車を運転しているときにものすごい夕立ちに遭うと、
いくらワイパーを使っても前が見えなくなることがあります。

このようなドシャ降りの雨の直径は5mmで、スピードは時速32.6kmにもなります。
雨の速度は雨粒の大きさによって違い、
大きいほど速くなります。(空気抵抗の影響が小さくなる為)

直径0.4mmの小雨ならば時速5.8km程度、直径0.8mmの並の雨であれば時速11.8km程度です。
雨の速度は、雨がどれくらいの高さから落ちてくるかによりますが、
冬なら地上約2000m、夏なら地上約5000mから落下してきます。

夏に雷とともに降ってくるドシャ降りが、一番高い所から落ちてくるというわけです。
雨の替わりにお金が降ってきたら一体時速何キロになるんでしょうか?(笑)
多分、家なんて一瞬で破壊されます。



戻る