第1局ヒカ碁倶楽部 「9路盤でGO!」

2000年2月26日(土)に開催された
囲碁部の活動記録です

参加者
takaya・TAKU・BUMPER・TOMTOM・夢幻★infinity
りと・木原・藤波響・星影竜三・むべ・パン・杜馬
読売・アメバ・ジロー・マーヤ(入部順敬称略)

日本棋院にGO!
TAKUさんから「日本棋院の見学に行ってきます〜」と
ICQが入ったので、速攻「私も〜!」と、乗りました。
初心者用のテキストや、対戦表の正式な書き方の見本が欲しかったのです。

場所はJR市ヶ谷駅から徒歩2分。
ヒカル達が通う建物がそのまま・・ちょっと感動です。
売店には囲碁グッズがズラリ・・散財の予感!
ビデオから書籍の類もここに来ればなんでもあります。
本を5冊、対局ノートに対局メモ、棋譜用ボールペン等買い込みました。
(TAKUさんは扇子まで買っていた・・笑)
2階では一般の囲碁サークルが活動中で、見学させてもらえました。
会費¥10000/月でプロの指導碁1回券付き
(指導碁は1回¥5000で増やせます。)
1人でふら〜と行っても、棋力に応じて対戦相手を決めてくれるので
相手に困ることはありませんが・・
できれば、最初は知り合いと打ちたい・・と、思った私・・
(ヒカ碁倶楽部作ってよかったと心でつぶやくのでした)

5:00 JR王子北口に集合

毎度のことながら・・このメンバの集合はすごい・・時間前に全員来ているのです。
予め遅れるという連絡があった人以外は皆そろう・・これは、多分・・
某M助教授の影響だと思われます。(すごいなぁ・・)

大皿料理「北斗」でご飯
ええと、囲碁部なんだけど・・偶然、全員が森博嗣先生の
ミステリィの読者なので(偶然か?)
「北斗」に意味があるのです。ここでご飯を食べながら・・
早く北とぴあに行って囲碁を打ちたいと・・気もそぞろ・・
何の話をしたんだったか覚えていません〜
星影さんの「上手なキスってどんな?」発言だけは覚えていますが・・・
「良いけど・・ここで?」と言ってその場で押し倒してみようか?
と、一瞬思ったけど止めておきました(笑)
(そんなことくらいでたじろぐ星影さんではないな・・と)

6:15 囲碁部活動開始
ここで星影さんが仕事に戻る為に退場です・・
(わずかな合間をぬっての参加に感謝!対局は今度是非!)
まず、ルール説明から入る組と、いきなり対局する組に別れます。
ルール説明は私が担当。
いきなり早売りWJが届いたので、まずはヒカルの碁を
皆で読みはじめます(笑)
テンションが高まったところでルール説明!
こういう時間も楽しいですね〜
シチョウを教えるときは三谷の気分で
逃げ方を聞くと、ちゃんとあかりちゃんの真似してくれて・・
整地と言えば「ズル?」
杜馬さんは黒石の入れ物(碁笥)の中に
わざとひとつだけ白石混ぜてるし・・
将棋部の部長らしく扇子をパチンと鳴らしてくれたり
普通の囲碁教室ではありえない楽しさでしょう。
パチッと良い音のでる打ち方を練習しようとして
ヒカルの様にすっ飛ばしたり・・(くすっ)

対局組はTAKUさん、BUMPERさん、杜馬さんの3人にお任せです。
まず互先(ハンデ無し)で打ってみて、次に置き石がいくつで良い勝負に
なるのかを見てもらいました。

途中お茶なども入れてもらって・・
その為にスタッフ(アメバとジローちゃん)を呼んでいたのだけれど
森ぱふぇの女性陣はお手伝いします〜タイプが多いのですね〜
・・何か、和気あいあいとやっていたので、お任せしちゃった。
あとで聞いたら、スタッフから私の個人情報を聞き出していたらしい・・(笑)
別に隠してないけど・・あんまし恥ずかしいことは云わない様にと
スタッフにくぎを・・さしても無駄だな(きっと・・)

おやつやお弁当を持ち込んでも良い会場だったのだけど
皆、囲碁に夢中なので食べてる場合じゃないって感じです。(笑)

終局?
最大10時まで延長可能だったのですが
思った通りぎりぎりまでやってしまいました。
最後にお約束の記念撮影です。
お面を被ってまず1枚
そしてカメラマンを交代してもう1枚

10:00解散のはずが・・
北とぴあから出て、なんとも・・まだまだ
打ち足りない気分ではあったけれど
時間が10時だから・・これ以上は例えお茶でも
帰れなくなるし・・と、あきらめていたのですが、最初から
帰れないと判っているりとさんが、お泊りのつもりだというので・・
それならば・・・と、私もお泊りを決意!
ホテルに泊まるのも良いけれど・・どうせなら今日は
オールナイトで対局しようということに・・!!
帰れない人と、帰らなくても良い人だけで2次会です。
後ろ髪引かれていた人達には申し訳ない!
(私も、独身時代は必ず帰る組でしたから・・無念さは判るのです)
今度は合宿にするから皆で楽しみましょうね〜



澁谷のカラオケBOXに移動
櫂えずみさんのお茶会で使った場所にしました。
えずみさんが選んだお店なら、きっと他の店より安くて
安心な店に違いないと信じられるからです。
それに、メンバがTAKUさん、杜馬さん、夢幻さん、
りとさん、木原さん、藤波響さん、私の7人で
全員お茶会参加者なんですもの・・
誰か1人くらいは、お店の場所を覚えているに違いない
から、私が案内しなくてすむと思ったのです。
そおしたら・・見事に・・たった1人(りとさん)を除いて
誰も覚えていないのです!
すごい確率!さすが方向音痴の集団!
りとさんが「私は方向音痴じゃありません!」と
以前主張していた時、誰も信じなかったけど・・
今回のことで信じる気になりました〜

ちっとも長くなかった夜
甘いモノ買い出しに行ってもらって・・待っている間も惜しんで対局です。
杜馬さん・・うわさ通り強いや・・
将棋部なのに・・「加賀さん」という称号決定だね〜
「誰が、だれの配役か決めるなら・・」と、いきなり木原さんが
「まず、私は三谷だし〜」
と言い出したのには笑った〜。
TAKUさんが持っていた詰め碁のテキストを
検討しながら解いていくのも楽しかった〜
なんかマジな囲碁の勉強会みたいで・・
夢幻さん・・初心者だなんていいながら・・
詰め碁の問題正解言い当てたりして・・
もしかしてヒカル?
ただの対局だけじゃなくて、やっぱり勉強会みたいな時間も
必要な気がします〜。初段くらいの人がここに1人でもいたら・・
もっと、勉強になるのになぁ・・
りとさんが杜馬さんに指導碁打ってもらううち・・
だんだんと、石のつながりが良くなっていくのが
端でみていても判って・・
そうだ・・最初は初心者同志でやるよりも
指導碁が効果的なんだなぁ・・と、思ったですよ〜。
もちろん、同時期に始めたライバルがいないと
刺激にならないから駄目ですけどね〜
周りがうまい人ばかりだと、負けてあたりまえ〜になってしまうから・・

適当におしゃべりもして、ときどき眠くなると歌って
気持ち良くすごせましたね〜
結婚するなら理想のタイプは中禅寺!
と、響さんと好みが同じであることが判明!!
手を取り合って「きゃあきゃあ」言ってしまいました〜
すかさず、「犀川先生と中禅寺じゃどっち?」なんて
究極の選択を迫られてしまいましたが・・(汗)

モーニング食べて解散
暗い部屋で囲碁をやっていたからか・・
さすがに目が疲れて・・明け方の渋谷のネオンが
眩しくて・・目をつぶったまま
りとさんにしがみついて歩いていました〜
モーニングをファーストキッチン(?)で食べて
今度こそ解散〜
お疲れさまでした

最後に・・
参加者の方の日記を見てきたら・・なんとか皆さん
楽しんでくださったみたいなのでほっとしています〜

今、対局記録を手元で見ながら、対局数が少ない人や
同じ人とばかり対局している人を見てちょっと反省しつつも・・
次回に生かそうと、萌えるのでした〜。

皆さん、がんばりましょうね〜