BOXQ2で行われている大会の紹介をします。

・ぷよぷよ通:初中級者大会
基本的に初中級者大会は、一般大会では勝てない人達でも楽しめるようにという目的で開かれています。
上級者の参加を制限するため、AJPA公認の初段保持者は参加できないルールとなっています。
但し、現在は既にコンパイルが倒産しており、このシステムも有効ではないため、
2005年1月の第15回BOXQ2杯より、独自のポイント加算システムを使い、参加者の制限を行います。

★ポイント加算システム★
BOXQ2杯で4位以内に入賞した場合に、以下のポイントが与えられます。
獲得ポイントが合計で9点以上となった方は、初中級者大会の参加資格を失います。

優勝:4ポイント
準優勝:3ポイント
3,4位:2ポイント

※AJPA公認の初段
コンパイルが公認した大会に出場して優秀な成績を修めると、昇級するシステムがありました。
9級からスタートし、1級の次が初段です。
初段になると年に1回開催された昇段戦や名人戦に出場できるという特典があり、
当時は初段を持っていることが実力のステータスとして扱われていました。

★大会方式★
・予選+本選
・普通のルール、中辛の2本先取
(決勝戦は3本先取)

大会は予選と本選に分かれています。
1回負けたら大会終わり、という事がないように以下のようにしています。

予選
・参加者全員にトランプを引いてもらいます。
・トランプは同じ数字がそれぞれ2枚ずつ入っていますので、同じ数字を引いた人同士で戦っていただきます。
→ここで勝った人は本選に出場。
・次に、1試合目で負けた人同士で2試合目を行います。
→ここで勝った人も同じく本選に出場。

本選
予選を勝ちあがった人でトーナメントを行います。
トーナメントの1回戦は、予選を1試合目で勝ちあがった人と、2試合目で勝ちあがった人が当たる様になっています。

・ぷよぷよ通:一般大会
誰でも参加できるメインの大会。

★大会方式★
・参加者全員によるトーナメント
・普通のルール、中辛の2本先取
(準決勝、3位決定戦は3本先取、決勝戦は5本先取)

これまでトーナメントの組み合わせ抽選には、トランプを使用してきましたが、
一般大会の組み合わせ抽選に毎回1時間近い時間がかかっているため、
2005年3月の第16回BOXQ2杯より、コンピューターによる自動抽選を行います。
参加者の皆さんには、エントリー用紙に好きな数字を記入していただき、
この数字を元にコンピューターが自動で組み合わせを行います。

・ぷよぷよフィーバー大会
2005年3月からぷよぷよフィーバーの大会を行います。
こちらは今のところ4ヶ月に一度、3月、7月、11月に開催予定です。

★大会方式★
・参加者全員によるトーナメント
・2本先取/難易度 中辛
(決勝戦は3本先取)
・キャラクターの途中変更禁止
・隠しキャラ(ポポイ、カーバンクル)を使ってもOK

組み合わせ抽選は一般大会同様コンピューターを使って行います。