必殺戯言人バックナンバー
2001年6月

6/26(火) 反重力ストームの方が強いはずだよな…

 今気づいた事だけど、スパロボAのパッケージイラストにはグレンダイザーが描かれているではないか。グレンダイザーは第2次の頃から参加している優等生なのに、なぜか近作では出番が少なかった不遇のロボットだっただけに非常に嬉しい。同じくパッケージイラストに描かれて、「α外伝」中盤の展開を担ったグレートマジンガーのように活躍してくれる事を切に希望する。
 で、ついでにスパロボAのことで書くけど、僕はドラグナーはもちろんナデシコも知らない。ナデシコは高校生の頃にやっていたけど、どうも見る気がしなかったのだ。今になってみると見ておけばよかったかと言う気もするけど、今からビデオを借りてくるのは真っ平だからねえ。と言うか、あくまで個人的な嗜好なのだけど、あの絵があんまり好きになれないんだよね(爆)。そう言えばあの作品で桑島法子が有名になったんだったな…。
 あのゲームで楽しみなのはもちろんザンボットとグレンダイザー。これとコン・バトラー、そしてZガンダムはラストまで第一線で活躍してもらう事にしよう。


6/25(月) そういえばもうすぐじゃん

 今ふっと思い出したのだけど、もうすぐこのホームページも開設2周年を迎えるらしい(笑)。管理人自身が祝おうという気がないのだから、盛り上がらないのも当然だな。去年は1周年記念ということで「全コンテンツを一斉更新」と言うものをやってみたけど、今年は面倒なのでマジで何もしない(爆)。つーか、ロックマンコンテンツはあの日以来一回も更新してないのか…。まずいね。
 話変わって、来年の春にはサクラ大戦4がもう出るらしい。なんでも帝都と巴里の華撃団が総登場して、その中から隊員を選ぶ事ができるらしい。今回で完結らしいから当然のシステムだろうな。僕が選ぶとすれば…、さくらとエリカが必須ってくらいかな。あのゲームでの萌えキャラは花組メンバーじゃないからしょうがない(笑)。
 今日は陽ノ下光ちゃんの誕生日だったけど何も出来なかったなあ。そろそろ小説も書かないと。と言うか、今のままでは10年かかっても終わらないような気がするのは気のせいなのか?


6/24(日) 愛だけってわけにはいかない

 最近疑問に思うんだけど、「同人活動」と言うのは果たして愛だけで成り立つものなのだろうか?いや、もちろんその根底には作品に対する愛情がなければいけないと思うのだけど、それだけでこんな面倒な事をずっとやり続けることができるものなのだろうかと考えてしまうのだ。
 実際、僕のホームページ制作にしたって一種の同人活動だけど、必ずしも作品に対する愛だけで行動しているわけではない。なんと言うか、僕は同人活動というものは決してカッコいいものではないと思う。どんなに頑張って作ったところで世間的に認められるわけではないし、自分の作ったものが必ずしも受け入れられるわけではない。しかもプロではない以上、本職の片手間で作業しなければならず、言ってみればしなくてもいいような苦労をわざわざする羽目になる。しかも普通の趣味とは違ってやたらと労力がかかる。つまり「報われない」活動に思えるのだ。
 でもやっぱり同人誌を作るにしても、自分の作ったものを誰かが購入して「面白かったです」なんて感想を言ってくれたら、その一瞬だけでも報われるんだろうなとも思ったりする。同人作業って言うのはその一瞬のために頑張っているのかなあ…、などと考えてもいるわけだ。
 …何を書いてるんだろうね、僕は(笑)。なんか最近すごく疑問に思ってる事を書いたつもりなんだけど、支離滅裂な内容になってしまったな。ただ、HP制作にしても同人活動にしても決して楽しい事ばかりではなく、むしろ嫌に思う事の方が多いのだ、と言いたかったということをわかってもらえれば良いかと思う。


6/23(土) 君は刻の涙を見る…

 そう言えばもうすぐZのDVDが出るんだったねえ。それはともかく、ようやくZが完成した。久々の素組作業だった上にMGはパーツが多いので、えらく時間がかかってしまった。昨日の11時ごろに始めて完成したのは翌日の午前5時(笑)。途中で止めたら細かいパーツの場所がわからなくなりそうだったので止められなかったのだ。
 で、完成したZだがいまいちウェイブライダー形態が情けない気がするな。まああまり変形させる必要はないのだから、モビルスーツのままで飾っておく事にしよう。ハイメガランチャーを握らせる事が出来ないのも残念と言えば残念だ。これで横にリ・ガズィが並べば言う事なしだな。こう来ると欲が出てしまって、アレックスだのνガンダムだのがあったらいいなと考えるようになってしまう。ガンダムばっかかよ(笑)。
 その反動で今日はほとんど寝て過ごしてしまった。まあほぼ徹夜をしたわけだからしょうがないといえばしょうがないな。
 あと二週間でウルトラマンコスモスが放映開始だ。映画の前売券も購入したし、準備は万端だね。でも前売についてきたキーホルダーのコロナモードのコスモスのポーズはスプリームヴァージョンのガイアに似てるな…。


6/22(金) 今度は二択だ、セーラームーン

 今日は友人であるH氏と遊ぶ約束をしていたので、秋葉原で待ち合わせて買い物に出発。
 今回の買い物は僕が主体となって、まずはラオックスにてMG版Zガンダムを購入。完成品を見てみるとそんなに大きくはないんだけど、箱だけはやたらでかいでかい。ついでに模型用のニッパーも購入して次の場所へ。次はとらのあなに行っていらない同人誌を売却し、そして欲しい同人誌を購入した。サクラ3の同人は個人的にまだ購入しづらいので、それは遠慮した。何を買ったかは秘密だ(笑)。
 でもって次は新宿へ。そろそろ新しい靴を買おうかと思っていたので、H氏に手頃な店を教えてもらって商品を物色した。来月の給料が入ったら買おうかね。あれ?来月はリ・ガズィを買うんじゃなかったか?それはともかく、その後は適当にゲーセンをまわり、チルコもちゃんとまわってセラムンのクイズゲームをプレイ。ウラヌスを仲間にしてジャンルセレクトができるようにしたのだけど、「特撮」のジャンルが出てこなかったから結局苦戦してしまった。残念無念。
 その後はいつものコースで、自宅近くの居酒屋で飲みまくってからカラオケに直行。今回はサクラ3の「御旗のもとに」を始めて歌ってみたけど、なかなか上手に歌えるもんだ。で、最後はH氏が最近購入したバイクを拝見。名前は忘れたがアメリカンの代物らしい。大型二輪かと間違えるくらいにでかい代物だったのでちょっと驚いた。僕もバイクの免許取りたいね。それ以前に車の免許を取れ(笑)。
 帰宅してからはすぐにZの制作を開始。しかしまったく終わる気配がない。こりゃあすげえ代物だ。


6/21(木) 貴様のような奴がいるから戦いは終わらないんだ!消えろ!!

 MG版Zガンダムを購入するべく近所の模型店に向かったのだが、そこでは原価そのままで売っていた。確か秋葉原辺りでは安く売っていたような気がするので、今日は我慢して今度アキバへ行って買う事にした。Zは最近Ver.2が出るなんて噂もあるし、どうせなら安い値段で手に入れておきたいからね。それにしてもMGのサザビーとかνガンダムはでかいな。
 僕は歴代のガンダムの中ではZガンダムが一番好きである。顔だけ見るとガンダムっぽくないのだが、全体を見るとやっぱりガンダムだというデザインが大好きなのだ。全体的にシャープなデザインだしね。逆にゴテゴテした感じのするZZガンダムはあまり好きじゃない。νは白と黒がメインになってしまってるからなあ。F91は結構好きなんだけど。そんな関係でリ・ガズィとかZプラスなんかも好きなわけだ。ZUは少し迷うけど。
 問題は僕がうまく作る事ができるかどうかだが、まあ色まで塗ろうというわけではないので別にいいだろう。


6/19(火) こんなにコピったのは初めて

 今日は大学をサボり(サボるな)、国会図書館に直行した。ペースをあげて行かないと学生の時に原作ドラをすべてチェックするのは難しいのではないかと考えたからだ。
 今回は「小学一年生」の収録分収集に集中した。と言っても今までのようにあらすじを書きまくるわけではなく、今回は資金が潤沢だったのでほとんどの作品をコピーする事にした。と言っても行く時間が遅かったので70年と71年の2年間の作品しかコピーできなかったのだが。それでもこの時期を制覇すれば第一の関門は突破したようなものなので、まあいいだろう。
 常設展示では今回は「洋裁の歴史」と言うものをやっていたね。僕はこういうものにはまるで無頓着なのでよくわからなかったが、最後の方にコスプレに関する本が紹介されていたのには笑ってしまった。でもいわゆるコスプレイヤーも洋裁の腕前が良いと言うのは確かだよな。だからって男が女キャラの衣装を着るというのは納得できないが。それで開き直るのならともかく、自分から進んで着たくせにそれが終わるとなかった事にしようとするのはもっと納得いかないが。
 コピー代だけで2000円ほどかかってしまったが、この出費は決して無駄にはしないぜ(笑)。とりあえずガチャ子登場分はすべて自分の下に収めた事になるわけなので、それだけでも良しとしようか。


6/18(月) 謎はすべて解けた?

 に「NERVOUS BREAKDOWN」を購入したと書いたけど、このマンガはいわゆる「推理マンガ」である。さて推理マンガと言えば最近では「金田一少年の事件簿」と「名探偵コナン」が代表作として挙げられるだろう。まあ他にもあるけどやはり未だに人気を誇っている作品はこの二つではないかと思う。
 しかし現在の僕から見てみると、この二つにも推理マンガとしてはあまり魅力を感じる事が出来ない。コナンの方は推理漫画というよりは「冒険マンガ」の側面が大きい気がするので、そう割り切ってみているからそんなに違和感は感じないけど、金田一の方は後期になるにつれて読むのが辛くなってきた。はっきり言って面白くなかったからだ。
 僕が思うに理由は二つある。別にトリックが推理小説の模倣だからとか、そんな事ではない。一つは回を重ねるごとに金田一がまともになっていってしまったと言う事だ。初期の頃は他人とは違う奇人ぶりが際立っており、それが金田一の個性にもなっていた。元々古今東西の名探偵と言うものは奇人変人ばかりであり(ホームズだって暇つぶしの時にコカインを使ってたりしたんだ)、それがそのまま探偵の魅力になっていたのだが、後期になるにつれて金田一少年は時折クサいセリフをはくだけの、極めてまともな常識人になってしまった。これが問題だったのではないだろうか。
 あとは起きる事件がワンパターンだと言う事である。金田一少年の場合、犯人の動機はほとんど「復讐」である。そして最後には必ずお涙頂戴のストーリーが展開していく事となる。そればっかりではさすがに飽きてしまうだろう。「エッジウェア卿殺人事件」みたいに同情の余地もない犯人を出してくれても良かったのではないだろうか?
 まあ「なあばす」の方もすべての出来栄えがいいというわけじゃないんだけど、頭脳明晰ながらも虚弱体質で、どこか世の中に冷めた視点を持っている安堂一意と、パワーが溢れるだけのバカでありながら結構意外な面をもってたりする三輪青午のコンビは、見ていて全然飽きる事がない。これがやはり差になって現れているのではなかろうか。
 ちなみに他にやってる推理マンガと言えばマガジンGREATとかガンガンでやってたりするけど、なんかつまんないね。つーか、ミステリー小説を読んでしまった人間にしてみれば「少年探偵」という設定そのものが面白くない。やはり犯罪の陰に隠れた様々な人間の運命を暴いていくのは、それなりに人生を経験した大人でないとね。10代のガキに何がわかるかっての(笑)。


6/17(日) あまりスッキリはしなかった

 今日は就職活動の関係でたまりにたまりまくった資料を一斉に整理した。これで少しは部屋が広くなったかと思うのだけど、あんまり変わってないな(笑)。今月の購入計画としてはMG版Zガンダムを買おうかなとも思ってるのだけど、完成したとしても置き場がないんだよね。今月は確かリ・ガズィも出るはずだし、どうしたもんかねえ。
 ついでにそろそろ国会図書館にも本格的に通い始めないといけない気がしてきた。やっぱり就職してしまうとホイホイ行くことなんか出来ないんだろうし、今のうちに集められるものは集めておきたいからね。


6/16(土) 狼虎滅却・震天動地!

 サクラ大戦3の最後の隠し玉である、大神の最終奥義をついに拝む事が出来た。派手な技だと噂に聞いていたが、本当に派手だね。まさか帝撃の皆さんまで出てくるとは思わなかったよ。画面を全部見るだけで結構時間を食ってしまったりして、それでもなかなか嬉しい演出だね。
 これでやっとサクラ3もほとんど補完する事が出来た。あと一つだけ見る事が出来ない一枚絵があるのだけど、これについてはどうでもいいや。ダウンロードドラマも今のところやりたいとは思わないし、と言うよりドリキャスでネットが出来るようにしていないからこればっかりはしょうがない。
 とりあえずゲームの方もこれで一段落がついたわけで、これからドリキャス版スパロボαまでとりあえずゲームはお休みって所だね。そう言えば8月にはときメモ2のサブスト3が出るんだったっけ?でもあれは佐倉さんがメインヒロインじゃないらしいんだよな。別に佐倉さんに萌えてるわけじゃないけど、ファンにしてみればやりきれないだろうね。メールボックスはたぶん買わない。茜ちゃんの顔は拝みたいんだけどね…(笑)。


6/15(金) 燃えるマグマのファイヤーマン〜

 今日は内々定先の企業に推薦状を届けに行ったのだが、その途中の電車の中で面白い話を聞いた。言葉規制に関する話だったのだが、今では「用務員」という言葉も規制の対象になりつつあるらしい。どうして何でもかんでも規制するのだろうか?規制すれば人間の心の中から差別心が消えてなくなるとでも思っているのだろうか?その一団は「人間として出来ているやつほど言葉を知っている」とも話していたが、これも納得できるね。バカな奴ほど言葉のレベルは低くなるからね。僕も気をつけないと(笑)。
 で、早めに行ったわりに用事が早く終わったので、渋谷の方に廻って久々にまんだらけに向かう。と言ってもまんだらけで購入したいと思えるようなものはなく、かと言ってはずれ同人誌は持っていくのを忘れてしまったので売る事も出来ず、仕方がないので中を見てまわった。うーむ、ボンボン版の鬼太郎は高いなあ。これじゃ手が出ないぜ。でもアニメの本物セル画は少し欲しい気分もする。
 まんだらけでは店員さんがカラオケをすることがあるのだが、僕が行った時はちょうどその時間帯だったので、コスプレ店員がカラオケをずっと熱唱していた。しかしさすがに女性の声で「ファイヤーマン」は合わんよな。というか、うさだヒカルのコスプレをした女がファイヤーマンの歌を歌っている姿はかなり変だ。まあ久々に懐かしい歌を聴けてよかったけどさ。ファイヤーマンはガキの頃に2度ほど見ただけだからね。
 やっぱりまんだらけで同人を購入するのは難しいな。関東圏に住んでいるんだし、素直にとらのあなとかK−BOOKSで購入する事にしよう(笑)。


6/14(木) まだまだ更新できないのか…

 サクラ大戦3もオールクリアし、もうさすがにやることがなくなったろうとタカを括っていたら、最後の隠し要素があることが判明したので、最初からやり直すことになってしまった。うーむ、最後の最後に隠し玉を持っているとは、大神隊長も人が悪いぜ(笑)。
 就職活動も一段落したので、これからはのんびりとやっていくことにしようかね。これが終われば7月のドリキャス版αまではゲームをすることもないだろうし、そうなればやっとの事で更新再開できるかな…。就職したら毎日更新なんて絶対出来ないんだから、できるうちにやっておかないとね。


6/13(水) 超電磁スピンVの字斬り烈風正拳突き

 突然だがスパロボAでも64版のような合体攻撃ができるらしい。αドリキャス版ではこの合体攻撃がウリの一つにもなっている。ドリキャス版で今のところ画面が公開されてるのは「ガンダム総攻撃(Z、ZZ、νか?)」「超電磁ストリングスヨーヨー」「エヴァユニゾン攻撃」「超電磁スピンVの字斬り」「ダブルマジンガーブレード」「ファイナルダイナミックアタック」「ツインオーラアタック」みたいな感じのやつだ。
 では、スパロボAでは一体どのような合体攻撃が出るのだろうか。とりあえず一番やって欲しいのはコンV、ボルテス、ダイモスの長浜三部作ロボの合体攻撃だね。つーかこの三体はみんな必殺技が打撃系だから、合体攻撃はすさまじいものになるのではないだろうか?他には64版にもあったザンボットとダイターンの合体攻撃「スペースコンビネーションアタック」とか、ファンネルが使えるモビルスーツを駆使してのファンネルアタックもいいね。ドラグナーの三機は合体攻撃するようだし、ナデシコの面々はどういった合体攻撃をするんだろうね。もちろんダブルマジンガーとゲッター、そしてグレンダイザーの合体攻撃やシャッフル同盟の攻撃なんかもあるだろうね。
 まあ興味は尽きないが、とりあえずは自分の頭の中で妄想しておくだけにしておこう。本当は作品間の壁ではなく著作権の壁を越えて欲しいんだけどね。グレンとガンダムの合体攻撃とかさ。


6/12(火) 超速衝撃連打と書いて「スーパーインパルスアタック」

 今日は以前本屋で見つけた「NEAVOUS BREAKDOWN」の文庫1、2巻を購入。以前に読んだ事があってその時から気に入っていたので、給料が入ったら買おうと思っていたのだ。在庫が少なかったためか少し本が汚かったが、まあそれはしょうがないだろう。ただ改めて読んでみると、少しトリックについ手が強引な気がするけど、きちんと伏線があるところはさすがと言うとこか。「金田一少年」みたいに「!?」とかいうものが丁寧にコマに書かれているわけじゃないからね。
 で、ついでに色々本屋を見て回ったのだが、「ファミコンロッキー」の愛蔵版が発売されていたのには驚いた。ファミコンロッキーとは僕らの世代にとって忘れる事の出来ないファミコンマンガで、連打で強引にクリアするゲームが全盛だった時代、1秒間に50回も連打する事ができる必殺技・「50連打」を引っさげて登場した轟勇気は真面目な話、当時のガキどものヒーローだった。ハドソンが出したシュウォッチで連打勝負をする時なんかはみんなで「50連打ぁ〜!」と叫んでいたものだ。
 作者の方は今ではすっかりエロマンガ家としておなじみになってしまったが(笑)、表紙は作者の書き下ろしだ。嬉しいサービスだねえ。立ち読みが出来なかったので中身まで確認してはいないけど、インタビュー記事くらいはあるんじゃなかろうか。ファンなら即買いだね。
 この調子で「スケボーロッキー」も復刻してくれたら言うことなしなんだが…って、そりゃ無理だな(笑)。まあ一番復刻して欲しいのは「あまいぞ!男吾」なんだけど。


6/10(日) 僕的当世マンガ事情

 最近で一番楽しみにしている漫画といえば「仮面ライダーSPIRITS」なのだけど、だからと言って毎回マガジンZだけを読んでいるというわけではない。むしろ僕は結構色々な雑誌を読んでいたりする。ただ子供の頃の反動なのか、ビッグコミック系統の雑誌はなぜか未だに食指が伸びないのだけど。
 最近面白いのはヤングマガジンでやってる「エリートヤンキー三郎」かなあ。話自体は真新しいものではなく、絵もそんなに上手と言うわけではないんだけど、なぜかツボにはまってしまって面白い。今週号では河井の断末魔が最高だったね。河井の「グフェフェフェフェフェ」と言う笑い声は最近のマイブーム(笑)。同じ雑誌の「アゴなしゲン」も面白いかな。
 ジャンプはあまり面白いものはなく、マガジンでは面白いわけではないけど「コータローまかりとおる」の最新シリーズがいいかな。懐かしいキャラがどんどん出てきてるからね。サンデーとかチャンピオンはあまり面白いものがない気がするな。
 まあ他にもガンガンとか電撃大王とかエースとかいろいろ読んでて、中には楽しみにしている作品もあるけど、やっぱりコミックスを買うまでには至らないんだよね。そこが問題か。ついでに言えば最近流行っているらしい「あずまんが大王」だが、僕はこれにはあまり興味が持てない。面白いとは思うんだけどコミックスを買うまでには至らないね。最近続きを楽しみにしてるのは「新・鉄拳チンミ」だったりするんだが。これも最近は展開がだるくなってきたけどね。


6/8(金) 地獄へ送れ狂った血

 のほほんと昼過ぎまでバカ面してグースカ眠っている間に、大阪の方ではなんとも悲惨な事件が発生してしまった。犯人はすぐに捕まったから良かったが、今度はこの犯人が精神障害者かどうかで揉めているらしい。精神障害者は現行の法律では加害者として懲役を適用する事が出来ないからである。まあご存知の事だと思うが。
 確かに障害者の社会復帰を大切にするその姿勢は立派だけど、だからって8人もの人間を、しかも僕のような薄汚れた大人ではなく未来ある子供を殺した人間を無罪放免にするという考えにはどうしても賛同できないね。つーか、健常者と障害者を平等に扱おうと言うのなら罪に関する事も平等にするべきじゃないか?社会生活だけを平等にしようと息巻きながら、こういうことに関して平然と障害者の方だけを優遇しているやり方は気に食わない。被害者にしてみればたまったもんじゃないだろう。犯人は梅安に殺されても文句は言えんな。
 もっとも僕が一番気に入らないのは、被害にあったばかりの幼い子供たちにインタビューをする無神経なマスコミなんだけどね。いくら何でもショックを受けて何もわからなくなっている子供にその時の状況や刺された子供の様子までを根掘り葉掘り聞く事はないだろ。あの神経ははっきり言って異常だ。あれはきっちりと戒めるべきだね。


6/7(木) 怪奇傘男(意味なし)

 今日は午後からものすごい雨が降って家から出ることも出来ず、寝坊して大学にもいけないという体たらくを演じてしまった。おいおい、こんなんで卒業できるのか?
 以前から何度も書いてるけど、僕の部屋は雨漏りをする場合があるので、こういう激しい雨が一番の大敵である。去年の夏も思うようにPCをいじれなかったのは、動作中に夕立なんかで雷が落ちたり雨漏りしたりして使えなくなってしまうことを憂慮したからだ。まあ使ってなくても問題はあるけどね(笑)。
 どうでもいいけど(よくはないか)、GBアドバンスでスパロボが出ることが正式に発表されたらしい。今のところアドバンスで欲しいソフトはないから、とりあえずこれを頭に入れて置くことにしようか。


6/6(水) 最後の闘争はショボかった

 今日は6月6日、ダミアン・ソーンの誕生日である。だからどうしたと言う事でもないのだが。
 本格的に関東も梅雨入りをしたようで、一日中天気が悪かった。天気が悪いとなんか視界までぼやけるような気がしてあまりいい気分ではない。
 だからと言うわけではないが、今日は友人宅へ遊びに行ってドリキャスの「タイプ・オブ・ザ・デッド」で遊ばせてもらった。こういうタイピング練習ソフトで遊んでみたのは実は初めてなのだが、なかなか面白かった。一応一回やって2級まで行く事が出来たのだが、果たしてどの程度のレベルなのだろう。しかし日本語打ちに慣れてしまうと今度はアルファベット打ちが出来なくなってしまって困る。例えば「ma」と打って「ま」にすることはできるのだが、「m」の位置を探す時に手間取ってしまうのだ。よく使う子音さえもこんな調子なのだから、普段使わない「x」や「l」になると打つことさえ出来ない。考えないとな。


6/4(月) なんかやる気なし

 ゲームの方も一段落したのでそろそろHPの更新でもしようかと考えているのだが、なんかあまりやる気が出ない。これは別にHPに興味がなくなったというわけじゃなく、単に暑いんでやる気が出ないだけなんだけど(笑)。
 まあやる気がわかない他の原因としては、部屋に余計な荷物を置きまくったせいでイスに座る事すら難しくなってしまったという現状にもあるんだよな。だからさっさと整理してしまえば少しはやる気が戻るんだろう。
 今日は大学で研究発表を行ったのだが、穴だらけだったので教授に突っ込まれまくった。あんまりやる気はないのでしょうがないんだけどね。…今に始まった事じゃないが、ホントにダメダメだな、俺。


6/3(日) 一気に真夏日

 6月に入ったばかりだというのに暑いですねえ。こう暑いと外に出る気力も失せてしまうね。今からそんなことを言っていてはダメか。
 そろそろ給料がもらえるので使い道を考える事にしたが、GBアドバンスも最近は迷い始めた。「リアルロボットレジメンツ」が7月だか8月だかに出るらしいが、それが面白いんだったらPS2を買わなくちゃいけないしねえ。それなりに貯金もしないといけないし、そう言えば7月は映画も見に行かないといけないんだった。結局金を使わないわけにはいかないんだね。当たり前だけど。


6/2(土) フトコロは燃えているか

 サクラ大戦のシリーズをやったことのある人間ならわかる事だけど、このシリーズはミニゲームも豊富である。そして歴代の作品にはすべてカードゲームをメインにした特別なミニゲームが用意されているのだ。
 だが僕はそのカードゲームに非常に弱く、1での「こいこい大戦」でも2の「トランプ大戦」でも、最後まで勝ったことがないのだ。トランプの方は、一回オールクリアすると今度は「トランプ大戦2」も選べるようになるらしいが、そんな画面は見たことない。
 だから3の「カジノ大戦」でも進む事は無理だと思っていたのだけど、今回は簡単にカジノ大戦3まで進む事が出来た。まあこれはコンティニューが無制限に出来るようになったからであって、決して僕が上達したと言うわけではないのだが(笑)。
 今度はチップ集めに苦労している感じだけど、まあこれからゆっくりと楽しむ事にしよう。


戯言トップに戻る