ディガンの魔石


PC-9801
1988年Artec(アーテック)





 本当に懐かしい。この作品にであってしまったせいで、私には、他のRPGが色あせて見えてしまう。 私は本屋で売ってた再版で遊んだのだけれど、あのゲーム販売システムに感謝。あれがなければディガンの魔石に出会えなかった。


 メインのストーリーがすごく感動的とかそう言うことではなくて、旅の目的も妻ががかった奇病を治すためと言う個人的な物。 クリアーの事だけを考えてプレーするとボリュームの無いイベント画像が (当時としては)綺麗なゲームという事にしか為らないかもしれない。

 しかし他の多くのRPGと根本的に違うのは世界を旅する事自体が(正確には町で過ごす時間が)楽しいということだ。 町で何日もいろいろ話していると、「色々聞き回っているのは君か?」と言われたり、 同じ宿屋に何度も泊まっていると街角で宿屋のおばさんに「いつもごひいきにしていただいて」と声を掛けられる。 現実には当たり前に起こる得ることが実際に起こるRPGは少ない。仲間の誰かが風邪を引いたのを放っておくと 皆にうつったり。雇った傭兵が金を持ち逃げしたり、戦闘でさぼったり。でもそう言った傭兵とも信頼関係を築いていく事が出来る。 その世界に生きているという感覚が他のゲームに比べてずっと深い。世界の奥行きが違うのだ。それは只単に裏設定があふれている意味だけではない。ストーリーを見せると言う事にしか頭が行ってない人間には決して創れない、世界の中にいる実感。其れこそがこのゲームの本質であり、ゲームをやった人間それぞれの思い出と呼べる物だろう。

 このゲームが出たのは10年以上前である。欠点もある。 にもかかわらずシステム的にこれを越える物が未だに出ないのはどうしてなのだろう。 オリジナリティーや自分の表現したい物云々以前に過去の遺産を無駄に せずに、一歩でも先に進んで欲しい。 1プレーヤーとして切実に願う。 私がゲーム作りを捨てられないのは今まで何年待っても出会えないゲームがあるからだ。 それは単に私が見逃しているだけなのかもしれないが…。


(02/2/19)




妙に暑苦しい文章はさておき
### 無断でいろいろ直LINK! ###


自航惑星ガデュリン  (→HOME)
MIDI  (→HOME)
小説DL購入  (→HOME)
SABARA's HP( MIDI・設定・画像 )
攻略  (→HOME)
MP3ファイル(英語)  (→HOME)
  ファイル選択後、飛んだページで”click here.”をクリック


このページはもうちょっと充実させたいなぁ…

なんか情報や良いサイト、思い出話等が有れば、
雑談掲示板MAIL にでも書いてやってください。

あと、リンク張っちゃまずい場合もネ。




** LINK切れ(08/2/27確認) **

Love GDLEEN  (→HOME)
MIDI/ゲーム紹介  (→HOME)
Wave/画面





戻る