ひとりごと



オリンピックが見れない・・・

ついにソルトレイクオリンピックが始まりました。
4年前にも書きましたがラスカルはジャンプ競技をみるのが大変好きな人であります。
高所恐怖症の私にとっては、あの高さから空を飛ぶ?などというのは神業以外のなにものでもなく
まったくもってあこがれの別世界といえます。今回は相当日本ジャンプ陣は苦戦しそうですね。
4年前からは想像もつかないという感じですが、全てはルール変更の影響だと思いますね。
昔から冬のオリンピックは日本にとって厳しいルール改正が何度となく起こりますね。
これは一体何故なのでしょう?一時期どーしよーもないくらい強かった日本複合陣。
あまりに日本人がジャンプで飛んでしまうので後半のクロスカントリーがおもしろくないとの理由で
ジャンプの点数配分を下げられたこともありましたね。それからどうなったかはあえて言いませんが
何も日本はジャンプでインチキをしたわけではなく、努力して飛べるようになった選手を4人出して
いただけのことなんですがね・・・。
ジャンプの場合も同様です。ルール変更によって体格の小さい日本人は圧倒的に不利な状況に
追い込まれてしまいました。長野で大活躍した岡部選手はルール変更以後、満足なジャンプが
全く出来ないようになってしまいました。船木選手もすっかりおかしくなってしまいましたからね・・・。
ま、本番前に愚痴をこぼしても始まりません。
予想でも日本人選手は全くノーマーク。ここで予想を覆して勝てば気持ちがいいことでしょう。
がんばれ!日本ジャンプ陣。
それはそうと表題のとおり・・・今回は全然テレビで見る時間がない・・・・これはつらい。

里谷さんて、すごくないですか?

オリンピック開幕していきなり日本人の熱い視線は女子モーグルに注がれたのでは?と思います。
メダルの期待が大きい2人が参加していましたからね。その中でもひときわ注目を浴びていたのが
上村愛子選手。外国の取材人も殺到していましたが、今季ワールドカップ総合で2位につけています。
一方、長野で一躍ヒロインとなった里谷選手はその後、成績のほうはあまり芳しくありませんでした。
しかし結果は御存知のとおり。2大会連続のメダル獲得となりました。
里谷選手はワールドカップでも勝つことはおろか、表彰台にたつこともあまりなかったはずなんですが・・
まったくもってすごい集中力ですね。大舞台に強い人の典型と言える人で、オリンピック終了後は
講演の仕事には不自由しないだろうなぁ・・・なんて勝手な想像までしてしまいます(笑)
なにはともあれ日本人には珍しいタイプ。勝負師里谷さんに拍手!!