2004年3月14日
午後4時〜5時30分放送
関西テレビ(関西ローカル)


第2回 R−1ぐらんぷり



「第1回R−1ぐらんぷり」はこちら


司会
雨上がり決死隊
アシスタント
関純子
(関西テレビアナ)
審査員長
上沼真平
(関西テレビ製作局長)
審査員
渡辺正行
ダンカン
大平サブロー
大林素子
優勝賞金
100万円
予選参加者
609名
(ちなみに
第1回は351名)
会場
なんばグランド花月


審査員の「大林素子」って人は、あの大林素子です。
バレーボール日本代表だった人です。
・・・なんで!?
なんでお笑いの審査員に大林素子?

・・・って感じがしますが、実は大林素子は
かなりの「若手芸人好き」だったりするのです。
若手のライブとか営業とか、かなり見に行っているようで。
少なくとも「若手のこと」に限って言えば、
この5人の審査員の中では一番詳しい人かも知れません。





決勝進出8名

出番は事前に、本人による抽選で決まる。

出番
エントリー
ナンバー
名前
No.591
浅越ゴエ
No.601
友近
No.170
ヤナギブソン
No.596
陣内智則
No.267
ネゴシックス
No.606
南野やじ
No.510
ヒロシ
No.388
あべこうじ


陣内智則は「卒業式」だった。
放送の時期を考えてこのネタを持ってきたとの弁。
個人的には、オンエアバトルでも見たし
エンタの神様でも見たので、新鮮味は無かったけど。
大林素子が「このネタは2番目に好きなんです。
一番好きなのは視力検査のやつです」と
「若手に詳しい」感いっぱいのコメントをしていた。

ネゴシックスは、「めちゃイケ」に出たことで
知名度が一気に上がったためか、
出てきただけで笑いが起きますな。
演者側としては、やりやすい状況か。

個人的には初見だった「ヒロシ」と「あべこうじ」。
「ヒロシ」の背中から出てる線が気になったんですが、
よく見ると服全体に電球が散りばめられてるんですね。
しかし、本人に強力なスポットライトが当たっているため、
その電球が点滅しているのがよく分からなかった。
必要なのか? その電球は? と思った。

あべこうじは、非常にオーソドックスな漫談。
フリップとかモニターとか椅子とか、小道具は一切使わない。
いわゆる「ユリオカ超特Q」系。





準決勝進出者(一部)紹介

No.280
ミクロマン
No.143
キノッP
No.603
パペットマペット
不明
若井おさむ
不明
鈴木つかさ
不明
長州小力
不明
加藤誉子
No.588
ユウキロック
No.336
田上よしえ
No.602
なかやまきんに君
No.599
月亭八光
No.206
西川かの子
No.524
山崎邦正
No.142
トミーズ健


普段の芸名とは違う名前で参加している人もいまして。
たとえば「ミクロマン」ってのは「池乃めだか」なのです。

名前だけ見てちょっと気になっていた、
松竹芸能の「キノッP」。
誰やねんと思っていたのですが、判明しました。
木下でしたわ。
「T・K・O」の木下隆行でした。

どんなネタをやるのかなあと思ったら、
やはりというか なんというか、「ドラえもん」ネタでした。
「内村プロデュース」でも何回かやってる、アレ。

「若井おさむ」はアマチュアで唯一、準決勝に残った人。
ネタを、ずっと「アムロ・レイ」のモノマネでやってました。
「アムロ・レイ」ってのは「ガンダム」に出てくる
キャラクターなんですがね。
なので、「分かる人が限られそう」な感じではありました。
客席からは、男の笑い声が目立つ感じでした。
女性には分かりにくいのかも知れません。
私もガンダムは見たこと無いんですが
さすがにアムロぐらいは知ってます。確かに、声は似てた。
ガンダムのファンが集まるようなイベントの
営業に呼ばれたりとかするんじゃないですかね。
・・・まあ、もっとも、アマチュアなので、
営業とかそういうのは無いかもしれませんが。

「NSC生」であるらしい「加藤誉子」は
若いんだか年取ってるんだか微妙な感じの人でした。
一言で言うと、「友近」に近い芸風。

なんか、久しぶりに見たユウキロックは、
すごい痩せていた。大丈夫ですか?

山崎邦正とトミーズ健は、あんまりウケてなかったなあ。
紹介されてたのが1分程度だったけど、
それを見た限りでは、ウケてなかった。
そら、決勝に残らへんわ、ってぐらい。





優勝者は、審査員5名による投票で決まります。
「M−1グランプリ」でいう「最終決戦」みたいな感じ。

その結果、「2:2:1」になったので、
「2票が入った2人」に絞って投票をやり直し。
すると、「3:2」になった。

3票入って優勝したのは・・・・・・・・・

・・・それは↓の「予想企画」を見ていただくということで。

ちなみに、「もう1人の2票入った人」と
「1票入った人」が誰だったのかは、発表されてません。



↑ここから上、2004年3月15日更新↑

↓ここから下、3月7日まで順次更新していました。↓




第2回Rー1ぐらんぷり
決勝進出者予想企画




過去の「決勝進出者予想企画」

「第1回R−1ぐらんぷり」予想
「第2回M−1グランプリ」予想
「第3回M−1グランプリ」予想
※「第1回M−1」は予想企画は
行っておりません



募集は既に
終了しております。


下に投稿フォームが残っていますが、
送信ボタンを外してあるので、
送信できません。



第1回大会(2002年)でも行った
「R−1ぐらんぷり決勝進出者予想企画」

今年も行いたいと思います。



前回の予想に参加した人も、
参加してない人も、
今日始めてこのページに来たという人も、
どなたでも お気軽に御参加ください。

ただ、さすがに、
「芸人自体を全然知らないし興味も無い」とか
「R−1ぐらんぷりなんか別にどうでもいい」って方は、
ご遠慮ください。
・・・まあ、そんな人は予想自体、
しようって気にならないでしょうけども(^^;



ただ、「決勝進出者が何人なのか」ということが
現段階では分からないのですよ。
前回は12人だったんですが、同じとも限らないかと。
(M−1グランプリも、第1回は10組だったのに
第2回以降は9組になってたりするので)
まあ、「13人以上になる」とは考えにくいのですが。

・・・そんなわけで、とりあえず
「9人」で募集したいと思います。

・・・まあ、そうすると、
「M−1グランプリ予想企画」と同じテーブルが
コピペで使えるので楽だなあ、ってのもあるわけですが(^^;


得点は、以下の通りです。

「優勝する」と
予想した人が
優勝した
3点
優勝はしなかったけど、
決勝戦には進んだ
1点
決勝戦に進めなかった
−2点
「決勝進出する」と
予想した人が
優勝した
2点
優勝はしなかったけど、
決勝戦には進んだ
一人あたり
1点
決勝戦に進めなかった
0点
9人共、決勝戦に進んだ
+3点
その名前を選んだ人が
貴方1人しかおらず、
その人が決勝戦にまで進んだ
+1点
その人が優勝した
+2点


”「決勝進出する」と予想した9人共、決勝戦に進んだ”
にあたる予想者の方がいれば
実質、その人が この予想企画の優勝者ってことになります。
いわゆる「パーフェクト賞」ってことですわな。
・・・が、確率的には実に難しいわけで。
まず、無いと思います。




なお、準決勝(大阪)が2月21日(土)、
準決勝(東京)は2月28日(土)となっております。

なので、予想の締め切り時刻は、
2004年2月20日(金) 午後11時
にしたいと思います。
このフォームが残っているうちでも、
1分でも過ぎていたら、無効とします。


・・・あと、予想で優勝しても、
特に商品とかはありませんので、あしからず・・・。






この予想企画に関しての
注意事項
※締め切りを過ぎない限り、「送り直し」は受け付けます。
  あんまり頻繁に変更されるのも困りますが、
  1〜2回ぐらいまでなら受け付けたいと思います。
  「やっぱり、予想を変えたいんだけど」という方は、
  送り直してください。
  後から送られてきたものを有効とします。
※万が一、下記の「準決勝進出者」の中の いずれかが、
  「なんらかの理由により準決勝に
  出場できなくなった」場合でも、
  この予想は有効になるものとします。
※同様に、「なんらかの理由により、
  下記の「準決勝進出者」以外のグループが
  準決勝に出場することになった」場合でも、
  この予想は有効になるものとします。
※やむをえない何らかの理由により、
  この企画自体が中止になることもありえます。
  ・・・うん、いや、まあ、無いと思うけど。
  万が一に備えて一応書いておきます。
※その他、質問等ありましたら
  メール(irosumia@hotmail.com)にてどうぞ。
  ただし、各芸人さんのプロフィールなどについては
  お答えできませんので、あしからず。
※当企画管理人・色須魅亜は、「単なる一視聴者」です。
  各芸人さん、各事務所、R−1ぐらんぷり関係者等とは
  一切関係ありません。
※以上のことを了承いただいた方であれば
  どなたでも参加できます。
  お気軽にどうぞ。





準決勝まで進んだのは、以下の45人です。

「M−1グランプリ2003」の
「70組中9組」を当てるよりは、確率は高くなるかと。


投稿フォーム
すべての項目、
タグは使用できません。



件名(変更不可)


お名前(必須)

メールアドレス(任意)
掲載はしませんが、
「文字化けしてて読めませんので
再送信お願いします」等の
連絡が行くことがあります。

URL(任意)
掲載はしません。


予想

以下の中から、決勝に進むと思う
9人を選んでください。

決勝進出すると思う8人
(「優勝すると思う」の1人を除く)の
「□」(チェックボックス)に
チェックを入れてください。

また、
優勝すると思うグループの
「○」(ラジオボタン)に
チェックを入れてください。
(1組しか選べないようになっています)


第1回大会 決勝進出者
※第1回大会優勝者「だいたひかる」は
今回は参加していないようです。
 
浅越ゴエ
(ザ・プラン9)
 
桂三若
 
陣内智則
 
友近
 
パペットマペット
 
南野やじ
第1回大会 準決勝進出者
 
大輪教授
(元・粋なり)
 
後藤秀樹
(元・シェイクダウン)
 
杉岡みどり
 
なかやまきんに君
 
ハローケイスケ
 
前田健
その他、今大会で初めて
準決勝に進出した人たち
 
あべこうじ
 
五十嵐サキ
(吉本新喜劇)
 
伊藤麻子
(元・ネギねこ
調査隊)
 
加藤誉子
(NSC生)
 
衣笠雅子
(おしどり)
 
キノッP
 
倉本美津留
(放送作家)
 
佐久間一行
 
清水宏
 
新塾タイガー
(超新塾)
 
末高斗夢
 
鈴木つかさ
(ザ・プラン9)
 
スマイリーキクチ
 
タケウチパンダ
 
田上よしえ
 
長州小力
 
テル
(どーよ)
 
トミーズ健
(トミーズ)
 
中山功太
 
西川かの子
(西川きよしの娘)
 
ネゴシックス
 
波田陽区
 
ヒロシ
 
松本美香
 
ミクロマン
(池乃めだか)
 
名刀長塚
 
ヤナギブソン
(ザ・プラン9)
 
山崎邦正
 
ユウキロック
(ハリガネロック)
 
ユミミ
 
ユリオカ超特Q
 
ららら松村
 
若井おさむ
(アマチュア)

コメント(必須)

なぜその人を選んだかとか、
アイサツであるとか、
そんな感じのコメント的なものを。

発表時に掲載されます。






「決勝進出予想」と「優勝者予想」の
名前がカブっていないか、
また、「決勝進出予想」のチェックが、
7個以下だったり、9個以上だったりしないか
確認のうえで、下の「送信」をクリックしてください。


予想が「優勝1人」と「決勝進出8人」の
計9人ではない(多いか少ない)場合、
すいませんが、
無効とさせていただきます
ので、ご注意ください。



「送信」ボタンは
ありません。
募集受付は
終了しました。




送信した予想メールが届き次第、
このページに載せていく予定でおります。
もし2日経っても載らない場合は、
なんらかの原因で届いていないことが考えられますので、
再送信してください。

自分で自分に送信する形で、
上のフォームがちゃんと機能することは確認しているのですが、
他のブラウザではどうなるかってことまでは
確認できておりませんので・・・。

もし このフォームから送信できない場合は、
irosumia@hotmail.com
まで、普通のメールで送信してください。






みなさんの予想

メールが届き次第、順次 掲載していきます。

水色が予想者(敬称略)、紫が優勝予想、です。

色須魅亜
トミーズ健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
ユウキロック
ららら松村
やっぱり、本命は陣内智則なんでしょうなあ。
しかし、あえて優勝予想からは外してみたのでした。
で、優勝予想は、トミーズ健。
・・・んー、いや、無いと思うんですけどね。優勝はさすがに。
「嫁が怖い」ってことを綴った日記を読む、
というネタなんですが、
普段のトークよりは面白いんですよね。
だから、決勝には進むんじゃないかなあ・・・と。
ただ、優勝は無いかなあ・・・。

「ららら松村」って、実は知らないんですけども、
あえて入れてみました。
他の人たちは「当てにいってる」ので、
1人ぐらい そういう人を入れててもいいかなあと。

個人的には、山崎邦正のネタが見てみたいんですけどね。
準決勝まで残ったことも意外なんですが。
昔、「ガキの使い」で、ダウンタウンの代わりに
舞台で1人トークをする、という企画があったときに
結局ロクに喋れずに 最終的には泣いて逃げ出すという
実にダメダメな感じのオチになったんですが、
その山崎邦正が、いったいどんなネタをやったのだろうってのが
ちょっと気にはなってるんですが。
八戸
南野やじ
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
タケウチパンダ
トミーズ健
中山功太
ええと、前回と同じく
関東ではまったく放送されないんですよね。
だから直感で選んでいるわけで。
ザ・プラン9の面々には期待してみます。
ピン芸は見たことないんですけど。
前回は結構落語色が強かったけど今回はお笑い色が強いですな。

■レス■
んー、やっぱり関西だけですか。
かたや、M−1はゴールデンの全国ネットなのに。
優勝賞金もM−1の10分の1だし、
やっぱりM−1に比べると、こじんまりしたイベントですなあ。

第1回大会のときにはあった
「座布団の上でネタをする」というルールがなくなったので、
若手のピン芸人の参加者が増えたんでしょうな。
と同時に、落語家の人は逆に参加しにくくなったのかも。
そのためか、「ベテラン」と呼ばれる人の参加が
前回に比べて少なくなっているように思います。
浅越ゴエ
陣内智則
南野やじ
後藤秀樹
倉本美津留
鈴木つかさ
ネゴシックス
ヤナギブソン
ららら松村
どうも、これ系の予想では惨敗続きの鴨です。
◎本命 ○対抗 △穴 ×注意 ☆特注 の
印をつけながら解説していきます。

プラン9の3人をを軸に据えてみました。
過去のピン実績から言うとゴエは○です。
今まで 見たネタの中ではハズレがない。
もしハズレ気味なら当たりネタを放り込める。
『しっくり来ないニュース』 はそういうことが
自然に出来る融通の利くとても便利なネタ。
実力あってこそなのは言うまでもないけれど。

ギブソンと鈴木は、ピンのネタを見たことがないので△。
でも実力はあると思うので期待しています。特にギブ。
コンビ時代、彼のツッコミはそれ自体で面白かった。
ボケが気の毒になるほど彼が目立っていた。
今回は ピンのネタで勝負なので思う存分やって欲しい。

久馬繋がりで後藤も選びました。
オールザッツでは完全に尻すぼみなネタをやっていましたが、
そこそこ 面白かったので△印。
コンビを解散すると片方だけが
色々と突出してしまう現象がまま見られますが、
シェイクにはその道を進んで欲しくない。
だからこそ後藤には少なくとも決勝に進んでもらわないと!

陣内は◎。
最初はあえて陣内無しで予想してたのですが
人数が9人行かなかったので
やっぱり入れておきました。

前回の大会で面白かった南野やじは×。
前回大会決勝で 結構笑いをとってたんだけど、
その後1年間テレビでは 全く見かけなかった。
それだけに楽しみでもある。

倉本っちゃんも×。
余り予想が付かないのだけれど
何かやってくれそうな雰囲気はある。
表に出てくるからには何かあるんだろう。
妙に期待させてくれる。

ネゴには○をあげてもいいんじゃなかろうか。
今年に入って吉本から軽プッシュを受けているような気がするので
その流れに乗って欲しい。

最後にららら松村。誰だろう。
大北でも田村でも無い『ららら松村』。
名前だけで予想に入れてしまった…。
ジャケット買いとでも言おうか。
元スミス夫人の松村も思い出すなぁ。
千原ジャリズムメッセンジャーの
第3次2丁目ブーム世代の人にとっては
ノスタルジィを感じさせる芸名です。☆。

この中から4人ぐらいが決勝に行けば万万歳です。
色さんがトミーズ健を優勝と予想しているのを見て、
俺も負けてられないと友近を予想に入れませんでした。
何のライバル意識やねん。

■レス■
ゴエが、あえて「しっくり来ないニュース」以外のネタでくる、
ってのはどうですかね。
・・・無いな。その方がそれこそしっくり来ない。

ヤナギブソンのネタは私も見たことがないです。
プラン9は見たことあるんですけども、ピンでは見たこと無いです。
どんなネタなんでしょうね。

「世紀末リーダー伝 たけし」でもおなじみ(・・・か?)の
放送作家、倉本美津留。
なぜ参加したのか自体が謎ではあるのですが、
それだけのネタは準備してるってことなんだろうなあということで
私も予想に入れておきました。
ただのシャベリではなく、なんか小道具は使いそうな感じが。
しかし、もし決勝に残ったら司会の雨上がり決死隊も
どう扱えばいいのかわからないでしょうね。
先輩になるわけだから、
「いや〜、面白かったね〜」とか言うのも変だし。

もう、次回大会から、
たちばなひとなり(元・ゆんぼー)とか、
ハスミマサオ(元・プラスチックゴーゴー)とか、
野々村由紀子(元・高僧野々村)とか、
放送作家がどんどん出てきたらええねん。
新野新とか。

南野やじは、そうだなあ。前のR−1以来、1回も見てないなあ。

ネゴシックスですか。
そうそう、こないだの「めちゃイケ」は見事に見逃しましたですよ。
見逃したというか、録画忘れ。
毎週見てるわけではないので、
ついつい忘れがちになってしまう・・・。
笑い飯の部分はもう放送されたようですなあ。残念。
ネゴシックスは次回放送分らしいので、
次回こそは見逃さないようにしないと。
2人の「笑わず嫌い」は誰なのか、っていう結果も気になるし。

ららら松村、そう、「ジャケ買い」ですね。ジャケ買い。私も。
ネタを見たことないどころか、どんな人かも知らないんですが。
やっぱり「誰やねん」的な人も見てみたいですしね。

「ららら松村」から、大北、田村、
スミス夫人まで出てくるあたりが素晴らしいと思います。
ああ、ノスタルジィ。
だじゅうる
桂三若
陣内智則
友近
なかやまきんに君
前田健
鈴木つかさ
中山功太
名刀長塚
ユリオカ超特Q
正直、前回のR-1は観れなかったので、
どんなノリで大会が進行されるのかよく分かりません。
とりあえず、去年も優勝者に予想した桂三若を今回も信じます。
今年は去年あったらしい「ネタ中に子供が叫ぶ」的
アクシデンツが無いといいですね。
そういう面も、大会自体のクオリティにも関わる大事な問題ですしね。

■レス■
M−1と比べると なんとなく地味である感が否めない大会ですわ。
録画だったから、人によってはダイジェスト
(「ネタ全部」ではなく「一部分のみ」)でしか放送されなかったり。

子供は、いや、正直、会場に入れるべきではないと思いますよ。
歌手のライブでも「幼稚園以下のお子様の入場はご遠慮ください」とか
あったりするわけだし。
いや、普通の舞台ならまだしも、こんな大事な舞台で
脱脂綿脱脂綿って・・・違う、子供が叫ぶって。
それはイカンやろ、と思うわけですよ。
びっくり
ホスピタル
友近
浅越ゴエ
陣内智則
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
西川かの子
ネゴシックス
ユウキロック
お笑い関係の予想なのでのこのことやって参りました。
私は中部地区在住なので、お笑いのネタ番組でチェック出来るのは
「オンバト」「イエヤス」「エンタの神様」、
CSで「ベリーベリーbase」「baseTVボカン」ぐらいです。
日本の各地でお笑い番組のオンエアされている割合に
違いがあると思うのですが、
これってトリビアになりませんかね?←ならねえよ。

さて今回も吉本寄りの予想になっております。
友近さんは最近全国ネットの番組にも出ているし
オールザッツでも功績を残していると聞いているので、
元シェイクの後藤さんは予選でトラブルがあったそうなので、
本来選考する側であろう倉本さん、
baseのピン芸人の中では気になる
ネゴシックスを選ばせて頂きました。

いつも自分の予想をしてから、
他の皆さんの予想を拝見させて頂くのですが・・・。
誰か来て〜。

■レス■
統計学に詳しい、なんとか教授に話を聞いてみた。
「今回のようなお笑い番組の調査ですと、
2000人以上に聞いてみると正当な結果が得られることでしょう」
・・・なんか、いつも「2000人」って言いますよね。あの教授は。

「オンバト」と「エンタの神様」は私も毎週チェックしてます。
関西にいると、「関西以外の芸人」を見れる機会が少ないので、
いろんな地区の芸人が出てくる番組は見ておきたいところ。
ただ、エンタは、ちょっと字幕が多すぎかな、ってとこに
イヤさを感じたりもしますが。

友近は、ほんとによく見ますなあ。
たしか、ローカルも含めて、
レギュラー番組が8本ぐらいあったはず。

予選で後藤にトラブル、ですか。何があったのだろう。
ジャリズムも復活するから、
シェイクダウンも復活してみたらいいのに。
仲が悪くなって解散したわけじゃないわけだし。

17日午後〜18日の間に、ここまでの4名様の投稿があったので、
4件分まとめてアップいたしました。
なので、「他の皆さんの予想」が無い状態になりました(^^;
しかし、やはり、陣内智則は皆さん予想に入れられてますね。
でも意外と優勝予想には誰もしてなかったり。
ヤンマー
部隊隊長
桂三若
浅越ゴエ
陣内智則
友近
ハローケイスケ
佐久間一行
末高斗夢
スマイリーキクチ
ヤナギブソン
まず、この場を借りて告白させて頂きたいのですが、
実は、今回のR−1に、私も出場してました。
一回戦大阪大会の1日目に、
本名の「山本俊治」で出てます。
エントリーナンバー61番でした。
つい出来心というか、一度でいいから
芸人さんと同じ舞台に立ってみたい、
というミーハーな気持ちだけで出場してしまいました。
ネタは…3分間ひたすら下品な言葉を
連呼するという物でした。
自分でいうのもなんですが、ひどいネタでした。
すみません。
当然、一回戦敗退だったんですけど、
いろんな意味で貴重な体験でした。

そんな事はさておき予想ですが、
予選の模様が、ネットで有料配信されているのを
ご存知でしょうか?
今だと、予選一回戦の合格者の映像を、
200円で見ることが出来ます。
プラン9の皆さんや、山崎邦正、
懸案の「ららら松村」のネタも見られますので、
おすすめです。 見られる環境のある方はぜひどうぞ。
そんなわけで、予選映像を見て面白かった、
末高斗夢さんを予想に入れてみました。
ダジャレを連発するネタなんですが、
個人的にツボにはまりました。
優勝予想は、残っている唯一の落語家、桂三若さんで。
前回の決勝進出者に偏った予想になってしまいました。

で、結論としては…来年は皆さんも…出てみません?

■レス■
・・・うおおおお!?
参加されていたのですか。
いやー、ビックリしました。すごいですなあ。
一回戦大阪大会の1日目ですか。
中山功太、松本美香、井上公造などと
同じ舞台に立っていたのですね。

・・・いや、うっすら、ですよ。ボンヤリと、ですよ。
ちょっと参加してみたいなあ、みたいな気持ちは
私の中にも実はあったりしたんですよ。
しかし、ネタも作れないし、ってのもあって
参加することはなかったわけです。

・・・どうなんですかね、舞台に立って、
ネタがうまく言えるものですかね。
私なんか、緊張して話せなくなりそうですわ。

200円でネットで見れるのは、知っておりました。
R−1の公式サイトからリンクで飛べるところですね。
ただ、見てません。
理由は、「ブロードバンド配信中」ってなってるからです。
ウチはまだナローバンドなのですよ。
あと、有料だからです。
・・・実に分かりやすい(^^;
テレビでやっていれば100%見るのですが。

で、結論としては…来年は私も…いや、どうだろう、
…たぶん出ません(^^;
気持ちはあるんだけど…ってところです。
ウケるとかウケないとか、
予選通過するかしないかとかは、
別にどうでもいいんですけどね。
ただ、「舞台に立つ」という行為は
確かに経験してみたいのですよ。
でも、緊張してうまく喋れないまま終わってしまいそうで。

とりあえず、今回の私の中でのR−1優勝者は、
ヤンマーさんに決定ということで。
その姿勢に敬意を表して。
次回のMー1には「ヤンマー部隊隊長次長課長」
とかで出てたりしますか。しませんか。
サヨーナラ
前田健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
佐久間一行
ネゴシックス
ヤナギブソン
〆切まで時間が無いので手短に。
・優勝は友近だと思います。
・でも予想は前田健。
・陣内智則は何故か優勝する気がしません。
・長井秀和がもし出てたら優勝していた気がします。

■レス■
結局 不思議と誰一人、陣内を優勝に予想してくる人は
おりませんでした。
でも、みんな決勝には進むと思っている。

長井はなぜか出てませんな。なぜでしょう。
島田紳助がもし出てたら優勝していた気がします。
コメント抜きの、「予想だけ」
色須魅亜
トミーズ健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
ユウキロック
ららら松村
八戸
南野やじ
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
タケウチパンダ
トミーズ健
中山功太
浅越ゴエ
陣内智則
南野やじ
後藤秀樹
倉本美津留
鈴木つかさ
ネゴシックス
ヤナギブソン
ららら松村
だじゅうる
桂三若
陣内智則
友近
なかやまきんに君
前田健
鈴木つかさ
中山功太
名刀長塚
ユリオカ超特Q
びっくり
ホスピタル
友近
浅越ゴエ
陣内智則
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
西川かの子
ネゴシックス
ユウキロック
ヤンマー
部隊隊長
桂三若
浅越ゴエ
陣内智則
友近
ハローケイスケ
佐久間一行
末高斗夢
スマイリーキクチ
ヤナギブソン
サヨーナラ
前田健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
佐久間一行
ネゴシックス
ヤナギブソン






予想集計
(2004年2月22日 更新)

2月20日の午後11時をもって、受付を終了致しました。
6名の皆様からの投稿をいただきました。
ありがとうございました。

私も含めた、計7人の
「誰に何人が投票したか」は、
以下のようになりました。

あべこうじ
五十嵐サキ
伊藤麻子
加藤誉子
衣笠雅子
キノッP
清水宏
新塾タイガー
杉岡みどり
長州小力
テル
波田陽区
パペットマペット
ヒロシ
松本美香
ミクロマン
山崎邦正
ユミミ
若井おさむ
末高斗夢
スマイリーキクチ
タケウチパンダ
なかやまきんに君
西川かの子
ハローケイスケ
名刀長塚
ユリオカ超特Q
大輪教授
桂三若
佐久間一行
鈴木つかさ
田上よしえ
トミーズ健
中山功太
前田健
南野やじ
ユウキロック
ららら松村
後藤秀樹
ネゴシックス
ヤナギブソン
倉本美津留
浅越ゴエ
友近
陣内智則


前回大会同様、陣内智則を参加者全員が予想。
しかし前回と違うのは、陣内を予想している全員が、
「優勝するとは予想していない」ということ。

「第2回R−1ぐらんぷり」の今後のスケジュールは、
2月21日(土) 大阪準決勝
2月28日(土) 東京準決勝
3月6日(土) 決勝(優勝者決定)
・・・となっております。
それぞれの結果が分かり次第、更新をしていきます。





準決勝終了時点での結果
(2004年2月29日 更新)


2月28日の準決勝を終えて、
29日に「決勝進出者」が発表されました。

予想募集中には「何人が決勝に残るのか」が
分からなかったので
とりあえず「9人」で募集しましたが、
締切後に決勝進出者は「8人」であることが分かりました。

そんなわけで、決勝に残ったのは、以下の8名です。


浅越ゴエ
あべこうじ
陣内智則
友近
ネゴシックス
ヒロシ
南野やじ
ヤナギブソン


「ヒロシ」はサンミュージック、
残り7人が吉本という結果になりました。

全員が予想した「陣内智則」は無事に決勝進出。
「めちゃイケ」等に出演し最近注目を集めだしている
「ネゴシックス」も決勝進出。

そんな中、誰も予想していない「あべこうじ」と
「ヒロシ」も決勝進出ということに。
皆さん、「予想していない」というより、
「どんな人なのか知らない」のかも知れませんが。
実際、私は初耳です。この2人。


そんなわけで、皆さんの予想の結果は、こうなりました。
背景色がグレーの人が、惜しくも決勝進出できなかった人。




予想
正解数
色須魅亜
トミーズ健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
ユウキロック
ららら松村
八戸
南野やじ
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
タケウチパンダ
トミーズ健
中山功太
浅越ゴエ
陣内智則
南野やじ
後藤秀樹
倉本美津留
鈴木つかさ
ネゴシックス
ヤナギブソン
ららら松村
だじゅうる
桂三若
陣内智則
友近
なかやまきんに君
前田健
鈴木つかさ
中山功太
名刀長塚
ユリオカ超特Q
びっくり
ホスピタル
友近
浅越ゴエ
陣内智則
後藤秀樹
倉本美津留
田上よしえ
西川かの子
ネゴシックス
ユウキロック
ヤンマー
部隊隊長
桂三若
浅越ゴエ
陣内智則
友近
ハローケイスケ
佐久間一行
末高斗夢
スマイリーキクチ
ヤナギブソン
サヨーナラ
前田健
浅越ゴエ
陣内智則
友近
大輪教授
倉本美津留
佐久間一行
ネゴシックス
ヤナギブソン


以上の結果を点数化すると、以下のようになります。


予想者
点数
優勝予想者
浅越ゴエ
八戸
南野やじ
びっくりホスピタル
友近
サヨーナラ
前田健
ヤンマー部隊隊長
桂三若
色須魅亜
トミーズ健
だじゅうる
桂三若


8人中5人を的中させた鴨さんがトップに。
サヨーナラさんも5人的中しましたが、
優勝予想の前田鍵が決勝に進出できなかったので
2点引かれてしまいました。


さて、あとは3月6日に行われる決勝戦を
残すのみとなりました。
果たして誰が優勝するのでしょうか。
あえて皆さんが優勝予想から外した
陣内智則はどうなるのでしょうか。





最終結果
(2004年3月7日 更新)


3月6日、NGKにて「決勝」が行われました。
その結果、優勝者が決定いたしました。

優勝者は、浅越ゴエでした。

なので、浅越ゴエを「決勝に進出する」と予想した
色須魅亜
八戸さん
びっくりホスピタルさん
ヤンマー部隊隊長さん
サヨーナラさん

「決勝進出する」と予想した人が
優勝はしなかったけど、決勝戦には進んだ

1点が無くなり、
「決勝進出する」と予想した人が優勝した
2点が入ります。
つまり、上の表に1点ずつ追加されることになります。

そして、「優勝者予想正解者」は、ただ1人、鴨さんのみでした。
鴨さんの「優勝する」と予想した人が
優勝はしなかったけど、決勝戦には進んだ

1点が無くなり、
「優勝する」と予想した人が優勝した
3点が入ります。
つまり、上の表に2点追加されることになります。


以上を表にすると、こうなります。

予想者
点数
優勝予想者
浅越ゴエ
八戸
南野やじ
びっくりホスピタル
友近
サヨーナラ
前田健
ヤンマー部隊隊長
桂三若
色須魅亜
トミーズ健
だじゅうる
桂三若


そんなわけで、
「第2回Rー1ぐらんぷり決勝進出者予想企画」、
優勝者は鴨さんに決定いたしました。
おめでとうございました。

・・・しかし、「M−1」と違うのは、
「優勝者が決まっても、放送がまだ」ってとこなわけで。
ネタの内容がどんなだったのかも分からないので
感想もあんまり書きようが無い、
みたいなところもあったりしますけどもね。
もし、感想等ありましたら、ゲストブックにでもどうぞ。

なお、テレビ放送は関西テレビで
3月14日(日)の午後4時〜5時25分となります。
おそらく関西ローカルだと思われます。



みなさんが「決勝に進む」と予想しながら、
あえて優勝予想から外した陣内智則は、
今回も優勝ならずでした。

ところで、こないだ、毎週録画している
「速報! 歌の大辞テン」(日テレ)を
いつものように録画してたのですが、
なんか、普通に陣内智則がゲストとして座ってましたですね。

「爆笑オンエアバトル」(NHK)とか
「エンタの神様」(日テレ)などの
「全国ネットの番組」に出ることは今までもあったけど、
このへんは「ネタ番組」なので、
「芸人がネタ番組に出ること」ってのは
ありえることじゃないですか。
でも、全然ネタ番組でもない「速報! 歌の大辞テン」に
普通にゲストとして座ってるってのは
なんか不思議な感じがしたなあ。
もう、陣内も、そんなところまで来てるんだなあ。




あと、この「第2回Rー1ぐらんぷり
決勝進出者予想企画」の「点数表」を計算していて、
「第3回M−1グランプリ決勝進出者予想企画」に
計算ミスがあることに気が付きました。

修正に関しては、↑のファイルを御覧ください。
なお、順位自体は特に変わりません。
点数が変わってくるだけです。








「巴順鬼未亞」トップページへ


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ