1/6スケールのWespeのディティールアップに挑戦します。
  
はじめに

スーパーフェスティバルのカスタムワールド共同展示の為に、DCSの飯野さんが輸入したアメリカのMajor Midnight製、1/6スケールのWespeを簡単にディディールアップしてみました。

  
制 作 記 と い う よ り 奮 闘 記(笑)
  
到着
 
今回のヴェスペはアメリカからDCSさんに到着した梱包のまま、私の所に送られて来た。
 
慎重に開梱すると、なんと!既に破損している・・・。
 
上2枚と左は到着時の破損状況と取れていた部品を撮影したもの・・・。
破損部品の取り付け

取り敢えず、取れていた部品を再接着した状態。
 
今回も例によって装甲板の表面処理と足回りに多少泥が付いた状態にし、全体を再塗装する事にした。

泥と装甲板表面の表現

泥は例によって、コーヒー豆を挽いた物とポリパテを混ぜ、ラッカーシンナーで溶いて塗布する。
 
装甲板はベニア製なので、表面に少し凹凸を付ける為、シナリーパウダーとポリパテを混ぜた物をラッカーシンナーで溶いて塗布した。
 
各装甲板の接合部は結構もろいので、ゼリータイプの瞬間接着剤で溶接表現を兼ねた補強をした。
 
画像は泥と装甲板表面処理を終えて泥の塗装をした状態。

基本色塗装

基本色は、タミヤの水性アクリルのダークイエローにフラットブラックやフラットアースを混ぜて、多少調子をつけながらエアブラシで塗装した。
 
作業時間を短縮する為にラッカーシンナーでアクリル塗料を薄めると殆ど瞬時に乾燥する。
 
兎に角大きさが大きさなので(笑)、塗装と言っても結構重労働で、模型を塗っていると言う感じがしない・・・(笑)。

迷彩塗装完了

迷彩塗装はマーダーIIと同じ様に、ダークグリーンとレッドブラウンで行い3色迷彩にしてみたが、タミヤの水性アクリルだと各一ビンが空になる(笑)。
 
各面を塗る時に片手で車体を持ち上げるのがかなり厳しいので、車体の下に敷く適当な台を用意する必要がある。
 
装備品は最初からしっかり固定されているので、細かい事は無視して塗装したあとから筆で塗り別けるが、大きいので左程苦にはならない。

迷彩塗装完了

実際には細部を多少いじっているのだが、作業中の画像は今回も撮る余裕が無かった・・・。
 
このスケールになると、精密感より重量感や迫力が前面に出てしまう傾向は否めないのと、強度の関係であまり細かいディティールアップは難しいかもしれない。
 
特にフィギュアを乗せる内部や、運搬時に触る部分は頑丈でないとならないからだ・・・。

迷彩塗装完了

概ね、この様な姿で展示会当日を迎えた。
 
1/35では小さい感じがするヴェスペだが、このスケールになると迫力も充分である(笑)。

  
スーフェス展示を見る
  
御意見・御感想など御座いましたらこちらの掲示板にお願いいたします。
  
ホームに戻る
12inchActionFigure
トップへ