ナイナイポイポイするなよ!

−−−ロイ  盗賊

ちゃっと☆くえすと

基本編「だんじょん☆くえすと」

これは、チャットでTRPGをするために新和の「だいす☆くえすと(FM企画)」を元に再構築された、ミニゲームです。
プレイヤーは、周囲に遺跡の多い「スラファクシティ」の住人となり、迷宮に挑んで一攫千金を狙う、というゲームです。
コンセプトは、「とにかく軽く・簡単に」。
一応、サイコロが使えるチャットなら、ほぼどんなチャットでも遊べるハズです。

▼キャラクターの作成▼
キャラクタークラス

プレイヤーは、以下の中からクラスを選んで下さい。

☆戦士
戦士は、剣と盾を持ち、重い鎧をまとって戦う、戦闘のエキスパートです。
このゲームでは、そのタフさから、最初から3点のHPを持ちます。

☆魔法使い
魔法使いは、<魔法>と呼ばれる神秘の力を使いこなす、一種の超能力者です。
このゲームでは、魔法による遠距離攻撃が可能なことで、普通より1点多くダメージを与えられます。

☆盗賊
盗賊は、いわゆる泥棒から遺跡の発掘までこなす、探索・偵察の専門家です。
このゲームでは、危険な仕掛けに関する知識があり、トラップを解除し、そこからお宝を発見する能力があります

☆僧侶
僧侶は、神から与えられる<奇跡>を行使して人助けをする、教会の代理人です。
このゲームでは、聖印をかざして<我に加護をー>と叫ぶことで、自分のHPの半分以下のHPを持つアンデットモンスターを、即座に退散させる能力を持ちます(経験点は獲得できませんが、お宝は入手することができます)。
また、交渉戦闘の際、自分の主張が正当なものなら、自分のレベル以下の根性値の相手を、無条件で説き伏せることができます。

☆野伏
野伏は、野外で生活するための技術、サバイバルの達人です。
このゲームでは、野外において「休息」することができます。
また、野宿をすることが出来るので、宿代が半額になります。

データの決定

次に、データを決定します。

☆HP
HPは、最初は全員「2」です。
ただし、「戦士」だけは「3」点のHPを持ちます。

☆経験点
作られたばかりのキャラクターの経験点は「0」です。

☆レベル

作られたばかりのキャラクターのレベルは「1」です。

☆お金
お金の単位は「金貨」です。
作られたばかりのキャラクターは、お金を持っていません。
「0」金貨です。

☆持ち物
作られたばかりのキャラクターは、特筆すべきものを何も持っていません。
普通の剣や杖、鎧などは、ここに記入する必要はありません。

●名前の決定

名前は自由に決めてかまいません。
まぁ、剣と魔法の世界の住人ですから、それっぽい名前をつけましょうね。

●状態表示

状態を表示させる場合、以下のフォーマットが便利でしょう。

(クラス名 Lv: HP: EXP: GP: / 薬: 完: 蘇: / 特記 / プレイヤー)

クラス名=戦士、とか盗賊、とかを書いて下さい。
Lv=レベルです。
HP=ヒットポイントを記入します。
EXP=経験点のことです。経験点を獲得したら、記入します。
GP=ゴールドポイント。金貨のことです。
=持っている、普通ポーションの本数を記入します。
=持っている、完全回復ポーションの本数を記入します。
=持っている、蘇生ポーションの本数を記入します。
特記=デンジャーソードとか、そういうモノを持っているなら記入します。
プレイヤー=プレイヤーの名前を書いておきましょう。

例)戦士1レベルなら、こうなります。

(戦士 Lv:1 HP:3 EXP:0 GP:0 / 薬:0 完:0 蘇:0 / / さんぷる)

▼冒険に行こう!▼
●ダンジョンの進行

「ちゃっと☆くえすと」の冒険は、普通はダンジョン(地下迷宮)探検です。
その進みかたを紹介しましょう。

☆順番の決定
まず、キャラクター間での順番を決めます。
全員1D6して、一番高い人から順番に回っていきます。
これは、モンスターが出てきた時の殴る順番に関わります。

☆進行
さて、いよいよダンジョンに足を踏み入れます。
GMは、1D6してダンジョンの内容を決めて、それをプレイヤーに告げます。
(これを、プレイヤーが行うことも出来ます。その場合は、振る人を、さっき決めた順番で回してください)

数字 内容 解説
直進 しばらく(10mくらい)、まっすぐな道が伸びている。
T字路 しばらく(5mくらい)進んだ所で、T字の分かれ道がある。
どちらも5mくらいの場所で、光が届かなくなっている。
曲がり角 しばらく(5mくらい)進むと、右(か左。任意に選択)に曲がっている。
その先は、また5mくらいの場所で光が届かなくなっている。
部屋 小さな部屋だ。
向こうは行き止まりになっており、部屋には1体のモンスターが待ちかまえている!
大部屋 大きな部屋だ。
向こうに通路が見える。通り抜けることは出来そうだが、そのためには目の前の2体のモンスターを倒さなければならないだろう!
トラップ! 通路を歩いていると、突然落とし穴が口を開けた!
盗賊がいないなら、落下して全員1のダメージを受ける。
落とし穴は大きく、先には進めそうにない。

☆トラップ
もし、トラップが出たら、全員が1点のダメージを受けます。
ただし、盗賊がいれば別で、盗賊は、トラップを未然に発見でき、さらにそこからお宝を見つけることができます。
自分のHPをモンスターのHPとして、お宝表を2回振って下さい。
出たお宝は、基本的には盗賊のものです。

☆ダンジョンの終わり
上の要領でダンジョンを探検し、そしてもしもう進む道が無くなったなら、そのダンジョンはおしまいです。
全員で街に帰り、新たなダンジョンに挑戦してください。

☆ダンジョンの選択ルール
もし、立て続けに「大部屋」が3つ出たら、3つめの大部屋から伸びる道は「階段」です。
新たなマップ用紙を用意して、新たにダンジョンを探検して下さい。
この場合、ダンジョンは「デンジャラスダンジョン(後述)」になります。
この要領で、ダンジョンはどんどん続く可能性があります。
その場合ダンジョンは、「普通」→「デンジャラスダンジョン」→「スーパーデンジャラスダンジョン」→「ウルトラデンジャラスダンジョン」→「ラストダンジョン」にパワーアップします。

▼戦闘▼
●モンスター出現!

モンスターが出現した場合は、1D6で次の表を振ってモンスターを決めてください。
モンスターが複数出現したなら、その数だけ振ります。

数字 モンスター HP 解説
スケルトン 骨を材料に作られたアンデットモンスターです。
魔法によって動きます。
オーク 豚と人間の合わさったような姿をした魔物です。
いつも悪いことばかり考えています。
スライム どろどろした緑色の単細胞生物です。
いつも飢えていて、生物を見ると溶かして食べようとします。
ピットバイパー 猛毒を持った蛇の仲間です。
オーガー 人喰い鬼です。
人肉が大好物で、冒険者を見ると襲いかかってきます。
ドラゴンパピー ドラゴンの子供です。
子供と言っても、火を吐く凶暴な生物に変わりはありません。

☆モンスターの選択ルール
「デンジャラスダンジョン」以降では、モンスターも「デンジャラスモンスター表(後述)」を使って下さい。

●攻撃

モンスターが決まったら、順番通りに攻撃を開始します。
どのモンスターと戦うかを宣言して1D6し、結果を参照します。
(実際のダメージは、1D6−3ですので、ゲーム中は1D6−3で構いません。マイナスは、自分がダメージを受けます)

数字 解説 ダメージ
スキをつかれた! −2
かすり傷だ! −1
にらみ合い なし
命中!
スキをついた!
会心の一撃!

モンスターのHPが0になれば、モンスターは倒れます。
キャラクターのHPが0になったら、キャラクターは死亡します。

この判定を「パス」することは出来ません。

●戦いの後

モンスターを倒したら、トドメを刺したキャラクターには、モンスターのHPに等しい経験点が与えられます。
また、お宝も手に入ります。
以下の表で、モンスターの数だけ1D6して下さい。

数字 内容 解説
金貨1×モンスターのHP枚 金貨
金貨2×モンスターのHP枚 金貨
金貨3×モンスターのHP枚 金貨
金貨5×モンスターのHP枚 金貨袋
なし 残念。何もない
完全回復ポーション1本 完全回復ポーション

●逃走

出現したモンスターから逃亡することはできません。

▼成長と回復▼
●キャラクターの成長

もし、キャラクターが生きて街に帰ってこれたなら、レベルアップする可能性があります。
もし、街に帰った時点で充分に経験点が貯まっていたら、キャラクターはレベルアップし、HPが1増えます。

レベル 必要経験点
10
20
30
40
60
80
100
130
10 160
以後、50点毎にレベルアップします。
例)11レベル=210  12レベル=260……

●街に帰ってくると

街では、キャラクターたちは宿屋に泊まらなくてはなりません。
宿代は「レベル×10金貨」です。
宿に泊まらなければレベルアップしません。
また、宿屋に泊まれば、どんな傷でも完治します。

●借金

死亡して、蘇生費用がかさんだ時など、時には借金をしなければならなくなることもあるでしょう。
その場合の借金限度額は「レベル×50金貨」です。
これを超えた場合は、自動的に1レベル減少し、借金が200金貨まで棒引きされます。
きっと、借金のカタに、過酷な労働でもさせられたのでしょう。
これによってレベルが0になったキャラクターは、都会の冷たさに打ちひしがれ、故郷に帰ってゆきます(ようするに、「ロスト」するのです)。

▼アイテム▼
●アイテムの購入

キャラクターは、手に入れたお金で、装備を買い換えることができます。
以下の表を参照して下さい。

名前 価格 解説
普通の剣 戦士と盗賊が初めから持っている剣です。
普通のダメージを与えます。
普通の杖 魔法使いが初めから持っている杖です。
普通のダメージの魔法が出ます。
普通の弓 野伏が初めから持っている弓です
普通のダメージを与えます。
普通ポーション 10 使うとHPが5点回復する薬です。
完全回復ポーション 50 使うとHPが完全に回復する薬です。
蘇生ポーション 200 使うと、死んだキャラクターを復活させる薬です。
復活した場合、HPは、最大値の半分(端数切り捨て)になります。
生活物資 50 野外の「休息可能」場所で使って休息すると、全員のHPが10点回復します。
ヤドガココニアール 300 ダンジョンの中で使うと、全員が宿屋と同じ効果を得ます。
マモノガニゲール 50 戦闘中に使用すると、その場のモンスター全てを逃走させます。
その戦闘でのお宝、経験点は獲得できません。
GMのいるダンジョンの場合、効果を発揮しないモンスターもいます。
蘇生サービス 特殊 教会に死体を持って帰れば、「死者のレベル×20金貨」で復活させてもらえます。
復活した場合、HPは全快しています。
死体回収サービス 特殊 ダンジョンの中で全滅した場合などは、「死者のレベル×10金貨」で、街の教会まで回収してきてもらえます。
デンジャーソード 200 危険だけど強力な魔法の剣です。
普通の2倍(2D6−6)のダメージとリスクがあります。
デンジャーロッド 200 危険だけど強力な魔法の杖です。
2D6−6のダメージを与え、かつ、魔法使いの特典により
実際に与えるダメージが、+1から+2になります。
デンジャーボウ 200 危険だけど強力な魔法の弓です。
2D6−6のダメージとリスクがあります。
スーパーソード 400 刀身に悪魔を封じたという、強力な魔剣。
3D−9のダメージです。
スーパーロッド 400 黒い真珠の妖力を蓄えた、魔のロッド。
3D−9のダメージを与え、かつ、魔法使いの特典により
実際に与えるダメージが、+1から+3になります。
スーパーボウ 400 放つ矢が炎を纏うという、強力な弓。
3D−9のダメージです。
ウルトラソード 800 真の勇者しか使いこなせないという、伝説の魔剣。
4D−12のダメージです。
ウルトラロッド 800 あまりの強さに、ほとんどが封印されているという杖。
4D−12のダメージを与え、かつ、魔法使いの特典により
実際に与えるダメージが、+1から+4になります。
ウルトラボウ 800 矢が邪悪な意志を持ち、標的を追尾する魔性の弓。
4D−12のダメージです。
ラストソード 1600 邪悪なドワーフが鍛えたという、最後の魔剣。
6D−18のダメージです。
ラストロッド 1600 黒魔法の最終奥義を込めた、最後の杖。
6D−18のダメージを与え、かつ、魔法使いの特典により
実際に与えるダメージが、+1から+6になります。
ラストボウ 1600 エルフ王が混沌の伯爵を倒したという最後の弓。
6D−18のダメージです。
テンダイスソード 5000 意志さえ持つという、最強で最凶で最狂の魔剣。
10D−30のダメージです。戦士専用。
かたい鎧 500 戦士だけが使える、名匠の作った板金鎧。
HP上限値+5
ごうかな鎧 1000 戦士だけが使える、ドワーフの作った魔法の板金鎧。
HP上限値+10。他の鎧とは、併用できません。
聖なる鎧 3000 戦士だけが使える、神の勇者の使った魔法の鎧。
HP上限値+20。他の鎧とは、併用できません。

☆売却
売却は、定価の半分で買い取ってもらえます。

●アイテムの使用

アイテムを使用する時は、その旨を宣言するだけでいつでも使用出来、また、即座に効果を発揮します。
薬関係と、「ヤドガココニアール」「マモノガニゲール」「生活物資」は、使い捨てです。
サービスも、ある意味使い捨てですが(笑)。

▼選択ルール▼
●デンジャラスダンジョン
階段が現れた時だけ登場する、危険なダンジョンです。
デンジャラスなダンジョンでは、モンスターが強力になり、また、お宝も(モンスターのHPが増えるので)増えます。
キャラクターが充分に成長しているなら、GMの任意で、初めからデンジャラスなダンジョンにしてもかまいません。

☆デンジャラスダンジョン
デンジャラスダンジョンでは、トラップのダメージが5になります。
また、以下のデンジャラスモンスター表を使って下さい。

数字 モンスター HP 解説
ゾンビ 死体を材料に作られたアンデットモンスターです。
魔法によって動きます。かなり、臭いです。
闇虎 暗闇の中にだけ住んでいる虎です。
忍び足が得意で、しばしば冒険者の不意をつきます。
リビングスタチュー 生きている像です。
魔法使いによって作られ、宝を守っています。
サラマンダー 炎でできたトカゲです。
火の精霊で、口から炎の舌を伸ばしてきます。
マンティコア 10 老人の顔、ライオンの頭、サソリの尻尾を持った生き物
邪悪な魔法をも使いこなす強敵です。
カオスソルジャー 12 混沌の戦士です。
異様な外見と、恐ろしい能力を持ちます。


☆スーパーデンジャラスダンジョン
スーパーデンジャラスダンジョンでは、トラップのダメージが8になります。
また、以下のスーパーデンジャラスモンスター表を使って下さい。

数字 モンスター HP 解説
グール 人肉を食べるアンデットモンスターです。
魔法によって動きます。
ワーウルフ いわゆる狼男です。
完全に理性を無くしており、冒険者に襲いかかってきます。
ガーゴイル 悪魔のような外見をした像です。
冒険者が近づくと動き出して襲いかかってきます。
レッサーデーモン 12 下級の悪魔です。
下級とは言っても、暗黒の魔法を使う強敵です。
コカトリス 15 鶏のようなトサカとトカゲの尾を持つ、大柄な鳥です。
くちばしに触れるものを石化させる能力があります。
ドラゴン 18 赤い鱗と翼を持ち、火を吐く強力な獣です。
知能も高く、邪悪な知恵でもって冒険者を苦しめます。


☆ウルトラデンジャラスダンジョン
ウルトラデンジャラスダンジョンでは、トラップのダメージが12になります。
また、以下のウルトラデンジャラスモンスター表を使って下さい。

数字 モンスター HP 解説
ワイト 死体に特殊なカビがつくことで生まれるモンスターです。
アンデットモンスターの一種。
ミノタウロス 牛頭の巨人です。大きな斧が武器。
人肉が好物で、人間を見ると襲いかかって来ます。
ゴーレム 12 魔法によって動く、巨大な像です。
魔法使いによって作られ、宝を守っています。
イフリート 16 炎の巨人です。
火の精霊で、強力な炎の魔法を使いこなします。。
ヒドラ 20 9本の首を持つ大蛇。
凶悪な再生能力を持ち、さらに毒まで持っている難敵。
カオスナイト 24 混沌の騎士です。
名状し難い外見と、理解できない能力を持ちます。


☆ラストダンジョン
ラストダンジョンでは、トラップのダメージが15になります。
また、以下のラストモンスター表を使って下さい。

数字 モンスター HP 解説
マミー 強力なアンデット。いわゆる、ミイラです。
古代の呪いをかけてくることがあります。。
ジャイアント 12 巨人です。
その巨大な体躯は、それだけで脅威となります。
バンパイア 18 邪悪で、強力な吸血鬼です。アンデット。
日光等の弱点を突かずに倒すことは困難でしょう。
デビル 24 上級の悪魔です。
知能も高く、邪悪な魔法を多数使いこなします。
カトブレパス 30 いつも頭を地面につけて歩く、一つ目の獣です。
毒の息を吐き、石化の視線で冒険者を苦しめます。
ヒュージドラゴン 36 年を経て巨大に成長したドラゴンです。
真の勇者たちでも、勝利は危ういでしょう。

これより危険なダンジョンは、(今のところ)ありません。

●ミッション経験点

GMのいるダンジョンで、もし生きて街まで帰還できた場合、全員がそれぞれ「遊んだ時間(単位は時間)×1点」の経験点を受け取ります。

▼遊び方▼
●GMを使う

このゲームはGMを抜きで遊ぶこともできますが、GMを採用すれば、ストーリーのある展開が期待できます。
その場合は、モンスターのダイスや迷路のダイスなどは、GMがこっそり振った方が、ドキドキが高まります。
GMを使ったプレイの、特にシティアドベンチャーや、ウィルダネスアドベンチャー用の拡張ルールは…もちっと待って(笑)。

●GMを使わない

チャットではなく、みんなでワイワイ遊ぶときは、全員がプレイヤーで遊んだ方が盛り上がるでしょう。
▼FQ&A▼
Q1:魔法使いの「+1」のダメージボーナスは、いつ足せばいいんですか?
A1「相手にダメージを与えた場合」に+1します。
 例えば、ダメージが 1D6−3で、結果が、出目1−3=−2だった場合は、ボーナスは受けられず、2点のダメ−ジを受けます。
 一方、出目6−3=3だった場合は、「相手にダメージを与えて」いるので、+1のボーナスを受け、実際のダメージは、3+1で4になります。

Q2:HPが減っていない場合、宿に泊まる必要はないのでは?
A2:街にいる場合、宿には必ず泊まらなくてはなりません。

 スラファクシティでは、町中での野宿は禁止されており、官憲に見つかると、「レベル×10金貨」の罰金を徴収されます。
 また、街の外で野宿した場合、宿代はかかりませんが、獣に襲われたりして充分に休息できず、次の冒険にはHPが半減(端数切り捨て)した状態で臨まなくてはなりません。
 冒険者も大変です(笑)。

Q3:1D6ってなんですか?
A3:1〜6の出るサイコロを1個振ることです。

 これ、書くの忘れてましたねぇ。
 「D」は、ダイス、ようするに、サイコロを示しています。
 Dの前の数字は、振る個数。後の数字は、何面体サイコロかを示します。
 例えば、「2D10」とあったら(このゲームでは使いませんけどね)、「10面体サイコロを2個振って合計を出す」ということになります。

Q4:敵が出たら、必ず戦わなければならないのですか?
A4:はい。必ず戦闘になります。

 ダンジョンが部屋に突き当たった場合、モンスターが登場します。
 このモンスターから逃げることは出来ません(GMがいるダンジョンで、GMが認めれば別です)。
 また、キャラクターが「攻撃ダイスを振らない(ようするに、パス)」することも出来ません。
 よって、もしHPに不安が生じた場合は、一旦街に帰ることをお勧めします。

Q5:すでに通った道には、モンスターは出現しませんか?
A5:しません。

 すでにダンジョンダイスを振り終え、モンスターも掃討しつくした通路に、もう一度モンスターが出現することはありません。
 また、トラップが復活することもありません。

Q6:薬などのアイテムは、いつ使えばいいのですか?
A6:いつ使っても構いません。

 薬などのアイテムを使用することは、「行動」としてカウントされません。
 順番等を問わず、いつでも使用でき、また、即座に効果を発揮します。

Q7:野伏の能力で取った「生活物資」は、保存できますか?
A7:できません。

 野伏の「生活物資獲得」の能力は、「休息可能」ポイントでしか使えず、また、その場で消費しなければなりません。
 つまり、「生活物資」なしで休息する能力なのです。


まぁ、みなさんで楽しく遊んでくださいませ。



サプリメント

おそと☆くえすと

関連ページ

「超くえすたぁず」
(FM企画内)

チャットdeだいす☆くえすと
(すらいむ工房内)



     
     ご意見ご要望はsilentmover@geocities.co.jp、まで。