必殺戯言人バックナンバー
2001年12月

12/31(月) 大晦日だよ大老殺し

 大晦日であっても僕のすることに大した差はなく、やった事と言えば、昨日録画しておいたサクラ大戦・桜花絢爛の視聴と、テレビ埼玉で今日やった大老殺しの視聴だけ。なんとも僕らしいなあ。
 ときメモ3はただいま相沢さんを攻略中。今週中には間違いなくオールクリアできるだろう。と言うわけで、来年もまたよろしくお願いします。…いつもより簡素だな。


12/30(日) これで最後になるか?コミックマーケット61

 今日は21世紀最初の冬コミである。いつも通り九夜さんと待ち合わせ、9時ごろに現地到着して列に並んだ。今回は少し列の後ろに並んでしまったようで、入れたのは11時30分頃になってしまったが。
 とりあえず1時に一旦集合する事にして解散、僕は東123の方へまず向かう。そこで壁のサークルで同人を一冊購入、あとは一応カタログで調べておいた場所を回ってみたが、実際に見てみるとあまり食指が伸びないよな。今回は体当たり移動する場所を意識して避けたこともあり、あまり体力を消耗せずにすんだ。
 続いて東456へ。ここも壁とか行きたかった所をグルグル回り、そしてとりあえず今日の目的の一つであった、あまいぞ男吾の設定資料集その3を購入した。しかし作者本人が進んで売り子してるんだから、サイン頼める状況じゃないよな(笑)。あとは最新の短編集を一緒に購入した。
 それから今回の真の目的地である西館へ向かったのだが、どうにもルートが混んでて混んでて、混んでいる事はわかっていたが、やっぱり辛かった。それでも無事に到着して、最大の目的であった「殺した奴をまた殺す」の最新号を無事購入。今回の特集は仕事屋だ。で、一緒に丁子屋残党・作の7人ライダー本とか、ギャバン本も購入した。
 その頃には1時になる頃合いだったので、一回待ち合わせの場所へ向かうが、やっぱり時間が足りなかったため、弁当を食ってから改めて解散し、僕も今度は東456でときメモ同人を見て回る。しかしあまり面白いのがねえなあ〜。とりあえず二冊ほど購入して、あとは中をブラブラして回った。中にはあずまんがの上手な同人もあったんだけど、準備号だったので買うのは止めた。
 で、2時45分に再度集まり、そして今度こそ退散した。うーん、今回は疲れたといえば歩き回って足が少し疲れた程度で、はっきり言って体力はほとんど消耗しなかったなあ。あの空間に慣れてしまったということなのか。すげえ嫌な慣れだな。まあ今回でコミケに行くのも最後かも知れんし、最後になるかもしれないコミケ参加としては良い思い出になったかな。


12/26(水) ときメモ3プレイ迷走?

 教習所での学科効果測定を受け、無事に明日修了検定を受ける事になった。後は運転に失敗しなければいいのだが、朝一番で試験をしなければならないってのがきついな。朝は弱いからうまく運転できるかどうか。
 ときメモ3は誰をクリアするかで迷い始めてしまった。残り3人なんだからさっさとやればいいのに。とりあえず相沢さんでも狙ってみようかな。できるならもう1人の隠れキャラに出てきて欲しいものだが、当面はデフォルトキャラに集中する事にしよう。
 しかし今思うけど、この3こそアドベンチャーゲームじゃなくて、テキストノベル形式のゲームなんかいいんじゃないだろうかね。1や2のしがらみを最初から断ち切ってるんだから、思い切った商品展開をしていって欲しいものだ。たとえこれでときメモのシリーズ展開が終わることになったとしてもね。展開が終わったからって、ファンのときメモへの想いが消えることはたぶんないんだからさ。


12/25(火) またもいたちごっこ

 今日は今年最後の大掃除を行った。結局取っておいた本の中から入らないものを選んで捨て、空いた場所に本やビデオを置くだけにした。このいたちごっこはいつまで続ければいいのかねえ。
 ときメモ3は河合さんを無事にクリア。シナリオは今までの段階では一番盛り上がってた気がするなあ。かなり重い話だったけど、それを重く感じさせないところが、ときメモ的世界観とでも言うべき代物の効果なんだろうね。
 話は違うが、ファミリー劇場で放送しているスカイが終わったあとはスーパー1を放送するらしい。やったね!近くのレンタルショップが潰れてからどうしようかと思っていたのだが、これでようやく全話見ることができるわけだ。いいことだね。


12/24(月) イブにすき焼きだっていいじゃないか(謎)

 今日はクリスマスイブだというのにも関わらず、友人H氏を連れて池袋周辺に遊びに行った。なんとも女っ気のない連中だ(笑)。
 この日は新宿で何か事件があったようだが、池袋はいたって静かなもので、アニメイトでウルトラマンのDVDやときメモ3のCDを購入したりした。H氏の方は何も買わなかったが、月末には金を使うらしいので、どっちもどっちというとこか。
 それからは近所に戻って酒飲み。しかし僕らの後ろに座っていた男女がいきなり修羅場を向かえたようで、男は机を叩くわ女は泣き出すわで、とても楽しく飲める環境ではなかった。その後のカラオケで熱唱したからいいけどな。セガカラは17の主題歌が入ってないからつまらんぞ。
 ときメモ3は河合さん狙いで始めたものの、さすがに眠くなったので途中でリタイヤ。しかも録画するはずだったハンドメイドメイの5話を録画し忘れてしまった。ダメダメだなあ。すまぬ、K氏。


12/23(日) 下準備は万全か?

 今日は九夜さんと近所のマックで待ち合わせ、コミケのカタログを渡した。九夜さん目当てのサークルは今回は壁になっているから、こりゃ早いうちに並ばないといけないよな(笑)。僕も今回は色々見た結果、東から西まで縦横無尽に歩き回る必要がありそうなので、なるたけ体力を温存しておくようにしておかないとな。
 今日のときメモ3は神条さんをクリアした。これで4人目だ。神条さんのシナリオは終盤でいきなり荒唐無稽と言うか、むちゃくちゃな世界になってしまうので賛否両論が出ると思うけど、僕にしてみればときメモ1の時代からときメモの世界ってのは何でもありだと思っているので、特に気にはしておらず、むしろ某ゲームの同様シナリオよりはよくできているのではないかと思ったりもしてしまったりする。まあこれもジャンル違いだから、一概に比べる事はできないけどな。
 さて、クリアしたい人間はあらかたクリアしてしまった。もう1人の隠れキャラを続いて攻略したいものだが、こちらは出る条件がよくわからないので、当分先になりそうだ。


12/22(土) 超光速ミサイルbVだっけか?

 ホタルンガの出た話はさ(笑)。
 で、今日のときメモ3は昨日言ったとおり、隠れキャラの1人をクリアした。ネットで調べる限り難しかったらしいのだが、僕はすんなりクリア出来てしまった。一ヶ月に二度も三度もデートしたからかなあ。必須イベントらしきものは全部見たはずだから、それも功を奏したのかもね。
 そのキャラのシナリオについては、結構内容がハードだったなあ。ときメモらしからぬ設定とも思える気がするけど、そこらへんについては後で語る事にしよう。


12/21(金) フラグ立てがようわからん

 今日は橘さん狙いでプレイ。フラグイベントとかがどういうふうに展開するのかまったくわからないので、とりあえずクリアしたという感じだが、これで完全だとすると、橘さんのシナリオはちょっと弱いかな。まあシナリオ自体がダメってわけじゃないから、どうでもいいとは思うんだけど。
 しかし今回は爆弾消しがシビアだねえ。女の子の電話番号を簡単に知ることが出来なくなったせいで、爆弾が出来た女の子とデートの約束をすることが格段に難しくなった。神条さんは爆弾発生サイクルが低い優等生なのだが、それでも爆発寸前になった時は連絡がとれなくて苦労したよ。その点では今までより難しいかな。
 三人目はやってる最中に気になった隠れキャラで行こう。シナリオを断片的に見る限り、ありふれた設定のようだが、面白けりゃそれでいいや(笑)。


12/20(木) 組紐屋の竜、ゆっこたんに好かれる(笑)

 今日はときメモ3の発売日である。正直待ちに待ってたとは言いがたい部分はあるが、まあやらねば始まらないので、さっさと始める事にしよう。コナミスタイルで頼んでおいた限定版は11時ごろに到着した。遅れるかとも思っていたが、正確だったな。
 まずは録画しておいた仕業人とベムを見て(笑)、それからもえぎのウォッチャーを読む。なんと牧原さん役の神田朱未は必殺シリーズが好きらしい。というか時代劇がお好きとの事だ。勇次とか竜(仮面ライダーV3ニアラズ)が好きと、一般の仕事人ファンらしい発言をしていた。まあここで「私、おばさんが大好きなんですぅ〜♪」とか言われたら、こっちが卒倒してしまうが(笑)。しかし同じような名前がたくさんあるのはわかるが、「京本政樹」という人名の漢字は正しく書こうぜ。
 で、ようやくプレイ開始。プロローグで出てきた女の子は牧原さんだった。最初から牧原さん狙いで進むが、なんかあだ名をうまく発音してくれないと思ったら、あだ名は本当にあだなめいたものでなければうまく発音してくれないんだね。僕は牧原さんの相手に「天宮透(あまみやとおる)」という名前を設定したのだが、あだ名を「とおる」としておいたら、うまく発音されなかったのだ。しょうがないので「あっくん」にしてみたけど、神条さんがそんなふうに呼ぶのはなんか変だぞ。
 じっくりやったので時間はかかったが、とりあえず牧原さんはクリアした。この娘は惚れやすいようで、二年目秋の時点でほぼときめき状態になってしまっていた。その代わり他の女の子に爆弾ができてしまっても、電話番号がわからないのでデートの約束を取り付けることさえできず、かなり苦労してしまった。ただし爆弾発生から爆発までのサイクルは非常に長いらしい。
 一回やってみた限りだと、何だかんだ言ってもこれはときメモだねえ。今のところろくにフラグもわかってないから、ストーリー性については何も言えないけど、ゲームをやってみて受ける感じは今までのときメモとほぼ同じだと思う。ただ、服装選択で異様に苦戦してしまったが。
 さて、次は橘さん狙いでやってみようかな。あとはちょっと独り言を。Webサーフィンはこまめにしたほうがいいな(笑)。


12/19(水) あの頃僕は若かった

 今日はCS放送で「魔物ハンター妖子」を録画した。実はこのアニメの存在を知った中学時代から一度見ようと思っていたのだが、ビデオを借りることもなく、まして買うこともなく今まで来てしまったのである。まあヒーローものやドラ、ホラー映画と比べると借りる優先順位が下がってしまうからしょうがないんだけどね。
 しかし中学時代か。あの頃は若かったねえ。今思うと自分がマニア街道まっしぐらになる素養は、中学時代にすべて培ったような気がする。普通10代の青春と言ったら高校時代になるのだろうが、僕の場合は真っ先に中学時代になるね。あの頃からアニメイトに行くようになった、イベントに行くようになった、作品評論の真似事もするようになった…。うーん、ガキの頃からダメ人間だなあ(笑)。
 さて、明日はいよいよときメモ3の発売日だ。僕はコナミスタイルで限定版を注文したのだけど、今になって発売日当日にきちんと届くのかどうか不安になってきてしまった。コナミの発注が遅れてたりとか、年末で忙しいせいで佐川急便が手違いするとか、本当にありそうで怖いんだよな。ちゃんと届いてくれる事を祈る。


12/18(火) 単純ならば苦労はないさ

 昨日はなぜかネットにつなげられず、原因を調べていたので戯言を書かなかった。今日は取り立てて何もなかったので、昨日の事を書くことにしよう。
 昨日は友人Ba−K氏と久々に会った。彼には千葉テレビで仕置人の頃からずっと必殺の再放送を録画してもらっていたのだが、自宅でも見られるようになったので、彼に頼むのもようやく終わったわけである。結構な間、迷惑をかけてしまったなあ。
 で、そのK氏と色々適当な事をしゃべりまくった。僕は本来下ネタを言うような人間ではないのだが、彼とは下ネタ全開で話をすることができるので、かなり色々な暴言を言いまくってしまった。たまにはああいうことも話して、心のバランスを保たないとな(笑)。
 その際、彼が大学で受けている社会学かなんかの資料を見せてもらったけど、世の中にはいろんな人がいるんだねえ。なんでもそのままの言葉だと差別的になるから、このように言い直すべきだとか言って、色々な造語を作っている奴がいるらしい。しかしペットを「主従ではなく、人間と対等の友達」と定義してるくせに、同じ隷属動物である家畜は「人間のために生産する物」とか言うとはどういうことだ。ペットだって家畜だって、人間の役に立てるために特化されてきた生物ではないか。ただその目的が食用にするか愛玩用にするかの違いだけだ。そんなガキみたいな理屈を大の大人が振りかざすんだから、確かに世も末だよな。世の中ってのはドラマやマンガと違って、いいか悪いかだけの二元論で語り尽くせるほど単純なものじゃないんだから、もう少し物事の光と影を見極めた方がいいな。
 最近はテロとか戦争とかが起こるとビートルズの「イマジン」を引き合いに出して、「宗教をなくして心を一つにしよう」とか言うことを真顔で言ってくる奴もいるけど、日本と違って世界の大多数の国ってのは複数の民族が集まってできてる国なんだから、そんな連中の心をまとめ、その国の人間としてのアイデンティティを保たせるためには、統一された思想である宗教ってのがどうしても必要になったんだ。宗教を無くせばいいという意見は、かなり昔から宗教に関してボーダーレスだった日本の人間だからこそ言えることだ。宗教的思想にとらわれすぎて暴走する奴だってたくさんいるが、その宗教のせいで秩序を保つ事ができるってのも事実なんだから、メリットとデメリット、二つの事をちゃんと見て行かないといけないな。


12/16(日) そう言えば仮面ライダー

 来年も仮面ライダーを放送することが決定している、というのはかなり古い話題だ。ライダーシリーズが三年以上続くというのは、実は第一期シリーズ以来のことなので、密かに驚いている。
 しかし肝心の新たな仮面ライダーの情報公開が、いつにもまして遅れている。今のところはてれびくんとかに掲載されたイラスト程度なのだ。アギトも去年の今頃は模型誌とかで既にプレビューを済ませていたし、クウガに至っては10月頃にスポーツ新聞でも紹介されていた。何でこんなに露出しないんだろう。まあイラストを見る限り、アギト以上にとんでもないライダーになるであろうことは想像つくけどね。ライダーの戦隊化にならないことを祈る。アギトはその点うまくいってる気がするしね。
 今日の教習所ではS字カーブに大苦戦。こうやってのろのろと運転していると、ステアリングやギア、ペダルだけで操縦できてしまうジャンボーグ9やウォーカーマシンはすげえなあと思ってしまったりする。


12/15(土) もうすぐときメモ3

 なんと言うまでもなく、来週20日はときメモ3の発売日である。情報が発表されて以降、ファンの間で様々な物議と賛否両論を巻き起こしてきた作品が、ついに日の目を見るというわけだ。
 僕はコナミスタイルで予約しているので、流通に問題が起きない限りは、当日の午前中に限定版を手にすることができるはずだ。僕は本来限定とか特典にはこだわらず、むしろこだわる人の心境が理解できないのだが、ときメモに関しては思いいれも特別なので、どうせ手に入るのなら限定版を買おうと思ったわけである。2の時にもこんなこと書いてた気がするな(笑)。
 今のところは萌えキャラと言うものは決まってない。体験版をやった限りでは牧原さんと橘さんがなかなか良いかなと思ったくらいだ。前作でもこんな感じで、実際やって見たらあまり眼中になかった茜ちゃんに落ちてしまったわけだから、誰が萌えキャラになるかはまったくわからないけどね。当日は教習も休んで一日中プレイだね。まあそんなことを言っても、僕の興味は来年3月発売のスパロボIMPACTに飛んでしまっているのだけど(爆)。
 ついでにこれは昨日の話だけど、コミケのカタログを買った。今回はいつも行ってたサークルが軒並み落選してしまったようで、恐らく委託販売はしているだろうけど、ちょっと寂しい状況になってしまったな。まあ東から西へと順当に移動する事にしようか。西は恐らく空いてるだろうから、東で揉まれた後に行くにはちょうどいいやな。


12/13(木) 「メイっぱい」は苦し紛れに思える

 昨日からキッズステーションでハンドメイドメイの放送が再び始まったので、以前録画し切れなかった1話から6話の分まで録画をすることにした。ついでに友人のBa−K氏にも録画してくれと頼まれたので、こちらは金曜日に一括して行われる再放送の分を録画する事にしよう。しかしキッズステーションの名目は「大人も子供も楽しめる作品」って…、メイを親子で楽しむ家庭もなんか嫌だ(笑)。
 で、同じく昨日からテレビ埼玉で仕業人が始まったわけだけど、なんとも言えない嫌な雰囲気だな。仕留人と違って全体になんと言うか、不景気な雰囲気が漂っていて、すごく陰鬱なのだ。これが仕業人の味ではあるんだけどね。


12/12(水) 「風と火と水と」だったか?

 最近、東海地震に関する予測データが公表されたらしい。予測どおりに震度7の地震が起きてしまったら、我が故郷の埼玉県でも震度5強くらいを記録してしまう事になるらしい。うーむ、そんな強い地震がきたら、僕の部屋なんかは一瞬にして壊滅状態になるな。本棚の上にはビデオを多数しまいこんだ箱が置いてあるし、そもそも本棚の中には無数のでかい(←ここ重要)本やビデオがたくさん置かれているのだから、まさに大変な事になるだろう。それでもビデオにしろ本にしろ、僕が今までの人生で集めてきた大切なものだから、なるべく守るようにしていきたいけどね。
 そう言えば「東海地震」と言う言葉で思い出すのは、姉が昔持っていた「天よりも星よりも」と言うマンガだったりする…。相変わらずのダメ振りを発揮する今日この頃だ(笑)。
 話を変えると、なんでも太陽光の可視光線を用いて水から水素を取り出す実験に成功したらしい。これを応用できるようになれば、ほぼ無限に水素エネルギーを補充する事が出来るようになるとのことだ。そうか、やっと人類もスカイターボを作る事ができるようになるのか。普段からこんな事しか考えていないんだねえ、僕は。今更言う事じゃないけど、スカイライダーの愛車であるスカイターボのエネルギー源は水素だよ。


12/10(月) 小一いまだ補完できず

 今日は国会図書館に行ってきた。恐らく今年はこれで最後なので気合を入れていくつもりだったのだが、結局いつものように行く時間が遅れてしまった。
 目的は小一のドラ未収録分なのだが、中途半端な時間に行ってしまったので、結局すべてを補完する事は出来なかった。あと4作品くらいなんだけどねえ。大体月曜日は9時からの仕留人、そして10時30分からの仕事人Vがあるので、それぞれ別のビデオに保存録画をしなければならず、どうせならS−VHS録画をしたいのだがS−VHSデッキは一つしかないので、仕留人の方を録画し終えるまで待っていなければならないのだ。だからどう頑張っても家を出られるのは10時ごろになってしまうわけで、こういう自分の都合があるからあまり月曜には行きたくなかったのだけど、もう暇な日が今日ぐらいしかなかったので、仕方なく今日行くことにしたのである。
 そしてこれまた本当なら全部コピーしておきたかったのだけど、予算と時間の関係上、コピーしたのは「怪物くんぼうし」と「空中つりセット」に留めた。この時期はたかや健二が大活躍だねえ(笑)。かっとび!童児はよく読んでいたよ。
 来年始めにまた行くとして、その時に小一収録分は完全に補完しておかないとな。そしてそれからは最後となる小二の未収録作品の補完だ。実は小一よりもこっちの方が数は多いので、就職もすることだし、補完にはさらに時間がかかることになりそうだ。
 で、その後はいつもの如く秋葉原に直行(笑)。とらのあなでコミケのカタログを買おうかと思ったけど、重いしバイトの給料もおろしていなかったのでやめにした。金を下ろしたらときメモ3の前にDVDを一個買いたいねえ。


12/9(日) ライドロンでも運転しよう

 実は今日から教習所に通い始めた。順調に行けば4月から就職なので、今のうちに免許を取得してしまおうと言うわけである。と言っても今日やったのは適性検査と学科の一部だけだけども。
 しかし適性検査は笑ってしまったな。ロールシャッハテストみたいなのもあったんでやったのだけど、その中の1つで選択肢にこんなものがあった。「もぐらのけんか」。見たことねえよ(笑)。
 試験に失敗する事自体は別にどうでもいいが、追加料金を取られるのは非常に痛いので、なるべくならすんなり取ってしまいたいものだけど、僕は生来の不器用なので、果たしてどこまでやれるか、微妙なところではあるね。


12/8(土) あんたこの世をどう思う

 今日は録画しておいた仕事人Vとか仕留人なんかを一気に見た。仕留人って地味な事は地味なんだけど、それでも見ているとなぜか面白いんだよね。からくり人や新仕置人のようにエキセントリックな世界やキャラがいない代わりに、良くも悪くも普通の時代劇然としているのが、シリーズ全体を俯瞰して見ると、返って珍しいのではないだろうか。
 来週の水曜からは第7作「必殺仕業人」が始まる。シリーズ屈指のお寒い世界観を持っている作品なんで、クリスマスとか正月とかで浮かれているような時世に見る代物ではないような気もするけど、まあ見たいんだからしょうがないわ(笑)。
 さて、実はバイトを止めて教習所に通い始める事にしたので、早速明日から行く事になった。しかし思った以上に試験の数が多いので、時間的に面倒な事になりそうだ。なるべく早く取れるようにしたいけどね。


12/7(金) 正義の姿巨大ロボット その名は我らのザンボット3

 来年の3月にPS2でスパロボが出るらしい。正式名称は「スーパーロボット大戦IMPACT」と言うようで、なんでもワンダースワンで出たCOMPACT2のリメイクらしい。うーん、そう言えば本体ごと中古で買ってしまった人がいたっけなあ(笑)。
 で、やっぱり喜ぶべき事はこれ。

 祝!グレンダイザーとザンボット3、声付き作品に参戦決定!!

 いや〜、長い間待ったかいがあったってものだ。グレンはAではナデシコ連中との絡みで結構重要な位置を占めていたから、今回も目立ってくれる事を期待する。逆にザンボットはCOMPACTの方では結構目立っていたらしいので、これもまた期待である。別にのぶ代の声にはこだわっていないので、もう声優に関してはかなりどうでもよくなっている。
 しかしのぶ代はザンボットのセリフ収録を断ってるらしいけど、どうしてなんだろうねえ。確かにあの頃の声を出すのは無理だろうけど、だからって断るのもどうかと思うんだよな。まあこれは個人の考え方の違いだから、僕がどうこう言うべき問題ではないんだけど。それはそれとして、とりあえずはグレンとザンボットが活躍してくれればそれでいいのではあるが。あ、ナデシコも戦闘シーンはにぎやかになるだろうし、ダンクーガもセリフを新録してあるらしいから、そこらへんは期待かな。マシンロボやダンガイオー、飛影はほとんど知らんから別にいい。マシンロボで覚えている事がレイナの存在だけだと言うあたりが、僕がガキの頃からダメ人間だったと言う事を証明していて面白いね(笑)。


12/6(木) やっと復活か?

 心身ともに不調、PCも不調とダメダメ尽くしだったので、HPどころかネットそのものから少し離れていた。僕も来年から就職するにあたり、HPをどうするかを真剣に考えた方が良いと思い、意図的に少し離れていたわけである。まあ決してそれだけの理由ではなく、風邪が予想以上に長引いてしまったと言う事もあるのだけど。
 さて、ネットから離れている間にいろいろなことがあったのだが、まずをもってむかついたのはPS2の値下げ。一ヶ月早く買ってしまった僕の立場は一体どうなるのだ(笑)!?別に劇的に安くなったわけではないから、かまわないと言えばそうなのだけど。
 あとはやっぱりアニマックスでの妖怪人間かなあ。4話の「せむし男の人魂」の「せむし男」と言う言葉が引っかかるらしくて、ご丁寧にロゴまで変更してサブタイを変えてやがった。せむし男って差別用語になるのか。じゃあああいう格好をした人間を他にどう呼んだらいいんだろう?それに欧州ゴシックホラーにせむし男ってのは不可欠なファクターの1つでもあるし、こんなことで言葉だけ使用できなくなるのはどうにも納得行かないな。
 今月はとりあえずときメモ3を待つことにして、そろそろ年賀状でも書き始めないといけないかなあ。


戯言トップに戻る