ギレンの野望カードゲーム(モビルスーツ・ハンター)

お礼

ギレンの野望カードゲーム(モビルスーツ・ハンター)は1998年の夏コミに出した作品です。 サークルカットにすら予告していなかった突発的な作品ですが、意外にも完売してしまいました (買っていただいた人に感謝)。「ガンダム」のタイトルおそるべしというところでしょう。

お詫び

コミケのスペースにて1部見本品(カード不足)が販売された模様です。購入された方はご連絡下さい。不足分を送付いたします。

Card Sample

制作秘話


構想10年、企画2ヶ月、制作2週間


原作モビルスーツ・ハンター

原作者 J.O. について
モビルスーツ・ハンター補完機構

開発計画担当 てるぴっつ:
このゲームのカードがエコエコのゲームと同じ形態なのはこの人のおかげ。 突如の転勤で開発計画が大混乱したのはこの人のおかげ。
ユニットデータ担当 ほんまる:
SSのギレンで、壷収集家に核を発射された(爆笑)悲劇の人。 ちなみに核で失われたのはAのユニット(略奪したガンキャノン含む)だけ。後に、 中立国の不興を買い戦略上の大打撃を受け、また壷収集家をずっと可愛がってきたが、 その上司に暗殺されたという経歴を持つ。
コンピュータ担当 ヤマサキ:
Macな人(この御蔭で助かることも苦労することも)。 ユニットカードの「絵」を用意する為に日夜戦い続けていた。
コンピュータ担当 管理人K:
DOS/Vな人(このおかげで助かることも苦労することも)。 補完機構メンバー中、唯一SSのギレンをプレイしていない(ちなみにゲーム機すら持っていない)。 製品に重大な間違いが有るとすればその為(連日の強行作業の為もある?)。
ディベロッパー バウンサー:
中継連絡所・作戦会議室の管理人。
以下 機密

[戻る][NIT SLG OB]