必殺戯言人バックナンバー
2001年3月



3/31(土) ちょっと自慢

 実はちょっとだけ嬉しいことがあったりする。この「戯言人」、今月で初めて毎日すべての戯言が掲載されたのだ。今まで1日おきとか2日おきとかあったけど、今月で初めて毎日書いたことになる。いや〜、頑張ったね。それだけなんだけど(笑)。
 今日もだらだらスパロボα外伝。それ以外に何もしてない(笑)。


3/30(金) 戦いすぎて目が回る

 今日は一日中α外伝三昧。それ以外に書く事がない。それ以外に本当に何もしてないからだ。起きてすぐにゲームを始め、それから食事の時以外はずっとゲームをし続けて、気がつけば翌日の午前4時(笑)。さすが僕だね。
 そのせいで頭がバカになってしまっている気がする。まあ元々バカではあるんだけど(笑)。まあしょうがないよな。クリアするまでやり続けることにしよう。


3/29(木) 戦いの時来たり

 はい、やっと29日当日になりました。今日に限って降っていた雨なんぞ何のその、さっさとサブスト2とα外伝を買ってきてしまったよ。α外伝が面白すぎて、結局サブスト2関連の更新はできずじまいだった。たぶんこうなるだろうと思ってたけど、ホントになってしまうと変な感じだ。
 α外伝のほうは攻略日記を作ったのでそちらを参照してもらうとして、サブスト2の感想を。前よりは格段に良くなっている。と言ってもまだ茜ちゃんのシナリオしかクリアしていないけど、シナリオ的にもグラフィックを見てもかなり前作より充実している。そうプレイ時間はやはり短いけど、僕は場合が場合なので3時間程度で終わってくれて非常にありがたい(笑)。シナリオ自体はちょっと起承転結の「結」の部分がすっぽ抜けてしまっているような気もするけど、茜ちゃんの笑顔ですべて帳消し(爆)。やっぱり「萌えとゲームは別」なんだねえ。
 どうでもいいけど、爆裂山校長は声優さんが変わってなくてよかった。あまり良くない噂を聞くからね。しかし校長が「一文字」と言うと、なんか妙に嬉しくなってきてしまうのは僕だけなのだろうか(笑)?


3/28(水) ついに戦いの時が来る

 とうとう29日まであと1日となった。長かった。これまでの月日が非常に長かった。こんなにもゲームの発売日を待ち焦がれていたのは久しぶりのような気がする。しかも明日は2つも発売するわけだし、大変と言えば大変だ。せめてもう少し早く発売してくれていれば春休みを有効に活用する事も出来たんだけど、それはまあしょうがないか。
 最近はよほどのことがない限りは普通に購入できると思うので、まあちゃんと購入する事が出来るだろう。去年のスパロボαの時は、大学の近くの店で買おうとしたら売っていなかったので、他の店にまで足を伸ばしたということがあったが、それは例外中の例外なのだろう。僕は限定版がほしいというわけではないので、素直に買えると思う。と言うか、買えることを希望する。
 で、明日は購入したらとりあえずサブスト2の茜ちゃんだけをクリアして、そのまま攻略コンテンツを製作、時間がある程度余っていれば他の二人やサブキャラも攻略して、夜にはα外伝を余裕で始められるようにしたい。サブストの方は前作並みの長さだったらすぐに終わるんだろうけど、それだとゲーム内容が前作から何も変わってないと言うことになってしまうので、それはさすがに嫌だなあとも思ってしまったりする。
 とにもかくにも明日だ。明日は雨が降るという予報だけど、僕はそんな事は一切気にしないで買いに行ってくるぜ(笑)。


3/27(火) 題目「SF短編PERFECT版7巻の感想」

 今日は最初の企業面接に行ってきた。初めてなのにいきなり4対1で面接をする羽目になってしまい、緊張しまくりだった。まあ一次面接なんで、よほどのことがない限りはこの時点で落とされる事はないと思うけど。
 さて、今日は久々に一気総論と行きましょう。本当は先月に一度しておきたかったんだけど、入院騒ぎのせいですっかり忘れてしまっていたからね。ではさっさと行きましょう(笑)。

かわい子くん
 うーん、この話を素直に「SF」としていいいものなのだろうか?僕としては「ちょっと変わった恋愛話」みたいな感じがするんだけども、そういう意味では立派にSFなのかな。それでもあんまりパッとしない感じの話だけど、F先生特有のセリフ回しは存分に楽しめると思う。

テレパ椎
 一番最初のコマ、ナレーションが欠けているような気がするけど、気のせいなのか?それはともかく、「ドラえもん」でも題材になった同様の道具を用いて、人間の心の暗部を巧みに描いている。人は善意の裏で様々な負の感情を抱いている。しかしだからと言ってその善意は決して嘘というわけではなく、どちらの感情も同じ人間の心が生み出したものなのである。作者の人間に対する鋭い洞察が生きている秀作だ。

ニューイヤー星調査行
 これだけ背景設定がしっかりしているにも関わらず、オチはとんでもなく情けないもの、という内容は「老雄大いに語る」を思わせる。しかもその展開にはまったく無理がないところがすごい。作者の豊富な科学的知識の一端にも触れる事ができ、読んで損のない佳作と言えるだろう。

旅人還る
 骨子そのものは「一千年後の再会」と同じなのだが、こちらの方では男女の恋愛問題はそれほど重視しておらず、どちらかと言えば宇宙船の中に一人で暮らす男の孤独を丹念に描いている。宇宙の果てを目指して飛んでいた男が、巡り巡って結局は元の地球に戻ってきてしまうという展開はパラドックス的であり、ある種皮肉めいた感じにも受け取れるところが奥深い。全てが無に返った事を表現するために2ページ丸々真っ黒にするという演出にも驚かされる。

白亜荘二泊三日
 恐竜に強い愛着を描いていたF先生だけあって、作者のそういう感情をストレートに表現した娯楽マンガだと思って読んでいくと、一捻りあるラストのオチに驚かされる事だろう。こういうさり気ない部分に深遠なオチを含んでいるのには「幸運児」なんかもあるが、なかなかに面白いものになっている。登場する一家がやけに庶民的なのも藤子Fチックで良い。

タイムカメラ
 F先生後期のSF短編を代表する「カメラ」シリーズの第一回作品。F先生自身カメラが大変お好きだったそうで、奇妙なカメラを手に入れて喜んでいる主人公の姿はまるでF先生ご自身の姿であるようにも思えてしまう。展開自体はどことなく「ドラえもん」チックで、これには批判的意見もあるかもしれないが、それでも大人の雰囲気を出しているのはさすがと言うところか。

福来たる
 かなり久々に痛烈な風刺が込められた作品が登場した。果てしない欲望を描く人間の滑稽さを風刺し、さらにそう言った人間の業に対して作者がある種あきらめの感を抱いているような様子が、ラストのオチから見て取ることもできる。F先生の絵柄に隠されてはいるが、かなり重いテーマが込められた作品である。

ミニチュア製造カメラ
 まんまドラじゃねえか(笑)。という野暮なツッコミはさておき、今回はカメラと同時にF先生の趣味である「ミニチュア製作」まで登場してきて、それを反映してか主人公もとても生き生きしている。今作についてはストーリーというよりも、ミニチュア製作を楽しんでいる主人公の姿を見て、自分も楽しむのが一番だろう。

値ぶみカメラ
 主人公のセリフではないが、展開がまんま安手のメロドラマですな(笑)。劇中でそう皮肉っておきながらも展開はそのメロドラマどおりに進ませる辺り、作者の確信犯なのか、それとも単に作者がこういう話を好んでいるのか、そう考えると不思議な作品ではある。登場するカメラもその性質上、子供向けであるドラえもんには登場させづらいタイプのものであるだけに、なかなか楽しいものになっている。

同録スチール
 ヨドバ氏と主人公のやり取りがのびドラのそれのようで、見ていて楽しいですね(笑)。展開としてはギャグ形式だが、コロコロと態度を変える主人公の姿には思春期特有の移り気な性格を反映させている…のかもしれないですね。いや、たぶん大した意味はないんだろうけど。

求む!求める人
 出てくる道具こそ違うけど、やってることは一連のカメラシリーズと同じなんですよね。なぜF氏はこれほどまでにこういう形式の話にこだわったのか。大人版の「秘密道具」というべき道具を用いた話を連作していた背景には、ドラえもんに対する作者自身の複雑な心情が影響しているようにも思われる。それを考えていく事もこれからは必要になってくるような気がする。で、今話自体は至って普通の水準作(笑)。

タイムマシンを作ろう
 F先生十八番のタイムパラドックス要素を盛り込んだ作品だが、子供から大人になるにつれて人は変わっていくということも隠れたテーマの一つなのかもしれない。だがそれでも、守るべき大切なものは守るようにしたいと、作者は小さな声で読者に呼びかけていたのではないか。同時に時間旅行に対する作者の憧れをストレートに表現しているところも微笑ましい。

夢カメラ
 ヨドバ氏もとうとう百万円をゲットしたか(笑)。それはともかく、今作はギャグ仕立てで難しい事を考えずに素直に楽しめる作品になっており、SF短編というカテゴリーで考えると異色に思えてしまうが、こういう「大人の御伽噺」的なストーリーも作者は描きたかったのではないかなどと、ふと考えてもしまう。例によって会話のセンスは絶好調。

ある日……
 80年代に入っていくぶん冷戦危機は消滅したものの、まだ核兵器の脅威は世界中にあっただけに、こういう話はタイムリーだったような気もする。非人間的な破壊をもたらす核兵器をF先生は余程嫌っていたらしく、今作では現実に起きる「破壊行為」がどれだけ理不尽なものなのかを静かに、そして強く語りかけている。それだけにまったく伏線も説得力もなく訪れるラストの展開には驚かされるばかりだ。作者の非凡さを改めて見せ付けられる作品である。

倍速
 今話はやっぱりラストのオチ、というか、最後のセリフが一番最高なのではないだろうか(笑)?下ネタでオチをつけてしまうSF短編なんて、後にも先にもこれだけだろう。まさにそれまでの物語はこのオチのためにあったと言わんばかりの出来栄えに、思わず笑ってしまう事請け合いだ。倍速時計を差し出した手がドラえもんの手になっているのは、アシスタントにも内緒でF先生ご自身が悪戯心で描き加えたという話も今では有名な話。

コラージュ・カメラ
 元ネタはだいぶ時期的にずれているような気がするが、不思議な道具を使って社会悪を制裁するという構図が痛快で楽しい。同時に完全に制裁しきれないという点において、現実の厳しさを少し描いているような気がしないでもない。なお今回もヨドバ氏は無事に百万円をゲット(笑)。

 7巻にもなると、前期の頃のような毒の強い話はさすがに影をひそめ、カメラシリーズに代表される「大人の御伽噺」のような話が多くなってますね。無論その中にもチラリと強烈な自己主張が入っているのがさすがというべき点なのですが。


3/26(月) 私、笑っていられましたか…?

 29日まであと3日、あと3日である。しかし当日になるまではやはり暇なので、暇つぶしと言う事で久々にONEとKanonをやってみた。まだ友人の九夜さんに返してないんだよな。早く返さないと(笑)。
 やっぱみさき先輩はイイね〜。栞もやっぱイイね〜。キャラによってシナリオの出来不出来の差がでかすぎるのがこのゲームの難点だけど、少なくともこの2人についてはシナリオ的破綻はないので安心して見ていられる。やっぱ2人とも良い娘ですわ。人気があるのもむべなるかな、って感じ(笑)。
 逆に展開が強引過ぎるのは舞とか名雪とかだねえ。…って、Kanonばっかじゃねえか(笑)。いや、伏線がないのに展開が唐突過ぎるところについていけなかったりするんですよ、僕としては。特に名雪はね。あそこであの人がああなってしまっていたら、それはそれですごい展開になっていたんだとは思うけど、ちょっと話が重苦しくなりすぎになってしまうから、やっぱりダメだったんだろうな。
 まあ肝心の栞シナリオも最後はお約束の展開なんで興醒めしてしまった人もいるかもしれないが、まあそれでもいいではないですか。「♪愛は奇跡を信じる力よ〜」って、どっかの歌にもあったしさ(笑)。


3/25(日) 久々にのんびり

 今日は日曜としては2週間ぶりにのんびりと起床した。先週も先々週も日曜に用事が入ってしまっていたからねえ。やっぱり日曜はのんびりしないと。と言っても今はまだ春休みだから毎日のんびりしてるんだが(笑)。
 しかしいいかげんこのままではまずいとも思う。こういう生活に慣れてしまった状態で大学が始まると、体がついていけなくてまた去年のように体を壊してしまうかもしれない。今のうちから通常生活に戻す練習をしておかないとな。
 α外伝発売まであと4日だけど、ホントに長いねえ。しかも最近なぜか金の減りが早すぎて、これじゃ貯金どころじゃないぞ…。


3/24(土) 書くネタなし

 久々に戯言に書くネタがなくなった。α外伝が発売するまでは特に何もすることはないし、一気総論もする気が起きないのでしょうがないか(笑)。
 外に出かける用事も今のところないんだよねえ…。26日になったら出かけようと思うんだけど、そういう日に限って天気が悪くなると言うし、いつもの如く僕は天候運がないね。
 話変わって、中国・四国地方で地震があったけど、ネットで知り合った人の中にはあちらの方に住んでいる方もいるので、少し心配だ。大丈夫だろうか?
 さて、α外伝発売まであと5日。この最後の一週間ってのがまた長いんだねえ。早く29日にならないかなあ…。その日は絶対予定を入れないようにして待ってるんだからさ(笑)。


3/23(金) 電車賃で金が消える

 今日の説明会、と言うか試験は横浜で行われたのでそこに向かったが、そのせいで大量に電車賃を費やす羽目になってしまった。これじゃ教習所にいく金を貯めるどころじゃないな。どうしましょう。これで内定取れなかったらマジでシャレにならんわ。
 しかも僕は、横浜の大地に降り立ったのは今回が初めてだったりする(笑)。しかし歩き回って見物する余裕などはなく、仕方がないのでコンビニでゲーム雑誌を立ち読みしてた。どこに行ってもやることは同じだな(笑)。スパロボα外伝とサブスト2の情報がわかったのでとりあえずはそれで満足。茜ちゃんの新規CGが思ったより多そうで良かった。
 最後に質問を一つ。今日発売のファミ通を隅々まで読んだ人なら通じると思うけど、「マッハコレダー」なんてネタ、誰かわかる人はいましたか?僕はもちろんわかったけど、一般人は知らんぞ、そんなの。発射前の動きまで丁寧に再現しちゃってさ…。これでララーシュタインの髪形も出てくれば完璧(笑)。


3/22(木) あと一週間

 今日は説明会の会場が秋葉原に近かったので、帰りに直行。久々にとらのあなに行って適当な同人を購入してきた。中古同人誌販売の階ではなぜか戦隊シリーズの主題歌がかかっていたので、それに聞き入ってしまったよ。しかしダイレンジャーの後にダイナマンを流すとは、なんて燃える順番なんだ(笑)。そのあとにゴーゴーファイブまで流したから、もうおなかいっぱいと言う感じ。
 で、スパロボα外伝まであと一週間と言う事で、今日はゲーマーズ内に展示されてるビデオをじっくりと見物してきた。スーツ姿でビデオに見入る姿はかなり異様だったろうな(笑)。準備は万端なんで、早く発売してください。

 最後に私信。K君、合格おめでとう!


3/21(水) ゲームボーイアドバンス発売

 ゲームボーイアドバンスが今日発売された。別にロックマンEXEは欲しくないから、アドバンス用ソフトで今のところ欲しいものはないんだけど、実は僕はゲームボーイそのものを一つも持っていないので、そろそろ何か欲しいと思っているのだ。スーパーゲームボーイで遊んでもなんか寂しいしね。
 と言っても今欲しいのは最近出たゼルダの2つのソフトくらいなんだけどさ。あとは持ってるときメモのソフトがきちんと動けばいいんだけど、某掲示板でのレビューによると音声がはっきりと再生されないらしい。まあ仕方ないだろう。元々GBソフトで音声を期待してはいないんだから。
 そう言えばときメモ2のメールボックスもそろそろだったな。僕はもちろん茜ちゃんの分が出るまで買わないので、これは別にどうでもいい。
 さて、スパロボα外伝まであと8日。もちろんサブスト2も買うけど、たぶんスパロボのほうが主体になってしまうんだろうな…。


3/20(火) 暑さ寒さも彼岸まで

 今日は春分の日、お彼岸である。つまり今日を境にしてどんどん暖かくなっていくと言う事だ。非常によろしい事である。クソ面白くもない冬なんかさっさと終わってしまっていいから、暖かい春や暑い夏にずっと続いて欲しいものである。こういう時だけは一年中夏の「エヴァ」の世界が少しだけうらやましくなってしまったりするんだよな(笑)。
 今日も花粉の事が心配であまり外に出られなかった。どこにも行く用事がないと言うのが本音と言えば本音なのだが、いい天気なのに家の中にばっかりいてはそれこそ体力もなくなってしまうし、そろそろ活発に動き出したいところだねえ…。
 スパロボα外伝まであと9日。おお、ついに一ケタ台に入ったぞ(笑)。というか、ここでスパロボばっかりカウントしてるけど、サブスト2の方はどうするんだ、俺(笑)?


3/19(月) 年々ひどくなってる気がする

 今日は就職に必要な書類を提出するために大学に行ったのだが、花粉のためか目はかゆいは鼻水は出るわと随分苦しんでしまった。昔はこんな事はなかったのになあ。元々目は弱いから影響がでるのは仕方がないとしても、鼻の方にまで影響が出てくるとは思わなかった。しかも去年よりも格段に症状がひどい。と言っても絶えず涙や鼻水を垂れ流しているわけではないが(笑)。さてはてどうしたものか。
 で、ついでに企業に提出する際に使用する履歴書を買ってきた。しかし企業を志望した動機だの自己PRだのと、何を書けばいいのかわからんことがたくさんあるな。適当に書くことを決めておかないと…。
 スパロボα外伝まであと10日。早くコンVを動かしたいぜ。


3/18(日) 手に届くようになったか

 今日は大学の卒業式だったので、僕も先輩に挨拶をするために会場に向かった…のだが、大遅刻をしてしまったのでロクに挨拶をすることが出来なかった。別に自発的に行きたかったわけではないから良しとするか(笑)。
 その後は友人である九夜さんとともに秋葉原へ行き、いろいろ歩き回る。九夜さんはMOを買い、僕は一緒に安いMOドライブを探してまわったが、どうにか安そうなものを発見した。これなら来月の給料が入った辺りで購入する事が出来るだろう。やっぱりバックアップが取れないと言うのはなんか心細いからね。
 ついでというか、アキバではスパロボα外伝のデモビデオをまた見てきた。あと11日。早く欲しいぜ。


3/17(土) 少し条件を厳しく

 最近HPで思う事がある。一つはそろそろ必殺掲示板を作ってしまおうかということだ。幸いTeacupの未使用掲示板が全部で3つあることだし、その中から適当にチョイスすればそれはどうにかなるだろう。
 二つ目は29日発売のスパロボα外伝に合わせて、プレイ日記を作ってしまおうかということである。なぜかと言うと、去年の戯言で「ムジュラの仮面」のプレイ日記を書いていて、自分が何となく楽しかったからである(笑)。もちろん今回はネタバレ必至という事でやっていければいいなと考えている。しかし、同日発売のサブスト2LSFも攻略しなければならないし、こりゃあ厳しいね…。
 ぱずるだまは残りの舞佳さんもクリアして、一応すべてのキャラを根性モードでクリアした。これからは多少難しくしていこうと考え、特別な種類の玉を一切使用不能にした。こちらの方にぜんだまが出てこないのは厳しいんだけど、何となくCPの方にぜんだまがでる可能性が高い気がするので、どうせならと一気になくしてしまったのだ。これで実力勝負ができるようになるだろう。


3/16(金) 久々に馴染みの場所へ

 今日は大宮のソニックシティで合同説明会があった。本当はあまり行きたくなかったのだが、大宮に行くのも久々なのでとりあえず行ってみることにした。
 しかし、なんかゴミゴミして(当たり前だが)たので、早々に切り上げてしまった。結局企業も大して回ってないな。これじゃやばいぞ、俺。で、そのあとは大宮にあるいろいろな遊び場を散策して帰ってきた。浪人時代はお世話になったものよ。
 ぱずるだまは舞佳さん以外の12人は全員根性モードでクリアした。なぜか舞佳さんだけクリアできない。あんなタイミングでおおだまが出てくるかね〜(笑)?
 このぱずるだま、パズル以外に面白い所と言えば、対戦前のキャラ同士の会話だろう。本編では絶対ありえないような人物同士まで会話したりして、なかなか面白いものになっている。特にすみれちゃんとか舞佳さんはその性質上、他のヒロインとまったく接点を持たないので、会話をしているだけで何か新鮮な気分になれた。
 残り一人にまで来たのだ。頑張ってオールクリアして見せるぜ。やったからと言ってどうにかなるもんでもないんだろうけどさ。


3/15(木) なんだかんだで面白い

 昨日、バイトをしている最中にまた腹が痛くなってきたので、早退して帰ってきてしまったよ。ひどくなってまた救急車で運ばれるなんて事になりたくはないからね。幸い痛み止めを飲んだこともあって大して苦しむ事もなく朝には回復、一応医者に行って腹の薬をもらってきておいた。しかしなんでバイト先でばっかり腹が痛くなるんだろうねえ。やっぱり空気が悪いのと、バイト先でストレスがたまるからだろうな。
 さて、体調も回復したので今日は3月の大出費第2弾、ときメモ2対戦ぱずるだまを購入してきた。ゲームシステムなどにほとんど変化はないようだけど、まあこういうものはコレクターズアイテムだろうし、ファンなら別に持ってて損はないだろうと考えてさっさと購入してきた。
 出来栄えは「1」のぱずるだまとほぼ同じ。キャラが2のキャラに変わった事と、男性キャラが一人も参加していない点だろうか。まあ隠れキャラを入れれば女の子の数は13人になるんだから、これは仕方ないだろう。もちろん最初にプレイしたのは茜ちゃんだが、これがまた可愛い可愛い(笑)。優勢の時は例の「指悪さ」をしてくれるし、連鎖のフィニッシュはやっぱり「お兄ちゃんのバカァ〜!」だからねえ。負けた時の仕草まで可愛くって、非常に良ろしと言った感じですな。久々にゲーム画面に見とれてしまって、姉ちゃんから変な目で見られてしまったよ(爆)。
 今の所は7人を根性モードでクリア。舞佳さんもプレイしたんだけどクリアできなかった。明日に回すとしよう。


3/14(水) あと一日でとりあえず

 今日は医者に行って薬をもらい、ついでに無理は控える事にして、今日行く予定だった合同企業説明会には行かなかった。夜にはバイトに行かなければならないし、4時間だけとは言えバイトも結構体力を消耗するんだよな。力を溜めておかなければ。
 明日はとうとうときメモ2ぱずるだまの発売日である。1日のアニメドラサントラ発売からちょうど二週間、本当に一日千秋の思いで待ち続けたものだ。一番欲しいのはスバロボα外伝なんだけど、とりあえずこれと某氏にもらう予定のゲームがあれば、29日まで何とかもつだろう。やっぱ一日やることがないってのはつまんないもんだよ。
 そう言えば一気総論でSF短編の残りの感想を書いてないな。先月はゴタゴタして書けなかったし、スパロボα外伝&ときメモ2LSFを買う前に書きあげてしまいたいね。


3/13(火) まただと言うのか

 目を覚ましたら突然喉が痛い。いやだねえ。とりあえず余っていた薬を飲んでから今日の企業説明会へと向かった。
 ちょうど先月に入院した頃と時期的に重なってしまうから余計に不安になってしまう。前のように前ぶれはなく、今ももうそんなに痛いわけではないから平気だとは思うけど、一応明日は医者に行ってこよう。今週は大出費第二弾も控えている事だし、体を壊している場合じゃないからな。


3/12(月) セミナー週間始まる

 今週はずっと企業のセミナー回りである。空いている日は木曜と土曜しかない。土曜は単に入る予定がなかったのだが、木曜日はもちろんときメモ2ぱずるだまを買って思いっきりプレイするために空けておいたのだ(笑)。もちろん29日と翌日の30日も空けてあるぞ(爆笑)。
 今日は普通に企業の説明会に行ったのだけど、予約したはずなのになぜか僕の名前が書かれていなかった。まあ参加できたから良かったんだけど。企業の感じは良いものがあったけど、合格するかどうかはまた微妙だよな、やっぱ。


3/11(日) 何で差があるのか

 今日は親戚の法事に行ってきた。寒い上に花粉症で目も鼻も結構辛かったのだが、法事となれば止むを得ない。
 親戚、というか僕の祖父は親がまだ子供の頃、かの有名な東京大空襲で死んでしまったわけだが、どうも広島や長崎の原爆に比べると大空襲の方が扱いが小さい気がするな。一般的にも8月7日は覚えていても、3月10日に何があったかなんて知ってる人はどんどん減っているのではないだろうか。もっとも、僕は8月7日と言えば父の誕生日だとか、日本一不幸な少年の誕生日だとかを連想してしまうわけだが(笑)。
 まあ空襲自体は全国各地で落とされていたし、長崎以降、実際の戦争で核兵器が使用された事もないわけだから、広島とかのほうが注目されるのは仕方がないことだと思うけど、それでもなんか釈然としないな。


3/10(土) 絵よりは字だな

 一昨日、昨日と早起きをしてしまったので、今日はゆっくり眠った。まあ早起きと言っても起きたのは午前8時ごろなのだが(笑)。
 最近イラスト専門のホームページとか同人誌なんかを見てると、やっぱり絵が描ける人は良いなあ…、と思ってしまう。もちろん絵描きさんも最初から描けたわけではなく、個人個人で努力しているからこそ描けるのであるが、それでもやっぱりうらやましい。
 僕は一応字書きとしてやっているけど、やっぱり一枚の絵が持つ魅力には叶わないような気がしてしまうんだよな。元々絵とか音楽というのは有史以来既に登場していた人間の根源的な文化であり、それゆえに多数の人間が構えることなくそれに触れることが出来る。しかし文章となると話は違う。文章はまず先に「字」というものが完成し、それを用いて自分の頭の中にあるものを字に置き換え、それを並べていく事で初めて文章が成立するのだ。文章ってのは極めて高レベルな成り立ちをしている代わりに、万人に親しめるような類でないのも事実なのだ。
 でもやっぱり僕は絵よりは字、と言うより文章を書くほうが好きなので、絵の練習よりは文章の練習をしているというわけである。と言っても練習なんてほとんどしてなくて、ホームページ作成で文章を作りながら徐々に変えていこうとしている程度なんだが。だからこそ、解説文とか小説の感想が頂ければこれ以上の幸せはないわけである。いや、感想を書いてくれと言ってるわけじゃなくて(笑)。


3/9(金) 今世紀最初の国会図書館

 今日はオールナイトにいけない鬱憤晴らしもこめて、国会図書館に行ってきた。今回の目的はドラの小三収録分補完である。
 すぐ終わるはずだったのだが、最後の最後で借りる本を間違えてしまったので二度手間を費やす羽目になってしまい、おかげで小学一年生を借りる事ができなくなってしまった。まあ小三分は補完できたのだから良しとしよう。この成果は近いうちにHP上にて。
 他には今回久々にコピーを取った。取ったのは80年の8月号と81年の8月号。知ってる人なら知ってる通り、この号には読者の考えた秘密道具コンテストの結果が載っており、優秀作品に関してはF先生が直々にショートマンガを描いているのだ。そこでそのショートマンガをコピーしたというわけである。以前借りた時にコピーしておけばよかったのだが、その時は金がなかったので断念した事もあり、今回は念願のコピーとなった。
 しかし国会図書館も変わったねえ。ほとんどの所に最新式のPCが置かれてすぐに検索できるようになっている。さすがだ。暇な時はこれを使って「スカイライダー」だの「ときめきメモリアル」だの検索して、一人で喜んだりもした(笑)。ちなみにときメモを検索する場合、「タイトルに含まれる言葉」の欄ではなく、「タイトル」の欄に書き込まないとうまく表示されないので、利用する方がいる場合はご注意を。


3/8(木) ゴジュラスウォーリアーはイカス

 祝!進級確定!!
 去年も同じ事を書いた気がするが、まあいいだろう。どうなる事かとマジで心配していたけど、とりあえず進級することは出来たので良かった。余程のポカをやらかさない限りは無事に卒業する事もできるだろう。
 さて唐突に話は変わってしまうけど、世の中には「ドリルは漢の武器」とかいう観念があるらしい。でも僕はどうもそういう感じを持てない。確かにドリルもイイとは思うけど、そういう考えが一般的になってしまうのはいかがなものかと思う。
 僕の場合はドリルよりも断然「丸ノコ」だ。丸い鋸がウイーンと音を上げながらすべてのものを寸断する。これこそ燃えるシチュエーションだろう。だから八つ裂き光輪は大好きだし、ロックマンのメタルブレードも大好きだ。ガイガンの回転カッターも好きだしゴジュラスウォーリアーの巨大丸ノコも大好きである。最近は切断系の技は使えないというご時世のためか(おのれP○A!)なかなか丸ノコにお目にかかれないが、ぜひとも生き残って迫力ある切断シーンを見せて欲しいものである。


3/7(水) 全て無駄だったのか

 インクカートリッジも変えたのにプリンタが動かない。ドライバもきちんとインストールしていて不都合はないし、ケーブルもきちんと繋がっている。プリンタそのものも故障しているわけではないのに、どうして動かないのだろうか。データを転送している途中で止まってしまう。もうあきらめるしかないのだろうか。
 6年も前の代物だからUSBに対応していないのだろうか?まったくわからない。会社のHPに行って調べてみても何も書いてない。どうすればいいんだろうねえ。
 プリンタそのものは別に使えなくたっていいんだけど、ケーブルとインクカートリッジを買う際に費やした金額がバカにならないので腹が立つ。一気に7000円も吹っ飛んでしまった。これだったらGBAを買ったほうがましだったぜ(笑)。まあこれからもいろいろ試してみようとは思うけど、一回ドライバをアンインストールして再インストールしてみたのに動かないって事は、ホントにダメなんだろうな…。


3/6(火) 悪を許すなゲッターパンチ

 今日はこの戯言にもたびたび登場しているH氏と飲みに行った。昼間に集合して、メモ帳が欲しいと言うので遊びに行きがてら新宿に直行。高島屋で購入してから紀伊国屋書店に回る。そこではSF短編パーフェクト版が全巻、しかもかなりの冊数がおいてあった。さすが紀伊国屋だ。
 そのあとはさくらやでいろいろ見て回り、ついでに僕はプリンタのインクカートリッジを買った。これでうまく動いてくれればいいのだが。
 そこから自宅近くのほうに戻ってきて、駅前の白木屋で飲んだ。彼は先月にエジプトやイタリアの方に旅行に行っていたので、それについての話をたくさん聞く事が出来た。やはり旅は面白そうだね。僕は海外よりは国内のどこかに行ってみたいけど。あとはその他の話で異常に盛り上がったが、まあそれについては伏せておくとしよう。
 その後はカラオケで二人で熱唱。互いが知らない歌を歌いあう姿はかなり異様だったが別にいいだろう。なんせH氏は洋楽、僕はヒーローソングやアニメソングなんだから面白いと言えば面白い。グレンダイザーやゲッターロボ、仮面ライダーBLACKなんかをひとしきり歌ってから解散した。
 プリンタの方は試していない。明日動けばいいんだけどな…。


3/5(月) ギルスショックは血飛沫出ないと

 今日はプリンタ接続に必要なケーブルを買いにいった。僕の近所では扱っている店が少ないので苦労したが、それでもようやく見つけた。しかし見つけたら今度はUSBに対応しているケーブルがない。ようやく一つ見つけたのでそれを購入してきたが、やっぱり一体式のPCじゃ限界があるんだろうな。アップグレードも出来ないし、不便極まりないよ。自作にしても金がないし場所もないし。MOドライブが買えればいいんだけどねえ…。
 全然話が変わるのだが、僕はよく世間的な意見とずれてしまうという事がある。例えば昨日のギルスは「肉弾戦がカッコいい」とかいうけど、いや確かにカッコよかったんだけど、そんなに絶賛するほどの事かとも思う。ギルスショック(命名・僕)にしてもはっきり言えば「噛み付いている」雰囲気はいまいち出てなかったし、あれを手放しに絶賛するのもどうかと思うんだよな。
 あと、「アギトの変身ポーズがダサい」とも聞くけど、確かにカッコいいとは言えないが悪くはないだろうと思う。元々大仰な変身ポーズを取らないと言うのはZO以降の伝統みたいなもんだし、グッと右腕を引いて力を込める部分なんかは結構いい感じがするんだけどな。改善する必要はないよ、あれ。
 他にも世間ではガオレンジャーの主題歌がいいとか言われてるけど、僕としてはカクレンジャー主題歌の次に嫌いな歌だし、なんか一般意見と反対の意見を持つ事が多いな、僕は。まあスカイライダーが一番好きだと言ってる時点で相当な天邪鬼だとは思うのだが(笑)。


3/4(日) 今んとこメリットはないのだが

 親が会社から古いプリンタをもらってきた。EPSONの95年製で6年も前の代物だ。でもまあ最近までは現役で動いていたらしいから、たぶん使えるんだろう。ただし今はそんなに使う用事がないんだけどね。カラー印刷なんかしなくても別にいいし。
 電源コードはもちろんついてるけど、接続コードはさすがについてこなかったので近いうちに買いに行かなければならない。USB接続コードでも使えるよなあ…?あとはドライバをインストールするためのディスクもないんだけど、EPSONのHPに行ったらDL出来るらしいのでこれはいいだろう。
 しかし、プリンタなんて来たもんだから余計に僕の部屋は狭くなってしまったなあ。もはや勉強をするスペースなど皆無に等しい(笑)。


3/3(土) さすがにバケツはシュールとは呼べん

 今日はひな祭りである。ときメモファンに関して言えば館林見晴の誕生日である。今日は「聖地巡礼」と題して、群馬県館林市に行ってる人もたくさんいるだろう(笑)。ちなみに僕の祖母が住んでるところは館林のすぐ近くなんだよね。だからどうしたということでもないが。
 だが僕にとってはやはり今日は「怪獣ひなまつり」である。つまり「ウルトラマンタロウ」だ。あの話も今見てもすごいよな。白酒を合成してしまうスカイホエール、ベロンを酔っ払わせるためにフィンガー5の歌を歌いまくる出演者、とどめはタロウがキングブレスレットで作り出した巨大なバケツ(笑)。これがせめてもっと未来的なデザインだったら良かったものを(未来的なバケツってのもよくわからんが)、極めて普通のバケツになってるものだから、さすがにガキの時分から苦笑せざるを得なかったよ、あのシーンは。
 ちょっとあれはさすがに行き過ぎだったような気がする。僕はタロウも好きなんだけど、ちょっとあれはねえ…。怪獣を塩漬けにするのはまだ許せるけど(そうか?)、なんかバケツは許せないな。それだったらどこからともなくでっかい注射器を出してきたレオの方がマシな気もする。これもどっちもどっちという話もあるが。


3/2(金) 無才学生をバカにすな(笑)

 企業の方からDMが来たので会社説明会の予約をしようとHPに行ってみたのだが、DMに記載されているIDとパスワードを入れてみても繋がらない。どういうことなんだ、一体。3月はただでさえ大出費の余波で忙しいにも関わらず、時間を割いて説明会に行こうとしてるってのに。最近成りあがってるからって学生をバカにすんじゃねえよ、S○N(爆)。
 こういう企業には行かない方がいいのだろうと勝手に解釈して、もう説明会に行くのを止めた。文句でも言えばいいんだろうけど、めんどくさいのでそれもしない。
 しかし、一応リクナビとかに登録こそしてはいるけど、なんかあんまり企業のページを回る気にならないんだよな。つーか、個人のページにもう全然行ってない(笑)。それでも合同説明会なんかには参加するつもりではあるんだけど、どうもまだ進級できるかもわかってないのに説明会の予約だけするってのが嫌なんだよねえ。万一ってこともあるからさ。


3/1(木) 感涙。ただひたすらに感涙

 今日は友人のH氏と共に秋葉原に行ってきた。H氏は先月エジプトやヨーロッパの方に旅行に行ってきたので、その土産を回収がてらということになる(笑)。だが今日はそれ以外にも絶対に手にいれなければならないものがあった。
 秋葉原につくとまずアニメイトに行って目的の物を探したが、さすがにアニメイトでは扱う代物ではなかったらしく、仕方がないので近くにある書泉に直行、今まで見つけられなかったSF短編パーフェクト版の最終巻となる第8巻と、小学六年生に連載していたらしいムジュラのコミカライズを購入。ちなみにこの書泉にはほとんどのSF短編が揃っているので、手に入れてない方は今すぐにでも買いに行きましょう(笑)。
 その後はH氏に付き合って海洋堂の店に行き、北斗の拳のフィギュアをチェック。それ以外にもいろいろ見た後、ヤマギワへ行ってようやく目的の物を発見した。それは3月の大出費第一弾、今日発売の「ドラえもん サウンドトラックヒストリー」だ。つまりはアニメドラのサントラである。アニメ開始から20余年、ついにすべてのファンの宿願であったアニメドラのBGM集が発売したのである。これこそが今日一番欲しかった代物だ。
 それからはメッセだのゲーセンだのゲーマーズだのを回って物色、いろいろ下らん話をしてからバイトのあるH氏と別れて帰宅した。
 で、そのサントラだが、素晴らしい。まさに素晴らしいの一語に尽きる。テレビ版の音楽はやはり懐かしいものが続出だ。近年のアニメではめっきり聞けなくなったサスペンスフルな音楽もあるし、子供の頃から耳に聞きなじんできた様々な音楽が一気に流れて、知らず知らずのうちに微笑んでしまった。テレビサイズ版の正副主題歌を聞けたのもやはり嬉しい。そして二枚目の映画オリジナルBGMは、オリジナルの作曲者が違うためか、少年期のアレンジBGMが収録されていなかったりと不満な点もそれなりにあったが、そんな不安を吹き飛ばしてくれるほどに楽しませてもらった。やはり黄金期の音楽はいいね。ドラのあの主題歌をどうしてあそこまで勇壮なマーチにアレンジできるのか。改めて「作曲家・菊池俊輔」のすごさを実感させられた。
 いや、今月は最初の日から良い日になりました。できるなら今月はずっとこんな感じで進んでいってもらいたいもんですね。


戯言トップに戻る