脚本家、吉田玲子さんのページ


このページは、わたしのフェイバリットな(でも意識するようになったのはごく最近)脚本家、吉田玲子さんについて、その作品紹介とレビューなど記していこう、と開設した、私設ファンページであります。

ーTOPへ戻るー

////CONTENTS//



吉田玲子さんに、なぜに入れ込んだか

吉田玲子脚本の魅力

脚本参加作品紹介

作品レビュー

雑誌記事

関連リンク

まだまだ、構想中





吉田玲子さんに、なぜに入れ込んだのか

「夢のクレヨン王国」と言う作品で、名前を意識するようになり、その後も、わたしの中で評価は急騰し続けて行く(例えば、「超発明BOYカニパン」「おじゃる丸」)。そうしてあの運命の日がっ!(大袈裟)。

「デジモンアドベンチャー」第21話”コロモン東京大激突”が放送された、1999年8月1日です。

この話には、まあ、作画・演出含めた総合的なクオリティの高さ、それもあったのだけれど、やはり、時に軽妙でコミカル、時に重々しくシリアス、そんな台詞回しが、最もわたしを惹き付けたのです。
中でも、この回の物語で重要な役割を成す主人公の妹、このキャラデザがっ!、いや違った(汗)、もとい、この妹の台詞、そして主人公との対話の台詞が最高だったのです。

詳しくは、作品レビューをどうぞ。

で、そんなこんなで、このコンテンツを作ろうと決心したのです。
今後も、これ以上の感動を与えてくれる作品を待ってます、玲子さん。





--the end of page--