お薦めの技と、それに合うパラメーター作りの解説です。
 

はじめに
 キャラを作る際に、まず、大事なことは、方向性です。
戦闘を重ねても、パラメーターを上げていくことはできますが、数字が大きくなるほど経験値も多く必要になります。
最初にキャラを作る時に、一番大きな数字を作っておけば、後々の経験値配分が楽になる訳です。
大きくする数字は、攻撃、敏捷の2つが一般的ですが、耐久や技術や防御、また調子も大きくしておく事で後々の配分によっては有利に運ぶことができます。
 自分がどういうキャラを作りたいのかというのを、始めによく考えて配分することを勧めます。
 なお現在のGSでは、敏捷が非常に重要です。というのも、回避、命中など、全ての面に敏捷が大きく係わっていることと、シータストーム、オメガストームといった非常に強い技が、敏捷によって威力を増すからです。
 特に、上記の2つの技は今もっとも有効な技といえるので、どのタイプのキャラを作るにしても、ストーム系の技がどういうものかは、知っておきましょう。
 個人的には、あえてストーム系でないキャラで勝ちたい所です。
 

カウンター
 カウンターは基本技であるが、消費APが25ポイントと大きいです。
ただし、当たった時には、本来のダメージより大きいダメージを相手に与えることが出来るます
 命中確率はほぼ1/3なので、命中率が低く、攻撃力の高いキャラにとっては一発逆転が狙えるわざです。
通常の攻撃より当たりやすいのは魅力です。
カウンターを主力とするキャラメイクの場合、攻撃力、技術に重点を置く必要があります。
全てカウンターにすると、引き分け負けになるので、最低1/3程度は通常攻撃を交えた方がいいでしょう。
また、敏捷が低いと、ストーム系のカウンターでは十分なダメージを与えられません。
アサシンイレーサーもカウンター出来なければ食らって負けてしまいます。
すばやい相手には要注意ということです。
 

アサシンイレーサー
最後3ターンしか使えませんが、50%で相手が消滅します。
使用ポイントが80と大きいので、技術も必要です。
敏捷が高ければ回避してくれるので長持ちしますが、防御と耐久の方が
重要になってきます。早いうちにやられては身もふたもありません。
 ここでは、ポイントの低いフェイントと、防御部位をずらして、常にダメージを
最小限に抑えつつ、ポイントを節約します。
 とにかく技術を上げて、シータケッセルの一発も打てるようにならないと、
アサシンが失敗すると必ず判定負けになってしまいます。
アサシンの回数を減らして、疾風回避を入れたり、ストーム系のとどめ用に使ったりするのが理想です。
 

シータケッセル
自分の敏捷と相手の防御力の関係でヒット回数とダメージが出ます。
このパラメーターで、だいたい10ー14前後です。
攻撃力を考えずにすむ分他のパラメーターが充実出来るので
実に有用です。また、カウンターを受けた際のダメージも少なくて済むことが多いです。
相手の防御力を無視出来るというのも、非力なキャラにとってはありがたいです。
ある程度攻撃力があれば、乱撃と併用していくのも有効な戦術です。
これは、必要APが30と高いためなので、理想は全部シータケッセルです。(爆)
ポイントの足りない分はフェイントでもするしかありません。
上級のオメガケッセルはさらに大きいダメージを与えるもので、性質は同じです。
 

パワーチャージ
この技は、攻撃力中心のキャラには特に非常に重宝な攻撃です。
ただ、カウンターで受けた場合の痛みもまた、格別です。
だいたい、通常の1.2-1.3倍のダメージが出ているようですね。
 

連撃
2回通常攻撃するので、かなり有効です。
命中率が低くて攻撃力の高いキャラには特にお薦めです。
クリティカルが出たらとてもお得なので、敏捷なキャラにもオススメ。
ただ、カウンターされたらその分とても痛くなっています。
消費APが30なので、多用出来ないのが残念です。
 

乱撃
攻撃回数は1-4回のランダムで攻撃力は通常より下がってしまいます
通常に有効な使用法はありませんが、攻撃力が1-10の場合は、クリティカルを期待して攻撃にませるのも有効です。
シータケッセルが打てる場合はそれに越したことがないというのが実状ですけどね。
 

ディフェンドチャージ
 この技については、メリットがほとんどありません。
攻撃力より防御力が高いキャラが使うと、攻撃力は上がりますが、防御力は下がってしまいます。
逆に言えば、攻撃力の方が高いキャラは防御力が上がる? はたしてカウンター対策になるかな?
それくらいしか使い道を思い付きません(^^;
 

ツヴァイハンター
相手が攻撃か防御によって威力が変わるらしいです。
カウンターが防御属性だと、この技はありがたみが無いかも。
相手が攻撃の場合は、けっこうダメージがいくので、攻撃力がいま一つなキャラにはそこそこ使える技です。
ただ、連撃の方がクリティカルが出れば有効かな?
 

オメガケッセル
シータケッセルの上位技ですが、必要パラメーターが高いです。
攻撃力は10で充分ですが、使用開始が8ターンなのでそこまで生き延びないと・…
フェイント戦略に頼るしかありません。とにかく、レベルアップで防御、耐久を上げるしかないでしょう。
与えるダメージが18−22なので、最低3、4発は当てないとならないので、これ単体のキャラではかなり厳しいですね。
特に、使用開始ターン付近に疾風回避を使われる確率も低くないので、当てにしすぎると倒しきれません。
(アサシンや終焉殺のえじき)
 

疾風回避
かわされると確かに悔しいですが、攻撃にはなりません。
消費も大きいですが、相手の大技を確実にはずせるのが魅力です。
6.7.8ターンあたりにこれを入れている人が急増しています。
13ターン目のアサシン狙いの対策、終焉殺が出てきた時に唯一躱せる存在ですが…
 

パワーボム
威力絶大、消費も絶大、カウンターされたら死ぬ確率も大。そんなバクチ技ですね。
攻撃力さえ高ければ、2発で殺すこともできますが、カウンターで一発で自分が死んじゃうかも(^^;
 

三連撃
連撃の上位。通常攻撃3回は、とても強い。クリティカルなんかでたら…
これもカウンターされるととても痛かったりする。
 

武闘乱舞
攻撃力が下がって最大10回まで攻撃するらしいですが、パラメーター条件が厳しいです。
カウンターされたらしゃれになりません。
あまり多くを望めないパラメーターですが、そこそこの攻撃力にクリティカルヒットがでれば、すぐ相手を殺せるかも。
パラメーターの妙が必要ですね。成長させてからの完成形を考えてパラメーターを組まないと強いキャラは作れないでしょう。
 

調子について
 調子は、全てのパラメーターを上下させます。(大会前と大会後で戦闘中のパラメーターを比較して見てください)
また、命中率(回避率)にも影響があると思われます。アサシンや終焉殺を使うのならば、高いにこした事はありません。
だいたい標準点で、60を維持していくのが理想といえるでしょう。
 
 

サンプルパラメーター
(主力攻撃です)
 

攻撃重視
 
攻撃
防御
敏捷
技術
耐久
生命力
普通
70
50
20
40
20
三連撃
65
25
40
60
10
ツヴァイハンター
70
20
30
70
10

防御重視
 
攻撃
防御
敏捷
技術
耐久
生命力
カウンター
55
80
40
23
シータ
60
40
60
39
アサシン
60
50
60
29

敏捷重視
 
攻撃
防御
敏捷
技術
耐久
生命力
オメガ
10
40
70
50
30
武闘乱舞
60
10
70
50
10

 

技術重視
 
攻撃
防御
敏捷
技術
耐久
生命力
回避&アサシン
39
50
100
10
ライナ&カウンター
50
20
40
70
20

とにかく、自分の主力の技を決め、その技に合ったパラメーターを作ることをオススメします。
役に立たなかったら、ごめんなさい。
 

戻る