万博へ行こう!

写真準備中

万博へ行こう!  ルールブックより

会場マップ(A3x2枚) パビリオンカード(裏面)

↑クリックで拡大

↑クリックで拡大

2005年さくらが咲き始めた頃。 ここは万博会場にほど近い「あるご町内」。
休日の朝は350円のモーニングサービス(もちろんトーストと玉子とサラダ付き!)を目当てに喫茶店へ行くのが多くの皆様の日課であり、喫茶店は大いににぎわっていた。
 「おみゃーさん、もー行きゃーた?」
 「あそこの奥さんもう2へんも行きゃーたでよー。」
 「○○館はどえりゃーえーでよ!」
 「○○さん、○○館5時間も並びゃーたがや。」
といった具合で、話題は先ほど35年ぶりに国内で開催された万国博覧会「愛・地球博」のことばかり。

このゲームは開催期間内にいかに「人気パビリオン」を効率良く周り、いかにご町内で「すげー」って羨望を集めるか競うゲームです。 (セコいテーマですね。)
「ネット予約」といった最新ITテクノロジーを駆使し、情報を集め「人気パビリオン」を「効率よく」見学してください。
また愛・地球博の楽しみ方は人それぞれです。 「外国館」をたくさん見学するなど、テーマをもって万博を楽しむこともあるでしょう。


プレイ人数 : 3〜5人
プレイ時間 : 60分
コンポーネント
1) パビリオンカード132枚
2) スケジュールカード25枚
3) 会場マップ(A3サイズx2枚)
4) 思い出マーカー(5色×20個)
5) 注目パビリオンマーカー(4個)
6) 得点集計表(10枚)
7) ルールブック(15ページ)
ゲームの概要

各プレイヤーは自分の手番で、スケジュールを選択し、次に選択されたスケジュールにしたがって、万博の情報を収集(手札を増やす)したり、万博会場に出発(手札を使い「思い出」を増やす)したりといった行動を行います。 
各プレイヤーが順番に手番を繰り返し、パビリオンカードの山札から、2枚目の「時間経過」カードがめくられたとき中間得点計算を行い、山札を新しく作り直します。 3回目の中間得点計算が行われると万博は「閉幕」となり、最終得点計算を行ってゲームの勝者を決めます。


パビリオンカード スケジュールカード 時間経過カード(パビリオンカード)

[戻る]