あなたのそばにもPiaがある。

・・あぁ、そこの君、先見性って知ってるかい?
しらなくてもそんなには困らないけどね。 『他人が見えてないような先を見越してあらかじめ手を打っておくこと』
とでもいえば良いかな?(民明書房刊:『これが先見性だ!』より一部抜粋)
『先んずればすなわち人を制し〜』なんて言葉が有名なことからもわかるように、とにかく未来を見越しておくことはとっても大事なことなのさ。ところで、この『全日本Piaキャロット教』は愛の力により全世界の平和を狙っていることはご存じだろうか?
『オイオイ、ゲームの力で世界を平和にする?馬鹿なこと言ってんじゃねぇよ(^^;』
なんて思う人もいるかもしれない。
が、違う違うそうじゃない!!
『Piaキャロット』は恐ろしいぐらいにちゃんと先を見越している。
太古の昔から人々が使ってきた言葉の中に『Pia』という言葉は既に入り込んでいたのだ。 おそらくいままでほとんどの人は気づいていなかっただろう。 そして、これからも気づかない人がほとんどであろうその『Pia』を秘めた言葉達を、 せめてここで真実を見たあなた達だけであっても覚えていて欲しい。
そして・・・・自分の周りの言葉にもっともっと気を配って欲しい。
あなたの思いもつかないところにも、きっと何かが隠れているから・・・

いままでに春夏がその真の意味を解読することのできた『隠されたPia』達リスト
★辞書と違う意味が載っていても春夏を責めないで下さい(笑)
★各単語の矢印の右側に書いてあるの綴りが本来の表記です。少なくとも"春夏"には、ね(^^;;

☆スピア→素Pia
一般的に槍のことだと思われているが、それはあくまで仮の意味である。本当の意味は『素顔のPiaキャロット』が若者によって略された『素Pia』。包み隠さず我々に幸せを与えてくれるPiaキャロットに対して『素顔の』という擬人法を使った言葉なのである。
☆セピア→背Pia
元はイカ墨からとれる染料の事であったが・・、なんていうのはもちろん仮の意味。正確には『背中にPiaキャロットのロゴを入れたジャンパーを着ている人の集合名詞』である。以外とセピア色の写真が似合うかもしれない。
☆ピアトゥーピア→Pia to Pia
1対1の対等型通信のこと・・・で終わりではない。弥生時代の頃には『Piaキャロット関係のサイトからリンクを使って他のPiaキャロット関係のページに飛ぶこと』を指していた。いつの時代であっても通信関係の言葉であったことには代わり無かったらしい。
☆ピアニスト→Pianist
つまり、ピアノを弾いている人はみんな『ピアニスト=Piaな人』であるということを何百年も前からいっていたわけである。このPiaキャロットの先見性には脱帽である。
☆ピアニッシモ→Pianissimo
世間一般では『最も弱く』だと思われているらしいがそれは違う。『最もPiaであること』が真の意味である。●使用例:『あいつのエンゲル係数って高いよな?』『あぁ、あいつの生活設計の基本姿勢はピアニッシモだからな』
☆ピアノ→Piaの
音楽の時間に弾いたあのピアノ。実は黒鍵と黒鍵の間にこんな注意書きが書いてあったのを知っているだろうか?『Piaキャロットについて他の人と話す際に相手が理解しやすいように文章の適切な位置に挿入する指示語がピアノの本当の意味です。』と。●使用例:『"Piaの"ことについてお話ししたいんですが?』『えっ?"Piaの"事についてですか?』
☆メゾピアノ→メゾPiaの
『やや弱く』なんていうわかりにくい意味がこの言葉についているのは、これが当て字であるからだ。本来の意味はしっくりくる。『(賃貸住宅)メゾンPiaのぉ〜』が若者言葉として定着して省略されたものである。イタリアはミラノにおいて三人ぐらいが使っていたという有力な情報がつい先日(1955.2.10)にあった。
☆レイピア→Ray-Pia
『細身の剣』という意味もあるが、実際には『Piaキャロットの店前に並ぶ人達の列』をさし、さらに派生した意味として『Piaキャロットのソフトをもってレジの前に並ぶ嬉しそうな人の列』をも指す。
☆チケットぴあ→チケットPia
辞書を引いてみると『チケット:物品を分割払いで購入するための券』とある。つまり、レストランPiaキャロットを購入するための分割払いを担当しているのがチケットPiaなのである。様々なメディアにその手を伸ばしていることから、Piaがかなりの影響力を持っていることが分かる。
☆ピアス→Pias
Piaの複数形のこと。Pia1の時点では用いられることの無かった言葉であるが、Piaキャロット二号店が出来たことにより用いられるようになった。
☆ピアノマスター→Piaのマスター
全世界のどこかに存在するといわれるPiaキャロットに関する全てを知る人のこと。世界は広いんだから必ずどこかにはいるはずであるが、未だそれに値するだけの人を見たことがない。残念である。って、いなければ自分がなればいいんである・・・・先は長いが。
☆オリンピア→お鈴Pia
・・・・お鈴ちゃんがPiaキャロットにいればいいなぁ・・という意味(笑)お鈴ちゃんが分からない人は『赤チャ』で検索をかけて下さいな
☆ネピア→根Pia
この世に存在する全ての物はPiaキャロットに通じるという意味。と、なると善悪に関係なく全ての物が関係するということであるが、良い方向に使うかどうかは個人の選択にまかせられる。もちろん春夏は全世界の平和と春夏自身の幸せのために使います(^^)/
よろしければ感想を送って下さいな

1998 gygy@mail.goo.ne.jp


『あなかま』に戻る
『全日本Piaキャロット教』ホームに戻る

このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ