必殺戯言人バックナンバー
2005年1月

1/30(日) どの面下げて言ってんの?

 今日は仮面ライダー響鬼の第1回とプリキュアの最終回の日である。んで、一応両方見てみたんでそれぞれの感想なんかを書いてみようかな。
 まずは響鬼。とりあえずミュージカルは止めてくださいな(笑)。ああいうのを斬新で面白いとか思ってる人は、「てるてる家族」か「うたう!大竜宮城」でも見ていてください。
 カット割りもわざとらしいと言うか、やたら画面効果をつける理由がよくわかんない。響鬼の戦闘シーンも、ああいう木々が生い茂る中で、木の枝を飛び回りながらのアクションというのは新鮮だったんだけど、森の奥深くというイメージを出そうとしたのか、視覚的に見づらかった。
 まあ新しいことをやろうとしていることは見ていてわかったし、このまま行ってくれるならだいぶ面白いものに化けるとは思うんだけど、1話と2話にかなり力を注いで、あとは通常通りというのは東映ヒーロードラマのお家芸に近いので、次回以降を見てみないと何とも言えないよね。
 少なくとも「石ノ森章太郎の遺志を継いで…」なんてことを言っているのだから、きちんとそれに即した内容にして欲しいですね。原作者が「仮面ライダー」というヒーローに託したテーマをきちんと受け継いで下さい。
 で、プリキュアは…。まああんなもんなんじゃないですか?結局思いの強さが闇を消し去るという、ごくごく当たり前というか見慣れた結果に収まって、女の子向けスーパーヒロインアニメとしては、これくらいでいいんじゃないだろうか。たまには「わずかな隙を突いて止めを刺す」とか「たった一つの弱点を突く」とか、もっと物理的な条件で倒して欲しいものだけど。「思い」なんて不確実なものが最後の武器になるのは、別に悪いとは思わないけど、そればっかりじゃつまんないからねえ。
 あと、藤P先輩についてまったく触れていなかったけど、どうなったんだ?

 話は変わって、なんかこんなゲームが出るらしい。…ロックマンは出てくれるのかなあ?というか例え「ロックマン」が出るとしても、エグゼのロックマンとかロックマンXとかになっちゃうんだろうなあ。ちょっと寂しい。


1/29(土) とかくこの世は一天地六

 比較的遅めに起床してから、録画しておいたケロロ軍曹を見る。ケロロ軍曹ももうすぐ2年目に入るらしいけど、保存用録画はその時からでいいや。途中から録画するのも半端なんで、1年目のシリーズはセルDVDを買うことにしよう。そう言えばネクサスもジャスティライザーも最近は放送日当日に見ないな…。
 その後は買ってきた方のケロロを一通り見てみる。原作に比べるとどうしても物足りない部分があったりするが(主にテレ東規制関連、笑)、逆にアニメならではって所も多々あるので、普通に楽しめる良作だ。アニメでも遠慮なくガンプラネタを出せるのが何よりだったね。
 続いて仕事屋を鑑賞。と言っても初期数話は既に見たことがあるので、未見の話だけを見ていくことにする。
 いや〜、やっぱり面白いですなあ。2話の冒頭、チャンバラトリオとのやり取りが代表的だけど、もはやどこまで台本にあってどこからアドリブなのか、または現場での即興演出なのかまったくわからないノリのよさが、一番の魅力だよね。仕置シーンも凝りに凝ってて、そもそも剃刀と懐刀というなんとも地味な得物を用いての仕置を、あそこまでカッコよく仕上げられるのには、まさに恐れ入る。しかも固有の得物にこだわることなく、状況に応じて臨機応変に得物を変更させているあたり、この時点での前作である「仕留人」までとは違う「素人性」を出していて、仕置をワンパターンなものにしていない。
 ここら辺はチャレンジ魂の賜物ってところでしょうねえ。黄金期の必殺って、人気はかなり高かったのにもかかわらず、常に新しいことに挑戦していたって感じがあるんだけど、仕事屋を見てさらにその思いを強くした。新仕事人あたりから安定期に入って、思い切った改革がまったく行われなくなってしまったことを思うと、やはり残念でならない。


1/28(金) 金使いすぎ

 今日は比較的仕事が早く終わったので、昨日に続いて渋谷TSUTAYAに寄り、昨日は見なかったレンタルスペースを覗いてみる。最近は結構DVDもレンタルするようになったんだねえ。大量のビデオテープを両手で抱えてレジに持っていったのも、今となっては遠い昔の話なんだな。
 ところでそのDVDレンタルだけど、結構僕にとって必要なDVDがあることを発見した。ファーストライダーとかZZとか。ネオスがないのはちょっと残念だったけど、これだったら大丈夫だな(何が?)。渋谷で借りて持って帰ってくる手間はちょっとめんどいけど。
 ついでに昨日発見した仕事屋DVDボックスの上巻と、ケロロ軍曹3巻を購入した。っておい、いくらなんでも買いすぎだろ?未収集の必殺DVDは帰マンとストロンガーのDVDを揃えてから買うはずじゃなかったのか?
 でもま、今時仕事屋のDVDボックスなんて滅多に見つけられるもんじゃないし、これはしょうがないよね。後は計画通り、来月の定期購入で帰マンを揃えればいいだけのことだ。
 今日も調子が優れないので、帰宅後はゆっくりとDVD鑑賞にいそしむ。しかし金曜の夜は一週間の疲れがどっと出てくるらしく、ラドンの続きを見ている最中に眠ってしまった(笑)。しょうがないのでケロロの続きや仕事屋は明日見ることにしよう。


1/27(木) 年齢は確実に増す

 先月半ばあたりからずっと鼻の調子が悪かったのだけど、ここにきてとうとう喉の調子までおかしくなるという事態が勃発した。まあ喉の風邪は毎年かかっているので、それ自体は特に気にしていないのだけど、今はちょっと環境の悪いところに行っているからなあ。ゆっくり休養したいもんです。
 一番嫌なのは回復するのが前に比べると随分遅いことなんだよね。先月の時点で2日ほど薬を飲んでいたんだけど、以前ならそのくらいでほぼ完治したのに、今回は結局今まで尾を引く形になってしまった。これはやはり年齢のせいなのかねえ。ま、僕も20から数えるより30から数えた方が早い年齢になっているわけだし、いつまでも若くはないってことだよな。加えて最近は不健康な生活を続けてるわけだし。
 それはそれとして、最近出向している場所が渋谷の近くということもあり、久々に渋谷TSUTAYAに行ってみた。配置は変わったもののやはり品数は多いね。これだったら来月に出る助け人DVDは、わざわざ秋葉原に行くよりもこっちで買ったほうがいいかもな。仕事屋DVDのボックス上巻まで置いてあったし。
 見るだけではなんなので、ラドンのDVDとケロロ軍曹DVD2巻を購入した。帰宅時間が遅かったために両方ともまだ見終えていないけど、ラドンのあの雲を引きながらラドンが飛ぶシーンは、どうやって撮ってるんだろうねえ?最近のはああいう見ていてワクワクしてくる画がないように思えるのは、僕の気のせいなのかな?


1/24(月) 声優発表はまだかよ

 今日は残業調整のために休み。と言うことで、色々と雑用を済ませる。
 まずは以前書いたプレイできないエロゲについて色々試す。というか、単にディスプレイ用のソフトが最新バージョンじゃないだけであることが判明。今まで散々悩んでいたのはいったいなんだったんだ…。ともかく普通にプレイ開始。キャラは僕好みだけど、肝心のエロシーンがちょっと物足りないかな。
 後はsnake氏に教えてもらったあることを試してみる。…が、途中まではうまく行ったものの、肝心要の部分で準備不足のために実行できなかった。ま、これはそれほど慌てるもんでもないし、そのうちやればいいだろう。
 ところでぼくドラの最新号で知ったのだけど、4月からのリニューアル版ドラのキャラデザがもう公開されていたんだったね。しかしどうも可もなく不可もなくという感じだな。とりあえず藤子F先生の絵を完全に模倣することなどはできるはずもないので、無理に原作に近づけなくてもいいんじゃないかとは思う。
 と言うか改めて言うことじゃないのかもしれないけど、しずかに異様に力入りすぎじゃないか?しずかに限らず藤子女性キャラは、何気ない言動や仕草にこそ萌えポイントと言うべきものがあるわけで、ルックスだけで単純な萌え対象になる最近の薄いキャラとはまったく違うと言うことを理解すべきだと思う。


1/23(日) ブレスレットは宇宙最強?

 ブレイドの最終回については専用ページを参照してください。ちなみに響鬼の各話感想は止めておきます。毎週きっちり更新できる自信がないもので(笑)。
 で、今日は昨日に続いてDVD鑑賞。ケロロ軍曹はガンダム系のネタはアニメでも問題ないとして、やっぱり特撮や藤子系のネタは厳しいだろうなあ。とは言っても藤子系のネタはキャラの名前をストレートに出しているわけではないので、上手にやればそれほど難しくないと思うけど。
 続いて帰マンの見たい話だけピックアップして鑑賞。僕としては「怪獣使いと少年」よりは「悪魔と天使の間に…」の方が好きだな。郷とゼラン星人の緊張感溢れるやり取りはいつ見ても興奮させてくれる。しかしウルトラマンの携行武器のくせに、所有者のウルトラマンをも窮地に追い込むブレスレットの力はすごいなあ。
 「落日の決闘」もまた好きな話。ゲスト俳優陣の個性的な演技が見ていて実に楽しい。特に浜村純氏演じる駐在さんはかなりいいキャラクターだった。こんなのんびりした役を演じる一方で、「血風編」7話のド外道役も演じられるわけだし、つくづく役者ってのはすごいなあと思う次第である。
 最後はBLACKの2巻。ビルゲニアが登場するのがこの時期なんだけど、正直ビルゲニアは本放送当時からあまり好きなキャラクターではない。いかにも無理やりな設定で出してきたようなキャラだし、結局シャドームーンの引き立て役で終わってしまうわけだし。これだったらもう少し三神官に頑張って欲しかったなあと、今も改めて思う。


1/22(土) 誇張コピーは昔から有り

 今日は久々にsnake氏と共に出かけた。一体いつ以来になるのだろうかねえ。
 snake氏はしばらく会っていないうちにかなり妙な知識を蓄えてしまっており、その一部を僕も伝授されてしまった。まさか月姫とはねえ。つーか月姫はホントに面白いんだろうか?やったことないからなんとも言えませんな。とりあえず後はネオスのDVDをどこかで見つけないとなあ(謎)。
 最初は最近行きなれてしまった新宿でsnake氏の買い物に付き合い、その後秋葉原へ向かい、今月分のDVDを大量に購入する。帰マンは7〜9巻、ケロロ軍曹1巻、BLACK2巻、あとは昨日発売の「大怪獣バラン」を購入した。バランは石丸では見つけられず、ヤマギワでようやく見つけることができたよ。良かった良かった。
 他にはまんが道を一通り読み終えたので、満を持して「愛…知りそめし頃に…」の1巻を購入し、さらにとらのあなで目をつけていた同人ソフトを購入し、地元に戻ってからは例によって飲みまくりの歌いまくりコースとなった。
 某氏の日記で知ってはいたのだけど、DAMは本当に色々な歌が入っているだけでなく、一部の主題歌にはその作品の映像もついているんだねえ。ジャンボーグAなんて、まさかナインの方まで登場するとは思わなかったよ。映像をまとめた人はわかってるねえ。あとはマシンマンとかバイクロッサーの映像もちゃんと入れてくれれば完璧。欲を言えば「荒野の果てに」で仕掛人の映像を入れてくれないかなあ。「旅愁」の仕留人よりは容易いと思うけど。
 帰宅後はバランやケロロ軍曹を鑑賞。ケロロは原作開始時期から読んでいたのだけど、アニメは1話を録画し損ねたので、視聴もずっとしてこなかったのだ。ま、来月で帰マンのDVD集めも一段落するし、それほど苦労はしなくて済むかな。
 バランの方は…。いや、前半の岩屋部落〜バラン出現のあたりは、いかにも「秘境」って感じのムードが出ていて良かったねえ。ただ後半はどうしても規模がそれほど大きくないために、見劣りしてしまう。結局羽田空港を壊しただけで終わりだもんなあ。尺が少し短かったのかもしれない。ま、この作品の制作経緯を思うと、あまり贅沢はいえないのだけど。
 しかし予告編の宣伝文句にある「ゴジラより凶暴」とかいう言葉は、はっきり言って誇大宣伝だよなあ。別に日本全国暴れまわったわけでもないし。どっちかと言うと前半の怪獣探索と後半の「ちょっとしたところを破壊させる」という展開は、海外巨大モンスター映画系の展開だよね。まあそういう風になっても仕方ないけどね。ゴジラやラドンに取って代わるスター怪獣になるには、ちょっと役不足だったな。


1/13(木) 今日という日に考える

 今日は虹野沙希ちゃんの誕生日だ。…と、こういうことで騒いでいたのも、もはや遠い昔の出来事になってしまったなあ。つくづく若いということはいろんな意味で恐れを知らぬものだ(意味不明)。
 今日という日だからというわけではなく、結構前から考えていたことなんだけど、そろそろときメモ掲示板を閉鎖しようかと思っている。理由はただ1つ。これ以上発展性の望めないシリーズ作品の専用掲示板を持っておく必要性を感じられないためだ。これからは通常掲示板で十分にやっていけるだろうと思う。時代の趨勢とは言え、寂しいと言えば寂しいね。
 結局去年もときメモ10周年とか言ってた割には、公式的には何にもなかったもんねえ。もうときメモは一時代を築いた作品として、記憶にとどめておく作品にするべきなのかもしれないな。ぶっちゃけた話、ときメモタイプのゲームシステムもだいぶ前から限界に来てるわけだし、正直ときメモを越えるようなエポックメイキング的作品は、もう生まれてこないだろう。
 あ、ときメモコンテンツは残しておくけどね、一応。


1/9(日) そう言えばレオパルドン?

 先月のコミケでスパイダーマンの同人を買ったのはここでも書いたけど、読んでいるうちに段々スパイダーマンBOXが欲しくなってきちゃったなあ。この機を逃すと次いつ見ることができるかわからないからねえ。東宝の緯度0大作戦みたいなもんだ(そうなの?)。
 でもスパイダーマンのBOXは、現在発売延期の状態になっていて、正式な発売日は未だに発表されていないんだよな。東映ビデオのHPからも専用コンテンツが消えてしまったし。やっぱり予約数が予想以上に少なかったからなのかなあ。と言っても予約数がどのくらいかなんてわかるはずもないんだけど、あまり再放送もされていないし雑誌とか本の媒体でもあまり露出していないだけに、リアルタイム世代以外は購入に二の足を踏んでいるのかもしれない。実際僕もその1人だし。
 まあスパイダーマンについてはこれからの情報を待つとして、他のDVDも結構問題だよなあ。戦隊はデンジマンの後はギンガマンらしいけど、このままではいつになったらダイナマンやバイオマンまで行くのだろうか。バイオマンは1話録画に失敗しているだけに、早いところ高画質で見てみたいものだ。
 そう言えば来月からスピルバンもリリースされるんだったね。ってスピルバン?まあ順番としては正しいんだけども、ファン的にはメタルダーを優先して欲しいところだよな。でもかつてLDでスカイよりBLACKが優先されてしまい、結局スカイは発売されなかったという苦い過去を思うと、順番通りに出すことはやはり大切だよなとも思うわけである。


1/8(土) 博愛主義ってわけでもなかろうに

 新年早々にこんな記事が出てきました。こんな下らんことを研究してるなんて、大学ってのは暇なんですなあ。
 大体これってアレでしょ、仁侠映画見たら肩で風切って歩きたくなるとか、西部劇見たら銃を撃つ真似したくなったとか、そんな感覚の延長に過ぎないと思うんだけど。
 そもそもこの「ゲームの主人公」ってのも、単に自分勝手に暴れまわるタイプなのか、それとも正義と平和のために戦うヒーローなのかがわからない。「正義のために使う力は暴力にあらず」という考えを持っている僕としては、もし主人公のタイプが後者の場合、まったく気にする必要はないと思うけどね。
 そりゃ現実は何が正義で何が悪かなんて単純な二元論で決められないことが一杯あるけど、少なくともゲームとかドラマの世界では主人公が正義で敵が悪であるということが明確になっているのだから、その悪を正義の力で叩き伏せて何が悪いって感じなんだけどね。それまで暴力と言うのであれば、人にあらざる存在に作り変えられたり、ある日突然世界の命運を担う宿命を背負わされながらも、正義を信じ平和を愛する全ての人々のために戦い続けた古今の戦士達全てを冒涜しているのと同じだ。…ここで「所詮空想のヒーローじゃん」と言うツッコミが出ると思うんできちんと補足しておくと、要するにそういうヒーロー達に自分たちの思いを託して作品を作り続けた大勢のスタッフたち全てを侮辱することになるってわけ。
 つーかいつからみんなそんなに優しくなったんだろう?ひどいことをされたらやり返したい、仕返ししたいと思うのは当然の心理だし、その心理を代弁する形で司法という仕組みが存在しているんじゃないの?法の裁きならOKというなら、デカレンジャーは史上最高のヒーローということになってしまうじゃないか(笑)。デカレンは好きだけどね。
 もう1つ、奈良の幼女誘拐殺人についてアホなことを言っている御仁がいるようだけども、これはもういいや。この事件の問題の本質は犯人の性癖云々じゃなく、既に同様の事件を複数回起こしているのに、現状野放しになってたってことだろうからね。


1/2(月) 大掃除は年末に

 遅ればせながら今日は部屋の掃除を実行した。本当は大晦日あたりにやろうかと思っていたんだけど、大晦日が物の見事に大雪になってしまい、掃除をするにはちょっと厳しい天候だったので、今日まで延ばしてしまったというわけだ。
 と言っても結局のところは溜まりに溜まった本を整理しただけなんだけどね。今の状態ではイスに座ることすらできなかったし。今だから言うと、年末の更新が滞っていたのは机に満足に座ることすらできない状況だったからと言うのもあるんだよね。尤もこの状況が改善されたからと言って、更新頻度が上がるってわけでもないんだけど(笑)。
 とりあえず1日かけて部屋の掃除は終わったわけだが、その後ネットサーフィンをしていると、来月から東映チャンネルでアギトが放送されるらしい。だったらこれを録画することを前提にして、今ある録画ビデオを捨てちゃおうかなあ。
 そう言えば響鬼は結局ああいうデザインで、本当に高寺Pが復帰するんだねえ。クウガの後は大泉でくすぶっていたとかいう噂を聞いてはいたけど、頼むからクウガの時の様な幕引きにだけはしないで下さい。クウガの終わらせ方はファイズとは別種の次元でダメダメだったからねえ。オダギリファンにとってはこの上ない終わり方だったんだろうけどさ。
 ブレイドはこれからどうなるのかなあ。というかギラファアンデッドがここまで話を引っ張る存在になるとは思ってもいなかった。これもスタッフ間では計算のうちなんだろうけど、結構おいしいキャラになっているので、こういうのは連続ドラマの醍醐味だね。って、ここで書くことじゃないような気が(笑)。


1/1(日) 初めての現象

 明けましておめでとうございます。去年はほとんど更新できませんでしたが、恐らく今年も状況はあまり変わらないと思うので、暖かい目で見守ってやってくださいませ。
 さて、今日は初詣に行ったくらいで比較的のんびり過ごしたんだけど、先月の30日に購入したエロゲをやってみようとインストールしたところ、なぜか開始早々に止まってしまうという事態が発生した。いや、確かに起動直後に「DirectXを起動させずにゲームを開始します」みたいなメッセージは出るんだけど、前に買ったゲームで同じようなメッセージが出てもちゃんと動いていたしなあ。大体他のゲームは全部正常に動いているのに。GAのゲームでさえ一応は動いていると言うのに!
 グラフィックボードを変えればいいらしいんだけども、それが原因なのかもちょっとわからないので、どうしたもんかねえ。まあそんなに慌てて買う必要もないんだけどさ。大体新年早々エロゲをやろうとしているのって、人としてどうよ?って感じなんだけどね(笑)。
 だからと言うわけではないのだけど、今日ようやくドラクエ[をクリアした。ノーマルエンドとトゥルーエンドの両方とも見ることができたけど、せっかくだから平和になった後の世界を見てまわることができれば、もっと良かったかなあと個人的には思う。操作性もシステム的に見ても快適だったので、十分楽しめたんだけどね。


戯言トップに戻る