シェンムー 人事典

登場キャラクター一覧(1999年9月開始)

発表された情報と、全てあたくしの主観によって説明致します!
 発売前に書かれた予想と、『シェンムーパスポート』に書かれたプロフィールを交え最終的に完全な物にしたいと思っています。
 人事典なので当然ながら一部の人物にはねたばれがあります。
2002/3/28更新【一章・横須賀編とりあえず完成!】

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)
■氏名【読み方】性別■男■女 生年月日 年齢
星座 血液型 身長 体重 出現エリア

□は〜ほ
パウロ・マッコイ【Paulo McCoy】1945年3月8日 41歳
 魚座 O型 182cm 113kg
 横須賀に住んでいる外国人の1人。船員というわけではなく、小規模の輸出入を営んでいるという所謂バイヤーである。だが、ハリー達船員グループと行動する事も多く、妙に喧嘩慣れしている所からも、バイヤーと言うのは単なる表向きの仕事で、本職はバー等の用心棒(バウンサー)ではないかと思われる。
 とにかく、がっしりした体の人物、体重がかなりあるのにそんなに太った印象にないというのは、その殆どが筋肉と言ってもいいんじゃないでしょうか?
 金髪で、肩まで肌が露出した服に下ジーンズ。
馳浩司【はせこうじ】1962年12月20日 24歳
 射手座 O型 180cm 64kg
 「永井興業」の見習い社員。
素行が悪く、仁義や礼儀作法も知らないため、社長の永井も手を焼き、仕方なく見張り番として事務所の入り口に立たせている。現在は、同じ永井興業の俊樹が教育係にあてられているが、あまり効果はないようである。
 時折、永井たちには内緒で「アジア旅行社」のジミ−に雇われ、用心棒まがいのことをして、少づかい稼ぎをしている。また、ヒマな時はそのルックスを活かして女性をそそのかしている小悪党である。
長谷川冬也【はせがわとうや】1941年9月10日 45歳
 乙女座 AB型 183cm 75kg
 永井興業の社員。親分である永井の右腕として組の若い衆を取りまとめている。かつては全国を渡り歩くバクチ打ちだったが、たまたま立ち寄った横須賀の街で永井と出会い、その人柄に惹かれて親子の杯を交わす。
 外見はともかく、根がお人よしなため、迫力には多少欠けるようである。
畑中恭輔【はたなかきょうすけ】1945年2月3日 41歳
 水瓶座 O型 176cm 71kg
 フォークリフト運転手の一人で、細い銀縁フレームの眼鏡をかけている人。
 県内の機械製造会社に5年程勤めた後退社。その後、 この職についた。現在は妻と横浜市内のアパートに2人暮らしである。
 早婚だったせいか、既に娘が初孫を産み、週末になると 夫婦揃って病院まで、わざわざ孫の顔を見に行っている。
 いつまでも病院にいるわけでもないのに、この説明文 はどうだろう?もしかして嫁ぎ先が「お医者さん」とか じゃないでしょうね?(笑)
畑中良英【はたなかよしひで】1963年2月11日 23歳
 水瓶座 O型 185cm 107kg
 マッドエンジェルス。
高校生の頃から素行が悪く、何度か少年院にも入っている。街中でゴロツキを相手に喧嘩している所をヘッド格の岡安にスカウトされたのがキッカケで、以後岡安や村崎達と共に行動している。
 狂犬の様に一度噛みついたら離れない性格で、喧嘩の時も徹底的に相手を痛めつけないと済まさない。
芭月巌【はづきいわお】1940年5月3日 46歳
 牡牛座 A型 175cm 80kg
 芭月流の宗家にして、涼の父親。
性格は実直で、剛胆さゆえの落ち着きがある。また謙虚さを尊び、礼儀と信頼を重んじる。まさに質実剛健という言葉が相応しい人物。
 唯一の趣味と言えるのが書道であり、手紙や葉書も筆でしたためる事が多い。武術に関しては天性の才能に恵まれながらも、その才能に溺れない努力型の人間である。若い頃は武者修行を重ねて海外にも渡ったという。
 その厳しさゆえに涼は反発する事もあるが、父親としてまた武術の師として大きな目標になっている。
芭月涼【はづきりょう】1968年11月29日 18歳
 射手座 O型 176cm 65kg [山の瀬]
「シェンムー」の主人公にしてプレイヤーの分身。
 この物語の主人公。横須賀の芭月武館で生まれ育つ。3歳のころ母親が病死。住み込みで働いている稲さんや、門下生である福原がいるものの、藍帝が父・巌を殺害するまで父一人、子一人の家庭で育ち現在に至る。
 幼い頃から芭月流柔術を習い、心身ともに鍛えられているが、道場の後を継ぐ気はあまりないようだ。礼儀作法はきちんと教え込まれているが、無礼な相手にはそれ相応の態度(つまりケンカ)で接する。結果、性格は頑固で負けず嫌い。どちらかと言うと理論的に考えたり、理屈をつけたりするのは苦手で、行動する方が早い。女性に接するのもやや苦手で、原崎の気持ちに気づきつつも無関心を装ったり、田嶋に頭が上がらないのもそのためである。
 父・巌から本格的に武道を習い始めたのは七歳の頃。
阿部商店の節さんにイガグリ涼坊と呼ばれ始めたのもこの頃で、生意気な口をきいてはゲンコツをもらって いた。
 初恋もこの頃で、友達に冷やかされて喧嘩をしてしまい以来、色恋沙汰は苦手になっている。
服部守【はっとりまもる】1956年5月26日 50歳
 双子座 AB型 170cm 60kg
 「ハットリスポーツの店主」やはりこの名字は八極拳の服部先生から拝借したのでしょうか?
 横須賀で生まれ育った生粋のスカっ子の一人。芭月家に道着をおろしていた関係上、巌、涼ともに親交があった。巌の死にはかなりショックを受けたらしい。
 地元の少年野球のコーチを努めるなど世話好きだが、少々行き過ぎて、子供達には「うるさいおじさん」としか見られていない。
(かくいう涼もその一人ではあるのだが…)
 息子はサラリーマン、孫はサーファー。娘も嫁いで独立。既に妻もなくやや寂しい所もあるが、シーズン中は店を早仕舞いしてナイター観戦に行く元気な面もある。
 ドブ板の町内会長で、町の人に関する知識はとても広い。自分が野球を好きなので子供達が「キャプテン翼」の影響でサッカーばかりやっている事を少し嘆いている。店的にも「バット・グローブ・ボール」と「ボール一個」ではかなり売り上げも違うのでしょうね。(笑)
服部 涼子【はっとり りょうこ】1962年8月4日 24歳
 獅子座 B型 162cm 49kg [新港]
 ドブ板にある「ハットリスポーツ」の店主の姪である。
現在は新横須賀港の倉庫管理会社に勤めている。生まれも育ちも学校も、おまけに職場も横須賀という完全な地元人。子供の頃から優等生タイプだが、姉御肌の同僚入江ユキ子とはなぜか気が合い、休日なども良く連れ立って遊びに行くことが多い。
鳩【はと】41cm
 新横須賀港で群れをなしている。
色的にはもっぱら普通の鳩が多いが、たまに白い鳩や黒ずんだ鳩も混ざっている。時折、誰かが餌をやっているのか、人に慣れており、ギリギリまで接近しない限り逃げ出さない。
 女子事務員の中には一羽一羽に名前を付けて可愛がっている人もいるという。う〜ん、やっぱり加山梓さんかしら??(笑) 
波戸良文【はとよしふみ】1949年7月21日 37歳
 蟹座 AB型 173cm 68kg
 非常の判り難い位置にあるバー「ハートビーツ」の店長で愛想のかけらも無い男。
 過去の事は周囲の人間に全く話さないため、経歴不明。何処をどう流れて来たのか、気付いた時には既にバーを開業していた。
 自分なりの「悪の美学」を持ち、全ての物事はその尺度で計られる。真面目な人間は大嫌いだが、いわゆるハンパ者達には一種の愛情を持っている。彼らもそんな波戸の心情が解るのか懐いている。
 麻薬などの犯罪に手を染めている噂もあるが真実は闇の中である。
花岡良治【はなおかよしひろ】1962年4月11日 24歳
 牡羊座 B型 179cm 77kg
 港で仕事をする測量士の二人組の一人。
顔が「ウルトラマン」に登場するイデ隊員ソックリだ。(笑)
 高校卒業後、測量事務所に入って、仕事を始めたという、バリバリの測量技師。学校で測量士の資格を取っているのだが、そこは年功序列の厳しさ、先輩の清水の元で測量士補としてシゴかれる毎日である。この不景気で仕事がなく、口下手な花岡は、いつクビにされるかとヒヤヒヤしながら頑張っている。動作が鈍くて清水に怒られる事も多いが、持ち前の親切心で、見知らぬ涼に何かを聞かれれば親身になって答えてくれる。おかげでまたその後、「何くっちゃべってんだ!このデブ!」と清水に怒鳴られている事も多い。
 この身長と体重なら、デブでは無いと思うけどな。(苦笑)
顔はイデ隊員でも新兵器は開発出来ないらしい。
花沢隆義【はなざわたかよし】1932年6月30日 54歳
蟹座 A型 165cm 70kg
 株式会社「陽配」に勤務しているフォークリフト作業員。
ひがみっぽい性格で、自分の不勉強を棚に上げて他人をやっかんでいる。同僚で自分より年下の佐山が、仕事の配分をしているのが気に食わず、事ある毎に難癖をつけてくる。
 新人が来ても全く相手にせず、挙げ句、無能者の烙印を押してしまうという困った人物である。
 ……本当に困った人だ。(苦笑)
ハニー・ジャクソン【Honey Jackson】1963年12月7日 23歳
 射手座 A型 170cm 67kg
 今の所、体験版に出て来たぐらいの事しか判らず。

 トムの恋人であり、陽気で快活な女性。
日本語がトムよりも上手く、実際トムに日本語を教えたのはハニーで、ある程度の読み書きも出来る。
 コネチカット州の出身でハイスクール卒業後日本に渡って来た。トムの店の手伝いをしているが料理は得意ではないらしく、作っているのはもっぱらトムである。しかし明るい性格でいつもトムを励ますあたりはなかなかしっかりした、よき理解者と言える。
 「ココロアタリナイネ〜」という言葉が印象深い。
浜正【はまただし】1961年8月14日 25歳
 獅子座 A型 180cm 80kg
 マッドエンジェルスの一員でヘッド格である岡安実の配下である。
髪を染め、色つきのサングラスをかけたスタイルは彼なりのこだわりらしい。畑中とコンビを組んでおり、一緒に行動する事が多い。狂犬の様に暴力的で無差別な畑中を上手く制御し、利用している。
 計算高く抜け目の無い男である。
林京子【はやしきょうこ】1957年6月18日 29歳
 双子座 166cm 47kg
 本名:林田京子。
スナック「リンダ」のホステス。店長の折原とは夫婦だが、とある事情によりそのことはひた隠しにしている。折原と京子の出会いは10年前。
 新宿の某ディスコに出かけた京子は、バーテンの折原浩之を紹介される。友人として付き合ううちに、良家のお嬢様として何不自由なく育てられた京子は、彼の中の影に惹かれていく自分に気付く。恋に目覚めた彼女は、積極的にアタックし、出会って1年後、交際を始めた。ただし、身分の差を気にする両親には内密に、である。付き合い始めて4年が経ったころ、京子に別れ話を持ち出すが、彼女の懇願により、2人は駆け落ちを決行する。地方に逃れた彼らは教会で永遠の愛を誓い合う。
 参列者もなく普段着とベールをかぶっただけの服装であったが、花嫁の笑顔はこの上もなく幸せそうであったという。2人の新生活は、バイトに明け暮れる毎日だった。お嬢様育ちの京子にとって、正直、ツライ毎日で貯金のたまった3年前、2人は横須賀で夢を実現。スナック「リンダ」の開業である。4畳半二間の小さな建物だが、2人にとっては夢の城である。林田家の目を逃れるため、京子は姓を「林」とし、夫婦であることを隠して営業。客である友人たちに支えられながら、2人は今、静かで幸せな生活を送っている。
早田稲【はやたいね】1922年8月9日 64歳
 獅子座 A型 155cm 48kg [山の瀬]
 芭月家の住み込みのお手伝いさん。お手伝いさんとは言え、あのうちの家族そのものですね。
 物静かで働き者の古風な女性。芭月家に住み込んで15年になり、家事、家計の一切を任されている。
 性格は穏やかだが、芯が強くどんな時でも毅然とした態度を崩さない。裁縫、掃除好きで、特に日本料理はプロ顔負けの腕前である。礼儀作法や躾に関しては口うるさいが、それ以外は割と大らかで、涼の行動に関しても陰ながら見守っている。
 優しく暖かいその眼差しは芭月家に無くてはならない存在である。
原崎望【はらさきのぞみ】1968年8月23日 18歳
 乙女座 AB型 164cm 47kg
 「フラワーセンターアイダ」の会田トキさんの孫。涼の高校でのクラスメイト、カナダからの帰国子女で両親だけはまだカナダに残っている。
 英語、フランス語が堪能という面からケベックやモントリオール周辺で暮らしていたと推測される。きっと愛読書は「Anne of Greengables」に違いない!!(笑)というか、そういうエピソード熱望!
 なんと!「バンクーバー」でした。(苦笑)
あそこでフランス語使うかなあ?ちょっと解せないなあ。そういえば設定では英語・仏蘭西語が堪能という事だったけど、その設定も生かされてないなあ。不満!

 涼のことをひそかに慕う女の子。日本で生まれたが小学生の頃、両親の仕事の関係で、しばらくカナダのバンクーバーに渡っていた。その後、帰国し、祖母の住む横須賀で再び暮らすようになった。転入当時、カナダとは環境の違う日本の中学校にすぐなじめず、イジメられていたが、その時さりげなくかばってくれたのが涼だった。それ以来、涼への思いは募り続け、いつの日か告白しようと決意している。
 自分の考え方をしっかり持っていて、なおかつ相手の気持ちを考えることもできる性格である。いつもは祖母の花屋「アイダ」を手伝っている。将来は翻訳か通訳の仕事に就きたいと思っている。
ハリー・トンプソン【Harry Thompson】1955年4月24日 31歳
 牡牛座 AB型 178cm 87kg
 外国人船員の中でもリーダー格で、荒っぽいが気さくな男である。海軍に所属していた頃にマーシャルアーツを習い、除隊後、しばらくストリートファイトで暮らしていた。特に出身地であるテキサスでは98連勝の伝説を残している。
 一度怒り出すと手が付けられないため、仲間内では「クレイジー・ハリー」と呼ばれている。
樋口丈【ひぐちじょう】1967年8月8日 19歳
 獅子座 A型 173cm 60kg
 横須賀港をいつもランニングしている青年。
話しかけても素っ気ない。

 大学のボクシング部に所属している一年生。
新人戦を控え燃えている。身のこなしや言動はスポーツマンらしく、はきはきしている。意外と気が小さいせいか本番に弱く、本来の実力が発揮出来ていない。
 今回の新人戦はその汚名を返上するための大事な試合であり、しかも減量中のため、かなりナーバスになっている。他の部員達に気付かれないように密かにランニングしている努力家である。
氷室英和【ひむろひでかず】1967年3月14日 19歳
 魚座 B型 180cm 73kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
元々は幹部候補だったが、裏取引の現場を警察に押さえられるという失態をやらかし、降格処分にされた。現在は最低ランクの兵隊と同じ扱いにされており、内心、名誉挽回のチャンスを伺っている。同じマッドエンジェルスの毒島とは古い付き合いで、ともにのし上がって行こうと誓い合った仲である。
 背が高くてヒョロヒョロッとしている。帽子を後ろ向きに被っているのは、逆転のチャンスを狙っている気持ちの現れなんでしょうか?(笑)
 通常とはやや違い、腕の部分が完全にグレーのヨットパーカーを着ていて、「俺は他の奴とは違う」と主張している気持ちの現れなんでしょうか?(笑)。
平井武史【ひらいたけし】1954年11月27日 32歳
 射手座 B型 173cm 63kg
 平井正史ならブルーウェイブの投手。本当にそこから名前が付いていたりして?
 横浜の一流ホテルのバーテンだった過去をもつ男。
だが、フロアマネージャーとケンカしてクビになり、その後、生まれ故郷のドブ板に帰って気ままに好き勝手にできるバー「MJQ」をオープンさせる。好きなジャズを聞きながら、気に入った客の相手をしている。最近雑誌に掲載されたため、店の雰囲気をぶち壊す客が来るようになって機嫌が悪い。
平田はる【ひらたはる】1913年8月1日 73歳
 獅子座 A型 152cm 42kg

 国道16号沿いのタバコ屋「平田商店」のおばあちゃん。普段は店先に座っているけど、けっこうアクティブな人。
 声はシェンムーBBSにも書き込んだ事のある福島おりねさんです。
世話好きで「八百勝」の勝や、「魚吉」の信吉が子供の頃から面倒をみている。おかげでこの2人は今でも頭が上がらないらしい。
 現在の姿からは想像しにくいが、昔は器量の良い看板娘で「ドブ板小町」と呼ばれていたといいます。
平野秀【ひらのすぐる】1946年1月21日 40歳
 水瓶座 A型 170cm 66kg
 平野美奈子、優二 姉弟の父親。
離婚して早10年になる。ちょっと火遊びのつもりで浮気したおかげで妻から離縁されてしまったのである。幸い娘の美奈子は最低限の家事はしてくれるし、息子の優二も大人しくて手が掛からないので透も安心して働いている。
 10年前の浮気以来、すっかり女運に見放され、再婚したくても相手がいない。今に美奈子が嫁いだ後の事を考えて、そろそろ真剣に中高年専門の結婚相談所のパンフレットを取り寄せている。
 浮気は「裏切り」なので、離縁されたのはまあしょうがないとして、お母さん、子供2人を何故ここに置いていったのかが気掛かりです。単に経済的な理由からなのか、それともあんまり子供に愛情を持っていなかったのか……、当時、7歳の優二君としては一番お母さんと一緒にいたい時期だと感じるのですが……、う〜ん。
 美奈子さんが、かなり打算的な女になりつつあるのも、この父親のせいっていうのもあるのかなあ? 
平野美奈子【ひらのみなこ】1966年4月16日 20歳
 牡羊座 B型 163cm 47kg
 海外旅行とブランド品の買い物のことで頭がいっぱいな女子大生。
趣味は夜のディスコ通い。雑誌で情報はいっぱい仕入れており、楽しいこと新しいことには何でもとびつくミーハーな性格である。
 顔がカワイければ世の中、うまく渡っていけると信じており、実際、うまくやっている。大学にはほとんど行かずバイトに精を出しているが、コンパで担当教授のお酌をしてグッとハートをつかみ、ノートをコピーさせてくれるマジメな男の子友達は10人以上キープしてあるのでまったくOKらしい。
 それとは別に本命のカレシをゲットするのが目下の最重要課題である。まだ高校生で、ずっと年下だけど、強くてカッコいいから涼をカレシにしちゃうのもいいカナと、内心本気で思っているという。ちなみにバイト仲間の近藤洋平のように、暗くてお金を持っていない男が、一番嫌いなタイプである。
平野優二【ひらのゆうじ】1970月4月23日 16歳
 牡牛座 B型 175cm 64kg
 桜ケ丘に住んでおり、女子大生の姉・美奈子がいる。
男の前ではカワイ子ぶるくせに、家では平気でオナラをする姉を見て育っているので、女性に対して幻想がなく、過剰な期待を抱かない。
 特に今は「芭月先輩と同じ町内に住んでいる」ということで、見知らぬ同級生の女の子から「芭月センパイって、どんなタイプの女の子が好きか知らない?」などと相談されることもあり、つくづく女というものに呆れている。
 それでも優二自身強くてカッコいい涼のことは尊敬しているので、ちょっぴり気持ちは複雑である。美奈子なんかを見ていると、大学に行くのもバカバカしいと思っている。でも今の優二には目的がないので、難しいことを考えるのは後回しにして、帰りにゲームセンターに寄る毎日である。本人たちは気づいていないが、案外、似た者同士の姉弟かもしれない。
福井利通【ふくいとしみち】1959年7月18日 27歳
 蟹座 A型 175cm 69kg
 港の作業員
いつも同僚の作業員のサダム、アキーム、ムハマドの三人を従えているため、仲間内からは「アラブの王様」と密かに呼ばれている。出身は青森で、五人兄弟の長男として育った。性格的に兄貴風を吹かす事が多く、頼られるのが好きで面倒見もいいが、やや怒りっぽいのが玉に傷である。
福原正幸【ふくはらまさゆき】1960年8月6日 26歳
 獅子座 O型 173cm 68kg
 愛称「フクさん」。驚異のおっちょこちょい。
 芭月武館に住み込んで10年近くになり、涼にとっては家族とも呼べる存在である、性格は温厚で人当りが良い。
 何事にも一生懸命になるタイプである。不器用で武術の上達は遅いが、練習熱心で真面目な性格が、巌に信頼されて内弟子を認められた。以来、涼と共に芭月流柔術の稽古をしている。
 多少、早とちりをするクセがあり、思い込みで行動して失敗する事もままあるが、さっぱりしていて話しやすい性格なので、涼にとっては心を許せる相談相手である。
藤原晃【ふじわらあきら】1967年9月12日 19歳
 乙女座 AB型 19cm 68kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
青い横須賀ジャンパーの男。(城島大輔の色違い)  実は涼と同じ横須賀中央高校の出身である。 ケンカ好きで、在学中から涼の噂は聞き及びいつかは闘いたいと思っていた。(しかし顔までは知らなかったらしい)
 腕力よりも脚力に自信があり、蹴りの威力はなかなかのものである。
毒島勝利【ぶすじまかつとし】1962年9月4日 24歳
 乙女座 A型 182cm 80kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
氷室と同じく元々幹部候補生だったが、裏取引きの現場を警察に抑えられるという失態をやらかし、降格処分にされた、現在は最低ランクの兵隊と同じ扱いにされており、内心、名誉挽回のチャンスを狙っている。いつもサングラスをかけているのは目が意外と可愛いらしく、凄味が無いからだと言われている。
 丸いサングラス、背中に88とナンバーのあるグレーと赤のジャンパーにジーンズを履いている。似たような顔の多いマッドエンジェルスの中では比較的特徴的な方なのかな?(顔のみの話)
ペドロ・ウォーレン【Pedro Warren】1956年5月12日 30歳
 牡牛座 A型 205cm 130kg
 新横須賀港を牛耳っているマッドエンジェルスの幹部の一人。腕力、度胸ともにズバ抜けており、テリーの片腕とも言える存在である。ニューヨークのスラム街の出身らしいが詳しい経歴は不明である。港にいる外国人船員に顔が利き、かなりの人数を動員する事が出来る。
 いちいち特徴を書くまでも無いほど、その巨大さで目立つ人物、警官風の帽子を被っている。
ボブ・ディクソン【Bob Dickson】1957年5月24日 29歳
 双子座 A型 176cm 81kg
 トニーやスミス達と一緒に行動している外国人船員の1人。アイダホの片田舎の出身で、元々人は良いが、仲間意識が強いため、悪事と知りつつも加担する事が多い。釣りとビリヤードを好み、本来は気さくで陽気な男である。
 モスグリーンのジャンパーにブラウンのズボン、この若さなのにちょっと頭が寂しい。
布袋文彦【ほていふみひこ】1968年10月5日 18歳
 天秤座 B型 175cm 70kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員
高校を中退し、定職にも就かず港をうろついているところをマッドエンジェルスに誘われた。外見の割には意気地が無く、抗争の時も闘うフリ をして、実際は後ろの方に控えている事が多い、当然の事ながら仲間内 での地位も低く三下扱いである。
外見はセーターに金髪、赤のズボン。
 ちなみに、マッドエンジェルス内には「氷室」もいたりする。
やはりあれなのだろうか?(笑)
保谷陵輔【ほやりょうすけ】1951年12月17日 25歳
 射手座 B型 165cm 65kg
 港を巡回している警備員。
警備員になってから日が浅いせいか、地理がうろ覚えで、道を聞いても頼りにならない。あまり仕事熱心ではなく巡回の仕方もかなり適当である。同僚の鵜沢とは仲がよく非番の日が同じ場合には、連れ立って飲みに行く事も多い。マイクを持つと離さないカラオケ好きの25歳である。
 警備員としては小柄で、顔もたれ目のせいか、気も弱そう。
堀内喜裕【ほりうちよしひろ】1968年1月17日 18歳
 山羊座 B型 168cm 64kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。迷彩のパンツに黒のジャケットでそれほど目立たない。
 村谷浩のグループに所属していた。繁華街で暴れ回っていた頃はかなりの実力を持っていたらしいが、倉庫街で乱闘した際に足を骨折し、以来、今一つ動きが鈍くなっている。
本城要【ほんじょうかなめ】1965年4月2日 21歳
 牡羊座 O型 178cm 70kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
日本人離れした顔と、ペラペラの英語で、外国の船員にも顔が広い。米 軍のベースキャンプにも何名か知り合いがおり、色々な品を横流しして もらっている、という噂がある。
 米兵からマーシャルアーツを習っているらしいが、腕前はたいした事 ないようである。
 黒い帽子、黒いTシャツ、カーキイエローのズボン。肌の色も黒く、帽子をかぶっているので、ちょっと見ただけでは日本人には見えないでしょうね。
本田宗一【ほんだそういち】1938年8月15日 48歳
 獅子座 A型 178cm 69kg
 ああ、惜しい!!ニアピン賞!(笑)「郎」をつけるとホンダ創設者。これは入交社長へのサービスかな??
 あ、おそらく薬屋さんです、この人。

 薬屋「本田薬局」の店長。はっきり言って、人に話しかけられるのを嫌っていそうな人。
 地方の薬科大学院を卒業後、大学院の薬剤師の一人として就職。16年間真面目に働いていたが、5年前院長の手術ミスや、国からの補助金着服疑惑をきっかけとした病院閉鎖に巻き込まれ職を失う。同時に妻と2人の子供達とも別れ別れに。
 一年間の自暴自棄の生活の中、友人が紹介してくれたチェーン店の薬屋の薬剤師の職にありつく。大学院時代に比べて給料は安いが独り身には充分と決意。しかし、勤務先が横須賀ドブ板と聞き、早くも断念しかけるが、他に職も無いため渋々出向いている。 
本田達也【ほんだたつや】1968年12月14日 18歳
 射手座 AB型 175cm 65kg
 港を牛耳っているマッドエンジェルスの一員。
川崎出身。一応、工業高校に通っているが、学校にはもう3ヶ月も顔を出していない。中肉中背でマッドエンジェルスの中では小柄な部類に属するが、空手の心得があるらしく、なめてかかると痛い目に遭う。
 服装はほぼ、殿村英二と同じ黄色と黒のスタジアムジャンパーにジーンズ。ただ、こちらは青い帽子(野球帽)を被っている。

PAGE1(あ⇒お)PAGE2(か⇒こ)PAGE3(さ⇒そ)PAGE4(た⇒と)
PAGE5(な⇒の)PAGE6(は⇒ほ)PAGE7(ま⇒も)PAGE8(や⇒わ)

トップページ