雷電シリーズの原型

クロスシューター

セイブ開発/タイトー・1987年


 

○前書

当ゲームはセイブ開発制作の、最初の縦スクロールシューティングと思われます。

「雷電」シリーズの原型を垣間見れるこのゲームを取り上げます。

 

○操作方法

当ゲームは縦スクロールのシューティングゲームです。

8方向レバーで自機を操作して、Aボタンでショット発射、Bボタンでボンバーとなっております。

ゲームそのものは、永久ループ仕様となっておりますが、面白いのは途中までそのまま進行するものの、

以降は特定面間のループとなっております。他メーカーながら飛翔鮫のループと同じ形態です。

 

○パワーアップ

このゲームは途中出現する青色の4機編隊の敵を全て破壊することでアイテムが出現します。

ただこのアイテムを取るには触れるのではなく、希望の色に変化したときにショットを当てるとそのパワーアップがとれるという仕組みになっています。

だから考えないで適当に撃っているといつの間にアイテムを取っているということになります。

なおボンバーでは取ることができません。ショットを当てるようにしましょう。

 黄→バルカン砲。最初の自機の弾幅は2連装だがこれを取ると倍の4連装となります。

あまり早く連射しているとやや弾切れが起こりやすいのが弱点ではあります。

 青→自機のスピードアップ。3段階までアップします。

ちなみに3段階目でスピードアップしようとするといきなりスピードは0段階・つまり初期設定にされますのでご注意。

 白→インストには載っていないパワーアップです。これは自機の周りにシャボン玉型バリアを張るというものです。

敵および敵弾5発分まで耐えることができ、あと1発でなくなる場合は赤く点滅して教えてくれます。

ちなみにこのアイテムは取りだめができるので、あらかじめ白を撃っていればその状態で赤く点滅しているときに敵弾を喰らってもすぐにバリアが復活します。

 緑→ボンバーを一発補充します。バリアに余裕があるときはこれをとりましょう。

 赤→レーザー。前方に1本のレーザーを発射します。幅がないので連射ができないとつらいですが、連射ができるならこちらも捨てがたい武器です。

バルカンに比べると弾切れがほとんどないのと、雑魚敵を貫通するという利点があります。

ただ威力そのものはバルカンに比べると弱いです。バルカンの場合は接近しての連射が効果的です。

が、レーザーの場合は敵をすべて貫通するので集中してダメージを与えることができません。

 

○面クリア

 面クリアになると敵が出ていても強制的に着陸態勢に入り(この際は敵に当たっても大丈夫)いったん自機が格納され、

すぐに脱出するというデモと共に残ボンバー1発に付き千点のボーナスが加算されます。

ボンバーは最高9発まで持つことができます。

ボンバーが4発以上の時はそのまま持ち越されますが、ボンバーが3発以下の場合は自動的に3発にしてくれます。

奇数面スタートの時は海上の島を改造した基地から(遠近法がついているので妙な形になっています)、

偶数面スタート時は象の背中を改造した基地からのスタートとなっています。

 面クリア時(基地から出たときに)には自機の装備は持ち越されるのが普通ですが、当ゲームではバリアについてはランダムとなっております。

つまり基地に入る前は確かにバリアがついていたのに、基地から出た途端に剥がされてしまうことがあります。

ところが逆に、弾を喰らって赤く点滅している時や点滅していなくても耐久力が5発以下の時で、基地から出た時に点滅が止まって耐久力が5発に戻っている時もあります。

これについては法則性はないようです。面クリアの際は「バリアがはがれませんように」と祈るしかありません。

 

○ボーナス点について

 このゲームではスコアが50万点に達した時点でメッセージが出て自動的に画面が静止します。

同時に百万点のボーナスと3つのボンバー、そして残機が1機追加され、ネーム入れも出来ます。

ネーム入れにてエンドを選んだりカウントが0になった時点でゲームは再開されます。

なおネームを登録する際はBボタンを押しましょう。Aボタンでは登録できません。

以後50万点を取る度にメッセージとボンバーと残機を増やしてくれる……というようになっています。

結局のところ350万点取れば自動的に一千万点達成ということになる訳です。

ちなみにゲームオーバーになってもネーム入れはできますので、何のためにここでネーム入れとなるかは今一つ不明です。

 

○結論

 一見コミカルシューティングに見えますが、実際はそうでもなくむしろ硬派なシューティングであると考えていいと思います。

堅いザコが出たり途中でやられたりするとそれなりに厳しい攻撃となりますので。

個人的にはバリアがシャボン玉というのが妙に印象に残っています。

このゲームは開発がセイブ開発といわれていますが、今から見ると自機の形が途中で変形するところは雷電の自機を彷彿とさせるものでしょう。

今からこれらのタイトルを比較すると、全体的に軽いのとわざわざ業務用の基板で出すものではなかったということに疑いの余地はないでしょう。

当時のゲーセンからは、2人同時プレイができるゲームはないか、という要望があってこのゲームが駆り出されたというふしがありますが。

 

○お願い

 実はこのゲーム、チラシがあったはずなのですが残念ながらタイトーのホームページでは未収録となっております、というよりタイトルすら載っていません

又、当方の持っている基板のマニュアルはコピーとなっており、残念ながらストーリーについては不明となっております。

マニュアルをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ご連絡をお願いしたいのですが……。宜しくお願い致します。