必殺戯言人バックナンバー
2003年3、4月



4/12(土) 随分時間が経ってしまった

 結局戯言を書くのがこんな日になってしまった。理由はもちろん第2次スパロボαばっかりやってるからである(笑)。本当は社会人になって2年目になったことを始め、色々書きたいこともあったのだけど、もういいや。
 しかし第2次αは予想以上に面白いねえ。序盤はサンシローがいきなり大空魔竜隊に配属されたりして、シナリオ的にはIMPACT並みなのかと思っていたのだが、これがとんでもない間違いだった。20話を過ぎたあたりから熱すぎる話がどんどん展開していって、進めるのが本当に楽しみになってしまった。こりゃ二週目プレイを行うのも決定だね。まだクリアしてないけど(笑)。
 一週目は予告どおりにクスハで始めているのだけど、まさか本当に乳揺れがあるとは思わなかった。クスハの場合はお色気担当系列のキャラでないだけに、余計に萌えるかも知れない。でも乳揺れって言葉には品がないのであまり使いたくはないけどね(笑)。
 今は確か48話くらいだったか。一週目ではZとZZのパワーアップイベントを出せなかったので、それは二週目のアラド編で実践することにしよう。


3/22(土) あまり素直には喜べないが

 昨日に続いて今日も帰りが早かった。と言っても帰りは8時頃だし、そもそも世間的には今日は休みなのだから、早く帰れるからと言ってそんなに手放しに喜んでいいものではないと思うのだが、まあいいや。
 最近の戯言を読んでいると、本当にただの日記と化してしまっているな。昔はこの中で作品論とか時事問題に対する個人的な意見とかを適当に書き連ねていた気がするのだが、最近はあまり書く暇がないこともあって、本当にその日に起きたことだけを書くようになってしまった。いや、「戯言」なんて言ってはいるが、ここも所詮はただの日記コンテンツだから、これはこれでいいのだろうけど、僕本人がなんかつまらないので、近いうちに何かを書きたいものだね。ファイズについては毎週の感想で色々書いてるから、アバレンジャーのことでも書いてみようか。
 ただアバレンジャーも正直今の時点ではあまり楽しめていない。いや、普通に見ている分には普通に面白いのだけど、なにせメインライターがあの武上だから、途中からキャラにまったく個性がなくなったり、味方ロボット(今回は爆竜か)が大量に登場したり、最終回で何の伏線もなく新しい兵器が登場したりと言った、見ている人間がカタルシスを感じる瞬間を著しく阻害するような展開がこれから起きるのではないかと思うと、どうも不安になってしまうのだ。現時点ではブルーがライバル役みたいな感じになっているけど、ガオイエローのようになってしまわないことを祈っているよ。あといい加減「おバカなレッド」は止めてほしいもんだな。
 第2次スパロボαの発売日まであと5日、フラゲが出来るのならあと3日となった。クスハで始めた場合、最初に合流できる仲間はマジンガーとガオガイガーになるらしい。実はガオガイガーはまったく見ていないので、どのような扱いになっているのか、ちょっと楽しみではある。


3/21(金) 天からの訓示なのか

 19日にサクラ大戦の新OVAシリーズ「エコール・ド・巴里」が発売されたことを昨日になって思い出し、会社帰りに渋谷のTSUTAYAに行ってみたのだが、なぜか置いていなかった。延期にでもなったかと思ったのだが、ネットで調べてみた限りでは、通常通りに発売されたらしい。まあ喉から手が出るほど欲しい代物ではないのだけども、それでもやはり見てみたいな。出来についても賛否両論あるようだけど、これは見てからでないと何とも言えないしね。
 さて、第2次スパロボαの発売日まであと6日となった。フライングゲットが出来るのであれば、あと4日という計算になる。しかし本当に楽しみだなあ。去年のIMPACTは時期が入社直後と重なったこともあって、あまり満足のいくプレイが出来なかったのだけど、今回は入社して1年経ち、少しは勝手がわかってきたので、ゲームをする時間も作りやすいだろう。帰りが遅かろうがなんだろうが、暇はなければ作るものなので、頑張ってゲームをしていこうと思う。仕事もこれくらいの意気込みでやってれば、問題ないんだろうな(笑)。
 その代わりと言うわけではないけど、熱き血潮にはまったくプレイしなくなってしまった。帰宅したら最近は溜まっているビデオの視聴に専念しているので、ゲームをする余裕がないのだ。来週からは本当にゲームだけをする毎日になるので、今のうちに見ておこうという気持ちもあるのだが。
 そう言えば今週はななかの録画に失敗してしまった。と思ったら来週はもう最終回だと言うし、いったい何なのだろうね。某リピュアなんかよりもよっぽど良い出来の作品だったのに。やっぱり今は中身が大したことなくても、萌え要素が備わっていれば、それで作品として成り立ってしまうのかねえ。だから某新聞に勝手なことを書かれるんだよ。もう少し業界の人は奮起して欲しいもんですね。


3/19(水) もういくつ寝ると…

 「この戦いに正義はない」。大久保編集長のこの言葉を、どっかの国の大統領に捧げましょう。
 それはともかくとして、第2次スパロボαの発売日まであと8日である。去年と同様にフライングゲットができるのであれば、あと6日と言う計算になるが、フライングゲットはあまりにも不確定な要素が大きいので、やはり27日が発売と考えておいたほうがいいだろうな。
 某所で今週発売のファミ通記事を読んだのだけど、すごいね。1話の粗筋を読んだだけでかなり熱くなってしまったよ。どの主人公を選んでも結構楽しめそうな作りになっているようなので、今まで以上にファーストプレイ時の主人公を誰にするかで悩みそうだ。最初に決めておいたから、僕はたぶんクスハにするだろうけど、ゼンガーのシナリオも燃えそうだし、リアル系の2人(こっちはいまだに名前を覚えてない)の話もなかなかに面白そうだ。こりゃ繰り返しプレイも十分に楽しめそうだな。プレイする暇があるかって?なけりゃ自分で作るのさ(笑)。
 そうだなあ、とりあえず来週にでも風邪を引いてみようかね(爆)。


3/16(日) 休んでる気がしない

 今日は日曜なのに早起きして(それでも11時過ぎだけど)、九夜さんに貸していたミツルギのビデオを受け取りにいった。昨日持ってくるのを忘れたためである。それからついでに九夜さん自慢の新車に相乗りして、飯でも食おうかとブラブラ走り回ったのだが、結局見つからなかったので書泉まで送ってもらうことにした。アッシーみたいな役回りを頼んでしまってすまなかったね(笑)。
 その後は溜まったビデオの視聴にほぼすべての時間を費やした。まったくこんなに溜まるのもどうかね。見るだけで1日が簡単に過ぎてしまう。しかもまだ見ていない作品はたくさんあるし、これからもこんな感じで続くのだろうな。しかも来週には第2次スパロボαも出るし、視聴スピードは余計に遅くなりそうだ。


3/15(土) 初めてのコピー

 今日はCD−Rを買ってきた。新しいPCはDVD−RW標準装備なので、せっかくだからRを活用してみようと思い立ったのだ。かねてからの計画を実行したいと言う気持ちもあったし。計画の内容は秘密(笑)。
 しかし5時から友人と会う約束があったので、あまり利用することはなく、ドラの歌を少しコピーした程度にとどまった。今度はキャプチャでも買って、今まで録画してきた作品のデジタル化を進めないといけないな。と言っても具体的なやり方は良く知らないのだけど。
 5時からは友人たちと秋葉原で合流。友人である九夜さんが来月から群馬の方に転勤することになったので、そのお別れ会をすることにしたわけだ。例によって話は盛り上がったが、どうも仕事の話をすると暗くなっていけないな。まあ不景気だからしょうがないのだろうけど。


3/9(日) 今週はもうダメだ

 一昨日から昨日にかけて、結果的にはほぼ眠らず、昨日帰宅してからもさして眠らなかったため、今日は非常に眠かった。しかし今日も恐らく早く寝ることはしないので、今週は最後まで眠い状態が続くだろう。やっぱりあと一日は休みをもらえばよかったかなあ。
 サクラ大戦も2周目をプレイしたいのだが、時間と眠さと、他のことをしたいと言うこともあって、あまりやる時間がない。まあ物語自体はあまり変わっていないし、今まで散々プレイしたから、そんなにやり直す必要もないと思うんだけどね。


3/8(土) 充実?ドラえもんオールナイト(後編)

 さて、新作映画「ふしぎ風使い」についての感想は、良くも悪くも陳腐な出来栄えだったね。なんと言うか、展開が早すぎて伏線とかの物語構成にあまり気を払っていないような気がする。1つだけ言えることは、あれはどう見ても子供に「だけ」見てもらうアニメだ。子供に見てもらうアニメではなくなってしまっている。あれが好きだというのなら、別にそれは構わないけど。メインゲストが誰なのかわからないという近作の悪癖はしっかり残っているし、ゲストの1人が死んでしまったという、ある意味悲惨なラストであるにもかかわらず、余韻をまったく残さないあのEDの始まり方といい、どうにも力の入れようを間違えているとしか思えない部分が目立った。
 その後は一旦休憩に入り、僕は自分の前の列に座っていたケデラッタさんと挨拶を交わすが、僕は腹が減っていたので早々にロビーに向かい、早めに食事を済ませてしまった。
 その後はいよいよ新作パーマンと、以前のパーマンの映画作品「バードマンがやってきた」が上映された。パーマンの方は比較的素直に楽しむことができる内容で、渡辺歩にはドラよりパーマンの方が合っているんじゃないかとさえ思えるほどだった。稚拙なCG技術は勘弁してほしかったが。パー子役の増山江威子さんは昔の声を出すのにかなり苦労していたみたいだけど、逆に白黒時代からまったくと言っていいほど変わっていない、パーマン1号こと三輪勝恵さんの声はたいしたものだと思った。やはり「きてよパーマン」は名曲ですなあ。
 最後は旧作上映ということで、竜の騎士とパラレル西遊記が上映されたが、僕は竜の騎士のほうでは早々に寝てしまい、パラレル西遊記の方だけ見た。西遊記を見るのはリアルタイムの時以来だったのだが、今の視点で見てみると、西遊記もアニメオリジナル作品であるにもかかわらず、かなり健闘していることがわかる。敵である妖怪たちの出現理由がそれほど荒唐無稽じゃないからかな。某HPでも触れられていたが、最後にのび太がちゃんと斎天大聖孫悟空(だったか?)と言っているのがカッコ良かったね。
 映画終了後は映画館の前で同じ藤子ファンの方々と落ち合い、そのまま藤子MLのオフ会に参加した。A先生のバースデー記念ということで色紙にメッセージを書いたりしたのもいい体験だ。今年は去年と違ってかなり色々ドラに関する話をすることができたので、個人的に満足している。おおはたさんからはてれびくん版「もしもボックス」のコピーを頂き、さらに色々なものが入ったCD-Rももらってしまった。本当に感謝感謝。
 僕は残念ながら明日も仕事があるので、昼頃に抜けさせてもらってそのまま帰宅した。しかしそれでも今回はかなり有意義なオールナイトになった。なによりこんなにもたくさんの藤子ファンと一気に話をしたこと自体、生まれて初めての経験だったので、それだけでも非常に嬉しい。こりゃ来年も必ず参加しないといけないな。
 オールナイトでお世話になった皆様、ありがとうございました。あまり自分から話を切り出すほうではないので、とっつきづらい奴と思われたでしょうが、ご勘弁くださいませ(笑)。


3/7(金) 充実?ドラえもんオールナイト(前編)

 今日は一年間待ち続けていた、ドラえもんオールナイトの開催日である。本当ならたとえどのような結果に終わろうとも、会社を休んで参加しようかと思っていたのだが、運良く明日の土曜が休みになったので、ならばと今日は通常通りに出社した。
 しかし今日に限って仕事は長引き、結局勤務先を出たのは午後10時近く。オールナイトはとっくの昔に始まっている時間だ。急いで池袋まで向かい、そのまま小走りに会場へ向かった。
 会場である池袋HUMAXシネマズ4では、僕よりほんの少し先に来ていた遅刻者らしき女性がエレベーターに乗ろうと駆け寄っていたが、寸前で閉まってしまったので、その女性は悔しそうにエレベーターのドアを蹴飛ばしていた。品がないなあ。で、会場の中に入ったら僕の隣でやんの(笑)。まあ僕も階を最初間違えたから、あまり人のことは言えないのかもしれないけど、僕の座席の左へ2番めの席に座っている女性もすごかったなあ。ストッキングを履いているとは言え、ブーツをさっさと脱いで足を自分勝手に動かしてるんだから。女性のほうが図々しいという説は、やはり当たっているのかもしれない。
 僕が会場に入れたのは午後11時近くだったのだが、その時は芝山務、渡辺歩両監督の対談が行われているところだった。声優のトークショーと予告編大会はその時点で終わってしまっていたらしい。監督対談は去年と同じく、結構ぶっちゃけた話が聞けたので、それだけでも収穫だった。芝山監督にとってエンディングはその程度の意識だったんですね(笑)。今回は監督たちへの質問時間もあったのだが、「現在のOP、EDについてどう思うか」という質問もあったりして、内心結構ハラハラものだった。お2人とも言葉を濁していたことから、今回の新OP、EDにはそれぞれ複雑な思いを抱いているのだろう。
 対談後はすぐに新作映画が始まったのだが、ここら辺から日付が変わるので、続きは明日の分にて。


3/6(木) 椿萌え(笑)

 前にもここで書いたような気がするが、サクラ大戦での帝撃メンバーの中で一番好きなのは、さくらでも紅蘭でもなく、椿である。椿に限らず風組の三人娘は、セがサターンの時代からかなり人気があったようだが、あまり良い扱いを受けてはこなかったらしい。
 そこらへんの反省なのかどうかは知らないが、今回の「熱き血潮に」ではかなり風組のイベントが増えている。連鎖イベントができたのはもちろんのこと、デートイベントも追加されていたり、エピローグ時にもイベントが追加されていたりしている。どれも結構いい出来なので、僕としては気に入っているわけだ。椿のイベントは良いし、由里のイベントも彼女のいつもとは違うイベントが見られたようで楽しかった。かすみのエピローグ時イベントも、なかなかに味わい深いものがあった。「サクラ大戦は花組より風組」という意見にも納得してしまうかも(笑)。
 現在はこいこい大戦をやりこんでいるせいで、本編の2週目が未だに始まっていない。早く2人くらいはクリアしておかないとと思うのだけど、購入したばかりの新PCを色々活用してみたいし、まだまだ進行状況は変わらないようだ。もっともこれも第2次αが出るまでの話だけどね。


3/3(月) 気分的に最悪

 昨日サクラをクリアするんで眠るのが遅くなり、今日は久々に早起きして出勤したこともあって、今日は一日中頭痛に苛まれてしまった。腹の調子もよくないし、今日は本当に散々でした。こういう時に限って昼飯は中華料理になっちゃうしねえ。そんな脂っこいもの食わせないでください(笑)。
 ま、通常勤務の時間で帰ってこれたのが唯一の救いだったけどね。でも明日からはもう残業が再開されるし、束の間の休息は早くも終わりを告げてしまったようだ。
 忘れているわけではないけれど、今週はドラえもんオールナイトがある。僕もなんとしても行くつもりではあるけれど、休みが取れるかどうかはいまだ微妙な状態だ。どうしても無理ならばそれなりの手段を講じてみるつもりではあるけどね。


3/2(日) エンディングくらいは…

 サクラ大戦はようやくさくらヒロインでクリアした。しかしエンディングがどうにも納得いかないなあ。風組の皆さんと仲良くなれたのはよかったけどもね。ま、次のプレイでは米田司令と仲良くなってみるとしようか(笑)。
 で、今日は髪を切ってきたついでに本をいろいろ購入。Aランドと漫画版サクラの1巻、そしてマガジンZの今月号を買ってきた。マガジンZは立ち読みできる本屋に行く暇がないので、面倒だから買ってしまったのだ。サクラの漫画は比較的ゲームの明るい世界観に近いので、安心して読んでいられるのが利点かな。進行が遅いのが難点では歩けども、これは月間連載と言うこともあるししょうがない部分もあるだろう。
 そういや今月もまだ電撃大王読んでないな…。


3/1(土) やっぱり時間はかかった

 サクラ大戦は購入してからずっとプレイし続けている。今回はやけに風組みの面々が優遇されているのがポイント高いね。話としてはほとんど前と同じだから、特筆すべき部分はないんだけど、強いて言えば戦闘がうーむという感じだな。いくら今の状況にあわせたリメイクとはいえ、光武があまりにも強すぎるんじゃないだろうか。まあ難易度の面については何とかなるらしいけど、光武のデザインからしてかなり変わっちゃってるからなあ。まあ、素直に楽しめばいいんだけどね。
 先月末に購入したPCは一昨日に届いていたのだが、時間がなくてセッティングする暇がまったくなく、今日になってようやく整えることができた。ついでに前のPCに入れておいた必要なデータをほとんど移動させ、中身的には以前のPCに近い状態になった。方々のサイトを巡って手に入れた戦利品をこんなことで失いたくはないからねえ(笑)。
 しかしこのPCは音が静かだなあ。動きも早いし、液晶が少し明るすぎて目が痛くなる時もあるけど、前より場所もとらないし、いいこと尽くめだね!って、今じゃこんなのは当たり前だって?時代遅れですいません(笑)。


戯言トップに戻る