嵌張待ち等に受け取れる場合があります。そういう場合は気兼ねなく符を追加しよう。
「待ちが1枚しかないという状況でよくぞあがったものだ。その努力に免じて2符追加してあげよう。」

頭が飜牌?
白發中場風自風牌が頭の場合に付きます。
「3枚集めれば役になるものを、2枚で我慢して頭に使うとはさぞかし口惜しかろう。かわいそうだから2符だけ追加してやろう。」

暗刻・槓はある?
暗刻や槓子には、もれなく符が付いてきます。
「同じものを何枚も集めるとはなかなかの強者。少しその運に点数をつけてあげよう。」

・暗刻・槓子の符計算
ここが符の一番面倒なところ。しかしこれを乗り越えないと「符マスター」にはなれないのだ。

基本は1つ、暗刻は4符!
これを諸条件によって換算していくのです。

暗 刻 4符
1 実は一九字牌 ×2
2 ポンした ÷2
3 カンになった ×4

理由(覚え方)としては

1.こんな使いにくいところを暗刻にまで集めるとは、その努力に免じて符を2倍にしてあげよう。

2.なに?!自分の力じゃなく他人の力をかりるとは、その行為許すまじ。そんな輩は、罰として符は半減じゃ!

3.ほほう、世界にたった4枚しかないものすべて集めよるとは。。。その引きの強さは天晴れじゃ。4枚目を引いたことにちなんで符を4倍にしてしんぜよう。


・点数表による点数の申請

これで符がわかったんで、点数表に照らし合わせて点数を申請しましょう。
まず確実に覚えておきたいのが、30・40・50符の点数表です。
麻雀を打っていればわかると思いますが、これくらいを覚えておけば、半荘のほとんどはこれでカバーできるはずなんです。だからこれしか覚えなくていいんです。(なんたってアバウトですから)
ごくまれに60・70符も出てきますがそういうときは、いい方法があります。
覚えている符の点数をたし算するんです。(ただし同じ飜数のところで)
60符なら30符+30符
70符なら30符+40符
といった具合に。
実際だいたいはその通りになるんですが、ごく一部にこれでうまくいかない場合があります。そういった場合はわかっている人が指摘してもらいましょう。だって違ってるんだし。
違うっていっても100点やそこらです。
みんなが知らないで、指摘も何もなかったら、しらばっくれましょう。
(おいおい、そんなんでいいの?
無責任だけどいまだけ許して下さいまし。そういう部分は自分で記憶しておくしかないので、じょじょに覚えていきましょ。)
で、これが覚えておくべき点数表です。

子の場合。

  30符 40符 50符
3飜 1000( 300. 500) 1300( 400. 700) 1600( 400. 800)
4飜 2000( 500.1000) 2600( 700.1300) 3200( 800.1600)
5飜 3900(1000.2000) 5200(1300.2600) 6400(1600.3200)
6飜 7700(2000.3900) 満貫
7飜 満貫

と、面倒くさそうに表を出しましたが、実際覚えることなんてほとんどありません。
それぞれの符の3飜だけ覚えておけば、役が増えるごとに倍々にしていくだけですから。
それで、8000を越えたら打ち止め。
ちょっと違うというと30符の5・6飜の所だけ。
ツモった時は表のカッコの部分になるんだけど、基本的には上がり点の半分は親に請求して、残りを半々にして子に請求って具合です。

親の場合は基本は子の1.5倍。

  30符 40符 50符
3飜 1500(500) 2000(700) 2400(800)
4飜 2900(1000) 3900(1300) 4800(1600)
5飜 5800(2000) 7700(2600) 9600(3200)
6飜 11600(3900) 満貫
7飜 満貫

こっちの場合もちょこっと倍々にならないところがありますね。
つもった場合は表のカッコの部分です。基本的に上がり点を3分割してみんなに請求するんですが、半端な数字は切りがいい数字に変えていきます。

それで、なぜ覚えておくかというと、スピードアップのためなんです。いっぱいでてくるんだから覚えといて損はないでしょ?(うってりゃ絶対自然に覚えるってね)

 

ま、ごろあわせ呪文みたいにして覚えておくのが理想(?)かな。(私がそうしてる)

子の場合
30符→せん・にせん・ざんく・なななな(ちっちぃ) 1000・2000・3900・7700
40符→いちさん・にんろく・ごんに 1300・2600・5200
50符→いちろく・ざんに・ろくよん 1600・3200・6400

親の場合
30符→いちご・にっく・ごっぱ・ぴんぴんろく 1500・2900・5800・11600
40符→にせん・ざんく・なななな(ちっちぃ) 2000・3900・7700
50符→にぃよん・よんぱ・くんろく 2400・4800・9600

と、これが一般的な麻雀の点数の読み方だと思いますが。どうですか?お客さん?


・点数表をまったく見ない符計算のみからの点数計算法 11.10 up

・子の場合は符を3で割り、"00"を付ける(100倍にする)。
・親の場合は符を2で割り、"00"を付ける。
翻が上がれば点数を倍にする。(情報提供:篠原君)

それでは具体的に計算してみよう。

÷3 小数点以下切り捨て ×100 実際の点数
30 10.00 10 1000 1000
40 13.33 13 1300 1300
50 16.67 16 1600 1600
60 20.00 20 2000 2000
70 23.33 23 2300 2300

と、あら不思議。
1飜の時の点数がでてきているじゃないですか。

あとはこの点数を飜数があがる毎に、倍々にしていけばOKです。
ちょっとした計算が必要ですが簡単なものです。
倍々にしていくと、実際の点数とは多少異なった部分がありますが、「あばうと点数計算」では細かいことは気にしません。
これで点数計算に悩まずに麻雀が進められるとなれば、ほんのちょっとの、数百点程度の間違いなんて何の影響もありません。
みんながその点数計算法を使えば不公平もなくなるのだから...

細かい点数は、やっているうちに徐々に覚えていけばいいものだから。


[トップページ/あばうと点数計算]

メール

ご意見・ご感想等はこちらまで