ZGMF-X1OA FREEDOM GUNDAM



キットは足が短く、顔が大きく見えるので、劇中のイメージを参考に、プロポーションの変更をメインに改造しました。


改造点

○頭
やはり顔は大きく感じますので、小型化。切った張ったでの改造も考えましたが、前後バランス等自分なりになっとく行くように、エポキシパテのかたまりからの削りだしで新造しました。
マスクは上下に小さめに、オープニングのイメージで作ってみました。ヘルメットは前後に長めに。
ブレードアンテナ一式はキットのものを芯に、削り込みとプラ版にて改造しました。
全て複製し、レジンに置換えています。


○腕
肩を独立回転させるように、フレームを新造(レジンに置換えています)し、肩フレームに接着。この部分で腕の接続軸と肩を接続。腕を単体で接続しています。(キットは腕を肩で挟みこみです)
裏面はエバーグリーンのスリットプラ版にてディテールアップ。
また少し引き出し、スイングさせるため、腕の接続軸も2ミリ延長し、真鍮線で補強しています。
マニピュレーターはキットのディテールがすばらしいのですが、少し不自然な握り手なので、表情をかえています。
親指をエポキシパテで作り直し、力強い感じに。


○胴体
胸部のダクト、ダクト周りを約1.5ミリづつ外側に広げました。
ダクト自身も削り込んでシャープにし、センターのフラップは0.3ミリプラ版で作り直しました。
腕の接続軸が、他の1/100シリーズは可動式ですが、固定式になっているので、イエローサブマリンの
関節技ボールジョイントで、前後、上側に可動するように改造。


○腰
股間部をエポパテでボリュームアップしました。
フロントスカートアーマーは外側に0.5ミリ幅まし。
フロント、リアスカートの裏側がスカスカですので、エポパテでディテール追加。
クスィフィアスレール砲は発射口を少し削りシャープに。
収納状態では開口されている場所(劇中ではスラスターになってたりしてますが)があるはずですが、キットでは展開機構のクリアランスの関係で再現しきれていませんので、機構を殺さないように、彫刻しバーニアを表現してみました。大きい方のバーニアは開口し、エバーグリーンのスリット入りプラ版を入れています。


○足
長く見せるために、太ももはそのまま。すねで3ミリ延長。さらにつま先を延長しています。
出来る限りのスペースで「オモリ」をいれ、倒れにくくしています。


○ウイング
プラ版にて約2.5センチづつ延長。キットではロック機構がありますがオミット。自由な位置に展開できるようにしています。
羽にあわせ、バラエーナプラズマ収束ビーム砲も延長。出来るだけ軽くするために、プラ材と軽量エポキシパテで改造しました。
後部ダクトも0.3ミリプラ版でフィンの作り直し。砲先端も開口し、モビルパイプでディテールアップしています。

○武器
ライフルはスコープを改造。中にHアイズを仕込み、2重構造にしています。
塗装

基本処理、サフ終了後

全パーツにベースグレー塗装後、薄めのグラデーションで仕上げています。
清潔感と硬質感が出れば・・・と思い、画像ではわかりにくいですが、つや消しパール仕上げにしてみました。(薄めのパールコートです。)

白:ホワイトを黒立ち上げ→ホワイトパール→スーパークリアーつや消し。

赤:白立ち上げ→ホワイトパール→クリアーレッド+クリアーオレンジ+蛍光ピンク少量→ホワイトパール→スーパークリアーつや消し。

青:白立ち上げ→ガンダムカラーブルー12+蛍光ピンク少量→ブルーパール→スーパークリアーつや消し。

紺:ガンダムカラーブルー14を黒立ち上げ→ブルーパール少量→スーパークリアーつや消し。

黄:白立ち上げ→ホワイトパール→クリアーイエロー+クリアーオレンジ少量→スーパークリアーつや消し。

メカ色:スーパーシルバー+ホワイトを面噴き。

ライフル:スーパーシルバー→クリアーブルー+クリアーレッド+スモークグレー→スーパークリアーつや消し。
←バラエーナは発射口をモビルパイプでデコレートしてみました。
全展開時は、長くなったおかげで、クスィフィアスとのバランスもよくなったと思います。



→クスィフィアスは収納時のディテールを彫刻してみました。
劇中では姿勢制御のアポジモーターみたいな感じになってましたが、作画ミスでしょうか(^^)

フロント、リアアーマーの裏はエポパテで作ってみました。
適当にディテールを彫っています。

マニピュレーターは、ノーマルをベースにディテールアップしました。もともとキットの出来はいいのですが、親指の表情が不自然に思いましたので、エポパテで作り直しました。
自然になったと思います。

肩内部、クスィフィアスの基部内側はプラ版、スリット入りプラバンでデコレートしました。
ここからは、今回の最大の売りでもあります、頭部の形状の違いと、本体のバランスの違いを、ノーマルと並べて撮影しました。
ノーマルを塗装していないのもあるかもしれませんが、かなり変わったと思います。
製作途中画像は
ここをクリック
してください。
ブラウザで戻ってください