シェンムー 人事典

登場キャラクター一覧(1999年9月開始)

発表された情報と、全てあたくしの主観によって説明致します!
 発売前に書かれた予想と『シェンムーパスポート』に書かれたプロフィールを交え最終的に完全な物にしたいと思っています。
 人事典なので当然ながら一部の人物にはねたばれがあります。
2003/6/24更新 【各ページ、中国人名に北京語表記をプラス】

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)
■氏名【読み方】性別は■男■女 生年月日 年齢
星座 血液型 身長 体重 出現エリア

□あ〜お
相沢直道【あいざわなおみち】1965年2月14日 21歳
 水瓶座 A型 180cm 77kg 新横須賀港
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
坊主頭なんだけど、髪の生え方がまばらな感じがして何だか汚く見えてしまう。(苦笑)
 蒲田出身。大学のヨット部あがりだが、酒癖が悪く、それが元で退学処分になっている。見た目よりも腕力が強く、腕相撲はかなりのもの。但し、格闘技は経験が無いので折角の腕力も活かせず仕舞いである。
 グレーと赤のツートンのスタジアムジャンパーの背中に「88」という定番スタイル。そして赤系統の迷彩ズボンを履いている。…し、しかし、人事典のスタートがマッドエンジェルスだとは…。(苦笑)
相澤翠【あいざわみどり】1957年6月17日 29歳
 双子座 A型 162cm 49kg Water Dragon 1号店
 体験版ではお馴染み「通せんぼお姉さん」(笑)国道16号への侵入を体を張って阻止しています。名前と同じ緑色の服着てます。
 製品版ではジーンズショップ「ウォータードラゴン」の店員として登場、でも、さらに愛想が無くなってしまった気がします。

 古着屋「Water Dragon」の店長。サービス業をしている割に愛想は悪い。仕事以外には興味は無く、売り上げ向上によって、本社への栄転復帰を目指している。2号店の赤坂には、特に対抗心を燃やしているらしい。
会田トキ【あいだとき】1916年9月20日 70歳
 乙女座 AB型 150cm 45kg フラワーセンターアイダ
 涼のクラスメイト、原崎望の祖母。恐らく母方の方でしょうか。町内を仕切るだけあってなかなか恐い人かも知れません。あんな小さい花屋に「フラワーセンター」と名付けるあたり冗談が好きな人なのかも??(笑)
 製品版で初めてお逢いしましたが、あんなに歳をとっているとは思いませんでした。ちょっと大丈夫?って感じかも?

 花屋「アイダ」の店主で原崎望の祖母。生れは北海道で18歳で郷里を家出同然で飛び出し、アメリカに渡ろうと船に密航したのだが、それは横須賀行きの船だった。しかもあえなく発見されてしまい警察に突き出されそうになる。
 それを助けたのが船乗りをしていた会田誠だった。お互いに一目惚れだった2人は、横須賀に着くなり電撃結婚を果たす。しかし、その半年後、夫の乗った船が大西洋に沈んでしまう。娘の理沙を身ごもった直後の出来事だった。
 だがそんな不幸にも屈する事無く、トキはドブ板のスナックで働きながら娘を育て上げた。いまや伝説になった数々の大恋愛を経験し、いつしか横須賀の男達のマドンナ的存在に。娘の結婚を期にスナック勤めをやめたトキは、コツコツ貯めたお金で花屋を開店し、今は穏やかな毎日を送っている。最近、孫娘の望が昔の自分に似てきたと思っている様です。
青井勝【あおいまさる】1937年1月22日 49歳
 水瓶座 AB型 163cm 69kg 八百屋・八百勝
 現在、身元不明。あ、下書き込んで判りました!八百屋さんです。「八百勝」の店主ですね。
 カラオケが大好きでいつも通っているみたいですよね。

 ドブ板の八百屋「八百勝」の店主。
 小さな頃から悪ガキで、15歳で既に極道と呼ばれる貫禄があった。八百屋の仕事は母親任せでギャンブルに入れ込んでいた父の背中を見て育ったせいかも知れない。
 近所の野田信吉(魚吉の店主)、田村宏(タムラ精肉店の店主)を子分に従え、喧嘩にも精を出し、横浜、横須賀近辺に名のある悪童はほぼ締めあげていた。
 そんなバカな生活も、勝が高校2年生の時に母親が過労で倒れた事で一変、迷わずに高校を中退して父親と2人で店の仕事をするようになった。しかし、血は争えず、親子2人でその日の売り上げを全て飲み尽くすか、賭け尽くしてスッカラカンにする毎日。
 そんな生活が10年以上も続き、いい加減将来が心配になった父親は『とにかく、お金の事をしっかりやってくれる嫁を…』と、強引に勝にくっつけたのが、今の女房、良江である。殴られたら殴り返す気性の強い良江には、さすがの勝も歯が立たず、最近はギャンブルも控え目になった。
 たまに昔の仲間と繰り出す飲み屋でのカラオケが最高の安らぎである。昔は飲むと暴れるので嫌われたが、今は飲むとマイクを離さないので嫌われている。
『ああ、カラオケでガンガン歌いたいねえ』

 冒頭の文章は、チェッカーズの「ギザギザハートの子守歌」の歌詞を一歩先に進めた様なお人だ。(笑)
青井良江【あおいよしえ】1946年8月20日 40歳
 獅子座 O型 162cm 50kg 八百屋・八百勝
 「八百勝」のおばちゃん。DCMに名前入りで載った物は相当初期の物のようですね。体験版の方が全然いいです。
 と、思いきや、あれが製品版でした。某所からの情報ではあの体験版の時の人は別人として二章以降に出るとか。

 横須賀郊外に生れ、高校卒業後、信用金庫で会計事務をやっていた。「お金の事にしっかりした娘を嫁に……」
と、息子・勝の嫁探しをやっていた八百勝の先代が良江の評判を聞きつけ、強引に話をまとめてしまった。
 23歳で青井家に嫁ぎ、25歳で男の子を出産、ずっと八百勝で勝と共に商売を続けている。10年前に先代が亡くなってから、店の金をチョロまかしてはパチンコ、競馬とギャンブルに繰り出そうとする勝だが、良江は先代の期待に応え、しっかりと勝を締め上げている。
『あんなバカ父ちゃんに似たらとんでもない事になっちゃう…』
と心配し、15歳になる一人息子の博(*)は現在良江の一存でイギリスの寄宿学校へ留学させている。
(ひろし…良江はハカセの博のつもりだが、勝はバクチの博のつもりで命名した…みたい)
青木基幸【あおきもとゆき】1952年2月15日 34歳
 水瓶座 A型 168cm 62kg ファニーベア
 バーガーショップ「ファニーベア」の店主。何故店の名前が熊なのかは判らずじまい。時々、言葉を濁す。ヤバイ立場かも?(笑)
 売り上げが悪い事も何かとぼやいています。

 元銀行員で、脱サラしてハンバーガーショップを始めた。最初は素人同然だったが、日々、研究を重ね、ついには全日本ハンバーガー選手権アマチュアの部で優勝する程の腕前を持った。ただ、営業が下手で、それをカバーしようと最近では新製品の開発をしては失敗するという悪循環を繰り返している。
 売り上げが悪くても危機感を抱かないのは開店資金及び、運営資金を銀行時代の上司から出してもらっているためであり、その上司の決定的な弱みを握っているらしい。
(恐喝は駄目だなあ)
青山健児【あおやまけんじ】1978年6月1日 8歳
 双子座 A型 115cm 32kg
 明るく振る舞ってはいるが心に大きな傷を持っている少年。彼の両親は養父母で、しかも2組目である
(前養父母は5歳の時孤児院から引き取ってくれた恩人だったが自動車事故で一度に亡くしてしまった)。
 8歳にして「現実の重み」という意味を理解することは果たして幸せな事だろうか?
 体験版でも不幸なオーラを発していた事は、シェンムーBBS55Pでフェリシティが書いていたが、まさかこれほど不幸とは……。
 「あ、にいちゃんサッカーしようよ」
と呼びかけられる度相手してあげたいのに出来ないのがもどかしい。
赤坂和夫【あかさかかずお】1944年1月16日 42歳
 山羊座 A型 173cm 65kg
 ジーンズショップ「Water Dragon」2号店の店長。
気さくで頼り甲斐のある兄貴タイプで、涼とも顔馴染み。ジーンズに詳しく、ステッチを一目見ただけで年代やタイプ、メーカーをズバリと言い当てる事が出来る。
アキーム・チャント【Akiim Chant】1959年11月16日 27歳
 蠍座 O型 175cm 71kg
 出身地・イランの、港作業員。
上下ライトグリーンの作業着にやや浅黒い肌が特徴。
 生まれ故郷の町で多額の借金を重ね、それを返済するために出稼ぎに来ている。国では妻と二人の子供が彼の帰りを待っている。
 福井に使い走り扱いされることに、かなりの不満を抱えているが、口に出せずにいる。かなりの寒がりでいつも手袋を2枚重ねにしている。
秋田正【あきたただし】1950年9月28日 36歳
 天秤座 A型 170cm 66kg
 旧倉庫街の入口で警備をしている警備員。(ガードマン)
倉庫街を死守する『東北三銃士』(命名:フェリシティ)の内の1人。
 性格は律儀で、生真面目過ぎるきらいがある。同僚の山形義男とは同じ福島県出身なので仲が良く、よく一緒に見回りしている。顔に似合わず柔道の猛者で4段の実力者である。特に夜勤で倉庫の警備をする者は保安体制上、何等かの格闘技経験者が多い。
 やや、細面な印象の人だけど、特徴は少ない。『東北三銃士』の特徴通り、名前と出身地が一致しない。『東北三銃士』は他に、宮城、山形がいて、番外で千葉がいる。
明田川進【あけたがわすすむ】1929年2月10日 57歳
 水瓶座 B型 157cm 68kg
 シェンムー録音監督と同じ名前を持つこのお方。日本料理系の職人か?そば屋が怪しい。(笑)
 まさにそば屋「やま路」の店主でした。モデリングそのものも明田川さんですね。
 こだわりのソバを打ち続けて30年。すずめ公園向かいの「そば処、やま路」の店主。
 自分の腕と秘伝のつゆには自信を持っている。しかし最近どうにも疲れやすい事に悩んでおり、そろそろ店員の山中にソバ打ちを仕込んで、隠居に備えようかと考え始めている。
 思えば彼が初めてソバ打ちを教わったのは27歳の時で、住み込みで働き始めてから10年も経ってからである。後で教わったのだが、主人が作ったソバを出前する中で、一番いいソバの色味、食べ時加減を覚えるまでは最低10年かかるという。
 そんな「やま路」のしきたりに倣い、山中にも出前持ちをさせてもうすぐ10年になる。出来れば1人娘と山中を一緒にさせて、老後の面倒も一切合財みてもらえればいいなあ…、などと夢見ながら、今日も明田川は仕込みに余念が無い。
浅田実【あさだみのる】1936年5月16日 50歳
 牡牛座 O型 164cm 54kg
 麻雀荘のオーナー。いつも徹夜の様でそればかり口にしてろくに話も聞いてくれはしない。
 麻雀荘「大三元」の店主で、かっては伝説の雀士と呼ばれていたという。若い頃、自分に運の強さを感じた浅田は、麻雀で自分の運を試しに全国行脚の旅に出る。そこで個性豊かな雀士達と命を削る戦いを繰り広げた後、莫大な財を築く。
 取り立てて使い道が浮かばなかった彼は、旅の途中で一番気に入ったドブ板で麻雀荘をオープンさせる。店の名前の由来は彼の得意な技から来ているらしい。
 莫大な財という割にはこじんまりとした店だなあ。
浅野春夫【あさのはるお】1952年4月16日 34歳
 牡羊座 A型 184cm 80kg
 (有)網浜海浜倉庫勤務。
第2、3、4倉庫作業班の班長である彼は、謹厳実直、融通の効かない会社人間である。会社の中ではベテランに入るが、余りの生真面目さから、作業員の間では少し煙たがられている。
 顔のパーツが中心に集まっている様な顔をしている。ただ、凄く特徴がある顔でもない。格好も作業着の上に紺のジャンパーなので、似た格好の人はゴロゴロしている。
阿部節【あべせつ】1911年11月24日 75歳
 射手座 B型 154cm 48kg
 戦前は教師だった夫の留吉とともに満州で暮らしていた。終戦後、大陸からの引き上げのどさくさの中で留吉と生き別れになるが、節は何とか東京に戻った。
 だが実家は空襲で焼け落とされ両親の安否も知れず、節は留吉の両親を頼って横須賀へ向かった。家は焼けていなかったが両親は行方知れず で、節は残された店で細々と駄菓子を売って生計を立て今に至っている。いつか生き別れの夫・留吉がひょっこり帰って来るのでは?と思いながら食事を2人分作っておく生活が40年続いている。
 節にとって、店が子供達で賑わうのは、親兄弟も子供も無い孤独を紛らわすには丁度良かった。僻みっぽく口うるさい上、いつまでも涼を子供扱いするが、それも愛情の裏返しなのかも知れない。

 クジが外れた時の「一昨日おいで!」は山下マリにも匹敵する憎悪を覚える人もいるという。(笑)
 涼に対しては今になっても「ガチャガチャ涼坊」「イガグリ涼坊」などのあだ名で呼んでいるので、涼に相当煙たがられている筈。
有栖川弥生【ありすがわやよい】1969年7月24日 17歳
 獅子座 A型 158cm 45kg
 いつも港を愛犬と散歩するお嬢様。

 横須賀の高台に住む、深層の令嬢。
横浜にあるミッション系の女子高に通っている。性格が悪いというわけではないが、お嬢様というだけあって、やや世間知らずな所があり、会話をしても今一つ要領を得ない。
 最近散歩中に出会った革ジャンの人を何となく意識しており、この不思議な心境に自分でも戸惑っている。つい何度もドブ板に足を運んで しまうのはその人に会いたいという無意識の行動なのかも知れない。 
安西明仁【あんざいあきひと】1943年12月23日 43歳
 山羊座 O型 175cm 68kg
 ドブ板を歩いているのをよく見かけるおじさん。
中学を卒業後、相撲部屋に入ってしばらく修行していたが辛抱出来ずに間もなく脱走。以来、数々の職を転々とし、最近になってドブ板に流れて来た。不真面目な訳では無いのだが、どうも我慢強く無いというか、精神的に弱いらしい。
安西基裕【あんざいもとひろ】1961年12月16日 25歳
 射手座 B型 177cm 63kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員
学校を中退し、港でブラブラしているうちにマッドエンジェルスに入っていたという。
 腕力や格闘技の経験があるわけではないが、ずる賢く立ち回りがうまい。決して一人で戦う事はせず、戦うのはこちらが集団で、かつ圧倒的に有利な場合のみである。
 所謂、卑怯者。
アンドレイ・ヤノフスキー【あんどれい・やのふすきぃ】

 レーダー等にかからなくなる粒子を発見した人物。
…それは「ミノフスキー」。(笑)
 しかし……、 この人、ロシア系、あの風貌、間違い無く超能力者ですね。(笑)
ガ〜〜ン!一章に登場せず!結構楽しみにしてたのになあ。
伊佐山玲奈【いさやまれな】1970年2月26日 16歳
 魚座 A型 156cm 48kg
 まあ、スケ番、いわゆるスケ番。(笑)
南野裕美子の友人で札付きの不良女子高生。家庭環境などのせいで中学の時からグレはじめたが「おばあちゃん子」の隠れた一面を持っていて祖母にだけはいつも優しい態度で接している。
 ホクホク弁当の娘、沢野麻衣とは元々友人で、最近、麻衣を不良仲間に引っ張り込んでしまった。
 まだ16歳でありながら、スカートのポケットや制服の袖の中に、鋭いカミソリの刃は忍ばせている危険な少女である。  おばあちゃんには優しいというのがせめてもの救いかな?
でもね、馬鹿な事をやめるのはおばあちゃんが死んでからでは遅いぞ。早めに真面目になろう!(微笑)
石垣司【いしがきつかさ】1962年1月12日 24歳
 山羊座 AB型 172cm 62kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。外見は、暴走族というよりも、既にヤクザ風。
 村谷浩のグループの一員だった。成り上がり願望が強く、人一倍野心家でもある。しかし、腕っぷしが弱く、自分ではナンバー1になれない 事を知って、常に強い者のそばにいる。
 サングラスがトレードマークだが、視力が相当悪いらしく度が入っている。
石川芳雄【いしかわよしお】1967年3月24日 19歳
 牡羊座 AB型 176cm 71kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員
網浜出身。元網浜の暴走族『我流夢(ガルム)』のメンバーだった。抗争によって我流夢がマッドエンジェルスに破れ、吸収の形で組み入れられた。
いつも愛用のグラサンと青いバンダナがトレードマークである。
石田章宏【いしだあきひろ】1949年2月9日 39歳
 水瓶座 O型 180cm 122kg
 アルファ貿易庶務課に勤務するサラリーマンで、水色のスーツ姿。とにかく太っているお方。
 書類の受け渡しのために港中を走り回っている。それでも、某岡田斗司夫氏にそっくりな体型は変わらず痩せる事はない。
 趣味は古本屋巡り。仕事が休みの日に、珍しい本や貴重な初版本等を探して、都内を歩き回っている。
……それでも痩せない。(苦笑)
 以前、とある大作家の初版本を偶然手に入れたが妻にも言わず金庫の奥へとしまい込み、時々取り出して見ては、悦に入っている。最近2歳年上の妻は「失敗したかしら…?」とつぶやきながら、ワイドショーの人生相談に電話してみるかどうかを日々悩んでいるらしい。
石見隆浩【いしみたかひろ】1964年3月27日 22歳
 牡羊座 AB型 186cm 72kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
親友の渡辺毅と同じく、元は横須賀の暴走族「我流夢(がるむ)」のメンバーだった。純粋なバイク好きというわけではなく、ただバイクを暴走させ、集団でいる事に喜びを感じている。
 ジーンズに赤と黒のツートンのジャンパー&ヘルメットで、まっくろくろすけの親友とは差別化を図っている。登場するのは港で、涼を襲うQTE時。
石渡留美子【いしわたりるみこ】1940年9月7日 46歳
 乙女座 B型 155cm 47kg
 一見すると買い物帰りの普通の主婦といった感じだが、実は誰よりドブ板通りの裏情報に精通している情報屋。
赤いスクーターに乗りさっそうと人の中を進んでいく。
「ドブ板のルミさん」
といえば横須賀署の刑事の間では最も頼りになる情報屋の1人なのです。最近は永井興業の動向について注目している様。
井田周一郎【いだしゅういちろう】1950年4月17日 36歳
 牡羊座 B型 175cm 70kg
 新横須賀港のフォークリフト運転手。36の割にはちょっとふけ気味。ふっくらした顔立ち。
 勤務態度はあまり良くなく、仕事仲間の評判も悪い。生まれついての怠け者で、港に来るまでもいくつもの職業を転々としていた様だ。一応作業をしている様なフリをしているが、時々監督の目を盗んでは、荷物の陰で煙草をふかしてサボっている。
 とんでもない人だなあ。
…コメントもこの程度しか思い浮かばないヨ。(苦笑)
糸井武吉【いといぶきち】1913年2月26日 73歳
 魚座 O型 155cm 58kg
 ドブ板唯一のワッペン屋「マリー商会」を営む老人。
根っからの職人気質で、ワッペン作りに誇りを持っている。以前は長男の家族と暮らしていたが、息子が仕事で九州に赴任しているため、73歳という高齢にも関わらず、寂しい一人暮らしを送っている。

 実は元々は中国人で、涼が中国人を捜している時には何にも知らない様なフリをしていたのに、見つかってから中国人であった事を明かす、少々意地悪なお方。 まあ、でも日本に住む中国人として色々苦労なさったのかも知れないですね、許してあげちゃう。(微笑)
 「蘇健仁(そ けんじん/Su jianren)」という中国名もあるようですが、殆ど形だけの物だったみたいです。
伊藤佳代子【いとうかよこ】1980年10月23日 6歳
 天秤座 O型 112cm 22kg
 伊藤直之、康夫の妹。小学校1年生。年齢の近い兄・康夫を慕って、いつもあとを追いかけているが、近ごろではあまり相手にされていない。絵を書くのが大好きで、いつも道路にイタズラ描きをしている。康夫に置いてきぼりにされたり、共働きで忙しい両親が、なかなか帰ってこないときは、お絵描きしながら家族を待っている。動物好きの優しい女の子で犬や猫と友だちになるという、特異な才能がある。
伊藤直之【いとうなおゆき】1968年5月14日 18歳
 牡牛座 O型 177cm 61kg
 伊藤康夫、佳代子の、年の離れた兄。共稼ぎで忙しい両親に代わり、兄弟の面倒をよく見る、優しい男である。
 しかし、受験を来年に控えているため、近ごろでは妹の面倒は弟に任せっきりにしている。同級生の涼、桜田とは仲が良く「直之」「桜田」「涼」と呼び合っている。もともと幼なじみだった涼と桜田に、直之が加わったのは、小学校2年生の夏。伊藤家が桜ヶ丘に家族で引っ越してきてからである。当初、直之は転校生いじめにあっており、それに気づいた涼に助けられて以来、親友となる。高校1年のころから始めたバイトで貯金がたまり、つい最近、念願のバイクを入手。嬉しくて飽きもせず、涼や桜田をつかまえては、バイクの話を始めてしまう。成績は上の中。意外にも理数系に強く、なかでも物理は学年でもトップクラスである。
伊藤康夫【いとうやすお】1979年2月16日 7歳
 水瓶座 O型 118cm 24kg
 伊藤直之の弟で、佳代子の兄。共働きで忙しい両親と受験で大変な兄に代わり妹の面倒をよく見る優しい子である。
しかし近ごろ、いつもついてくる妹をうっとうしく思っている。広太とともにサッカーに夢中で、2人でいつも飽きることなくサッカー話を繰広げている。そんな彼の将来の夢はワールドカップにでること。理論派の優等生タイプで成績は上の中。特に理数系に強く、算数は学年でもトップクラスである。広太に頼まれ、宿題のドリルを肩代わりすることも多い。体育も好きだが、鉄棒の逆上がりができないことが、彼の大きな悩みである。
伊藤真樹【いとうまき】

 女子高校生。
だが、一章においては没キャラクターとなったみたい。
 関係無いけど、このキャラと名前の発表は、後藤真希デビューより前です。
犬・茶色【いぬ・ちゃいろ】1980年 6歳
 雄 82cm 21kg
 住宅街やドブ板をウロウロ歩き回っている犬である。
首輪が無い所から察するに、野良犬の様であるが、誰かが定期的に餌をやり、手入れしているらしく妙に毛艶がいい。
 或いは散歩に連れて行く時間を惜しむ飼い主が適当な時間だけ鎖を外して、その間だけ放しているのかもしれない。
 体験版の頃から登場のお馴染みの犬。
殆どいつも歩いているのでややリアリティに欠ける。たまに全速力で走ったり、猫を追いかけたりすると雰囲気が出たのにね。
犬・白色【いぬ・しろ】1981年 5歳
 雌 76cm 18kg
 深窓の令嬢・有栖川弥生に子犬の時から大切に育てられてきたまさに「お嬢様犬」。
 弥生にきちんとしつけられてきただけあって、あまり吠える事も無ければ慌ただしく駆けていく事も無い。飼い主に似て温和な性格で、縄張りを巡ってケンカしている姿を見かける事も無い。
 今は弥生と過ごす港の散歩の時間を毎日楽しみにしている。港で弥生と戯れ、頬をすり合わせたりする時、周囲の作業員達から羨ましそうに見られるのをちょっと得意に思っている。
伊能和広【いのうかずひろ】1968年10月19日 18歳
 天秤座 A型 170cm 60kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。 国枝明通と同じグループに所属し、そこではナンバー2だった。しかし、新参者なのでマッドエンジェルスの兵隊グループの中では立場が弱く 、その事に対して少々不満を持っている。外見は長髪、黒髪でそんない目立たない。
 そんな下らない事やってないで、横須賀の地図でも作ったら?
今市義一【いまいちぎいち】1965年11月3日 21歳
 蠍座 A型 184cm 82kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。頭にバンダナを巻いている。なんじゃこの名前は〜〜〜!?(笑)
どうも、シェンムーに登場する人は名字と名前で韻を踏んでいるケースが多い。
 川崎出身。実家は小さな町工場。一時は工場を継ごうとも考えたが、出来のいい兄(工業大学卒業)と何かにつけて比較される生活に嫌気がさして、無頼の道に踏みいる。
 見かけによらず手先が器用でメカに詳しく、幹部であるペドロのバイクは彼が整備を担当している。その腕はやはり実家の工場を継ぐのに使った方がよろしいかと思われます……。
入江ユキ子【いりえゆきこ】1963年5月15日 23歳
 牡牛座 AB型 151cm 42kg
 新横須賀港の倉庫管理会社に勤めるOL。
姉御肌の気さくな性格で、新入社員のよき相談相手になる事も多い。一年先輩にあたる同僚、服部涼子とは親友である。
 その明るくオープンな性格のため無骨な港湾作業員達にも受けが良い。隠れた新横須賀港のアイドル。
岩崎健太【いわさきけんた】1978年2月23日 8歳
 魚座 A型 127cm 32kg
 住宅街やドブ板を遊び場にしている元気な男の子。
薄茶色のセーターに緑色のズボンの風貌。
 優しい顔立ちをしているが、これは彼独自の処世術がさせているものであって、家の中ではもっと険しい顔をしているという。大人に取り入るのが上手く、抜け目の無い少年である。
 ……こわい。でも、確かにこういうタイプの子っていそうだなあ、というかいます。(苦笑)
岩田満【いわたみつる】1953年7月28日 33歳
 獅子座 A型 180cm 77kg
 酔っ払って歩く人、通称「デージョーブブラザース」(笑)の一人。
 昼間はドブ板から10分の貿易会社に勤める。
勤勉さだけが取り柄の係長。3年前には熱烈な社内恋愛の末結婚。現在2歳半になる息子がいて、幸せ一杯の日々…の筈なのだが、仕事がうまくいっていないのか、酒に酔う日々である。  33歳としてはちょっと老け気味って、まあ酔っ払ってるせいもあるけれど…。「デージョーブ」って…。(笑)
ウィルソン・ボネット【Wilson Bonett】1958年6月14日 28歳
 双子座 AB型 188cm 80kg
 横須賀にある米軍ベースのクルー。
ギルバートとつるんで、よくドブ板のバー「MJQ」に足を運んでビリヤードに勤しんでいるサングラスを かけた黒人男性。
 結構短気なせいかビリヤード勝負においても冷静なギルバートには今一歩届かず、いつもバーボンを おごらされている。
上田浩【うえだひろし】1959年6月16日 27歳
 双子座 B型 175cm 99kg
 (有)網浜海浜管理に勤務。
大学では土木関連を選考していた。一応、主任扱いだが、まだ入社2年目のため、ベテランの作業員からは、まだ半人前扱いされている。ようやく、仕事の段取りが呑み込めた所で、仕事が面白い時期に差し掛かっている。そのため恋人をほったらかしにし、喧嘩が絶えないらしい。
 真ん丸と太った体型に、丸い眼鏡、大きな鼻と、まるでパーティーグッズのヒゲ無しバージョンのメガネをかけている様な人。誰が似顔絵を描いてもかなり似てしまいそう。(笑)
植本智雄【うえもとともお】1957年11月10日 29歳
 蠍座 A型 174cm 69kg
 フォークリフト運転手。
以前は大企業の営業課にいたが、体質に合わず半年で退職。その後、コンビニやゲーセンのアルバイト、ディスカウントショップの店員などの職を転々とし、フォーク運転手になった。最近ではこれが天職だと思い始めている。
 髪型はリーゼント気味のオールバック。確かにあまり営業という雰囲気は無い。
ウォン【うぉん】10歳くらい?

 まだ見ぬシェンムー二章以降で涼の弟分として活躍しそうな気配、どっちにせよ横須賀には縁の無いキャラクターでしょう。(笑)
 名字がリーだったら涼君を修正してくれるのに……。
(一部の人限定ネタ)
鵜沢栄【うざわさかえ】1957年2月4日 29歳
 水瓶座 A型 170cm 60kg
 港の警備員の一人。
顔が面長で、しかも競馬好きであることから同僚からは「ウマ」という、あまり有り難くないニックネームで呼ばれている。同僚の保谷とよくつるんで繁華街に繰り出すが、保谷のカラオケ好きには幾分閉口気味らしい。土日が非番の時は競馬場にもよく足を運んでいるが、成績の方は本人が自慢する程ではないらしい。
 警備員なので当然、その制服。ただしガードマン風。顔が何となく、俳優の故・川谷拓三さんに近い気がします。
……あたくしがそう思うだけで似てないかも知れないですが…。
牛尾修【うしおおさむ】1949年11月9日 37歳
 蠍座 A型 176cm 80kg
 港で働いているフォークリフト運転手。
この仕事に就いて随分経つが、あまりにも几帳面かつ、神経質な性格なため、いつまで経っても作業効率がよくならない。結婚生活6年目にして、ようやく授かった子供が2歳になり、そろそろ転職時期かと悩んでいるという。
 作業着の上に紺のジャンパーというお馴染みのスタイル。髪は多少天然パーマがかかっているのかふわっとした感じ。顔に関しては、これと言った特徴がないけど、やっぱり疲れた感じは否めない。
臼井章子【うすいしょうこ】1969年8月22日 17歳
 獅子座 B型 161cm 49kg

 横浜の学校に通っている女子高生。
学校帰りに道草をするのが趣味で、よく古着屋のウォータードラゴンや バーガーショップのファニーベアなどに立ち寄っている。しかしお小遣いが少ないのでそうそう気軽に買い物も出来ず、見るだけにとどめている様です。
 家は、山の瀬神社向かいにあるアパート「山の瀬荘」
宇田川君江【うだがわきみえ】1958年1月29日 27歳
 水瓶座 O型 163cm 49kg
 お嬢様女子大を卒業後、実家でブラブラしていたら、両親に無理やり、お見合いをさせられそうになったので、家出同然に飛び出して、ドブ板に住み着いた。両親は君枝がドブ板にいることを知らない。
 実家のクローゼットには、高級ブランド物の服が優に100着は並んでいるが、持ち出せたのは2、3着で、それも生活のために質入れで、消えてしまった。今はジーンズの上下2着を着回している。これらはバイト先のウォータードラゴンで店長が厚意で分けてくれたものである。君枝は店長の赤坂にだけ「横浜に敷地100坪以上の超豪華な実家がある」ことを打ち明けているが、赤坂はホラ話だと信じて疑わない。それどころか君枝がアパートを借りるときに保証人になったことを後悔しており、いつか君枝が家賃を踏み倒して逃げやしないかとヒヤヒヤしている。しかし君枝は初めての貧乏一人暮らしが結構気に入っており、しばらくこのままウォータードラゴンで働くつもりでいる。探偵を雇うなど、八方手を尽くす両親に見つからなければの話だが。
 その商売の勧誘方法はちょっと恐い。買わないと呪われそうな気さえするのは気の性だろうか。(笑)
内城誠次【うちしろせいじ】1958年10月26日 28歳
 蠍座 B型 167cm 59kg
 港で働いているフォークリフト運転手。
性格は明るく、仲間内でもムードメーカー的存在になっている。2年前、博多からフォークシンガーを目指し上京。だが、生活に追われる内に今の職業に定着してしまっている。一緒に上京した友人は、既に故郷に帰っており、もう連絡も数える程しか無いという。
 これと言った特徴の無い顔立ち。ただ、笑うと出っ歯そうな顔立ちはしています。(実際は違いそうだけど)
 フォークシンガーを目指すというだけに、持ち歌を聞いてみたい気がしますね。途中で聴いている方が赤面しそうな歌っぽそうですが。(笑)
内山豪士【うちやまごうし】1963年3月20日 23歳
 魚座 A型 171cm 71kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。一見、米海軍所属の軍人かと思うくらいガッチリした風貌だけど日本人。
 伊豆出身。学生時代はラグビーでならした猛者。大学中退後、横浜歓楽街での用心棒などを経て、マッドエンジェルスに入った。普段は無口 だが、怒らせると手がつけられないほど暴れまくる。
宇和島忠士【うわじまただし】1939年3月8日 47歳
 魚座 O型 176cm 68kg
 港の入口に立っている警備員。
日焼けした浅黒い肌といい、分厚い唇といい、日本人離れした印象を受けるが、実際は奄美大島の出身で、高校卒業後に上京、各地を転々としたあと横須賀に落ち着いた。
 顔に似合わず親切で口調も丁寧である。トレードマークのヒゲが、彫りの深い顔とあいまって濃い印象を与えるせいか、47歳になってもまだ恋人が出来ないらしい。
 とにかく、日本語喋らなければ外国人にしか見えない。TV東京で平日にやってそうなカットされまくりの映画に三分間だけ出てそうなくらいに……。
永著燕【えいちょえん/Yong zhuyan】1949年10月18日 37歳
 天秤座 A型 170cm 68kg
 BAR YOKOSUKAの常連客で、若い頃、仕立て屋の劉公恵の下で修行をしていた事がある、元三刀の中国人。
 同郷で兄の様に慕う呉李賢に誘われて一緒に来日した。しかし、手先が器用でなく、一向に技術が上達しない上にお金も貯まらないので、より実入りのいい工場勤めをする事になった。今でも劉公恵には感謝しているが、向いてないものは仕方無いと思っている。
 今はガッチリお金を貯めて中国に帰り、両親と兄弟が一緒に住める大きな家を建てるのが夢だ。3年も頑張れば何とかなる筈だったのだが、毎晩ドブ板で飲んでしまうため計画は5年に延期された…、が、残念ながら近々7年に延期されそうな気配が濃厚である。
榎彰男【えのきあきお】1968年6月24日 18歳
 蟹座 A型 172cm 62kg
 いわゆる番長、どう見ても番長。でも昭和40年50年代の番長。鈴木裕さんの頭の中の感覚は古い物でいっぱい。(笑)
 夜になると仲間と共にアパートの裏に集まり、何をするでもなくジーッとしている。実は無害な番長かも?(笑)
 ゴリラに似ている。あれでも18歳!?

 ドブ板の不良高校生。一応番長を気取り、涼を見かけるといつも喧嘩をふっかけるが、今まで一度も涼に勝った事が無い。
 外見に似合わず動物好きらしく、深夜「山の瀬稲荷」で恵たちの野良猫を世話している姿を何人かの住民が目撃している。いつも口にくわえている葉っぱがトレードマーク。何処までも昭和4、50年代に拘り を持つ男の様だ。
 動物好きという事もあるけれど、子分に対してもある程度思いやりというものは感じられ、決して悪人では無いです。(微笑)
海老名史雄【えびなふみお】1966年11月16日 20歳
 蠍座 A型 180cm 68kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
一見するとクールな印象を受けるが、実際にはかなり過激な性格の持ち主。怒ると歯止めが効かず、周りの者が止めなければとっくに殺人罪で 捕まっているという凶暴な男である。
 生意気で物怖じせず、テリーやペドロに対しても強気の発言をしている。逆にテリーはその向こうっ気の強さを気に入っているらしい。
 グリーンのセーターでやや長髪。「柴田孝之」の色違い。
遠藤省三【えんどうしょうぞう】1958年8月16日 28歳
 獅子座 A型 180cm 70kg
 (有)網浜海浜倉庫勤務している作業員。
決して『ココリコ』の一人ではない。
 大らか、かつ生真面目な性格なので、地味な作業にも文句を言わず毎日コツコツ取り組んでいる。その姿勢が現場監督や主任から評価され、近々昇進の予定である。昇進した暁にはいよいよ結婚するの予定で、仲人は誰にしようか悩んでいるらしい。
 前進ライトグリーンのつなぎ作業着に帽子と、常人が見分けるのは非常に難しい。顔立ちの雰囲気だけを言うなら何となく、メイクしてないのに「歌舞伎」みたいな顔…という事かしら?(笑)
遠藤紗智【えんどうさち】

 一見して主婦。
…1章ボツになりました〜。
大石敬三【おおいしけいぞう】1925年11月1日 61歳
 蠍座 O型 166cm 58kg
 たぶんハイエンドフェイスでお馴染み「文化堂」のおじいさん。
 そう、そして、シェンムーパスポートにおける大石さんの語りは物凄く感動してしまう。実際のゲームにおける大石さんよりも、フェイスCGの大石さんの方の印象が遥かに大きいですね。

 骨董屋「文化堂」の主人。掘り出し物を求めて全国各地を渡り歩くことが多く、店を留守にしていることも多い。40年以上に及ぶキャリアと経験からくる鑑定眼は正確で知識も豊富である。主に中国の古美術に精通しており、店内にはそれらの品も多い。
 また趣味で歴史の古い文献なども集めており、たまにどこかの流派の武術書が置いてあることも…。
大野弘正【おおのひろまさ】 1955年5月6日 31歳
 牡牛座 A型 170cm 70kg
 ヒゲの矢田さんの元で働くフォークリフト運転手。
アルファ貿易の正社員。仕事の速さは社内ではトップである。1日に170個の荷物を運んだ記録を持つフォークリフトの名人で、その功績を認められ、31歳の若さで荷役運搬主任となり、作業現場を取り仕切っている。少々気が短い所があり、時々作業員を怒鳴りつけている。
 フォークリフト運転手の制服と言える作業着の上に紺のジャンパー。顔は目が小さく、鼻が大きいので、何となく、くまのプーさんっぽいイメージがあるかも?
岡江幸子【おかえさちこ】1966年10月1日 20歳
 天秤座 O型 162cm 58cm

 現在、早稲田大学を目指して勉強中の浪人生。
昼間はあまり勉強に身が入らないらしく、ドブ板をあちこちうろついている。散歩自体が好きなので特定の店に立ち寄るという事は殆ど無く、口下手なせいか、人と話すのが苦手で、返事にもあまり愛想が無い。
岡林賢一【おかばやしけんいち】1969年12月4日 17歳
 射手座 A型 172cm 71kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員
元暴走族だったが、交通機動隊との衝突でチームを解散させられ、その鬱憤(うっぷん)を晴らすためにマッドエンジェルスの傘下に入った。かなり気合いの入った性格で、暴走族時代から特攻服を着て先陣を切っていたという。
 仲間の加川岳文とはチームにいた時からのコンビである。あまりに仲が良すぎて姿顔形まで似てしまったのは『秘密』だ。(微笑)
紫服で茶髪→加川。黒服で黒髪→岡林。
 ちなみに、ヤクルトスワローズに在籍し、特に1992年の日本シリーズで活躍した「岡林洋一」投手とは関係ありません。……が、名前決定の際、名前担当が「プロ野球選手名鑑」等を参考にして一文字替えたという推測も出来ますね。一文字違ったり、名前の雰囲気が似たケースが多々あります。
 特にこのケースでは、背番号15番に岡林洋一投手、14番に宮本賢二投手という方がいまして、95年頃の資料なのでは?と推理出来ますね。
岡安実【おかやすみのる】1955年11月19日 31歳
 蠍座 A型 185cm 91kg
 マッドエンジェルスのヘッド格の一人。
髪は短く、青の迷彩パンツにダークグリーンのベストを着ている。
 気性が激しく喧嘩っ早いが、義理人情に厚く仲間の面倒見はいい。同じヘッド格である村崎が仲間内からも嫌われているのに対し、岡安は人望もあり慕われている。だが、やはり暴力的であることには変わり無く、逆らう者や敵対する者に対しては容赦はしない。
 しかし〜、こういう仲間内で義理人情に厚いっていうのはまあ、良しとしますけど、そういう他人への配慮とかを、他の人に対しても考えてほしいなあ。
 やっぱり名前は岡安啓二さんから来ているのかしらん??
荻島真【おぎしままこと】1965年2月23日 21歳
 魚座 B型 173cm 64kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。目つきが厳しくて微妙 だけど、やはりこの人も「ウド鈴木」クローンタイプの一人。
 木史津出身で元湾岸労働者。当初は船員志望の若者だったが、港で仕事を探す内にマッドエンジェルスに入った。心のどこかではまともになりたい思っているが、テリーや幹部達の目が恐くて逃げられずにいる。
 一応、仮4号を認定。
小口好弘【おぐちよしひろ】1968年7月12日 18歳
 蟹座 B型 172cm 75kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
窃盗の常習犯、手癖が非常に悪く幼少の頃の万引きから始まり、今では盗みのスリルが捨てきれず、毎日のように小さな盗みを行っている。
 所謂、小悪党タイプである。腕力が無く、当然ケンカなど滅多にしないが、召集がかかれば嫌々ながらも闘う様である。毛糸の帽子をかぶってダークグリーンのジャンパー。を着て、顔はなんとなく「よゐこ」の濱口氏似。
奥野春枝【おくのはるえ】1969年3月28日 17歳 ドブ板
 牡羊座 B型 150cm 48kg

 高校を自主的に退学し、現在、大学入学資格検定を得るために勉強中の少女。
薄茶色のブレザーに赤いチェックのスカートでショートカットが特徴。
 勉強はもっぱら夜に集中して行い、昼は気分転換を兼ねてよくドブ板を散策している。高校にいた頃はソフトボール部に所属していたので、たまに服部スポーツの店先を覗いている。
 彼女は何故、高校を辞めたのか?
ソフトボール部にまで入っていたのに…。さらに大学へは行きたいって事を考えると、やっぱり高校での勉強方法に嫌気が指したのかなあ?そういう理由なら少しは安心出来るけど、他の事だと悲しいなあ。
尾島誠【おじままこと】1968年9月13日 18歳
 乙女座 AB型 172cm 60kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
性格は陰湿で執着心が強い。一度自分が有利とみるや相手を徹底的に痛めつけ容赦はしない。その反面、強い者には見苦しい程に服従するので、マッドエンジェルス内でも嫌っている者が多い。
 やや浅黒い肌にちょっとボサっとした黒髪。あまり顔立ちに特徴は無い。服装は赤のジャンパー、胸にNY背中に88、これはもう制服みたいなものかな? そして迷彩ズボン。
尾上慎也【おのうえしんや】1945年4月29日41歳
牡牛座 A型 177cm 68kg

 新横須賀港を回る臨海循環バスの運転手、この路線についてからは既に5年経っており、かなりのベテランと言える。そのためか時間にも正確である。安全運転に気を使い、乱暴な運転はいっさいしない、という運転手の鑑であるが、無口で、あまり愛想はよくない。

 ドブ板⇔新横須賀港をひたすら一人で周回しているというのは、いかに安全運転手であれ、バス会社の方針を疑ってしまいます。さらに一日の労働時間も14時間を超えているは問題じゃないでしょうか?
小野五郎【おのごろう】1930年11月8日 56歳
 蠍座 A型 165cm 73kg
 ドブ板でバイク屋「KNOCKING」を営んでいる白髪に水色のジャンパーを着た渋いおじさん。涼とはとても仲が良さそう。頼れる兄貴分という存在か?白髪がとても渋い。数少ない(笑)格好いい男性の1人として期待してます。
 製品版、う〜ん、ちょっと期待外れ、確かに涼の兄貴分っぽい感じは出ていましたが、いまいち物語へは絡んで来ないので残念だったなあ。

 かつては、独特のバイクチューニングで鳴らしたバイクメーカーのメカニックマンであり現在では引退してバイクの修理に専念している。
 経験と技術に裏付けされた拘りのマシン・チューニングには定評があり、バイク仲間からはオヤジさんと呼ばれ親しまれている。それは当然ながら涼にとっても当てはまるみたいだけどもうちょっと突っ込んだ関係が見たかったなあ。凄く渋くてカッコイイだけに、ただ座ってバイクを直しているだけのおじさんでは勿体無さ過ぎます。
 アジア旅行社にだまされた経験アリ(笑)
オートバイレースをやるためにマレーシアへ行った時、ホテルの予約すらされていなくて酷い目に…。
小野大輔【おのだいすけ】1969年8月27日 17歳
 乙女座 A型 172cm 64kg新横須賀港
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。茶髪でやや長髪、ブルーのジーンズにカーキ色のジャンパーを着て、気の弱そうな顔をしている。
 性格は内向的で臆病。何の間違いかマッドエンジェルスに入ってしまい、ていのいい使い走りにされている。意志の弱さから抜ける事が出来ず嫌々ながらも闘いに参加させられている。本来ケンカ出来る性格では ないので、ファイティングポーズをとっても格好だけである。
折原浩之【おりはらひろゆき】1954年3月13日 32歳
 魚座 AB型 180cm 74kg スナック・リンダ
 スナック「リンダ」の店主。
四国の某高校を中退し、都会的な暮らしを夢見て上京。しかし、現実は厳しく、昼は肉体労働で、夜はバーテンで、食べていくだけのお金を稼ぐのが精一杯だった。そんな生活を送っていた折原は、10年前、新宿の某ディスコで、短大生の林田京子と出会う。良家のお嬢様である京子と折原の交際が始まったのは、その1年後。
 ただし身分の差を気にする林田家には内密にである。それでも折原にとっては、幸せな時間であった。4年後、娘に男の影を見つけた京子の母親は、折原に別れるよう直訴。京子の幸せを願い、身を引く覚悟を決めた折原だったが、京子の懇願でかけおちを決行する。地方へ逃れた2人は、参列者のない、ささやかな結婚式を挙げ、晴れて夫婦に。バイト生活でつつましい生活を送りながら、いつかスナックをやろうと夢を語り合う生活が始まった。そして、3年前、2人は横須賀に現れる。京子の姓を「林」とし、夫婦であることを隠して「リンダ」を開業。店名は京子の姓である「林田」をモジッて命名した。
 2人は今、静かで幸せな日々を送っている。

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)

トップページ