【メニューへ戻る】
 
 

☆万猫TVシリーズ☆

 
第1話 「ヌクヌク登場! 地球の平和を守り抜け!?」

【スタッフ】 脚本:山口宏 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:織田美浩 作画監督:岸本誠司 他

第2話 「ヌクヌク対古代遺跡! 伝説の巨神あらわる!」

【スタッフ】 脚本:三井秀樹 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:中野健治 作画監督:桜井木ノ実 他

第3話 「ヌクヌクの料理教室! ノンちゃんラブアタック作戦!」
 
【スタッフ】 脚本:北条千夏 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:羽生尚靖 作画監督:小川夏美 他
 
第4話 「ヌクヌク熱唱! 家族対抗歌合戦!」
 
【スタッフ】 脚本:荒川稔久 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:鼻山茂樹 作画監督:堀内修 他

第5話 「ヌクヌク感動! 二葉ちゃんの初恋」

【スタッフ】 脚本:山口宏 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:織田美浩 作画監督:工藤柾輝 他

第6話 「ヌクヌク真夏のバトル! エスパー少女隊の罠!」

【スタッフ】 脚本:山口宏 絵コンテ:ムトウユージ 演出:羽生尚靖 作画監督:増谷三郎 他

第7話 「ヌクヌク時をこえて! プロポーズは盆踊り!」

【スタッフ】 脚本:三井秀樹 絵コンテ:綴爆 演出:中野裕道 作画監督:宇都木勇 他

第8話 「ヌクヌクと宇宙の神秘! 謎の生命体ミチミチとの遭遇!」

【スタッフ】 脚本:北条千夏 絵コンテ:綴爆 演出:鼻山茂樹 作画監督:小川夏美 他

第9話 「ヌクヌク走る! 大運動会、ああそうかい!」

【スタッフ】 脚本:三井秀樹 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:小川浩司 作画監督:岡辰也 他

第10話 「ヌクヌクと龍之介! とってもワニな夜だった」

【スタッフ】 脚本:金春智子 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:中野裕道&鼻山茂樹 作画監督:工藤柾輝 他

第11話 「ヌクヌク青春日記! 万能文化ミュージカル!」

【スタッフ】 脚本:荒川稔久 絵コンテ:ムトウユージ 演出:鼻山茂樹 作画監督:隼鷹榛名 他

第12話 「ヌクヌクよ永遠に! 君の笑顔を忘れない!」

【スタッフ】 脚本:山口宏 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:鼻山茂樹 作画監督:島田ひであき 他

SP−1 「ヌクヌク放浪!?あけまして捨てられました」

【スタッフ】 脚本:山口宏 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:上田しげる 作画監督:隼鷹榛名 他

<ストーリー> 2014年の新年を迎えた夏目家では、ヌクヌクが目を覚ました時に彼女以外誰もいなかった! ヌクヌクは自分があんぽんたんだから捨てられちゃったんだ、と思ってしまうのだった。そんなとき、二葉ちゃんらクラスメイトが初詣に行こうと夏目家を訪れた。しかし、ヌクヌクはみんなの家の家族団欒 を見てますます落ち込んでしまい・・・

<見所だにゃ> TV放映のなかった、「お正月」のエピソードですね。見所はズバリ、クラスメイトの家族です。もう、なんのひねりもないストレートで思った通りの家族たちは、逆に王道を行きすぎていて面白いですねぇ。二葉ちゃんが4姉妹だったのはびっくりしましたが、電脳組のすずめちゃんと同じですよね、この家族構成。しかも、みんなでしきっちゃってるこの家庭って一体・・・。スピーディ少女隊もファンサービスで何気に出演してましたね。しかし、ついに出前アイドルになってしまっていて、相変わらず可哀想ですよね。でも、泣きじゃくり顔のヌクヌクはかわいいですね〜。スペシャルは2話とも、監督自らコンテ切ってますよね、エライ(?)

SP−2 「恋するヌクヌク バレンタインは誰んためン」

【スタッフ】 脚本:三井秀樹 絵コンテ:ふじもとよしたか 演出:則座誠 作画監督:上條修 他

<ストーリー> バレンタインの季節がやってきた。バレンタインには好きな男の子にチョコレートをあげる日だと知ったヌクヌクは、「好きな人がいる」とみんなの前で言った。クラスメイトの男子もソワソワ気味? それが面白くない智恵子はなんとかしてヌクヌクの行動を阻止しようとする。一方では、バレンタインを利用してミシマの悪事が動き出していた。果たして、ヌクヌクの意中の人とは・・・

<見所だにゃ> パロディの山口氏に続き、コメディの三井氏によるオリジナル。バレンタインネタという定番ネタを、これまたお約束通りの展開をさせてしまう所がTV万猫っぽい。オチも見る前からわかっているものの、そんなことはどうでもいいわけで。今回目立っているのが智恵子ですね。それにしても、ヌクヌクが智恵子の名前をど〜しても呼べないのは何故なんでしょう? 面白いですけどね☆ さらに、智恵子の第2の黒子上子と下子って一体・・・。前子と後子は、それぞれ右子と左子の妹ですが、出てきませんでしたね(あーややこしい)。前話と同じで作画は厳しいものの、結構楽しめました☆