シェンムー 人事典

登場キャラクター一覧(1999年9月開始)

発表された情報と、全てあたくしの主観によって説明致します!
 発売前に書かれた予想と、『シェンムーパスポート』に書かれたプロフィールを交え最終的に完全な物にしたいと思っています。
 人事典なので当然ながら一部の人物にはねたばれがあります。
2002/3/28更新【一章・横須賀編がとりあえず完成!】

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)
■氏名【読み方】性別■男■女 生年月日 年齢
星座 血液型 身長 体重 出現エリア

□な〜の
永井明【ながいあきら】1930年8月15日 56歳
 獅子座 O型 175cm 75kg

 数少ない任侠の徒。関東一円の親分たちも彼には一目置いているという。だが、本人自身は気さくなオヤジで通している。
自分たちは必要悪と感じているので、あまりでしゃばらず、ひっそりと事務所を構えている。物怖じしないトムは好きらしく、よくホットドックを買うついでに、任侠の話をしてあげている。
長島哲也【ながしまてつや】1968年11月12日 18歳
 蠍座 O型 170cm 56kg
 不良高校生で榎の子分。剃り込みも入れて立派な不良風だが、実際は小心者で喧嘩も弱い。
 常に強い存在の側にいないと落ち着かないので、ドブ板では榎に、新横須賀港では母校のOBでチンピラのゴローとつるんで空威張りの毎日を送っている。そんな自分に嫌気がさしたのか、卒業後は真面目になるつもりらしい。
長田聡史【ながたさとし】1958年4月24日 28歳
 牡牛座 A型 180cm 80kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの幹部の1人。
テリーに心酔しており忠誠を誓っている。性格的にはかなりの気分屋で、気にいらない事があれば部下に対しても容赦のない態度を取る事が多い。勝つ為には手段を選ばず、武器を持って戦っても一切悪びれる事はない。
 真ん中で髪を分けたやや長髪で体格のいい男。茶色の皮のジャンパーに黒い皮ズボン。体験版にも台詞付きで最後に登場した。ちょっとだけ「飯野賢二」さんに似ているかも?
中谷登【なかたにのぼる】1951年12月9日 35歳
 射手座 AB型 179cm 67kg
 (有)網浜海浜倉庫勤務。
商業高校出身で、簿記などの資格をいくつも有している。要領も良く、会社の受けもいいのだが、上司へのゴマすりが目立つため、他の作業員からは仲間外れにされているという。
 仕事が終わるとさっさと帰って熱帯魚の飼育に精を出すのが彼の唯一の楽しみである。
 作業着の上に紺のジャンパー、そして帽子というのは他と変わらないけど、銀縁のフレームの奥の細い眼、そして、ややこけた頬と、近寄り難い雰囲気を持っているのは確か。これでゴマすりじゃ、確かに嫌われますよね。
中村紀子【なかむらのりこ】1968年6月19日 18歳
 双子座 O型 161cm 48kg
 原崎望と田嶋絵梨の親友で、涼の幼なじみ。涼とは「中村」「芭月クン」と呼び合う。おっとりしている反面、妙に鋭いところがあり、誰も気づかなかったことに敏感に反応したりする、不思議な女の子である。
 成績は中の上。理数系と体育が大のニガテで、いつも赤点スレスレ。しかし文系は大の得意で、つねに学年で3位に入っている。そんな彼女 は子供も大好き。幼いころから、将来の夢は保母さんと決めていた。現在、教育学部の受験に向けて、望や絵梨とともに予備校に通いつつ、勉強に励んでいる。
楢崎一臣【ならさきかずおみ】1961年10月12日 25歳
 天秤座 B型 189cm 77kg
 小島と同じ会社の営業マン。
営業マンという割には、紫のジャンパーにジーンズ、髪は多少長めと、マッドエンジェルスにいても不思議じゃない格好だ。
 小島の営業テクニックを盗み取ろうと尾行しているが、しっかりバレてしまっている。尾行ばかりしているので営業成績は散々な結果で、小島にかばってもらったため、最近、彼と友情が芽生えつつある。
 営業テクニック云々の前に、人間的な魅力が小島さんに比べてこれまで足りなかったのは想像しやすい所。
鳴海武男【なるみたけお】1965年12月17日 21歳
 射手座 O型 174cm 70kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。黒いスーツ、黒いシャツ、黒のネクタイ、整髪された髪。暴力とは無縁そうな顔立ちとスタイルだが、それは見かけだけで、本性はビジュアル系のバンドやロックグループに違法の薬などを売っているバイヤーである。
新里友人【にいざとともひと】1943年7月15日 43歳
 蟹座 A型 174cm 70kg
 新横須賀港の荷役作業監督。
いつも、仁村と2人でいるが、こちらは眼鏡をかけていない人。任天堂の社員風の作業服は同じ。(笑)
 中学卒業と同時に下働きから始めた、典型的な叩き上げタイプの監督。そのため、若い作業員たちの面倒見もよく、信望も厚い。その反面、会社上層部に対しては作業現場の理屈を持ち出して、常に反抗的な態度を取る。だが、怒った時の彼の迫力に逆らえる者はいないようである。
 仁村同様、話しかけた時に歩きながら話す姿や仕草などが非常にリアル。また、昼頃に食堂に行くと一人で食事をしているが、一体何を食べているのかが気になる所。
西井義仁【にしいよしひと】1960年2月16日 26歳
 水瓶座 B型 178cm 69kg
 スロットハウス常連客。モデルはAM2研でガチャガチャのモデル等を担当したり、「まぢんマガジン」「まぢん牛乳」の元にもなったHNまぢんさん。(笑)
 スロットハウスに入り浸り、ひたすらスロットに打ち込んでいる謎の遊び人。どうやら一攫千金を狙っているらしいが、そもそもスロットハウスでお金を得る事は無い。彼の野望は既に潰れているが、それを教えてくれる友人はいない様である。
 店の中では常に7番台に居座る。ご飯時に「味壱」に出掛けて食事を取るのだが、スロットハウスの中に入ると何故かいる。細胞分離か?
 まぢんさん曰く「本物はあんなに濃くありません!」(笑)
西沢良子【にしざわりょうこ】1977年7月14日 7歳
 蟹座 A型 126cm 33kg
 骨董屋「文化堂」の大石さんの孫娘で、大石さんが不在の時は店番をしている。
 両親の躾が行き届いているため、9歳という年齢のわりには礼儀正しく言葉遣いも丁寧である。読書好きで店番をしている時もよく本を読んでいる。
 骨董に関してもかなり目が肥えて来ているんじゃないかなあ?
西田潔【にしだきよし】1946年7月8日 40歳
 蟹座 O型 167cm 62kg [桜ケ丘]
 モデル事務所のスカウトマン。
業界では「裸のニシさん」で名が通っており、その名を出せばどこへ行っても「ああ、ニシさんの!」で話がまとまってしまうやり手である。しかし、なぜ愛称が「裸の〜」なのか、その本当の理由を知る者はもうこの世に誰もいない…。
西田恭輔【にしだきょうすけ】1980年3月9日 6歳
 魚座 A型 124cm 38kg
 榎に飛行機の玩具をぶつけた子供。イベントシーンにしか登場しないため、非常にモデリングが良く、服も綺麗な上、デザインもしっかりしている。更に、顔立ちも可愛らしい。まさに恵まれすぎた子供なのです。
 甘やかされて育ったため、礼儀作法は全く教え込まれていない。実は隣町の子供で、冒険心から桜ケ丘まで遊びに来ているのである。マンション暮らしで、両親は共働きのため、いつも一人で食事をとっている。
 う〜ん、将来が心配だ。この子のためにもポリゴン減らした方がいいんじゃないだろうか?(笑)  ……いや、そういう問題じゃなくて、本当に可哀想な子供ですね。

 あ、あと一つ、歩き方がトボトボとまるで本物の子供の様で「お〜!」って思いましたよ。シェンムーパスポートで確認出来ますので興味ある方はどうぞ。
仁藤雄司【にとうゆうじ】1945年4月26日 41歳
 牡牛座 O型 166cm 67kg
 なんと、まるで仁藤優子みたいな名前ビックリ!!(笑)彼こそは「ゲームセンターYOU」店長だ。すごい顔でお馴染み!(笑)
 メゾン石川に住む、ゲームセンター「YOU」の店長。
3年前に開業したが、決してゲームが好きなわけではない。そのためゲーム事情にうとく、客に言われて初めて新規のゲーム機を入荷するという状態である。
 仁藤はこれまで数の事業を起こしてきたが、いずれも失敗に終わっている。借金に借金を重ね、最後の大勝負とこのゲームセンターを始めた。これも影になり日向になり支えてくれた妻のお蔭である。
 結婚して10年、顔に似合わず愛妻家で、子供にこそ恵まれないが、妻と2人の静かな生活に満足している。早く借金を返して、妻と2人で旅行に出る事が仁藤の夢である。
 頑張れ!
仁村大樹【にむらたいき】1934年2月15日 52歳
 水瓶座 O型 175cm 69kg
 同僚の新里友人とは対称的な、大学卒の管理者型現場監督。
クールに仕事をこなすタイプなので現場作業員からは冷たい人と見られがちだが、正反対の性格の新里とは何故か相性がよく、退勤時間後は2人で飲みに行っている。
 最近は事務職を希望していて、転属願いを何度も書いているらしいが、いまだ実現していない。
 港の現場でもいつも新里といて、任天堂社員ばりの作業服にヘルメットを被り、「眼鏡」をかけていてる方の人。(笑)
 非常にリアルな造りの顔立ちと共に、歩きながらの会話シーンはなかなかハッとさせられる瞬間の一つだったりする。
沼久保仁【ぬまくぼひとし】1963年3月24日 23歳
 牡牛座 A型 180cm 80kg
 涼のバイト仲間で、大学を卒業したばかりの青年。
文学の道を志して卒業後も就職はせず、生活のために港でバイトをしながら夜は机に向って小説を書くという毎日を送っている。文学青年らしく繊細な感じで、話す口調もやさしい。男らしい涼には憧れを感じているようで、何かと親切にしてくれる。
 白いTシャツに作業ズボン、作業用帽子。見るからにマジメそうで気が弱そうな印象の人。でも、身長凄く高かったのは意外でした。
猫(黄)【ねこ(き)】1984年 2歳
 49cm 3kg
 山の瀬・桜ケ丘近辺に住む野良猫。去年まで山の瀬に住んでいた家族に引っ越しの時に捨てられてしまったらしい雄猫。
 時々、エサ場や縄張りをめぐって白猫とケンカをしている。どうやら白猫の方が強いらしく、この猫がたいてい負けている。茂みにコッソリ息をひそめている事が多く、あまり見かける事はない。
 朝は芭月家の前に、そして昼になるとコーポわかばの隣へ行っています。そう、三島まゆみちゃんが可愛がっている猫であります。
猫(白)【ねこ(しろ)】1983年 3歳
 53cm 4kg
 山の瀬・桜ケ丘近辺に住む野良の雄猫。本当は真っ白な毛につつまれたキレイな白猫だが、イタズラ好きで毛づくろいを面倒がるので、少し黒ずんで見える。恵が山の瀬神社で飼っている子猫に少し顔が似ている。実は子猫の父親なのではないかという噂もあるが真相は不明。
 桜ケ丘電話ボックス隣でいつも住谷さんや近藤さんの噂話を聴いている猫ですね。
猫(恵)【ねこ(恵)】1986年10月16日 2ヶ月目〜
 天秤座 体長・体重、状況に応じて
 猫の名前はタマじゃなきゃイヤだ!(笑)
※(尚、猫の名前は人それぞれです)
 三島恵を中心とした桜ケ丘の子供達によって神社で飼われている子猫。涼も積極参加出来ます。

 桜ケ丘公園の茂みの中で、黒い母猫から、台風の嵐の最中に生まれた。白と黒の模様がきれいなトラネコで、他に白猫と黒猫の兄弟がいたが、気の毒な事に長引いた雨の中で死んでしまったらしい。
 成長は早い方で、すぐに歩き回れるようになったが、初めて桜ケ丘公園の外へ母猫と出掛けた日に不運にあった。母猫が黒い車にはねられてしまったのである。まだ小さかった子猫は、きっと何が起きたのかも分からなかっただろう。
 母猫のおかげで、子猫は足を痛めただけで済んだ。
恵に拾われた事も不幸中の幸いだったと言えるだろう。今の住まいは神社のわきの段ボール箱で、タオルが敷かれているだけだがちゃんと屋根もあり、意外と快適らしい。
 近所の子供たちが食べ物を運んでくれるので、今は桜ケ丘公園にいた頃に比べると、いつもおなかいっぱいである。山の瀬、桜ケ丘あたりをよく散歩している雄の白猫がいるが、子猫に顔形がよく似ているという噂がある。
 ひょっとすると、その白猫が父親なのかも知れない。
根本純一郎【ねもとじゅんいちろう】1955年5月23日 31歳
 双子座 AB型 173cm 61kg
 花屋「スマイリー」の店主。
彼が31歳というのは単なるミスであってほしい。(笑)
彼が31歳というのは何かの間違いであってほしかったけど、どうやら本当らしい。(苦笑)

 趣味は貯金と利殖という、若い割にオッサンくさい自称青年実業家。よく40過ぎに間違われる。大学時代にバイトで稼いだ100万円を元手に株の売買を始め、今はドブ板の花屋「スマイリー」の他に横浜でレストランを経営している。「スマイリー」の方はしっかり者の優理子 がいるので安心して任せられるが、レストランの方はまだ軌道に乗るまで気が抜けず、忙しい毎日を送っている。
 優理子の事は将来の花嫁候補として最初から顔で選んだという。しかし思っていた以上に優理子が魅力のある女性だったので、最近ますます入れあげている。それでもプライドの高い根本は、自分から気のある素振りは見せない。いつか優理子が自分になびいてくる事を夢見て、今もせっせと貯蓄に精を出している。

 優理子さん、早くこんな店やめて、望がいなくなったフラワーセンターアイダに行こう!!(笑)それよりもドブ板から逃げよう!
 しかし、体験版にもこの根本さんは出て来ましたが(雀公園に座っていて湯川さんの情報をくれる)どう見ても50過ぎのおじさんだよ……。(苦笑)
野田宏作【のだこうさく】1968年2月6日 18歳
 水瓶座 A型 176cm 68kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
高校時代は喧嘩に明け暮れており、近隣の学校でも名前が知れ渡っていた。肉体派で武器こそ使わないが闘いっぷりは猛烈で、目潰しや頭付き など、ありとあらゆる攻撃で相手を倒すという。  短い金髪に薄いグレーのランニングでがっしりした男。
野田信吉【のだしんきち】1941年7月19日 45歳
 蟹座 O型 168cm 62kg
 ドブ板通りの「魚吉」の店主。喋り方に特徴ありあり。(笑)
この方も体験版から大きく顔が変わってしまった人、悲しい。

 ギャンブルとカラオケをこよなく愛す。特に競馬は趣味の域を越えており、暇さえあれば競馬の予想をしているが、いつも大穴狙いなので圧倒的にハズれる事が多い。競馬をしているというより、お金を捨てているようなものだが本人は全く懲りてない。
 そんな信吉を見限り、女房が出て行ったのは今から10年前、普段は明るい信吉も、これにはさすがに落ち込んだ様である。しかし、周囲の心配をよそに、かえって自由を得たためギャンブル熱が上昇。時々店の売り上げまで使い込んでいるという。
 話し方からすると生粋の江戸っ子の様だが実は浜っ子。
酒に強そうな雰囲気だが、実は下戸。ビールを一口飲んで陽気になると、よく昔話を口ずさむ。
 しかし、仕事に関してはめっぽう真面目。魚吉の値段も良心的なため、こと商売に関してはドブ板住民は全幅の信頼を寄せている。
野村たえ子【のむらたえこ】1942年10月23日 44歳
 天秤座 型 158cm 54kg
 紫色の服のおばさん。 個人タクシー運転手・野村貢の妻だが、2人の仲は悪い。
しかし意地でも別れてやるものかと、家に居座るわりには、家事は放り出しており、家庭はメチャクチャである。
 夫婦の不仲の原因は、家出したひとり娘の幸恵である。
「東京に行く」と荷物をかかえて飛びだして、もう半年音沙汰がないという。
『幸恵がグレたのはお前のせいだ!!』
「いやアンタのせいよ!」とやり合う生活に疲れ、今や家庭崩壊寸前だが、まだ桜ヶ丘の住人は誰もこのことを知らない…。
野村貢【のむらみつぐ】1941年7月9日 45歳
 蟹座 AB型 175cm 70kg
 桜ヶ丘公園の自宅前でタクシーを磨いている人。 斎藤交通に勤めるタクシー歴27年のベテランドライバーだが、複雑な家庭の悩みを抱え、勤務状況はあまりよくない。
 昼間からドブ板をブラブラしたり、昼寝するかと思えば、夜になるとプラッと仕事に出ている。原因は家出した一人娘の幸恵にある。 「東京に行く」と荷物をかかえて飛び出して、はや半年、音沙汰がないのだ。責任のなすりつけ合いで、ただでさえ悪かった妻のたえ子との夫婦仲も悪くなる一方で、もうケンカをする生活にも疲れ果てた。歩合制の給料も激減し、今や家庭崩壊寸前だが、まだ桜ヶ丘の住人は誰もこのことを知らない…。

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)

トップページ