時の翼亭

もしも、神様がいるのなら
貴方と逢わせてくれた事を
貴方の側にいさせてくれた事に、感謝したい
ほんの僅かな時だけだったけれども貴方の側にいられた事実を
暗き支天の輪の中で零れる光
それが、貴方との思い出
思い出を抱きしめて私は眠る
再び貴方に出会う日を夢見て
それは夢
遠い遠い昔の
儚い希望だと知っている
それでも、私は願わずに入られない
貴方と再び出逢う日を
貴方と交わした約束が叶う日を・・・・・・

Enter

時の翼亭へようこそ、貴方の来訪を歓迎します