すべてのpiaカードに

感想をつけるページ


特別編:プレミアムパック
No.118〜126(限定)

春夏が手に入れることの出来なかったこのパックを
譲って下さった枯峰さんに深くふかぁ〜く感謝します。


No.118 STYLE  Card アイリ
ありがとう、ありがとう!キッド、そしてブロッコリー!!
始めて『愛理さんのトレカがでる』と言う情報を聞いたときは・・・
もう、心の底からそう思いました。よくやってくれました!
記念すべきカードの一枚目は制服を着た愛理さんのオレンジ服姿です。
レジの前にたった愛理さん。こんな子が注文を聞いてくれるのかと思うと
古のオヤジ台詞、『注文は君さ!』なんて事を言ってしまいそうになりそうです。
オレンジ服は胸が強調されすぎるので私はあんまり好きではないんですが、
この際そんなことはどうだって良いんです。もお、細かいことは言いっこなし!
それにしても、う〜ん・・やっぱりさとみさんや翔子ちゃんとは
また趣の異なる綺麗さ、かわいらしさがありますねぇ・・・。
これが『芸能人』を『芸能人』たらしめるオーラって奴なんでしょうか?
裏面はユニフォームセレクトカードのようになっていて、
ゲームを立ちあげるまでもなく、愛理さんの全ての制服姿を拝見できます。
うん、愛理さんが青服を着ると髪の色とあいまって良く似合いますね。
一番かわいらしさがでるのは赤服かな?『女の子』っぽくなります。
プレミアムパック中のカード全てに言えることなんですが、
全体的に表面が少し青みがかって見えます。大したことじゃないんです。
正面から見た限りでは全く気にならないんですから。

No.119 EVENT Card アイリ1 愛理さんの一枚目のイベントカードは店内視察をしにきた時のものです。 サングラスをかけた彼女は、窓からの景色を見つつアイスティー(推測)を飲んでいます。 右手でつまんだストローは口に運ぶのではなく、手持ち無沙汰の状態の手を 遊ばせるためのものとみました。ストローを左右にくゆらせる姿が目に浮かびます。 店の外の景色を見ているようでいて、きっと店内を観察しているんでしょう。 きっと純粋に『自分の仕事のため』だけの視察ではなく、 『普通の女の子みたいにこんなバイトをしてみたいなぁ・・』なんて感情もあるんでしょうね。 普通にしていてもやっぱり目立ってしまうらしく さとみさんは愛理さんがここの所良く来ていることに気づいていました。 ・・・・やっぱりさとみさんは凄いなぁ(結局それかい(^^;;)
No.120 EVENT Card アイリ2 愛理さんのイベントカード二枚目は『如月 淳平』にいじめられているところです。 実際、如月はなんにも悪いこともひどい発言もしていないんですが どっちかというと悪い人の顔していますね。こんな顔じゃ悪役になってもしょうがないです。 ・・・・なんとなくシャアっぽい顔してます。美男子には違いない、うん。 それはそれとして、愛理さんが如月にいろいろ言われていて泣きそうになっていたら 助けるのが漢ってもんです。女性を泣かせるほど言葉で責めてはいけないです。はい。 構図としては、左手前に逃げ腰の愛理さん、右手奧に愛理さんを連れていこうとする如月、 そして、その二人の間に入り両手を広げて立ちふさがる祐介、というものです、 最終的にこの場を納めたのは泰男さん。 やっぱり力ずくでは解決しない問題ってのもあるってことですね。 祐介、もっと大人の解決の仕方を学びましょう。
No.121 EVENT Card アイリ3 でーと!わんだふりゃーでーとだぁ!!ラヴリーだ! そう、よくよく考えてみたら、ちゃんとデートらしいデートしてるイベントって 愛理さんのシナリオでしか生じないんじゃないでしょうか? シンプルな私服(白いシャツの上に紺色の上着)、深く被った黒い帽子、 楕円の黒サングラス。こんなそっけない格好なのになんて可愛らしく見えることか! 自分の食べかけのアイス(ミントとクッキークリームのダブルと推定)を祐介の方に向けて 『食べる?』の構図。えぇ、もちろん喰いますとも! もう一個食べたい?あぁ、買いますとも! なんならトリプル頼んだっていい!テトラ?ヘキサ?なんでも来い!! 但し条件がある!!始めの一口目は愛理さんが食べてくれ!!(壊爆) 右目ウインクのうえに軽く舌を出しているというお約束の顔もそつなくこなす! あくまで愛理さんのかなえたかった夢を叶えるための『恋人ごっこ』だとしても 『ごっこ』をしている間は恋人なんだ!恋人ごっこ万歳!! うぅぅ・・・かわいいよぉ・・・・・とかなんとか考えながらも 差し出された食べかけのアイスはありがたくいただくのでした、まる。
No.122 EVENT Card アイリ4 キャロットでのテレビ収録の終了後、更衣室で着替える愛理さんを あくまで『不可抗力』で覗いてしまった祐介。ほ、ホントに不可抗力なんだってば(^^;;; それにしても、不可抗力とはいえすばらしいタイミングで覗いたもんです。 さすがは僕らの木ノ下祐介。ってなとこですかね。 愛理さんは上半身、下半身とも下着姿。照れるので下着についての細かい描写はしませんよ(^^;;; ちょうど私服(デニム生地っぽいワンピース)に着替えるところだったようで、 胸を隠している両腕にはその服が抱えられています。 覗かれているのに感づいて急いで胸を隠してドアに背中を向けて腰を折った結果、 『頭かくして尻隠さず』の状態になってしまったようです。 私としては服を抱えたままその場にしゃがみ込んでしまう方が・・・・ ま、そんなことはどうでも良いですか?そうですか。
No.123 ADULT Card アイリ1 アダルトカードの一枚目。実は愛理さん、アダルトカードが三枚もあります。 SS版をやった人は強く感じたと思いますが、愛理さんのHシーンは 他の人のそれと比べてずいぶん長いように思えます。これも制作者の愛ですかね? 覗いていたのが祐介だとわかると、祐介を部屋に入れる愛理さん。 ワイドショーでやっている如月との関係の真相を語った後、 本当に自分のことを信じてくれている祐介に対し心を許してこのイベントになるわけです。 ・・・・・一度着た服をまた脱いだみたいですね。・・・って当たり前か。 いくら下着が見えることを前提としている私服を着ているといっても 下着姿のまま、男と更衣室で話をするってのは良くないよね、うん(何言ってんだ?>自分) ウェイター姿の祐介(キャロットは休みだったが、ドラマに出演していたため)が左手前。 その祐介の首に優しく両腕を回す愛理さん。両の手は軽く組まれています。 祐介を抱き寄せるためってかんじの腕の回し方ではないですね。 ちょっとはにかんだ顔、上目づかいの目で祐介を見つめる彼女の様子からは 気恥ずかしい気持ち、嬉しい気持ち、不安な気持ちの全てが伝わってきます。 ずっと見てるとこっちも恥ずかしくなってくるカードです。 そうそう、カードの裏の台詞は 『いやっ・・・・んっ・・・・恥ずかしいよ。』 です。・・・書いてるこっちも恥ずかしい(^^;;;
No.124 ADULT Card アイリ2 アダルトカード二枚目。だんだん説明が難しくなってきました(泣) このページって18禁の内容を含んでないことになってるからなぁ・・ それはさておき、カードの説明。 愛理さんの緊張をほぐすために優しく迫る祐介。うん、いろいろしたみたいです。 此処辺りの細かい描写はパスさせて欲しいなぁ(^^;;;自分でSS版やってください。 グレーの下着姿の愛理さんが壁に両手を付いてこちらに背中を向けている図です。 不安げな目でこちらを振り返って祐介の行動を見つめています。 えっと、愛理さんは耳が敏感らしいですよ(18禁か?まぁいいか(笑)) 裏の台詞は愛理さんの台詞の中でも最大級の破壊力を持つ 『ワタシこのままおかしくなっちゃう?』 です。おかしくなるのは俺も一緒さ!あははははは・・・ この台詞と同等の破壊力を持つのはプルミ2、店長の 『おそって・・下さらないんですか?』ぐらいですね(笑)
No.125 ADULT Card アイリ3 アダルトカードの三枚目です。 祐介と一つになる決心はとうの昔についていたものの、 この上なく幸せな今の自分の顔がどんなものだか予想が付かなくて 恥ずかしくなってしまって、左手で顔を隠してしまった愛理さん。 こんな行動をとらせたのは、いつでも綺麗な自分だけを 見ていてもらいたいという女性のサガでしょうか。 こういう日本的なわびさびのあるサガなら大歓迎です(馬鹿) 右腕で胸を隠し、先に述べたように左手で顔を軽く隠しています。 この後、祐介の『顔・・見せて』の言葉によって、 左手を顔からどけたCGがあるんですが、それはカードには入ってません。 裏の台詞は『くすぐったい・・・・よ・・・・んっ。』です。 この台詞自体はNo.124の絵の時のなんですが・・。
No.126 ENDING Card アイリ 話したくても話せない。どんどん遠ざかっていく彼女。 覚悟を決めてかけた電話。 祐介の覚悟が通じたのか、ついに愛理のもとに電話が通じます。 このエンディング、なにがいいって愛理さんの登場の仕方がいい!! うまく変装した状態で、待ちぼうけている祐介にいろいろと 彼女のこと(つまりは愛理自身のこと)を聞いちゃったりして。 でも祐介・・・駅前で彼女のことを思い出しながら涎をたらすのはどうかと思うぞ(笑) サングラスを指でずりおろして祐介に蒼い目を見せ、 自然に祐介の腕に自分の腕を絡ませるそのしぐさは 確かな自信の現れなんでしょうね。 『この人はワタシの本当に大事な人だ』って。 だって、前に恋人ごっこでデートしたときは手だって繋げなかったんだもの。 カードを持っている人は見て欲しいんですが、 近衛の中で疑問なのは祐介の左手の示す『1』です。 愛理さんの両目がその指を見つめていることから、 祐介が愛理さんに催眠術をかけていると見えないこともないです。 ・・・・・いや、見えないです(死) 『じゃあ、遊園地に行こうか!』『うん♪GoGo!!』 なんていう元気な二人の声が聞こえてくるとっても良い絵ですね。
どうでした?トレカ感想エクストラ。 春夏自身としてはトレカの絵を見ながら云々と感想を考えるってのが 面白くてやってる作業なものですから、あんまり人の目を考えていない感想になっています。 『感想の感想』ってのも変なものですが、もしも 『此処はこういう風な描写をした方がいいんじゃないか』とか 『ちょっとシナリオとずれてる』などのご意見がありましたら どうぞ遠慮なくこちらへ送って下さいね。 ではでは(^^)/~~
『全日本Piaキャロット教』に戻る
『トレカ感想第一弾』に戻る
『トレカ感想第二弾』に戻る
『トレカ感想第三弾』に戻る

このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ