戦闘の結果(更新記録)

07/06/14 「マーリンの呼び声」トップページの告知コーナーを変更しました。管理人の近況報告もあります。

99/06/14 ウェブサイト公開。


過去の全更新記録を御覧になりたいかたは、経験点をチェックしてください。



驕慢な使命(仕事)

『RPGamer』誌(国際通信社:楽天市場a-gameで注文可能)にて記事執筆
 魔霊セプタングエースの招喚円(ゲームブック記事)連載
 (文:日向 禅/絵:HUGO HALL)

第1号(2003年3月25日発行) 品切れ
 Vol.1 「甦りし魔法の書ゲームブック」
第2号(2003年6月25日発行) Amazon
 Vol.2 「送り雛、流離より今戻りて」 ほか一部記事協力
第3号(2003年9月25日発行) Amazon
 Vol.3 「豆人ジャンのソーサリー談義」
第4号(2003年12月25日発売) Amazon
 Vol.4 「君ならどうする? GB創作」 ほか一部記事協力 『hydra』紹介
第5号(2004年3月25日発売) Amazon bk1
 Vol.5 「カレーの四賢、翻訳を論じる」
第6号(2004年6月25日発売) Amazon bk1
 Vol.6 「14へ行く前のお悩み相談室」
第7号(2004年9月25日発売) Amazon
 Vol.7 「『凶兆の九星座』訳者あとがき」 ほか一部記事協力
第8号(2004年12月25日発売) Amazon
 Vol.8 「ゲームブック翻訳者の日記帳」 『凶兆の九星座』注解
第9号(2005年3月25日発売)
 Vol.9 「講談 ローン・ウルフの夜明け」
第10号(2005年6月25日発売)
 Vol.10 「スゴロク本? 違う、FFだ!」 d20FF〈タイタンの神格&ロガーンの従者〉設定ガイド
第11号(2005年9月25日発売)
 Vol.11 「『FFライター事典』より抄訳」 d20FF〈タイタンの悪の神格〉設定ガイド
第12号(2005年12月25日発売) Amazon
 Vol.12 「日向氏、人間・神話・魔法を語る」 d20FFタイタン記事「凄いオークがいたもんだ」
第13号(2005年3月25日発売)
 Vol.13 「『Bloodbones』まで何マイル」 d20FFタイタン記事「よかろう、旅の仲間となれ!」
第14号(2005年6月25日発売) New!
 Vol.14 「六一五の項目をもつヒーロー」 d20FFタイタン記事「小さき種族と大いなる神」

『RPGamer Vol.7』付録ゲームブック Amazon
 『凶兆の九星座――〈喉斬り道化師〉の支離滅裂な妄言』(新作FF)
 セプテム・セルペンテース(著) 日向 禅(訳) 吉井 徹(画) フーゴ・ハル(表紙)
 内容紹介(予告編)ページ

d20・FFシリーズ日本語版(国際通信社)にて制作協力

『火吹山の魔法使い』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)  Amazon
『雪の魔女の洞窟』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)  Amazon
『シャムタンティの丘を越えて』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)  Amazon
『死のワナの地下迷宮』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)  Amazon
『魔の罠の都』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)  Amazon
『迷宮探険競技』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)
『七匹の大蛇』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込)
『運命の森』 サイズ:A4変形 / 44p 価格:1,995円 (税込) bk1 New!



貪婪な買物(広告)
 Amazon.co.jp(タイトルをクリック)とbk1で購入できる商品を紹介しています。

注目のゲームブック
『魔人竜生誕』 松友 健 (著) MORBIDANCE GRAPHIX (画) bk1 New!
 創土社コンテストから生まれた第一作。新人による待望の新作。現在イチオシ!

ブレナンのゲームブック
『暗黒城の魔術師』 ハービー・ブレナン (著) 真崎 義博 (訳) bk1
 新版グレイルクエスト第一巻。旧版シリーズ名はドラゴン・ファンタジー。
『ドラゴンの洞窟』 ハービー・ブレナン (著) 日向 禅 (訳) bk1 New!
 新版グレイルクエスト第二巻。旧版にはなかったブレナン節がいろいろと。

表紙はご存じフーゴ・ハル

ブレナンの著作
『フェアリー・ウォーズ ベレスの書』 ハービー・ブレナン (著) 種田 紫 (訳) bk1
 2003年発表の児童向けファンタジー。グレイルクエストのファンは楽しめる。
『Fairy Nuff: A Tale of Bluebell Wood』 Herbie Brennan (著) Ross Collins (画)
 2001年発表のナンセンスな童話。挿絵が豊富で、読み通すのも難しくない。
『Nuff Said: Another Tale of Bluebell Wood』 Herbie Brennan (著) Ross Collins (画)
 2002年発表の続編。ナンセンス度アップ。ブレナンの作風理解にオススメ。

翻訳ゲームブック
『シャムタンティの丘を越えて』 スティーブ・ジャクソン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 創土社から復刊されたソーサリー第一巻。質の高い新訳が嬉しい。
『魔の罠の都』 スティーブ・ジャクソン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 創土社から復刊されたソーサリー第二巻。雰囲気はさらにアップ。
『七匹の大蛇』 スティーブ・ジャクソン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 創土社から復刊されたソーサリー第三巻。大蛇との対決に燃えろ。
『諸王の冠』 スティーブ・ジャクソン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 創土社から復刊されたソーサリー第四巻。団子を食って二刀流だ!

『火吹山の魔法使い』 ジャクソン&リビングストン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 扶桑社から復刊された〈ファイティング・ファンタジー〉シリーズ第一弾。
『バルサスの要塞』 スティーブ・ジャクソン (著) 浅羽 莢子 (訳) bk1
 扶桑社から復刊された〈ファイティング・ファンタジー〉シリーズ第二弾。

国内ゲームブック
『チョコレートナイト』 鈴木 直人 (著) 如月 あき (画) bk1
 創土社レーベル第一弾。約十年ぶりに復活したゲームブック新作。
『パンタクル1.01』 鈴木 直人 (著) 虎井 安夫 (画) bk1
 創土社レーベル第二弾。『パンタクル』(創元推理文庫)の復刊。
『展覧会の絵』 森山 安雄 (著) 伊藤 弥生 (画) bk1
 創土社レーベル第三弾。『展覧会の絵』(創元推理文庫)の復刊。
『送り雛は瑠璃色の』 思緒 雄二 (著) 高橋 政輝 (画) bk1
 創土社レーベル第四弾。教養文庫版から加筆修正されて復刊。
『竜の血を継ぐ者』 中河 竜都 (著) 高橋 政輝 (画) bk1
 創土社レーベル第五弾。『ドラゴンバ●ター』から加筆修正されて復刊。
『魔人竜生誕』 松友 健 (著) MORBIDANCE GRAPHIX (画) bk1 New!
 創土社レーベル第六弾。新人作家による待望の新作。オススメ!

『八百比丘尼の斎』 麻野 一哉 (著) bk1
 弟切草オリジナルゲームノベル。

海外ゲームブック
 Wizard Booksから復刊されたFFシリーズ原書(新カバーイラスト)を紹介。
『The Warlock of Firetop Mountain』 Steve Jackson, Ian Livingstone (著)
 『火吹山の魔法使い』原書。表紙はCGによる精緻なイラスト(ザゴール)。
『The Citadel of Chaos』 Steve Jackson (著)
 『バルサスの要塞』原書。表紙画は六つの頭を持つ凶暴なヒドラ。
『Deathtrap Dungeon』 Ian Livingstone (著)
 『死のワナの地下迷宮』原書。表紙画は骸骨と化した昔の挑戦者。
『Creature of Havoc』 Steve Jackson (著)
 『モンスター誕生』原書。表紙画は激昂している白い眼の大喰らい。
『City of Thieves』 Ian Livingstone (著)
 『盗賊都市』原書。表紙画は怪しい居酒屋で短剣を抜き放つ盗賊。
『Crypt of the Sorcerer』 Ian Livingstone (著)
 『甦る妖術使い』原書。表紙画は疫病と災厄をふりまく妖術使い。
『House of Hell』 Steve Jackson (著)
 『地獄の館』原書。表紙画はおぞましい悪魔へと変わっていく誰か。
『Forest of Doom』 Ian Livingstone (著)
 『運命の森』原書。表紙画はリアルな鱗がすごい変身怪獣(変化)。
『Caverns of the Snow Witch』 Ian Livingstone (著)
 『雪の魔女の洞窟』原書。表紙画は赤いドレスと白い毛皮の雪の魔女。
『Trial of Champions』 Ian Livingstone (著)
 『迷宮探険競技』原書。表紙画は骸骨の馬にまたがった骸骨王。
『Armies of Death』 Ian Livingstone (著)
 未訳。『死の軍勢』原書。表紙画は肉薄するゴブリン兵士の軍団。
『Return to Firetop Mountain』 Ian Livingstone (著)
 未訳。『火吹山への帰還』原書。表紙画は再生ザゴールの尊顔。
『Island of the Lizard King』 Ian Livingstone (著)
 『トカゲ王の島』原書。表紙画はゴンチョンに寄生されたトカゲ王。
『Appointment with F.E.A.R. 』 Steve Jackson (著)
 『サイボーグを倒せ』原書。表紙画はチタニウム・サイボーグのまま?
『Temple of Terror』 Ian Livingstone (著)
 『恐怖の神殿』原書。表紙画はえーと……変異オークでいいのかな?
『Starship Traveller 』 Steve Jackson (著)
 『さまよえる宇宙船』原書。表紙画は不明。
『Legend of Zagor』 Ian Livingstone (著)
 未訳。『ザゴールの伝説』原書。表紙画は黄泉角の魔将の顔面アップ。
『Eye of the Dragon』 Ian Livingstone (著)
 未訳新作。『龍の眼』原書。表紙画はドラゴンの顔アップ。
『Talisman of Death』 Jamie Thomson, Mark Smith (著) New!
 『死神の首飾り』原書。

『Sorcery 1: the Shamutanti Hills』 Steve Jackson (著)
 『ソーサリー1:魔法使いの丘』原書。表紙画は屍を貪るマンティコア。
『Sorcery 2: Khare - Cityport of Traps』 Steve Jackson (著)
 『ソーサリー2:城砦都市カーレ』原書。表紙画は緑のスライムイーター。
『Sorcery 3: the Seven Serpents』 Steve Jackson (著)
 『ソーサリー3:七匹の大蛇』原書。表紙画は七匹の大蛇が揃い踏み。
『Sorcery 4: The Crown of Kings』 Steve Jackson (著)
 『ソーサリー4:王たちの冠』原書。表紙画はマンパンの大魔王(断言)。
『Sorcery Box Set』 Steve Jackson (著)
 全四巻が箱入りでセットに。

関連作品
 ゲームブックに関連したTRPG作品を紹介。
『Lone Wolf: The Roleplaying Game』 August Hahn (著), Tony Parker (著)
 ローン・ウルフのTRPG。d20と同種のシステム(OGL)、単体でプレイ可(D&D3E不要)。
『Lone Wolf: The Darklands』 August Hahn (著)
 サプリメント第一弾。ダークロードが勢揃い。キャンペーンで遊ぶなら必須といえる。
『Lone Wolf: Magic of Magnamund』 August Hahn (著), Joe Dever (著)
 サプリメント第二弾。セナー・ドルイドからバケロスまで、善と悪のクラスを七つ追加。



怠惰な過去(日記)

2002年度
1月4月 5月 6月

2001年度
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2000年度
1月 2月3月 4月5月 6月7月 8月9月 10月11月 12月

1999年度
6月 7月 8月9月 10月11月 12月



淫欲な装備(その他)

妄想最終回(ゾイド 電童) ポゴルフィット第一回夢時間杯

『亀はアキレスにかく語りき』




 検索で来られたかたは、まずマーリンの呼び声をお聞きください。