TLSって何?

「トゥルー・ラブストーリー」は1996.12.13に株式会社アスキーから発売された PlayStation用の恋愛シミュレーションゲームです。
その後、PlayStation用として
  • トゥルー・ラブストーリー 〜 Remember My Heart 〜
  • トゥルー・ラブストーリー (PlayStation the Best版)
  • トゥルー・ラブストーリー2
  • トゥルー・ラブストーリー ファンディスク
Windows95/98向けに
  • トゥルー・ラブストーリー アクセサリーBOX
  • トゥルー・ラブストーリー 〜 Remember My Heart 〜
     + アクセサリーBOX Vol.2
       
  が発売されています。  
TLSの内容は?
TLSシリーズのCD → 工事中
   
Top Pageへ
TLSの内容は?

トゥルー・ラブストーリー (およびBEST版)
主人公(プレイヤー)は親の都合で一ヶ月後に転校する事になります。
いままで何気なくすごしてきた青空高校の生活でしたが、「あと一月しかない」と思い、今までよりも積極的に行動してみよう、と決心します。

ゲームでは幼なじみの女の子や学年のアイドルの女の子達9人が登場します。(主人公の妹をあわせると10人)
基本的には学校の中で彼女たちに会って話をするのですが、ある程度仲良くなると一緒に帰ることができます。
この下校会話でうまく話をすれば、より女の子と親しくなれ、またデートの約束もできます。

デート以外にも多数のイベントや会話が準備されており、女の子のいろいろな側面を見ることができます。
女の子との会話はフル・ボイスで、声優さん達ががんばっています。

ゲームは開始時に春・夏・秋・冬を選ぶことができ、全ての季節に登場する女の子が5人と、その季節にしか登場しない女の子(各季節1人)がいますので、24通りのシナリオがある事になりますが、女の子と親しくなる流れによって発生するイベントが異なりますので、同じ季節・同じ女の子をターゲットでプレイしても、必ずしも同じ展開になるとはかぎりません。

そして、青空高校での最後の日、運命の瞬間がやってきます。


トゥルー・ラブストーリー 〜 Remember My Heart 〜
設定は「無印」と同じです。

前作では女の子・季節毎にデート・イベントは1種類しかありませんでした。(それでも24通り)
「R」では3回までデートをすることができ、それぞれ異なるデートのイベントを見ることができます。季節共通のものもあるので、3倍と言うわけではありませんが。

「R」では主人公の妹のみさきちゃんとも一緒に帰ることができます。また、主人公の男友達2人のセリフもフル・ボイスになりました。

エンディングも微妙に変わっています。

また、主題歌・オープニングアニメーション、エンディングの曲が変わっています。

トゥルー・ラブストーリー2
「2」では舞台は青葉台高校に変わり、登場する女の子たちも変わります。また、選択も1学期・2学期・3学期になり、それぞれの学期毎にGameCDが異なります。
基本的には学期共通の女の子が4名で、学期毎に異なる女の子が2名づつ。

主人公が親の都合で一ヶ月後に転校する事や妹(君子ちゃん)がいることは変わりませんが、いろいろな「機能拡張」が加えられています。

イベントが起こりそうな場所をおしえてくれるガイドや、同時に2人のキャラと話す場合、立ち位置にあわせて音声がステレオになる等・・・

一緒に下校はここでもパワーアップしています。話が盛り上がれば「寄り道」ができます。
デートは各学期ごとのイベント(七夕祭り、学園祭、球技大会)と女の子ごとのデートが2種類づつになっています。


トゥルー・ラブストーリー ファンディスク
主人公が誰とも仲良くなれずに転校した後・・・という設定の後日談です。
「無印」「ベスト」に登場のみさきちゃんと「2」の君子ちゃんと会話することで、イラストやミニゲーム(要ポケステ)を集めてゆきます。

すみません、私はこれはまだ封印中で、一度も起動していません・・・・

ページの最初へ

TLSシリーズのCD

*工事中*

ページの最初へ