必殺戯言人バックナンバー
2003年7月

7/30(水) 最悪の1週間っぽい

 8月には色々と楽しみがある。来週はスパロボDやら特撮英雄伝のCDやらが出るし、再来週も休みを取ることができればコミケだ。さらにその次の週にはゲームGAの続編も発売される。なんともにぎやかな構成だ。
 しかし今週は何もない。まったく何もない上に、仕事で失敗してしまった(笑)。なんか散々な一週間になりそうだなあ。って、もう半分はなってしまっているのだけど。
 今日は帰りの電車の中で、コミケのカタログを読みふけっているサラリーマンを目撃してしまった。よくあんな分厚い冊子を電車の中でしかも立ちながら読もうとするな(笑)。でもさすがにああいう類のものを電車内で読むのって、どうなんだろうねえ。中身としてはそれほど問題にすべき部分はないように思うけど、あの本でかいしさ(笑)。


7/27(日) 準備だけはしておこう

 前々から書いている通り、今回の夏コミは2日目と3日目、計2日間行ってみようと思っている。行けるかどうかはわからないのだけど(笑)。
 3日目に比べると2日目の方は本命の同人誌の数は少ないので、恐らくそれほど長居することなく会場を出ることになるだろうが、それだけじゃせっかく言っているのにつまらないだろうなあと考え直し、2日目で他に面白そうなサークルはないかとチェックしてみた。けどもいまいちよくわかんない。ま、目的を定めずにブラブラ歩いてみるのもいいかもしれないけどね。
 しかし3日目はそうも行かないので、きちんと行くべきところをチェックしておかなければならない。で、今のところなんだけど、東がメインになるであろうことはともかく、1〜3と4〜6で行きたい場所が半々くらいに存在してるんだよな。今まではどちらかに本命と言うか、まず最初に行きたい場所があったので、そちらを優先することが出来たのだけど、今回はどっちにもそれぞれすぐに行きたい場所がある。こういう時はどうしたらいいものかねえ。一緒に行く友人に買ってもらうことは出来ないしなあ。自分のことで精一杯のようだから(笑)。
 こういう風に悩むのも、またコミケの楽しみなのかもしれないけどね。


7/26(土) 地震列島

 また東北地方で大きな地震が起きてしまったけども、これは決して他人事ではないよなあ。いつ僕の住んでいるところでも大地震が起きるかわかったもんじゃない。僕自身はともかくとしても家族の方が心配だ。ただでさえ家からかなり離れた場所で勤務しているし、もし連絡が取れなくなったら困るだろうなあ。備えあれば憂いなしと言ったって、こればっかりはどうしようもない気がする。
 昔の人が地震雷火事親父と言った理由がよくわかるね。火事は自分らが注意していれば防げるし、雷だってよっぽどのことがない限り、人間が直接被害を受けることはない。でも地震だけはどんなに注意しても防ぐことは出来ないし、どうがんばっても結局被害を受けてしまう。日本と言う国にしてみれば、地震こそが一番厄介で深刻な天災なのだろうね。
 にしてはどうも地震対策というものがあまり積極的にとられていないような気がする。相変わらず国の動きは遅いようだしなあ。


7/25(金) なんか嫌な雰囲気だ

 最近すごく不安になることがひとつある。今やっている業務はちょうど今が落ち着いている時期で、あまり忙しくないのだけど、次に忙しくなるのが8月上旬くらいなのだ。当然短い期間で終わるわけはないので、恐らくは1ヶ月ほどその状態が続くことになる。
 で、何が不安なのかと言うと、もしかしたら8月の16、17日に休めなくなってしまうのではないかということだ。既にこの2日間は休日ととりあえず日程表には記しているものの、所詮は有休を使うことの出来ない単なる土曜日と日曜日。もし無理に「出てくれ」と言われたら、出ざるを得なくなってしまう。なんとも厳しい状況だ。
 まあ今の仕事場は個人の用事をなるべく尊重してくれるところなので、たぶん休めるとは思うのだけど、あまり油断はしないようにしよう。コミケに行くために休むのだから、ちょっと気が引ける面もあるにはあるのだけど、本来土日は大手を振って休める日でもあるわけだし、これくらいのわがままは許してもらわないとな。正月休みだってろくにもらえなかったんだし。


7/23(水) そう言えば5年目

 すっかり忘れてたんだけど、当ホームページも今月で開設5年目に入ったんでした。そんなことすっかり忘れてたよ。
 しかし開設1周年とか2周年の時なんかは、記念で何かやった記憶があるのだけど、こんなにも続くとあまり特別な感じがしなくなるね。最近は更新も滞ってるし。尤もこれはやる気がないわけではなく、更新準備に避ける時間がないだけなんだけど。
 じゃあ止めちまえばいいじゃんと思う人もいるかもしれないけど、このホームページは元々データベース的な内容になっている(はず)ので、このまま残しておくだけでもどこかの誰かの役には立つんじゃないかと思っている。いや、別に止める気ないけどね。むしろHPの管理人としては、HPとの付き合いはこのくらいの方がちょうどいいんじゃないかとさえ思えてしまう。即時性を大事にするサイトだと、また違うんだろうけどね。
 ともあれ今年も止めることなく地味に活動を続けていくので、興味のある方は思い出した時にでも見てやってくださいませ。どこかがチョコチョコ変わってるはずですんで(笑)。


7/22(火) さらばバイオの戦士たち

 今週分の放送で、超電子バイオマンもついに最終回を迎えた。最近の戦隊の終わり方がだいぶ爽やかなのに比べ、バイオマンは最後までハードに締めていたのが良かった。地球を守るために戦い続けながらも、結局は「歴史に名を留めることなく」去って行くというヒロイズムは、やっぱり決して忘れてはいけないものだと思う。
 今日は昨日に続いてスティルアーマーを作ったのだけど、やっぱりキメラ型だけあってあんまりカッコよくはないなあ(笑)。前から見るのと後ろから見るのとで、かなり印象が異なるのは、それはそれでデザイン的には面白いのかもしれないが、ちょっと物足りない気もする。何よりどういう手順を踏めば変形させられるのかがわからないのには参った。まあスティルアーマーとかはセイスモと一緒じゃないと存在感を発揮できない存在なんだけどね。


7/21(月) 大型ZOIDSも欲しいなあ

 今日はティガのキャプチャをしている最中に、昨日購入してきたZOIDSの制作を開始。と言っても僕は元々作るのが下手だし、作る行為にも特に気を使わないので、接着剤とかの類は使わない、文字通りの素組なのだけど。
 ただ三つも作るのは面倒だったので、今日はカノンダイバーとアロザウラーを作るだけに留めた。シールを貼る時には随分苦戦してしまったので、やっぱりシール用のピンセットとかあった方がいいんだろうな。
 昨日僕はモルガ好きと書いたけど、カノントータスも好きである。だから同じ亀繋がりでカノンダイバーも購入してしまったのだ。カノンダイバーはコクピットの位置がちょっと想像しにくいところにあるのが面白いね。アロザウラーの方は今見てもまったく古さを感じないデザインだし、駆動時の動きもまったく問題ない。こういういい物を作っていれば、一旦は消えてしまったとしても、いつか復活する時の原動力になるんだろうね。
 なんかゴジュラスギガあたりも欲しくなってしまったなあ。と言っても置き場所が本当にないので、買わないだろうけどね。


7/20(日) モルガ乗りたい(笑)

 今日は海堂氏や久々に地元に戻ってきた九夜氏と共に、池袋で行われている「大ZOIDS博」に行ってきた。メインは九夜氏なのだが、僕を含む全員がZOIDSについてそれなりの知識を持っているので、行ってみたわけだ。
 と言っても最近はすっかりZOIDSから離れていたせいもあって、最近どんなものがあるのかまったく知らなかったのだけど、最近は「BLOX」なるものが出たんだねえ。駆動しないのは寂しいところだけど、僕らぐらいの年齢になって頻繁に動かすことはあまりしないだろうから、まあいいんじゃないかと。
 入ってすぐのところでは、惑星Zi、そしてこれまでの戦争の歴史をジオラマで振り返るコーナーがあったが、古いZOIDSも金型を引っ張り出して新たに作ったようで、ギルベイダーやオルディオス、キングゴジュラスまであったのは壮観だった。噂には聞いてたけど、キングゴジュラスは本当にでかかった。ゴジュラスギガよりも強く思えてしまうぞ(笑)。
 そこを抜けたところで僕らを出迎えたのは、原寸大のモルガ!意外に精巧に出来ていたモルガを見て、モルガフリークでもある我々は大興奮。その横には今まで発売されたゾイドが全て展示されており、ビガザウロからBLOXまで全て網羅されていた。ビガザウロやガリウスの時代からほとんどのゾイドを知っているので、ここではかなり話が弾む。ある時期になると露骨に予算減少の影響が見えるのが辛いところだけど、ジークドーベルなんかはデザイン自体はすっきりしてるだけに残念だねえ。
 イベントステージでは歴代のZOIDS宣伝CMを流していたが、ここでは逆に特撮効果の日進月歩を垣間見ることが出来た。最近はCGバリバリだからねえ。改造ZOIDSのグランプリ候補作品なんかも見てから、一足先にZOIDSショップへ。九夜氏はセイスモサウルスを始めとした先行販売のZOIDSを速攻でゲットしたが、僕はさすがに大型ZOIDSを部屋に置く場所がなかったので、カノンダイバーとスティルアーマー、そしてアロザウラーを購入した。アロザウラーは旧型のカラーリングがやっぱりカッコいいけど、新型の方もなかなか捨てがたいね。ホントはフィーネとかのフィギュアでも買ったろうかと思ったけど、金が早くなくなってしまいそうだったので止めにした。
 買うものだけ買ってからイベントステージに戻り、ちょうど開始されたイベントを見る。新発売するZOIDSの解説と、さらにゲームキューブで発売予定の「ZOIDS VS2」を紹介していた。一頃のゲームに比べるとZOIDSゲームも随分出来がよくなったねえ。
 僕らはその後少し会場内を見て回ってから退場し、昼食後とイざらスへ行き、九夜氏がとイざらス限定のジェノザウラーを購入してから、荷物が多すぎるということで一旦帰宅することにした。僕はそのついでにビックカメラでGBアドバンスSPを購入。これで来月のスパロボDの準備は万全と言うわけだ。
 改めて秋葉原に集合、ブラブラした後に焼肉屋で焼肉を食べた。焼肉はおいしかったし話も弾んだのだが、換気が悪いのか煙が妙に目に染みて痛かった。
 その後はさっさと帰宅。九夜氏はまたすぐに今の住まいへ帰ってしまうのだが、来月の夏の陣の際にはまた再会することになるのだから、似た趣味を持つと言うのもなんだか因果なものだ(笑)。


7/19(土) 2人で1人の藤子不二雄

 今日は改めて本屋に行って、夏コミのカタログを買ってきた。これで行くための準備は万全と言うわけだ。あとは当日にきちんと休むことだけども、急に仕事が入ることはないとは思うんだけど、まだまだ油断はできないので、最後まで注意しておくことにしよう。今回こそは2日参戦したいからね。
 続いて最近購入を控えていたAランドを何冊か購入。控えていたのは単純に置き場を確保することが難しくなっていたからだ。今も状況は変わってないのだけど、このまま買わないでいると後々面倒なことになると考え、購入を再開したというわけである。
 今日はまんが道を買ってみた。以前に読んだことはあるのだけど、単行本を購入したのは実は今回が初めてだった。読んでみて思ったことは、やはり藤本弘と安孫子素雄は、どちらが欠けても漫画家「藤子不二雄」になることはできなかっただろうと言うことである。2人はやはり2人揃って始めて1人の、誰も太刀打ちすることのできない巨人のような「漫画家」になれるのだろう。
 最近ようやく言われるようになってきたことだが、やはり彼ら2人の漫画家を体系的に研究しようとする場合は、藤子・F・不二雄と藤子不二雄Aという2人の人物ではなく、「藤子不二雄」という1人として見なければならない。最近はそのことさえもわかっていない、と言うか「コンビを組んでいた」と言う事実をあまりにも軽く扱う人間が増えてきているように思う。まして「Fに比べてAは…」だの「Aの方がFよりも…」といった単純すぎる比較論・暴論は、はっきり言って論外だ。まあこの理屈もコアなファンではない普通人は意識することはないだろうけど、せめて藤子ファンを自称する人たちくらいは、この事実を真剣に受け止めなければと思う。


7/18(金) なんとも独創的なタイトル(笑)

 今日は久々に仕事が早く終わったので、帰りに本屋で美鳥の日々3巻を購入してきた。まあ明日は休みだから、別にそれほど慌てる必要もなかったのだけど、普段は会社帰りに本屋によることさえもできないような時間に帰宅しているので、今日くらいは本屋に寄ってみたかったのだ。
 美鳥から話はがらっと変わるけど、来年公開されるドラ映画のタイトルが決定したらしい。これがそのタイトル。…ハイセンスと言うべきなのか、語彙がなさすぎと突っ込むべきなのか(笑)。21世紀にもなったというのに、子供向けの映画だからって「ワンニャン」はないだろう。ま、話が面白ければそれでいいとは思うけど、今年のは作画監督を務めた渡辺歩の功績を台無しにするような、へたれた原画を描く人間が一部に見られたので、絵を描く人間にも気を使って欲しいと思う次第である。
 今日のTVドラは渡辺美里がゲスト声優として参加していたそうだけど、結局見る気にはならなかった。かつての森田剛と比べてどうだったのだろうか?森田の場合は声とか演技云々よりも、キャラデザが致命的にダサかったというのがあるけどね。


7/13(日) せめて今日はのんびりと

 先週は昼がフリーになることが多かったので、休みも多いのかと思われるのだが、勤務上の休日は昨日と今日の2日、ごく普通の日数である。にもかかわらずなぜか異様に疲れた感じがするのは、先週の意味不明なシフトのせいなのだろう。
 と言うわけで、今日は本当にボーっとして過ごした。まあ昨日購入したウルトラQを少し見たりもしてたけどね。早く普通に休めるようになりたいよ。
 そう言えば来月は「特撮英雄(ヒーロー)伝」なるCDが出るんだったね。完全予約限定だそうだけど、予約限定と言っておきながら発売後はそこかしこの店で見つけることができる、と言うパターンがほとんどなので、予約はせずに静観しようと思っている。買おうと思えばいつでも買えるしね。しかしウルトラもライダーも戦隊もメタルヒーローも一切入ってない、本当にマニアのためだけのCDだから、限定生産にしたとしても採算が取れるとはちょっと思えないよなあ(笑)。年季の入ったマニアだったら、あの程度の音盤は持ってるだろうし。
 さらに思い出したけど、10月からなんか新しい実写ヒーローものが始まるんだったね。数が多くなるのはいいことなんだけど、面白くなってくれるといいなあ。一応録画してみようとは思うけど。あ、この作品をPC録画の実験台に使うのもいいかもしれないな(笑)。
 え?「ウルトラセブン2004」?もういいよ。


7/12(土) よくわからん1日

 昨日もまた夜勤になってしまった。まあこれは前からわかっていた予定だから、これはまたいいのだけど。
 で、今日は仕事は比較的早いうちに終わったので、せっかくだから久々に神田の古本街にでも行ってみようと思い立ち、眠気を必死に抑えつつ神田に向かった。と、それはいいのだが、あまりに行く時間が早すぎたせいか、どの店も開いておらず、ブラブラ歩いたり吉野家で食事を摂ったりしただけで、結局神田の本屋は全然回れなかった。もう少し涼しければ近くをうろうろしていたんだけど、今日に限ってまた暑かったからねえ。
 半ばボーっとした頭で歩きつつ秋葉原について、ウルトラQと仕留人のDVDの残りを全て購入、これでようやく仕置人の残りやウルトラマンのDVDを買うことができる。本当は同人誌やAランドも買おうと思っていたのだけど、仕事用に使っているバッグが小さいのでそんなに荷物が入らないのと、いい加減眠くなってきたので、面倒になって帰ることにした。本くらいなら後で近くの本屋に行けばいいことだしね。
 しかしわざわざ地下鉄で神保町まで行っておいて、結局本屋を1つも見ずに帰ってくるなんて、我ながら何をやってるんだと言う感じがしてしまう。やっぱり徹夜明けの時は、自分ではまだしっかりしているように思っていても、まともな判断力が失われているんだね。昔はこんな状態で子ども図書館に行ったんだから、無茶なことをしたもんだ。ま、このぶん明日はのんびりするとしよう。


7/11(金) テキオー灯の研究でもしろ

 昨日の戯言で、少年犯罪を何でもかんでもアニメやゲームのせいにするな、とか書いたけど、現実はやっぱりそっちの方向へ動いていくようだ。詳しくはこちらを。
 個人的には追跡調査をすること自体が時間と資金の浪費だと思うのだが、まあ百億歩くらい譲ってこれは容認しよう。しかしそのすぐ後に出てきた一文を読んで、目が点になってしまった。

 「来年度から10年間で数十億円をかけ、調査に入る」

 …しばし唖然。そうか、僕らの血税はこんな無駄なことのために使われてしまうんですね。こりゃ日本が不景気になるわけだ。今どんなことに金を費やせばいいのかもわからん連中が、日本という国の舵取りをしてるんだもんねえ。
 そんなことに10年かけて大枚はたくくらいなら、本腰入れて日本近海の海洋資源の調査をやったらどうだよ。このまま放っといたら豊潤な海洋資源は全部他国に持っていかれてしまうんだぞ(多少語弊あり)。純粋に国益を損なう事態がもうすぐ起きようとしている事実を、お偉方のうちの何人が認識してるんだ?まったく困ったもんだねえ。
 話変わって、今日は久々にズッコケでも買おうかと思って本屋へ行ってみたのだが、一頃に比べるとズッコケの本が置かれているスペースがめっきり小さくなってしまった。昔はほぼ全巻置かれていたのになあ。なんとも悲しい気分になってしまった。以前に大きな本屋へ行った時もあまり置かれていなかったし、一体どうしたことなんだろう。ズッコケシリーズは小説をほとんど読んだことのない子供にとっては、良い入門書にもなると思うのだが。まあ今度の休みに他の本屋にも行って、もっとよく探してみることにしよう。


7/10(木) 23時間労働

 昨日会社に行ったら、いきなり今やってる業務の期限が今日の午後までとか言われ、しょうがないので徹夜してきてしまった。今まで24時間労働だけはずっと避けてきたのだけど、ついに順番が回ってきてしまったという感じだ。厳密には24時間じゃなかったし、その中にも何時間か休憩タイムがあったのだけど、それでもやっぱりこういうことはやるもんじゃないなあ。最後の1時間なんて、自分が何をしてるかさえもわからなくなってしまったよ。遊びで徹夜ならともかく、仕事で徹夜ってのは厳しいものだ。
 帰宅したらすぐに寝てしまったので、結局昼間は何もできなかった。まあこれはしょうがないんだけども、せめて今週分のバイオマンくらいは見たかったなあ。ロボット刑事は録画できなかったし。
 起きてからは久々に第2次スパロボαを動かしてみた。本当はもっと他のゲームでもしようかと思ったのだけど、戦闘シーンをカットせずにボケッと見ていたら、それだけで時間がなくなってしまった。早くDもやりたいけど、去年のRみたいにはならないでくださいね。
 ついでに言うと、あの福岡の事件の犯人は本当に中学生だったんだねえ。まだ事情聴取の段階なのにニュースで報道してるから、十中八九犯人だろうとは思ってたけど、今年中学に入りたてのガキが犯人とは、ホントに世も末ですな。
 またこれで知ったかぶった知識人が「マンガやアニメ、ゲームが『全て』悪い」と言い出さなければいいけどねえ。いや、マンガやアニメもまるっきり関係がないとは思わないけど、それ以前の問題と言うものがあるだろう。何度も何度も言うけど、小さい頃からマンガやアニメ、ゲームばっかりやってる奴が犯罪者になるのなら、日本は今頃超A級の犯罪大国になっているだろう。そこらへんのことをもっとよく考えようぜ。


7/6(日) ビッグオー・ショータイム!

 来月はスパロボDが発売されるわけだけど、正直去年の「R」のつまらなさを思うと、少し出来栄えに不安を抱いてしまう。結局あまりの単純作業振りに、Rは未だにクリアしてないからねえ。
 今回は久々にゴッドマーズやグレンダイザーが参戦するので、その辺は楽しみなんだけども、なんかデモ映像やCMを見る限りだと、なんか「ここまで出す必要あるのか?」ってなくらいに新しいユニットが登場するようだ。ロボットがたくさん見られると言うことは、それはそれで嬉しいことだけど、やっぱりこういうゲームはシナリオあってのものなので、シナリオも面白いものになっていることを祈る。
 対して今回の新規参戦組は、ほとんど見たことないやつばっかりなんだよねえ。こんなことなら前に東映チャンネルでやってた時にダルタニアスを見ておけば良かった。マクロス7は当時マクロス自体よく知らなかったので見なかったし、ビッグオーは最初WOWOWで放送されてたから見なかったし、アニメ版真ゲッターはなんか見る気がしなかった。なんかああいう過去の栄光にすがりきっているような作品って好きになれないんだよな。同じ理由で平成セブンも嫌いなんだけど。
 要はゲームの中で思いっきり活躍してくれればそれでいいんだけどね。一昨年の「A」ではグレンダイザーが大活躍だった(と思う)けど、今回もそうなってくれるといいなあ。あとゴッドマーズも活躍してくれればもっと言うことなしだなあ。後は…、まあいいや(笑)。


7/5(土) 本屋に行きたい

 今月になっても一向に暇にはならず、早くもヘトヘトになってしまった。大多数の人間が休める土曜日なのに、なんで日付が変わる頃に帰宅せねばならんのだろうか。…おっと、あまり仕事の愚痴を言っちゃいけないな。
 しかしこんな生活をずっと送っているため、好きな本屋に行く時間さえも取ることができなくなってしまったのは痛い。日曜に行けばいいじゃないかとは思うのだけど、休みの日はじっくり休んで英気を養いたいので、外に出かける気分になれないのだ。実際身体的にも最近しんどいしね。
 最近は好きなズッコケ三人組の本もろくに購入してないし、藤子不二雄Aランドさえも購入が止まってしまった。別に金がないわけじゃなく、本の置き場がないだけなんだけど(笑)。今月は今まで以上にDVDも思い切って購入しようと思っているし、来月のスパロボDに合わせてGBAスペシャルでも買おうかと思ってるし、どんどん部屋が狭くなっていくなあ、ホント。
 来週は二連休できるかもしれないそうだけど、来週は例え一日しか休みがなくても、来週以外の週末は別の予定が入っちゃってるし、結局来週行くしかないんだろうな。


戯言トップに戻る