必殺戯言人バックナンバー
2003年8月

8/29(金) もしかしたら二度とないかも

 今日は今月最後の夏休み期間をもらえたので、ウルトラマンコスモスと仮面ライダーファイズの映画を見に行った。よく考えてみると、同じ日にウルトラマンと仮面ライダーの新作映画をいっぺんに見られる機会というのは、両作品の長い歴史の中で、もしかしたら初めてなのかもしれない。そんなことを考えたら、知らず嬉しくなってしまったよ。
 最初に見たのはファイズの方。まあアバレンジャーはどうでもいいとして、ファイズはかなり面白かった。去年の龍騎よりはずっといい出来だと個人的に思う。中盤で記憶を取り戻した巧がファイズに変身してアクセルフォームでライオトルーパー部隊を蹴散らす様は、久々に単体ヒーローの無敵ぶりを見た思いがしたよ。1人で大勢の敵をなぎ倒すと言うのが、単体ヒーローの醍醐味だもんねえ。
 終盤の展開については、まだこんな時期なのでネタバレは控えるけども、テレビ本編ではアレはどういう風に出てくるんだろうなあ。アギトと違ってむしろ龍騎に近い方法をとっているだけに、なんかあまり使い勝手がよくないような気がするんだけどな。
 その後はコスモスの方。最初に見させられたのはウルトラマン伝説の方だったけど、今の円谷にはああいう系統の音楽とかダンスが好きな人でもいるんだろうかね。次に見たコスモスの本編にもそんな感じのシーンがあったし。せっかく大勢のウルトラ戦士を共演させているんだから、ウルトラマン本来のカッコよさを素直に見せればよかったんじゃないだろうか。てかカメラワークが目まぐるしくてついていけなかったよ。
 本編の方は良くも悪くも普通だったなあ。ジャスティスが地球のために戦うようになった最初の理由付けに子供を使うってのは、なんかあざといと言うかあまりにもお約束と言うか。あとちょっと不満なのが、コスモスのフューチャーモードにしろジャスティスのクラッシャーモードにしろ、あまり目立ってないってことなんだよねえ。挙句に唐突にレジェンドになってしまうし。なんか「強さのインフレ」って言葉がよぎってしまった。レジェンドは出さなくても別によかったんじゃないだろうかねえ。
 それからは池袋に行ってとらのあなやアニメイトを回り、アニメGAのDVDを1つだけ買ってきてしまった。あの話は面白すぎてお気に入りなんだよね〜。「よつばと!」なんかもきちんと購入して帰宅、久々に映画を見終えた後の余韻に浸った。
 やっぱり映画館で見るってのはいいねえ。時間が取れればもっとたくさんの映画を見に行きたいのだけど、今は無理だろうなあ。そう言えばハルクを見に行かなかったな。まあつまらんと言う話しか聞いてないんだけど。


8/24(日) 今だけスッキリ

 今日は先週の月曜に続いて部屋の整理をしたのだけど、やっぱりこういう整理はスケジュール的にきついなあ。整理するだけで1日が終わってしまうから、せっかくの休みなのに何もすることが出来ない。本当は明日や明後日も休めるはずだったのだけど、結局出る羽目になってしまったし。なんでこうも僕を働かせたがるのかねえ?
 で、いらないビデオテープは捨てて、その他の同人やテープなどは物置にしまい、なんとか通常通りのスペースを取り戻すことが出来た。とは言ってもこれもまた一時凌ぎに過ぎず、これからまたどんどんと物が増えてくるわけだから、またいずれ大掃除をしなければならなくなるだろう。捨てるものは少なく、手に入るものばかり増えるなんて、まったく我ながら因果な趣味を持ってしまったものだ。
 おかげでGAもあまりプレイできなかった。今はとりあえずミルフィーユルートで進めているけど、今回は前作に比べて総プレイ時間はかなり短くなっているようだ。忙しい身分としてはそれはありがたいことなのだけど、やっぱりもっとボリュームがあったほうが嬉しいとも思うし、難しいね。


8/23(土) ultraモードは出来ません(笑)

 会社帰りにアキバへ行って、やっとGAゲームの新作を買ってきた。こういう時、帰りが遅いと厳しいもんだよなあ。
 それだけでは飽き足らず、アソビットシティでウルトラマンや仕置人のDVDも購入した。もう少しで仕置人のDVDは集め終わるので、それが済めば今度は仕事屋、続いて仕掛人だ。と言っても10月を皮切りにからくり人の歴代4作品が順にリリースされるから、仕事屋からしてそう簡単に揃うとは思えないけどね(笑)。
 早速GAで遊んでみたのだけど、やはり僕のPCではultraモードを利用することは出来なかった。まあこれはしょうがない。通常の戦闘パートでも結構動きや画面の表示が厳しいと思える時があるから、これでポリゴン表示がもっと増えたら、戦闘パートになった瞬間に固まってしまうだろう。かと言ってわざわざGAのためだけにパーツを揃えるのも面倒だしねえ。ま、今の段階でも別に不満は無いので、かまわないんだけどね。


8/18(月) ちっとも休みにならない

 今日はコミケ明けということで休みをもらっていたのだが、昨日と一昨日で買いまくった同人の置き場所を確保するために、部屋の整理をしなければならず、あまり体を休めることが出来なかった。腰も痛いし散々だったよ。
 ついでにいらないビデオテープをいくつか処分した。ずっと昔に録画した初代マンのビデオテープは、今月からDVDの購入を開始する関係上、テープを取っておいてもしょうがないと判断して、一斉に捨ててしまった。それでもあまりスペースが空かないのがなんとも(笑)。またDVDをたくさん買えばすぐに置き場所がなくなってしまうだろうし、この空間の狭さを一体どうしたらいいものか。
 色々考えていることはあるのだけど、何はともあれ時間が無いと何も出来ないからなあ。せめて定時で終われて土日を普通に休むことができるようになればなあ。
 それからは2日間で購入した同人を読み漁る。ギャルゲーム批評のときメモ3批評は、なかなか的を射た意見が多かったので、個人的に大いに参考になった。バイクロッサーマテリアルを読んでたら、またバイクロッサーが見たくなってしまったな(笑)。


8/17(日) 初の愚挙!コミックマーケット64(2日目)

 どちらかと言えば今日が本番の、コミケ参戦2日目である。今日は友人の九夜氏と合流して会場へ向かった。曇り空ではあったものの雨は降っていなかったのが幸いして、並んでいる間は特に体に変調をきたすことはなかった。移動する時期になって霧雨程度の雨が降っては来たが。
 並んでいる最中は、例によって九夜氏と濃い話を連発。しかし話題に出るのが昔のマンガやアニメばっかで、最近の作品が出てこないのはちょっとやばいかもなあ。ま、2人とも最近のアニメを見る暇はないのだけどね。
 今回は開場が早かったのかどうかわからないが、10時30分頃には会場に入ることが出来た。しかし今日は事情があって滞在時間に制限が課せられているため、あまりゆっくりすることは出来ない。僕らはさっさと別れて目当ての同人を買いに行った。
 色々回って買えない所もあったものの、当初の目的の同人はあらかた購入することが出来た。2時間程度でよくもここまでやったものだよ。途中のときメモコーナーでは、サークル参加されていた乱心たわけさんと、初めて生で挨拶を交わした。たわけさんにはネット上でいつもお世話になりっぱなしなのだが、僕は今日も挨拶をして新刊を購入するだけという、大してありがたがられないようなことだけして去ってしまった。いや、サークル前であまり話しすぎると、それはそれで迷惑になると思ったものでね。
 2時間後に九夜氏と合流して飯を食う。九夜氏も目当ての作品はほとんど買うことが出来たとのことで、何よりだった。
 意外にも短い時間で購入を済ませることが出来たために少し時間が余ったので、当初は行く予定の無かった西館に行ってみることに。企業ブースではなんかいろんなところが盛り上がっていたけど、それにはあまり興味を引かれることなく、再びサークル周り。2人ともそれぞれいくつか本を購入して、その後すぐに会場を出た。
 帰りのバスがいろんな意味で混雑することは昨日で体験済みなので、帰りは電車で帰ることに決定。りんかい線に乗って悠々と帰宅した。昨日もこのルートで買えればよかったよ(笑)。
 で、帰宅してから今日の戦利品を見てみるが、今日の出費はやっぱり過去最大になってしまったねえ。懐があったかいと、こうも浪費することが出来るものなのか。まあ、普段忙しくてこういう時にしか使えないのだから、これはこれでいいと思うのだけどね。
 本格的な内容確認は明日になってからにしよう。今回はマジ疲れたよ…。


8/16(土) 初の愚挙!コミックマーケット64(1日目)

 今日のコミケは正確に言えば2日目だけど、僕が行くのは今日が最初と言う意味で「1日目」である。
 ついでに言えば「愚挙」と書いているのは、別に自嘲しているわけではない。本当にそう思っているのである。何が悲しくて、あんなむさくるしい空間に2日連続で行かねばならんのだ。ジャンルが分かれさえしなければ、誰が行くもんかよ。と思ってはいても、ジャンルが分かれれば2日連続で行きたくなってしまうのも、僕の偽らざる本音である。人間と言うのはいつでも矛盾している生き物なんだなあ。
 わけのわからんことはさておき、今回の夏コミは初めて「2日連続参加」をすると言うことで、今日はその1日目として1人で会場に向かった。目当ては評論系特撮同人である。
 今日は特に慌てていくこともなかったので、かなり遅めに家を出て、会場に着いたのは11時頃だった。しかしそれでもまだ東の方では行列が見られたのにはちょっと驚いた。僕はさっさと西館から入ってしまったけども。
 西館では特に見るべきところはないので、さっさと東館の評論系特撮コーナーへ向かう。早速購入したのは「假面特攻隊」の去年号と今年の準備号。この同人は面白い評論から笑うしかないトンデモ評論(とも呼べない自分語り)まで、いろんな記事が満載なので、そういう意味で読むのが非常に楽しみな本である。続いては夜盗組のバイクロッサーマテリアルと、メガロマンマテリアルを購入。バイクロッサーの方は去年の冬に出るとのことで、冬コミで買いたかったのだけど、僕は行くことが出来なかったので、今日までずっと待っていたのだ。だって商業誌でまともなバイクロッサー本なんか出てないからねえ。
 それ以外の特撮系は特に見るべきところはなかったので買いはせず、目当ての1つであった音羽屋のブースに向かうが、必殺同人の新刊は出ていなかった。残念。この後ZOIDS大図鑑を買おうとしたら早々に完売してしまっていて、この時点でかなり今日来た意味を失ってしまった。ZOIDSの方は九夜さんの分も買うつもりだったのに〜。
 仕方がないのでとりあえず、あずまんが関連のブースをうろうろして、面白そうな同人をいくつか購入。ついでに大手サークルの列に並んで、新刊をゲットした。このサークルは明日も本を出すらしいので、明日の手間を省くために今日のうちに購入したのだ。
 それ以上は特に用事がなかったので退散することにしたが、それからが大変だった。東京駅行きのバスを待てば1時間ほどかかるし、ようやくバスに乗れても今度は道路が渋滞しているので、駅についたのは結局40分ほど経ってから。さらには電車も雨の影響で遅れていたため、結局かなり早い時間に会場を出たのに、家に着いたのはかなり遅くなってしまった。きつかったっすねえ〜。
 今日の収穫はまあまあと言うところ。欲しかった本はほとんど手に入ったし、外れもなかったのが何よりだった。明日もこんな感じでいくといいのだけど。とりあえず雨が止んでくれることを切に祈る。傘、マジで邪魔。


8/15(金) 雨、雨、雨

 今日からせっかくコミケが開催されると言うのに、天候は相変わらずすっきりしない。と言うよりかなりの強さで雨が降り続けている。今日並んでいた人は大変だったろうな。まあ、明日あたりは自分もそんな目にあうのだろうけども(笑)。
 しかし一体この天気はどうしたことなのかねえ。夏と言う気がまったくしない。去年の夏コミでは待ってる間に浴びる日差しで苦しめられたので、今年は結構準備していたのになあ。並んでいる身分にしてみれば、あまり晴れていない方が楽と言えば楽なのだけど、夏なのにすっきり晴れていない天気と言うのも、それはそれで違和感がある。なんともはや、人間とは複雑怪奇な思考を持つものだ。
 話変わって、西部警察は放送中止になってしまいましたねえ。大勢の人が集まっているロケ中に事故を起こしてしまったと言うのが、やっぱりまずかったね。ま、この事故に関しては僕はもっと過激な意見を持っているのだけど、ここで書くのはかなり危険なので止めておこう(笑)。それはともかく、事故が起きてしまったのは確かに制作側の責任なのだが、それでなんで放送を中止しなければならないのだろう?プロとして「番組制作」という仕事をしている人間たちの責任の取り方としては、あまり正しくないような気がするのは僕だけなのだろうか?
 もう一度、団長の雄姿を見たかったなあ。再放送もしていただけに、なんとも残念なことだ。


8/10(日) 決戦準備はたぶん平気

 コミケに行く日である16、17日は何とか休みを取ることができた。本当はここの所また忙しくなってきたので、2日連続で休むのは正直まずいことなのだが、せっかくだから休んでこいとのありがたいお言葉に甘えて、休んでしまうことにした。ただ職場連中には休む理由は説明してないだけに、ちょっと後ろめたい感じもするけど、まあいいや。半年前から楽しみにしてたんだし。
 しかし今回も前回同様、あまりカタログを見る暇がなかったなあ。なんか面白そうなサークルを見逃していそうで、どうも気分がすっきりしない。まあぶっつけ本番でよいサークルにめぐり合うと言うのもコミケの醍醐味だとはわかっているが、ある程度は前準備もしたいよな。
 で、今日は何をしてるかと言うと、特撮英雄伝のCDを聞いたりゲームをしたりと言った感じ。今回のDはどうも資金が稼ぎにくいな。


8/9(土) 一週前の台風直撃

 今日の台風はそれにしてもすごかった。場所によっては昨日ひどかったり、まだひどくなっていないところもあるんだろうけど、関東は今日がちょうどピークだった。ただ雨が一番激しく振っていた時間帯は会社の中にいたから、ずぶぬれになったと言うわけじゃないんだけどね。
 来週の天気がどうなるかは知らないけど、とりあえずコミケにぶつからなかったのは何よりだ。あとは残り一週間、コミケ期間がなるべく好天に恵まれることを祈るしかない。
 ところで昨日、スパロボDと特撮英雄伝を購入した。Dは今のところそんなに盛り上がる展開にはなってないようだ。こんなものだったかなあ。初めてAをプレイした時のあの興奮が蘇ってこないのは、一体どうしたことなのか。いや、まだほとんど進んでない段階でどうこう言うことはできないけどね。


8/3(日) 円谷大丈夫?

 今日はコミケの前準備と言うことで、髪を切ってきた。ああいう場で汚らしい格好をすることだけは避けるようにしないとな。でも当日は暑いだろうから汗をかくであろうことは明白なので、なるべく見苦しくならないように工夫しよう。ただでさえ見苦しい奴なんだから(笑)。
 それはさておき、今日は昨日録画したコスモス2「ブループラネット」を見てみた。思っていたよりも普通の映画だったというのが素直な感想。ジャスティスがせっかく出てきたのにあの程度の活躍だけと言うのはちと不満だけど、もしかしたらスタッフには当初から今年の映画の構想があったのかもしれないね。ただ出演者がほとんど過去のウルトラ出演者でまとめられていたのが、個人的にはちょっと違和感。
 話自体は面白かったし、何より怪獣保護とか何とか言ってても、今回出てきた敵は宇宙怪獣だから遠慮する必要がないようで、思いっきりぶちのめしていたからよかった。やっぱり映画なんだからあれくらいの爽快感がないとね。
 でも円谷プロダクションも、最近は色々な問題を抱え込んでいるようだ。子供に夢を与える会社なんだから、あまり現実的な面で有名になって欲しくはないのだけれど、プロダクションだって結局経営しているのは人間だから、しょうがないのかもしれないね。せめていっぱしの企業の人間らしく、毅然とした態度で事に臨むことを希望する。


8/2(土) 存在意義があるとは思えないが

 今日は東映チャンネルでヒーローものの映画を放送しまくったり、深夜からTBSでコスモスの映画が放送されたりするわけだが、それ以外に僕が注目していたのは、TBSの番組である「USO!?ジャパン」である。
 元々この番組は「噂を元に構成しています」と言うコンセプトで、ハナっから逃げに入っている物凄いトンデモ番組である。こんな番組を見る人がいると言うこと自体、僕には信じられないことなのではあるが、今日見てみたのは特撮やアニメの特集をすると言うからだ。
 この番組は以前にバトルフィーバーJのコサック戦死のシーンを笑いのネタにしてしまったことがあり、一部のファンを激怒させたという実績がある。僕としては人が死ぬシーンを茶化して笑おうとするその神経が既に理解できないのだけども、僕はその放送は見ていなかったので、今回も何かやらかすのではないかと見てみたわけだ。
 内容ははっきり言って全然新味がなかった。途中から見たせいもあるのでよくわからない部分もあるけど、まあほとんどが許容範囲だった。唯一許せなかったのはデビルマンの紹介だろうな。「美樹に惚れたために裏切ったデビルマン」という説明は正しいのだけど、「裏切り者デビルマンを倒すためだけにデーモンは妖獣を送ってくる」という解説はいただけない。これじゃまるで最初から最後までその目的だけでデーモンが行動しているみたいではないか。デビルマン打倒だけを目的に行動してたのって最初の頃だけだぞ。ここらへんは少し悪意を感じてしまったね。好きな作品だけに余計に。
 後は新巨人の星で花形が明子と結婚していることを、さも一大事かのように紹介していたけども、花形と明子の微妙な関係は既に巨人の星の時点で描かれていたではないか。既成事実を隠してまでネタ振りをすると言う番組の制作姿勢って、一体どんなもんなんだろう。まああまりお勧めは出来ない番組ではあるな。


戯言トップに戻る