向こう風な雰囲気は珍しい

ジンジンジップ

アリュメ/テクモ 1992年


○前書き

画面全体からは日本メーカー制作のものとは感じさせないような、

外国の香りが多分に入っている縦スクロールシューティングゲームです

実際の所、当ゲームの基板は輸出されてしまい日本国内にはそれ程残っていない模様です。

 

○操作方法

自機は8方向レバーで操作し、Aボタンでショット発射・Bボタンでボンバー発射となっております。

 

○アイテムはとれがいいか

通常戦はバルカン・ボスはレーザーと言うことになるかと思います。

サブウェポンはミサイルでいいでしょう。

ザコ戦ではホーミングでも構わないかと思います。

少なくとも、赤アイテムとエックスは取らない方がいいです。

 

○仕様

本ゲームは2人同時プレイ可能、途中参加についてもいつでも可能となっております。

1P側は青、2P側は赤となっていますが、特に性能差・難易度の差はないようです。

本ゲームは7面で1周、そして永久ループ仕様のゲームのようです。

 

○全面紹介

STAGE 1

スクロールが早くなる辺りで、ボスの大型機が出現します。

攻撃は本体からの3WAY弾と4WAY弾、主翼についた4ヶ所の砲台から自機を狙う弾を単発で撃ってくるものです。

なおボス本体には重なっても平気です。

主翼の砲台は撃ち込めばそれぞれ破壊できるので大したことはありませんが、

ボスへのダメージが半分を超えますと、本体から横に順々になるように下へ弾をバラバラ落としてきます。

隙間をくぐり抜けつつ撃ち込みましょう。

 

STAGE 2

ボスは中盤でうしろから出た超大型戦闘機。後ろから出現しますが本体そのものには当たっても平気です。

まずは砲台がついているので重なって破壊しましょう。

ただし左右からのザコヘリとの衝突が怖いので、あまり前にはいかないよう、ほどほどに。

しばらくスクロールしますと、ボスの弱点部分から全方向への弾、次に自機を狙って連続して弾を撃ってきます。

切り返しに注意しつつ撃ち込みますが危険な場合はボンバーを使いましょう。

同時に上からミサイルが来ます。撃ち返し弾に注意しましょう。

 

STAGE 3

ボスは大型戦車。上から出現します。まず手前に見える5ヶ所の砲台から先に叩きましょう。

これら砲台の攻撃は基本的に単発弾ですが、これらの砲台のうち、左後ろと右後ろの2ヶ所からは3WAY弾を撃ってきます。

また、戦車がフェイントをかけてきますので、弾が怖い場合はボンバーを使って下さい。

手前5つの砲台を破壊すれば、かなり楽になります。

なお主砲からは自機を狙って大きい弾を撃ってきます。これはちゃんと避けて下さい。

ホーミングも4発ずつ撃ってきますが、これはショットしていれば大丈夫です。

 

STAGE 4

ボスは、まず周囲の単発で自機を狙って撃つ6ヶ所の砲台を先に叩きましょう。

しばらくしますと、それまで閉じていた真ん中部分が開き、火炎がとぐろを巻くようなかたちで発射されます。

落ち着いて画面下でよく見て避けましょう。火炎そのものは自機を狙ってません。

これに上から黄緑色の小さな敵が出現します。

直接攻撃はしないものの、自機へ寄ってくる上撃つと4方向へ撃ち返し弾を撃つといういやらしいものです。

切り返すついでにボンバーで一掃した方がいいでしょう。

 

STAGE 5

ボスは3面ボスより更に大きい大型戦車です。

最初は左右部分の砲台から自機を狙って3発ずつ弾を撃ってきますが、

しばらくすると真ん中部分が分離してホーミング弾を撃ってくるようになります。

ホーミングは撃てば壊せるので接近して撃ち込みましょう。

次に先ほどの左右の砲台を撃ち込み破壊しますと、弱点からの攻撃となります。

派手に多方向に一斉に弾を撃ってきますが、実は弱点にあわせて画面一番下に入れば弾には当たりません。

ただし周りにある開閉砲台からの弾には注意しましょう。

開閉砲台については破壊できないので、弱点からの弾と重なった場合はボンバーを使いましょう。

 

STAGE 6

ボスは大型戦艦。ついている砲台は1つ1つ確実につぶしていきましょう。

真ん中にある主砲については、根本部分は重なっても大丈夫です。

スクロールが進むと、主砲の後ろに砲台が出てくるので弾に当たらないようにしましょう。

弱点からは時計回りに弾を撃ってきます。

これだけならいいのですが、しばらくすると艦から浮上する風船爆弾が出現します。

この敵は撃つと4方向へ撃ち返し弾を撃つ厄介な敵です。

しかも5面に比べると数がだんだん増えてきます。

切り返し時にボンバー使用一掃し、再び弱点へ撃ち込み……の繰り返しがいいでしょう。

 

STAGE 7

この面は6面ボスで問題となった、風船爆弾が至るところで地上から飛んできます。

撃ち返し弾には充分に注意しましょう。

なおもたもたしていると、勝手に爆発します。

 

ボス本体は地上からいったんは出現したり、引っ込んだりする黒い筒状の敵です。

攻撃ですが、時折左右の目から真下へ弾を連射するだけです。これはそれ程激しい攻撃ではありません。

問題は同時に来る2つの白い敵。

この2つの敵は画面内を大きく回りつつ、1つは自機を追いかけ回します。

そしてもう1つは時々止まって全方向に弾を撃ってきます。

画面外に動いてもちゃんと戻ってきますので避けること。かなり切り返しが難しいです。

おまけにしばらくすると1つずつ追加・合計4つになって自機を追い回します(3つの時もあり)。

早めに叩くようにしましょう。

ボスが出ているときにボンバーで撃ち込むのがいいと思われます。

 

○2周目以降の展開

かなりつらくなります。空中ザコが撃ち返しを必ず撃ってくるようになります。

しかも連続で自機に向けて弾を撃ってくるようになる上に、弾のスピードも早いです。

切り返しがかなり困難になります。

ハイスコアが2周目4面で止まっている理由もよく分かります。

なお当ゲームは永久ループ仕様の模様ですが、肝心のハイスコアは現在のところ3週目で止まっている模様です。

 

○総論

仕様で興味深いのは、

面クリアの途中のアイキャッチは純粋に休憩のためのもので、ボーナス点などは一切入りません。

このような面クリアタイプで、このような仕様になっているものは珍しいです。

なおアイキャッチ表示中も自機を操作したりローリングしたりはできます。

さすがにショットやボンバーは撃てませんが。

 

無敵となるローリングが使えるとはいえ、使うのに5秒ほどかかるという所や、

もともとの自機がやや大きめなのが、当ゲームの難易度が決して低くはなかった原因と思われます。

1人でちまちまやるのではなく、2人同時プレイで豪快にボンバーを使いまくってプレイするのがこのゲームの本来の楽しみ方かも知れません。

「ヤッホーッ」「ヘイヘイヘイ」といったかけ声も、向こうの気質にあっていると感じました。

敵の爆発炎も一瞬ですが、よく見ると「BOMB」と丸文字が出るので、

それほどシリアスではなく軽いノリであったというところだと思います。

 

国内ではかなり見つけにくい基板です。

かなり海外へ流れてしまったということです。

元々の雰囲気がアメリカンなので、仕方がなかったのかも知れませんが。

何も考えず破壊しまくっていくという向こうの雰囲気を持ったゲーム、といったところでしょうか。