必殺戯言人バックナンバー
2001年4月

4/30(月) ボール一つにキリキリまい

 最近アニメ自体から離れてしまって久しい。理由は至って単純なんだけど、面白いものがないんだよな。最近見てるのはドラとかコナンとかの定番系だし、ゾイドもすっかり見なくなってしまった。たまに見てるのは「GEAR戦士雷童」かな(漢字合ってるか?)。トライゼノンよかずっと面白いな。
 だが、興味がないにも関わらずなぜか1話からずっと見続けてしまっている新番組がある。それは「エンジェリック・レイヤー」(タイトル合ってる?)だ。スパロボをやってる最中の片手間でチャンネルを回してる時に目に入ったのだが、意外に面白いので結構見るようになってしまった。最近のCLAMP漫画の傾向にある「小学生の女の子」が主人公というのがいまいち好きになれないが、アクションシーンがプラレス3四郎みたいでいいね(古すぎ)。
 つーか「ベイブレード」もそうなんだけど、たかが遊びにそんなにマジになるなっての(笑)。こういうツッコミのしがいがあるから面白く見えてしまうのだろうか。だとすればかなりひねくれた人間だな、僕は。まあ昔はミニ四駆に異状に執念を燃やすハゲ親父がいたり、ゲームを使って宇宙征服をしようとした御方がいたりしたんだから、規模的には小さいか。所謂一つの「ボール一つにキリキリまいさ」と言う事なんだろう。あいつの噂でチャンバも走れって感じだな(意味不明)。
 どうでもいいけどエンジェリックで一番嫌いなのはあの幼稚園児だな。いくら何でもあんなガキは嫌だ。僕としては「漫画だから別にいい」という許容範囲をはるかに越えている。それとも世間一般の人はああいうのが好みなんだろうか?僕にはわかんないな…。


4/29(日) 一気総論週間

 やっと今日、スパロボα外伝のハードモードをクリアした。これで僕がやりたかったことのほとんどは終了したわけである。まだキャラ辞典もロボット図鑑も完全にはなっていないが、とりあえず一旦はこれで終了と言うところか。
 で、そろそろ更新しようかなと思っていたら、この戯言にも結構書きたいネタがポコポコ浮かんできてしまったので、思いつきで今週を「一気総論週間」などと名づけてしまった(笑)。まあとりあえずはやってみるつもりなので、期待しないで待っていてください(笑)。
 まあゴールデンウィークは暇だからねえ…。どこにも行く用事がないってのはやはりダメなんだろうな。と言うか、どこへ行っても混んでるだろうからあまり行きたくないんだよね。


4/28(土) ちゃんと説明を聞け

 今日も会社説明会に行ったのだが、会社説明がパンフレットに書いてあることをなぞるだけだったので、あまりにも退屈だったのでときメモ小説についていろいろ考えてしまっていた。清川さんと佐倉さんあたりの話の流れがほとんど決まっちまった感じがするよ。わざわざ新宿にまで行ったってのに、何をやってるんだかねえ(笑)。
 明日で恐らくスパロボα外伝も一段落するだろうから、そうしたら更新再開だな。


4/26(木) アイタ・ペアペア

 23日に「仮面ライダーSPIRITS」の単行本が出たばかりだが、今日は「マガジンZ」の最新号の発売日である。今回のSPIRITSはライダーマン編だ。どういう展開に持っていくのかを期待していただけに、その期待がまったく裏切られず、それ以上になっている出来栄えには驚嘆した。
 物語はテレビのV3終了直後の話と言う設定だけど、やはり良かったねえ〜。己の罪を自覚しながらも正義のためにこれからも戦い抜く事を静かに誓う結城の姿には、すべてのヒーローの根底に流れるヒロイズムのようなものが感じられてカッコよかった。変身シーンは言うまでもなく、そのバトルにおいても「純粋な改造人間ではない」「信念を貫く不屈の心」という元設定を生かした戦い方でこれまた納得。さらに決め技には設定のみのマシンガンアームが出てきてくれたのがさらに嬉しかった。はっきり言ってライダーマンでアクションを描くのはとても大変だと思っていたが、それが杞憂に過ぎないことを思い知らされた。スカイライダーにも期待してます、村枝さん。
 近いうちに一気総論で単行本1巻に収録されてる話についての感想を書きたいね。あ〜、早く来月にならないかな〜。来月は神敬介・仮面ライダーXの話ですよ〜。


4/23(月) お・れ・は・み・か・た・だ

 今日は待ちに待った「仮面ライダーSPIRITS」の単行本第1巻の発売日である。2限の講義を終えてすぐに本屋に直行し、すぐに購入してしまった。
 やっぱいいですな〜。燃える。単純に燃える。かつてこれほど燃えたライダー漫画があっただろうか(小林たつよしの『BLACK』はそれなりに燃えてた記憶があるけど)。戦闘シーンは少し観念的になっているのだけど、それでも躍動感溢れる迫力ある雰囲気をかもし出しているのは、作者の村枝氏の技量の賜物だろう。やれと言われて簡単にできることではないからね。
 次はライダーマン、X、アマゾン編が収録予定とのこと。ということは、つまり、3巻にはスカイライダーが収録されると言う事ですなあ〜〜〜〜!うおおおおお〜〜〜!!今から超楽しみだぜえ〜〜!!!


4/22(日) さやかすわぁ〜ん(化石化表現)

 先週の水曜あたりからコンビニで戦隊のカードスナックを見つけるようになった。手っ取り早い話、ビックリマンのような体裁の菓子で中に戦隊のカードが入っていると言う仕組みだ。バイト先ではレジの目の前においてあるので気が散ってしょうがない(笑)。
 で、昨日ついに2つだけ買ってみたのだが、開けてみるとなんと出てきたのはチェンジマーメイド!うおおおおお!!戦隊シリーズでもピンクファイブの次に大好きなヒロインがいきなり出てきてしまいましたよ!ガキの頃、どれだけ渚さやかに憧れた事か…。さやかはまたあの声もいいんですよな〜。劇中では剣とイイ感じになってたかと思いきや、実生活では大空と結婚しちゃったりしてしまったけど、まあいいんじゃないでしょか。ちなみにもう一方はまだ未開封。
 しかしこのカード、全225種類って書いてあるけど、これってある意味ビックリマンよりもきついよな。いっぺんに225種類もあてないといけないんだから…。


4/20(金) ネタ丸でなし

 書くネタが何もない。家にいればスパロボα外伝しかやってないので余計にネタがない。α外伝のほうは専用ページに書いてしまっているのでこちらでそのネタは使えないので、もはやどうしようもないと言う感じだ。
 まあ強引に自民党総裁選のことでも書いてみるか(笑)。国民が投票できない内輪の選挙なのに、わざわざ全国を遊説する議員の方々の気が知れない。そんなものに使う公費を少しは国家予算のほうに回しなさい。以上(爆)。


4/16(月) まったく無反応

 就職戦線は今のところ全滅(泣)。説明会に行ったり面接を受けたりしているのだが、あまり成果は芳しくない。そんなことでこの戯言にも書くことがなくなってしまっているわけである。
 それはさておき、最近マンガ喫茶に行くようになってしまった。説明会の帰りにちょっと寄るのが習慣になりつつあるようで、いろんな場所でマンガ喫茶に出入りしている。昔読んでいたマンガとかいろいろ読み返してみると面白いものがあるので、これもなかなか一興である。
 しかしダメな生活を送ってるな…。


4/12(木) 雲と無言の時間が流れていった

 今日は大学が休みなので久々に池袋に向かった。本当は来週から木曜も出なければいけないのかもしれないが、まあ今週くらいはいいだろう。どっちにしても金曜は休みなんだし。
 最初に行ったとらのあなはついでに行ったようなもので、本命はアニメイト。アニメイトではときメモ2のBlooming Storiesの4〜6、それとイラストレーションズを購入した。どれもなかなか良い出来栄えで非常に満足(笑)。やっぱ茜ちゃんはいつ見ても可愛いよな〜。しかも演じる野村さん、以前より歌がうまくなってるような気がする。非常に良い傾向ですな。
 帰ってきてからはいつも通りにスパロボα外伝。ホントはHP更新の方もしたいんだけど、まだスパロボでもやりたい事があるのでもう少し先になるかな…。でも小説はきちんと書かないと。


4/10(火) モテない男が気休めに使うみじめな道具(意味なし)

 しっかし、タイトルに使ったドラのセリフはいつ聞いても笑ってしまうねえ〜。自分の出した道具をここまでけなす事なんて滅多にないもんな。個人的にはお気に入りの道具だしね(笑)。
 で、今日は昨日の約束通り、サブスト2に関する事を書いていこうと思う。僕は結構いろんなHPでサブスト擁護派の立場にたって行動している(つもり)なんだけど、もちろん僕にだってまるっきり不満がないというわけではない。むしろ不満が多いのだ。でも僕がそれでも擁護したいと思うのは、これが「ときメモ」だからである。これが某せつなさ炸裂ゲームだったらとっくの当に批判にまわっていたろう。
 シナリオ面についても不満は相変わらず多い。なんというか、起承転結の構成になっていないのだ。あまりにも普段の生活をのんべんだらりと見せつづけられているだけで、物語的な盛り上がりがほとんどないままで終わってしまうのはちょっとどうかと思う。まあこれについてはシナリオ自体の問題ではなく、むしろこれから話す設定の問題の方に関係しているのかもしれない。
 設定上の問題とは何かと言うと、このサブストは物語の構成上、主人公はヒロインのうち誰か1人だけを好きになっているわけではないのだ。つまり明確に「誰か特定のあの娘と仲良くなりたい」という目的が今一つ希薄になってしまっているのである。そのためにプレーヤー自体が目当てのヒロインを狙って行動していても、物語の最終目的が決して「意中の娘と、恋愛対象として仲良くなる」と言うわけではないので、クリアしても達成感を得にくくなってしまっているのだ。そのせいで結果的に前述のような「起承転結」という、きちんとした物語構成をすることも出来なくなってしまっている。これはすぐに改善しなければならない問題だと思う。このままでは恐らく光がメインヒロインになるであろうサブスト3のシナリオについても今から余計な杞憂を抱かずにはいられない。
 さらにそう言った設定上の問題を助長しているのが、「登場している全ヒロインが主人公に淡い思いを抱いている」と言う設定だ。これは僕の個人的な解釈なのだが、ときメモの主人公と言うのはすべてのヒロインから好かれるような最大公約数的な人物であって欲しくないのだ。だからメインヒロインである3人以外を相手にする時は、それこそ1人の友達としての立場で物語を展開させて欲しかった。
 理想的な物語展開としては、「ある事件をきっかけにして、互いに気になる存在だった二人が次第に恋心を抱くようになる」という感じがいいのだろう。ところがこの展開はまるっきり1のドラマシリーズと同じなので、もう少し捻った展開にもしてもらいたい。とにかくあまりにもご都合主義的展開が多すぎるのだ。やってみると確かに楽しいのでその点については不満はないが、アドベン茶…もとい、アドベンチャーゲームなのだからもう少しシナリオにもこだわって欲しいと思う。あと個人的に大嫌いなのは主人公の異常なまでの鈍感さ。どうも僕が今まで抱いていた「ときメモの主人公像」とコナミ側のそれは、微妙にずれているようだ。
 ついでに言えば、僕はこのサブスト関連のゲームをやって作品に幻滅し、ときメモ自体から手をひいてしまう人が多いことも危惧する。まあ長期シリーズである場合、それぞれの作品ごとにファンが分かれてしまうというのはシリーズ作品の運命なのかも知れないが、それでも僕はいわゆる「ときメモは1こそ最高!2はクソだ」「いや、2こそ最高峰に到達した!1は過去の遺物だ」とかいう不毛な議論が展開される事を一番恐れる。どれも同じ一つのシリーズなのに、そのどれかの立場に立って互いが互いを批判する。これ以上やりきれない構図はない。僕自身、今までの人生でそういう構図をずっと見続けてきただけになおさらそう思う。
 さらに個人的な意見を述べれば、たかだかときメモが生まれて7年程度しか経ってないのに、もう見限ってしまう心情も理解しかねる部分がある。でもまあこれは、人は新しいものに心惹かれるのは当然みたいなものだし、そういう意味では当然の行為なのかもしれないが。そう考えるといつまでもこだわりつづける僕はやはり生粋のダメ人間ってことか(笑)。


4/9(月) 最後の一年間スタート

 今日から4年次の大学が始まった。長かった学生生活も今年でついに終わるようだ。いや、終わって欲しい(笑)。だが卒業単位にはまだまだ足りていないので結構大学には行かなくてはならないようだけども。
 しかし、さすがに自堕落な生活をずっと続けてきたので早起きはまだ辛い。あまり無理をしすぎると去年のようにぶっ倒れてしまう事にもなりかねないから注意が必要だな…。
 あと、今日から衛星第二で「宇宙船サジタリウス」の放送が始まった。これは子供の頃に大好きだったアニメの一つで、本放送以後もずっと見たいと思っていた番組だったのだ。テレビ埼玉で再放送されていたもののウチでは受信できないのであきらめていたが、今回やっとビデオに録画することができるようになった。近日発売予定のDVD−BOXを買う必要もなくなってますますラッキーって所だな。
 ホントはサブスト2について書きたいことがあったんだけど、それはまた明日と言う事で。


4/8(日) 長い戦いだった…

 やっとスパロボα外伝をクリアした。ノーマルレベルの熟練度でクリアしたのだが、なかなかに寂しさ漂う雰囲気でよかった。もちろん大団円ってのが一番いいのだけど、寂しさが残る時の方が余韻が残る場合もあるからね。
 で、やっとの事でサブスト2の方に手をつける。即行でメイ様とほむらをクリアして、今はアルバムコンプにいそしんでいる最中。とりあえずコンプしてからもう一度ゆっくりやり直す事にしよう。しっかし、茜ちゃんを肩車できるなんて、主人公はうらやましいねえ(笑)。


4/6(金) あら懐かしや

 今日は友人のH氏宅にお邪魔して、HP製作のアドバイスをしてきた。いろいろあって作り方などを教えてもらいたいのだそうだ。ゆくゆくは自分も作りたいと言っているので、その時はここともリンクを張らせてもらうとしよう。
 その後は新宿まで遊びに行き、例によっていろいろなところを歩き回った。H氏の方は何かを買ってたりもしてたけど、僕は給料日前でもあったので何も買わずにブラブラしていた。
 そんな中、久々に新宿のチルコポルトに行ったのだが、そこでセーラームーンのアーケードを見つけた。96年ごろに出たクイズゲームなのだが、随分久々に見つけたので懐かしさもあってプレイしてしまった。浪人時代はだいぶこのゲームにお世話になったからね。授業をサボってはゲーセンに行ってこのゲームをプレイして、1プレイで2000円くらいを使い果たしていたものだ(笑)。もちろんプレイキャラはマーキュリー。サターンが使えないのは残念だが、途中のアイテムショップでちびうさと一緒に出てくるからよしとしよう。しかもメイド服で出てくるんだから、ファンにはたまんないんだろうな。現に友人のK氏も興奮してたよ(笑)。
 給料が入ったら3階のこなみるくにも行って何かを買ってくることにしよう。


4/3(火) 異状なし

 今日は大学で健康診断を受けてきた。去年は血圧検査で引っかかってしまったので今年は注意しなければならない。まあ、検査を受けに走って行動していては血圧が上がるのは当たり前なんだが(笑)。今年は健康診断書を企業の方に提出しなければならないので、なるべくなら一発で通りたかったのだが、うまくパスする事が出来た。これでとりあえずは一安心だ。
 その帰りには本屋に寄ってひびきのウォッチャーVol.4を購入。取り立てて注目すべき場所はなかったような気がするけど、まあこういうのは文字通りのコレクターズアイテムなんだろうから、あまり気にしない事にしよう。


4/2(月) ひびきのウォッチャーが出たんだよな…

 確か今日がひびきのウォッチャーVol.4の発売日だった気がするんだけど、僕は言うまでもなくα外伝三昧。ようやく30話を突破したよ。スーパーロボットを愛する人間にとっては嬉しいイベントもあったりして、やっぱいいねえ。ひびウォの方は明日大学に行くので、その時どこかの本屋で買ってくるとしよう。今回の表紙は、表紙だけ見るとなんかのエロゲの本ではないかと勘違いされてしまうようなものなんで、注意が必要だな(笑)。
 大学は来週から本格的に始まるので、まだ今週はα外伝三昧の生活を送る事が出来そうだ。それでも企業面接を受けたりとやるべき事は一応やるんだけど。


4/1(日) ぬいぐるみはショボかった

 今日も一日中スパロボα外伝。企業調査とかHP更新とか、他にやることは結構あるはずなんだけど、それらを全部差っ引いてゲームだけしているね。典型的なダメ人間の生活だな、こりゃ(笑)。さすがに27話くらいになってくると1話を終わらせるのも大変になってくるので、総話数が30いくつという話もあながち嘘ではないかも、と思ってしまったりする。
 で今更なんだけど、先週の金曜日に21世紀版の「まんがはじめて物語」とか言うものがやってたな。前情報を一切知らなかったものだから、テレビを回していてビックリしてしまった。モグタンはオリジナルのモグタンのまんまだったんでよかったね。ぬいぐるみの方は小奇麗になってしまっていて妙な感じがしたけど(笑)。ちなみにお姉さんはもちろんケロンパではなく(笑)、今回は茂森あゆみだったね。どうでもいいけどアニメになった時のお姉さんが以前のよりも書く段に可愛くなってしまっているのがちょっとビックリ。これも時代の流れと言うやつか。
 しかしα外伝をやってるとオリジナルのアニメを見たくなってくるねえ。でもザブングルはともかくとして、ブライガーなんてどこのレンタルショップにも置いてないもんなあ…。一応新宿のTSUTAYAでは見つけたけど、わざわざ新宿にまで行きたくないよ。ちなみに新宿では銀河烈風とか銀河疾風の方なんかも置いてあったりして、まさしくマニア垂涎の場所だね。魔人ハンターミツルギがなくなってしまったのは残念だったけど。


戯言トップに戻る