狼なんて怖くない!!/冨樫義博

 作品情報

週刊少年ジャンプ本誌初掲載作品。(1989年20号)

狼なんて怖くない!! 冨樫義博短編集 に収録。


 あらすじ

狼男だという事がばれる度に騒ぎになり、転校を繰り返していた拓狼
新しく転入した学校で、一目惚れしたさやかと同じバスケ部に入部する。

男女合同のバスケ部夏合宿という絶好に告白のチャンスの機会を得るが、
皮肉にも満月の日と合宿の日が重なってしまう。

拓狼は正体がばれてさやかに嫌われる事をおそれ、
なかなか告白に踏み切れずにいた。

そんな中、ある事件をきっかけに二人の関係は意外な方向へとすすむ。


 登場人物

志月拓狼
人狼一族。
満月の下で狼に変身してしまう。
普段は普通の男の子。

早乙女さやか
拓狼より先に現在の高校に転入してきた。
かわいいクラスの人気者。

漫画研究会
自分達の同人誌を超高値で売りつけたり、
気に入った女の子をムリヤリロリコンマンガの
モデルにしたりする不良グループ。
さやかにしつこくつきまとっている。




 コメント

自分がはじめて出合った記念すべき冨樫作品

かわいらしい絵柄と軽快なラブコメディに
当時とても好感を持ったのを覚えています。

その作品のタイトルのついた短編集が発売され、
自分がそれを手にしたのは、掲載から1年ほどたってからでした。

たまたま本屋で目にとまり、
作品が記憶に残っていて、
それを迷わず手に取った自分。



冨樫義博にはまる運命

だったとつくづく感じています。



「狼なんて怖くない!!」とはなにかとがあるようで、
この作品の直筆資料
ある方(←※冨樫義博氏本人にあらず)からお譲り頂く機会がありました。

コピー用紙に描かれた簡単なもの・・・ということでお譲り頂いたのですが、
それでも自分にとっては
「宝」

なので、今でも大切にしています。