シェンムー 人事典

登場キャラクター一覧(1999年9月開始)

発表された情報と、全てあたくしの主観によって説明致します!
 発売前に書かれた予想と『シェンムーパスポート』に書かれたプロフィールを交え最終的に完全な物にしたいと思っています。
 人事典なので当然ながら一部の人物にはねたばれがあります。
2003/1/18更新【一章・横須賀編がとりあえず完成!】

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)
■氏名【読み方】性別■男■女 生年月日 年齢
星座 血液型 身長 体重 出現エリア

□た〜と
高井恭子【たかいきょうこ】1969年5月15日 17歳
 牡牛座 AB型 155cm 47kg

 横浜にある定時制高校の生徒。
諸処の事情で現在は定時制の商業科に通学している。昼間はドブ板を散歩してお気に入りの店は花屋の「スマイリー」で、そこに立ち寄る事が多い。草野と同じく人見知りをする性格で、特に見知らぬ男性に対する反応はかなり冷淡である。
 逃げ道の様な設定だなあ。(笑)
ちなみに彼女は『松浦亜弥』ちゃんに似ていると言えば似ています。喋り方がハキハキしていればもっと近い印象になったかも?(笑)
高木司【たかぎつかさ】1962年7月1日 24歳
 蟹座 O型 178cm 77kg
 (有)網浜海浜倉庫に勤務。
社内で貴重な大卒のため、幹部候補性の扱いを受けている。現場主義のため、社風は自分に合っていると思っている。だが、頭が固いせいか融通が利かず、理論先行の対応を取って現場の人間を怒らせる事もしばしば。事務所内では「これだから大学出のアンちゃんは使えねえ!」と 陰口を叩かれたりしている。
 ライトグリーンのつなぎ作業着。揃いの帽子。ややきつそうな眼鏡をかけているので、何となく旧日本軍にいそうな顔をしている。顔の造りがなかなかリアルなので、ひょっとしたらこの人も実在モデルがいるのかも知れない。
高島剛【たかしまつよし】1930年11月4日 56歳
 蠍座 B型 159cm 66kg
 夜の桜ケ丘の電話ボックス空き地、すずめ公園などで酔っ払っては寝転がる少々太めで黄緑のシャツのおじさん。
いわゆる「デージョーブブラザーズ」の一人。

 若い頃は映画俳優を目指していたという。
だが、演技はイマイチで斬られ役専門の役者で終わった。役こそ大した事はないが、時代を象徴する役者達と競演している。それを自慢するわけでもなく酔っ払いのオヤジを演じている。
 彼の役者人生の中でも最高の演技と言えるかも知れない。
高城隆史【たかしろたかし】1957年4月17日 29歳
 牡羊座 AB型 180cm 69kg
 今まで「彫り師」として通っていたこの方。ついに名前発覚。だけどまた「野比のび太」みたいな名前ですねえ。(笑)「彫り師」で通した方が良かったかも?
(高城剛にも名前似てるけど)

 広島に生まれ、中学生のときに見た映画に影響されて、大胆にも夜の繁華街でチンピラを捕まえ「イレズミの店を教えい」と詰め寄り、怒られて袋ダタキにあうが、そこへ運よく通りかかった彫師の鬼池双六に助けられた。鬼池に彫師になることを勧められ、その場で弟子入りを決めた。
 その筋ならみんなあこがれる鬼池のイレズミだが、鬼池は、「イレズミ」なんざタダの落書きだ」と言う。イレズミを芸術だと信じる高城は、住み込み弟子の生活に嫌気がさし、17で鬼池の元を飛び出した。すでにイレズミの技術はそこそこのレベルになっており、トラックの運ちゃんにイレズミを彫りながら小遣いを稼ぎ、ヒッチハイクで上京、横浜へ流れ着いた。
 横浜での高城の生活は順風満帆、俊吉という弟子も取り、透き通るような肌の女・麻美と一緒に暮らし始める。麻美とおそろいのイレズミを全身に入れたのもその頃だが、麻美はほどなく俊吉とデキて逃げてしまった。人を信じられなくなり、人生が虚しくなった高城は横浜を離れて横須賀に移った。ここで商売を続け、もう5年になる。今は自分のイレズミを分かってくれる者だけを相手に黙々とイレズミを彫る毎日である。
高野和泉【たかのいずみ】19XX年X月X日 19歳くらい?
 詳細一切不明
 知る人ぞ知る登場人物。
 体験版では「アジア旅行社」横を死守する「通せんぼお姉さん」で普段の周期プログラムが気になる。
 なんと!この女の子も一章に登場せず。アダムさんいじめは何処までも!!(笑)
 99年夏に配布された体験版ではアジア旅行社横を潔癖のディフェンスで守り、涼の進入を阻止した「通せんぼガールズ」の一人である。(笑) ポニーテイルにパッチリしたお目々。体験版でファンになった者も多いと聞くが、結局製品版には登場せず、東京都のレスくれ星人さん【仮名】を嘆かせた。
 その風貌から、ひょっとすると沢野麻衣ちゃんへの踏み台キャラクターになった可能性も捨て切れないが「2」への再登場を願うばかりだ。
高橋かおる【たかはしかおる】1975年3月16日 11歳
 魚座 B型 148cm 40kg
 「趣味はお稽古事」というと聞こえはいいが、実際に通っているのは空手と小林寺拳法、それに合気道の道場。以前はバレエのスクールにも参加していたが、最近手足の動きが格闘技っぽくなってきたのでやめたらしい。
 父親の失業中は知らないらしいです。(苦笑)
高橋良和【たかはしよしかず】1944年9月8日 42歳
 乙女座 O型 175cm 72kg
 スーツを着てはいるが、最近会社が倒産し、今は無職となってしまった男。妻や子供にも言い出せず、自分の中でも気持ちの整理がついていないため、無職となった今でも決まった時間に家を出て、ドブ板をうろうろしながら、時間の過ぎるのを待っている。
 決め台詞は「最近疲れ気味」であります。
田川和幸【たがわかずゆき】1962年7月28日 24歳
 獅子座 O型 171cm 70kg
 北は北海道、南は九州まで全国津々浦々を行く宅配便の長距離ドライバー。
 運搬用の車とは別に個人用のトラックを所有している。最近惚れた女性のために電飾を全て売り払ったが、買値の10分の1にもならなかったので、ぶちぷち不満を言っている。アニキと呼ぶ人物がいるのだが、3年前に別れたきりだという。
 アイボリーのズボンに、オレンジのジャンパー、帽子という宅配会社の制服を着ている。この姿だけではとても電飾トラックに乗っている(た)様なタイプには見えない。
滝井敏仁【たきいとしひと】1964年4月28日 22歳
 牡牛座 B型 183cm 75kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
横須賀出身。元は湾岸労働者だったが、マッドエンジェルスの非合法な取り引きに目を瞑る替わりに賄賂を貰ったのがきっかけで、現在では準構成員扱いされている。
 オフホワイトのヨットパーカー、ジーンズを着てます。
滝本学【たきもとまなぶ】1950年7月20日 36歳
 蟹座 O型 165cm 67kg
 桜ケ丘の工事現場とドブ板を往復する「最近疲れ気味」な人。

 現代を代表する建築家で普段は前衛的な建築物などのプロデュースを手掛けている。そんな彼が何故桜ケ丘で仕事をしているかというと、高校時代の悪友のためである。強引な悪友の頼みを断り切れず、ビッグプロジェクトを棒に振ってまで友情に応えている。
 現在独身。結婚はしていたが、仕事に没頭し過ぎたため、妻に愛想を尽かされてしまった。寂しさを紛らわすため猫を飼っているが、雪から雨になった日以来、行方不明になっている。猫の安否を気にしながらも、今日も悪友のために彼は仕事に励んでいる。

 外見や名前等はシェンムーのインテリアデザインを担当した滝本学さん本人がモデル。ここで書かれている飼っていた猫とは、当然ながら「あの猫」の母親であります。
竹内宏彰【たけうちひろあき】1948年10月20日 38歳
 天秤座 A型 171cm 83kg
 涼のバイト仲間で妻子持ちの38歳。
勤めていてた商事会社がいきなり倒産したため、アルファ貿易でフォークリフト荷役のアルバイトを始めた。最初は、慣れない職場に苦労したようだが涼たちのような仕事仲間もできて、ようやく仕事が楽しくなってきたようである。気さくでほがらかな性格のマイホームパパである。
 太めのボディにカーキのシャツ、ジーンズという姿。作品内でも、涼の事を気遣ってくれる優しい人。
田嶋絵梨【たじまえり】1968年8月9日 18歳
 獅子座 AB型 157cm 45kg
 原崎望と中村紀子の親友で、幼なじみ。
唯一、涼を「芭月」と呼び捨てにする女の子である。涼に対する望の気持ちを知ったのは、中学生のとき。望の純粋で深い想いに感動し、以来影になり、ひなたになって望を応援し続けている。
 その一方、望の気持ちを知ってか知らずか、煮え切らない態度の涼に対し、非常に腹を立てている。涼に冷たい態度をとるのはそのあらわれである。タカビーなワガママ娘に見えるが、実は淋しがり屋。普段はお姉さん肌で、望や紀子のような頼りないタイプは、自分が守らなければ、と思っている。しかし意外とポカすることもあり、実はしっかり者 の紀子や望に支えられているのである。
田嶋秀輝【たじまひでき】1976年3月30日 10歳
 牡羊座 AB型 143cm 42kg
 田嶋絵梨の弟で、いつも元気な子。小学校5年生。
本人は望の様な姉が欲しかったと思っている。(そりゃあ、ねえ)
 給食と体育が大好きで、勉強は大嫌い。姉に教わって宿題をするが、いつも途中で飽きてしまう。その度に絵梨にゲンコツで叩かれ、泣く泣く宿題を済ませているが、やるだけ素晴らしい。
 将来の夢は総理大臣。
「大臣になったら宿題を無くして、時間割も体育だけにするんだ!」
と考えている。
 しかし彼が総理大臣になった頃には、(仮になれたとしても)もう学校へ行かなくていいという事を本人はまだ気付いていない。
 体験版では「通せんぼ少年」としてすずめ公園横の階段を死守した。その際、声が田中真弓さんではないかとの指摘がかなりあったが、実際の所はどうだったのでしょうか?
田代義彦【たしろよしひこ】1963年7月25日 23歳
獅子座 B型 185cm 115kg
 有限会社「網浜海浜倉庫」に勤務している作業員。
ひじょ〜に太っている作業着のお方なのですぐ判る。
 性格的にのんびり屋で仕事は遅いが、着実にこなしているため周囲の評価は悪くない。高校時代は柔道をやっており、それなりの体型をしていたのだが、仕事に就いてからは運動不足のせいかみるみるうちに太ってしまった。加えて甘い物が大好物のため、現在は糖尿病の一歩手前に なっている。医者からは控えるようにと厳命されているにも関わらず、 つい口にしてしまうのが悩みの種である。
 なんか読んでいると40代半ばって感じですけど、まだ23歳…。 なんでこのゲームには実際よりもフケた感じの人ばかり出てるんでしょうか?
 街を歩けば疲れてる人ばっかりだし……。(苦笑)
多田俊輔【ただしゅんすけ】1966年4月4日 20歳
 牡羊座 A型 181cm 75kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
異様に暗い目つきと、完全なスキンヘッドから、仲間内からも不気味に見られている男。なぜか薬品や機械関係に強く、火炎瓶や自動発火装置などを作ったりしている。意味不明な言動が多く、その精神状態に恐れを抱いている者も少なくない。
 見た目、どう見ても50歳くらいのおじさんです。
辰己竜次【たつみりゅうじ】1960年3月7日 26歳
 魚座 B型 166cm 68kg
 モヒカン刈りの男。恐らく時代背景からして「北斗の拳」に多大な影響を受けたに違いないです。(笑)
 製品版はジーンズショップ「ウォーター・ドラゴン」に相沢翠と交代で勤務。
 古着屋「Water Dragon」の店員。
独特のファッションセンスを持ち、ビンテージ物に詳しい。だが、あまりにも好みがマニアックなため、ドブ板通りの人々には多少敬遠されているようである。密かに盗品をさばいているとの怪しげな噂も。
田野一郎【たのいちろう】1966年8月23日 20歳
 乙女座 O型 179cm 65kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員
外見は「ウド鈴木君」クローンタイプで、髪は赤、ライトブラウンのジャンパー、グレーのズボン。1号。
 性格は短気で、直情的。おだてに乗りやすい性格をテリー達に利用され、ていのいい特攻隊員として使われている。本人はそうとは知らず、 抗争の時には張り切って暴れまくっている。
「テリーさんの為なら、俺、何だってやりますよ!!」
が口癖である。
 最も「ウド鈴木君」に似ていて、尚かつ、ちゃんと説明されているのは「真島武(たける)」一人だけですね。この人事典では便宜上、彼をオリジナル、他を1号から順番に表記していきます。(後程)
田橋弘子【たはしひろこ】1961年7月16日 25歳
 蟹座 A型 163cm 58kg

 生きがいって何だろう?
日々そんなことを考えながらドブ板辺りをウロウロしている家事手伝い。つまり現代で言う所のフリーターである。
 アルバイト募集のチラシを見つけては応募している様だが、何処でも1週間ともった事が無い。そういう意味で実はドブ板では結構知られた名前の一人だったりする。
田村宏【たむらひろし】1948年3月15日 38歳
 魚座 O型 180cm 80kg
 通称タムさん。横須賀ドブ板通りの「タムラ精肉店」の店主。
そのモデリングは驚異的。モデルは2研の麻生副部長と推測される。というか間違い無いです。(笑)
 タムさんと呼ばれ親しまれる「タムラ精肉店」の店主。
12歳で今の身長と体重があったらしく、10歳も違う青井勝が高校生の頃、喧嘩の時に小学生の田村を引き連れて「オレの右腕だ」と自慢したというのだから、その強さのほども解る。
 田村自身が高校生になる頃には、向かう所敵無しの番長で、挑戦者の中には遠く茨木から腕試しに訪れる者もあった。その男が30分後には救急車で帰る事になったのは言うまでも無い。
 しかし田村は、実は心優しい男である。ワルが好きなのではなく、喧嘩に勝つ事が好きなだけなので、自分から喧嘩を売る事はしない。高校を卒業後、連れの多くはブラブラしていたが、田村は迷わず父の仕事を継ぎ、程無く結婚。
 元ヤンキーの妻、美智子との間に子供も出来て、今やすっかり丸くなった。ドブ板商店街の人々の信頼も厚く、副会長も引き受けている。何処か無鉄砲な涼を若い頃の自分にダブらせる田村だが、
『涼はお前ほど下品じゃない!』
と年輩の人に言われるのが少々シャクに触っているらしい。
丹下友昭【たんげともあき】1969年8月31日 17歳
 乙女座 A型 181cm 75kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
好戦的な性格だが、一対一の喧嘩というよりは、集団で弱者を攻撃する事を好む卑怯者である。そのせいか、体力的に弱い上に根性もなく、相手が強いと見るや、すぐに逃げるか、降参する。
 青い帽子(野球帽)を逆に被り、黄色のジャンパー、これまた何も履いてない様に見える肌色のズボン、マッドエンジェルスお馴染みの格好。
千葉浩孝【ちばひろたか】1944年5月7日 42歳
 牡牛座 AB型 162cm 65kg
 旧倉庫街の警備員の一人。
無口で人付き合いが悪く、仲間内でも浮いている存在である。たいへんな読書家で、非番の時には一日中、家で読書に勤しんでいる。性格的には几帳面で節約家。
 作業員の荷物の運搬にも目を光らせ、荷物の位置や傷なども細かくチェックしている。意外にも空手二段である。
 旧倉庫街を守る『東北三銃士』(山形、宮城、秋田)という三人組を勝手に命名しましたが、さしずめこの人はダルタニャンでしょうねえ。(笑)  眉毛が太く斜めになっているため、凄く怒っている様な顔に見える人。
チャイ【ちゃい】年齢負傷
 ギョウザ AB型 160cm 55kg

 小さい頃から甘い物が大好きで、主食は角砂糖。歯医者とは一生縁が無いらしい。一応、人間らしい。
 後で書きます。ビコ〜〜ズ!面倒だから(笑)

 蚩尤門(しゆうもん)内部でも、所属のはっきりしない、言わば末端の構成員である。藍帝が芭月家で龍鏡を強奪した後、行動を始めているが、どうやら鳳凰鏡を奪取した手柄を持って蚩尤門に取り入ろうと計画しているらしい。
 特異な体質の持ち主で、その使う技も人間離れしたトリッキーな物である。(とうろう拳をかじったらしいが、かなりの我流が入っているので見分けがつかない)
 性格は陰湿でヘビの様に執念深く、目的のためにどんな悪どい手段でもとれる。
 会話術も独特だ。(笑)
チャーリー・グラント【Charlie Grant】1942年7月29日 44歳
 獅子座 O型 172cm 63kg
 新横須賀港を牛耳っているグループ「マッドエンジェルス」 の幹部の一人。愛車のハーレーを乗り回しており、マッドエンジェルスの中でも、特にバイク集団を率いて夜に港を暴走している事が多く、倉庫に火をつけたり警備員を袋叩きにしたりと常軌を逸した行動をとっている。
 性格は陰湿で自ら手を下す事はあまり無く、手下に任せる事が多い。そのためあまり腕力は無く武器を持つ事で補っている。
 ところで、このチャーリーは名前こそ、外国人っぽいけど、話し方や風貌は殆ど日本人と言っていいような気がします。どういう生い立ちの人間なんだろう?日本在住の日系アメリカ人??
こんなグループ所属でケーリー・グラントも泣いているよ。(笑)
張【ちゃん】

 あまりにもベンガルさんに似ているので一時期シェンムーBBS内にて注目を浴びる、が時と共に忘れられ今では僅かな人しか知らないキャラクターであると思われます。
鳥隼【ちょうじゅん/Niao(Diao) sun】

 文法なおねいさんは好きですか?いや、彼女は英語教師でも保険外交員でもない。謎に包まれた女性なのだ
陳貴章【ちんきしょう/Chen guizhang】1956年2月10日 30歳
 水瓶座 A型 175cm 70kg [旧第八倉庫]

 拳法の心得があると思われる謎の青年、スーツを着こなしたその姿から大会社の御曹司や実業家なのではないかと思われる。一章横須賀においても彼は相当重要なキャラクターになりそうな事は間違い無い。
 シェンムービデオにおいて涼に「お前達も藍帝(蒼龍)の仲間だったのか!?」と問われ「だとしたら?」と答えているのが彼。
 悔しい時は「チンキショウ!」って叫ぶとか……。(笑)
 およそ一年前、彼のキャラクターイラストが発表されたがその時には今ほど大ブレイクするとは誰も思わず。いかにポリゴンのモデルの影響と役処によるものが大きいかが良く解る。

 陳 耀文の息子。貿易商を営んでいる父・陳 耀文のそばで経営を学びながら、ボディガードも努めている。常に冷静沈着で感情を内に秘めているためクールな印象を受ける。横浜に生まれ、幼い頃から陳 耀文のもとで燕青拳の厳しい修行を積んでいた。そのため、そっけない態度をとりながらも内心では、似たような境遇の涼に親しみを感じている。
陳耀文【ちんようぶん/Chen yaowen】1926年10月10日 60歳
 天秤座 A型 160cm 70kg
 す、凄い!!誕生日、歳、身長、体重が全て10単位に併せてある!(笑)
あ、いや、そんな事はどうでもいいんです。
 通り名は「陳大人」。華僑でも指折りの実力者で貿易商を営んでいる。
世界各地に貿易用の拠点を持ち、横須賀もその一つである。貿易内容は多岐に渡るが骨董品に精通しており、その取引先も多い。国宝級の美術品を密輸しているとの噂もあるが真相は不明である。
 冷静沈着で不足の事態でも取り乱す事は無い。息子の貴章を自分の後継者として激しく鍛え、家に代々伝わる燕青拳も伝授している。
塚越悟【つかこしさとる】1958年12月25日 38歳
 山羊座 B型 174cm 69kg
 株式会社・陽配に勤務しているフォークリフト作業員。
人付き合いが苦手で、受け答えもトンチンカンな事ばかり言って顰蹙を買っている。本来一人でいる事が好きなので、集団作業にはストレスを感じているらしい。
 身体を揺らしながら、ボソボソと喋る癖があり、ベテラン作業員からも注意されている。
 作業服に紺ジャンパーという姿よりも、頭に手ぬぐいを巻いている事が何よりの特徴。顔だけの雰囲気では太って見える。
塚本直道【つかもとなおみち】1970年4月11日 16歳
 牡羊座 AB型 167cm 59kg
 榎の舎弟分。見るからにツッパリ然とした格好で、事実、学校をよくサボッて遊び回っている。が、意外に頭が良く、テストの成績は悪くない。
 同級生の丸山拓也とつるんでいる事が多く、喧嘩で遠征する事もしばしばである。顔に似合わず結構ナイーブな一面もあり、現在は進路について悩んでいる。
柘植雄一【つげゆういち】1970年3月14日 16歳
 魚座 B型 182cm 80kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
横浜出身。高校では柔道部だったが、暴力事件を起し、現在長期停学中。家は普通の中流家庭で最近母親が彼の顔を見る度に泣くのが鬱陶しく、帰宅するのを避けて、港に居ついている。
 紫のTシャツの上に白のヨットパーカー。
津田幸壱【つだこういち】1950年5月24日 36歳
 双子座 A型 177cm 68kg
 自分の仕事に自信と誇りを持っている職人気質のフォークリフト運転手。口数が少なく、黙々と仕事をこなし、邪魔が入るのを何より嫌っている。年長のフォーク運転手や現場監督からの信頼も厚い。
 そんな彼も、家に帰ると娘に激甘のマイホームパパらしく、仕事が休みの時はよく親子で繁華街に出掛けるという。
 36歳というよりは50歳くらいの田舎のおじさんに見える……。とは言えこの作品では当たり前なのか?
鶴岡紀之【つるおかのりゆき】1947年4月21日 39歳
 牡牛座 B型 171cm 66kg

 ヨコスカジャンパーの店「ジュピトリス」店主

 地元・横須賀高校を卒業後、中古車販売会社に就職した。持ち前の調子の良さと軽快なトークを活かし営業成績は良かったが上司とソリが合わず2年で退社。自分一人で出来る仕事を求めて職場を転々とした末に知人の紹介で2年前から現在のスカジャン屋・ジュピトリスの店主に納まり、最近、ドブ板のコーポつくしで念願の一人暮らしを始めた。
 元々スカジャンに拘りを持っていたので、今は仕事が楽しくてしょうがないらしい。しかし、その意気込みが売り上げに結び付かないのが悩みの種である。
ディック・フリップ【Dick Philip】1942年3月14日 42歳
 魚座 A型 185cm 88kg
 通称『赤鼻のディック』と呼ばれている外国人船員。
あだ名の由来は、酔うとすぐに鼻が赤くなるところから来ている。酒好きだがあまり強い方ではなく、たまに泥酔しているところをドブ板で見かける。船乗り歴12年のベテランでハリー達と同じ船に乗っている。
 いわゆる酔っ払いQTEに登場するお方。
発売前からNHKの番組にゲームのデモプレイ画面としても登場していたため、知名度は高い。トレードマークはやはり赤と白の帽子(野球帽)です。
 QTE失敗時に涼を瓶で殴って気絶させた時に逃げる様を見ると、案外気が弱いのかも知れません。
手塚渉一【てづかしょういち】1925年3月16日 61歳
 魚座 O型 162cm 63kg
 港を巡回している警備員。
61歳という年齢にも関わらず、足腰が達者で、広範囲に渡る港の巡回を行っている。年齢が近いせいか同僚の久我とは気が合い、帰りが一緒になった時は酒場で一杯引っかけていくのが常である。
 若者に理解を示す久我と違って説教好きなので、敬遠する若手警備員も多い。
 警帽の下は白髪だけど、制服をきっちりと着込んでいるせいもあり、決して凄く歳を取っている印象は少ない。
寺島功【てらしまいさお】1966年7月27日 20歳
 獅子座 A型 172cm 60kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
日焼けした浅黒い肌、金髪に染めた髪で女性をナンパし、お金を貢がせている。暇な時は湘南辺りでサーフィンをしているらしいが、所詮は格好だけなので腕前は最低である。
テリー・ライアン【Terry Ryan】1952年3月17日 34歳
 魚座 AB型 185cm 85kg
 西武ライオンンズ初期の外国人選手。ではなくて、おそらく涼が知りたい何かを知っている人物。
 99年春の東京ゲームショウで「チェイステリーQTE」として世間に出る。今とはかなりモデリングも異なり、そのQTE部分も製品版では別の別の人物(ジミー)に置き換えられてしまった。
 結局あのタイプのQTEは色々なバージョンによって「テリー」「湯川専務」「ジミー」と3種存在する事になる。

 悪名高きマッドエンジェルスのボス。
性格は冷酷無比で残忍。敵対するものに対してはもとより、自分の配下であっても作戦を失敗した者や役に立たない者に対しては容赦はしないほど非情な男である。
 だが、彼の名前を知る者は少なく、マッドエンジェルスのボスと呼ばれる事が多い。底知れぬ野心家で、新横須賀港の利権を握った後は、ここを拠点にしてしゆう門に取り入り、磐石の支配体制を築こうと画策している。個人的に女性にはあまり興味を持っておらず、頭の中はいかに組織を大きくしようかという事ばかり考えている。
 あえて特徴を話すまでもない人物。上記と重複しますが、1999年春の東京ゲームショウにおける体験版に、配布体験版の湯川専務、製品版のジミーと同じQTEとして登場。製品版よりもかなり顔が違う。
 この場面でテリーが登場するというのは元々「シェンムー」が単一作品で出る予定だった時には横須賀の分のボリュームがさほどでもなかった事を示す貴重な状況証拠になっている。……のかな?(笑)
陶多吉【とうたきち】1936年3月22日 50歳
 牡羊座 B型 165cm 69kg
 彼がBSの番組に初登場した時の「自然な台詞」は一部で大きな波紋を巻き起こした!(笑)
 中華料理店「味壱」の店主で台湾高雄出身の料理人。
 15歳で中国本土・広東省・海豊の料理店「海鮮酒家」で修行後、22歳で日本に渡る。日本では横浜中華街の 「馬明楼」で修行。26歳の時に横須賀で「味壱」を開店する。
 女房の林夏とは「馬明楼」の修行時代に知り合った仲である。子供が出来なかったためか、弟子の王を猫可愛がり する林夏とは、最近意見が対立することも。味・礼儀に厳しく一徹であるが、基本的には気のいい おじさんであります。
陶林夏【とうりんか】1938年8月25日 48歳
 乙女座 A型 160cm 50kg
 恐らく上の多吉さんの妻。中華料理店経営かな?
 喋り方も殆ど多吉さんに同じなのが楽しい。ちなみに声は「平田はる」さんと同じ福島おりねさんです。

 中華料理店「味壱」の店員で、陶多吉の妻。
この人も夫の口癖がうつったのか知らないけれど、「〜〜アルヨ」の喋りなのでございます。
 広東省・恵州の出身、父、兄共に料理人という家庭に生まれ育った。19歳の時、叔父が働いている横浜「馬明楼」で勤め始め、現在の夫である多吉と知り合う。若い頃はすごい美人だったらしい。(本人談)
 開店当時は本格派料理一辺倒だった「味壱」のメニューに、広東風家庭料理を盛り込み地元密着型の店舗にしたのは林夏の手腕による所が大きく、結構カカア天下であるらしい。
 いつも店の奥にいる事が多いため、中々近くで見られない。もちろん話かけるとアップにはなるけれど。
徳田正宗【とくだまさむね】1967年9月1日 19歳
 乙女座 A型 179cm 70kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
顔が随分老けている見えるので「おっさん」という愛称で呼ばれている。(そんなのばっかりだ…、ここ団体は(苦笑))
 高校を中退後、職も無く、港をブラブラしていたところを誘われ、マッドエンジェルスにに入った。口は達者だが、腕力はさほどでもなく、喧嘩になると闘うよりも走って逃げるタイプである。
 ライトグレーのトレーナーにブルーのジーンズ。非常に普通の格好をしております。正宗という名前から、お父さんが歴史好きだったのが伺えますが、今頃さぞかし嘆いている事でしょう。
渡久地良幸【とくちよしゆき】1966年2月2日 20歳
 水瓶座 O型 180cm 76kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
横須賀出身。中学卒業後、一時海運会社に籍を置くが、持ち前の不真面目さが災いし解雇される。それを逆恨みし、事務所に殴り込み、乱闘騒ぎを起こすが、これがマッドエンジェルスに見込まれるキッカケになった。
 もはや、マッドエンジェルスの制服っぽさ漂う、白いヨットパーカー(腕に黒いライン)とオレンジのズボンを穿いている。髪は黒。
徳光正弥【とくみつまさや】1970年7月29日 16歳
 獅子座 A型 171cm 76kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。毎年始め、趣味で駅伝を応援に行っているフリーアナウンサーとは全く関係無い。
 太った身体、金髪、首にアクセサリー、派手な赤いシャツと黒いズボンの取り合わせ、どう見てもちょっとだけ偉いチンピラだけど、16歳…。 気性が荒く、暴力問題を起こして高校を中退。その後暴走族をやっていたが、マッドエンジェルスの噂を聞き付け、その傘下に入った。喧嘩は得意で、その体格を活かしたパワー溢れる攻撃は、仲間内でも評価が高い。
 ……そんな評価が高くても…意味無い。
斗牛【とぎゅう】

 スペイン、メキシコなどで盛んに行われる人と猛牛とが戦う見せ物。……それは闘牛。
 「シェンムー2」登場人物。体が異常に大きく相手をそれだけで威圧する。モデル「飯野賢治」説は本当か?(笑)

戸高源蔵【とだかげんぞう】1909年2月25日77歳
魚座 A型 158cm 49kg
 体力の衰えを感じて、数年前に船をおりた元漁師。横須賀に住み着いたのも丁度その頃。
 北海道の釧路出身だが、長年連れ添ってきた奥さんに先立たれたため、遠く離れた横須賀にいる娘夫婦を頼ってやってきた。孫の熊谷晴哉とは仲がよく、暇を見つけては一緒にドブ板を散歩している。
トニー・エイブラムス【Tony Abrams】1957年11月16日 29歳
 蠍座 B型 190cm 92kg
 サンフランシスコ出身の船員。相棒のスミスとは5年以上の付き合いでいつもつるんでいる。
 プライドが高く、いつも他人を小馬鹿にした様な態度をとっている。酒に酔うと悪ふざけをしたり、暴力を振るう事が多く、船員仲間でも嫌っている者は少なくない。
 ボディビルで鍛えているため、腕力には自信があり喧嘩っ早い。ちなみにバーにいる時は常に度の強いバーボンを飲んでいる。
 一度やられた後の涼に対する時の脅え様はあまりにも情けない。タトゥーショップでの入れ墨に対する注文の台詞は何だか笑いを誘う。
殿村英二【とのむらえいじ】1968年3月8日 18歳
 魚座 A型 177cm 64kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
横浜出身。腕力には自信が無いが、誠実そうな顔と得意の口車で女性を騙している悪どい男。いったん頭に血が上ると見境いが無くなる。腕力が劣っているので、素手よりもナイフなどの刃物に頼る事が多い。
 黄色と黒のツートンのスタジアムジャンパーと、一見下に何もはいてないように見える肌色のズボンという格好。(笑)
トム・ジョンソン【Tom Johnson】1959年11月23日 27歳
 射手座 B型 179cm 80kg
 実は日本人だろ?あんた。って疑いが体験版には益々強まる。設定画ならともかく、ああいうタイプの日本人はかなりいます。多分、青森県出身じゃないでしょうか?(笑)
 ファミリーネームが判明。……何だ、普通ね。(笑)
 う〜ん、何か体験版よりも涼との関係が遠い感じがしました。もっともっとフレンドリーな関係と思っていたのになあ。
 ドブ板でホットドッグ屋の移動屋台を営んでいるニューヨーク出身の気さくなアメリカ人。
 いつも陽気でラップやレゲエミュージックをかけ、リズムに合わせて踊っている。音楽のノリに合わせて作られるホットドッグはまさにアメリカンテイスト。
 横須賀に来るまでは、世界各国をヒッチハイクで巡っていたという。中南米を旅してた頃に知り合った友人から、何やら怪しげな格闘術を習ったという噂も…。
 片言の日本語と、特異な風貌からドブ板では敬遠する人もいるが、涼の良き友であり理解者である。
 という事になっているらしいけど、体験版の様に涼と一緒に協力して何かをやるような描写やイベントがあるともっと親密さが表現出来てたのになあ。
友成幸人【ともなりゆきと】1969年4月21日 17歳
 牡牛座 B型 184cm 77kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
マッドエンジェルスに憧れて自らもその傘下に入った。外見に似合わず過激な性格で破壊衝動を持て余しており 何かにつけ、暴れまわるきっかけを探している。
 マッドエンジェルスの支給制服の1つなんじゃないかと思ってしまいそうな紫のTシャツに白のヨットパーカーを 着込み、オレンジのズボンというお決まりの格好。
 髪はちょっとだけ長いかな。

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)

トップページへ