現在、先崎先生は週刊文春
先ちゃんの浮いたり沈んだり 
というエッセイを連載されておられます。
それを読んでの感想です。
基本的にネタばれにはならないようにしてますので、
なんのこっちゃいな?って方は、週刊文春をご覧になってください。


2004年7月29日号 やり直したいあなたに
やり直したくなることって、良くあります。ある時「指した手が最善手」と書かれた色紙をどこかで見たことがあるけど、じゃあ最善手を指しているのにどうして将棋をまけるんじゃ?って思ったり。
人生にもそういうのってありそうな気がします。いいじゃない精一杯がんばったんなら。そんな無理しなくてもって思うときがあります。多分他人事だからそういえるのかもしれません。
2004年07月22日 13時49分45秒

2004年7月22日号 21世紀の自動チェス人形
オンラインの将棋対局ってはまる人ははまるようですね。何千局も指すとか。とてもできません。なぜって指したらほとんど負けるから。そうなるとやはりソフト指ししたくなるだろうなあと思います。もっともそんなことしても自分の実力ではないことを思うとつまらないことだと思うのですけどね。
2004年07月22日 13時36分35秒

2004年7月15日号 竜王戦2組優勝の前後
先崎先生、竜王戦2組優勝おめでとうございます。
100面指しとかで腰痛になったと合ったので、大丈夫かなと心配でしたが、本当に良かった。
これでいよいよ本戦ですね。来週にも本戦トーナメントですね。応援させていただきます。
タイトルが採れますように
2004年07月14日 04時53分47秒

2004年7月8日号 早すぎる投了の裏側
将棋の終局図って見てもよく分からないんです。どうしてここで終わりなのか。このあとどうなるのか。
それは、棋力の問題もあって、三手詰めとかすらわからなくてということもあるとは思います。
だから、そのあたりを解説してもらうと、とても助かりますね。
もっとも、囲碁だったら、どこが終局なのか、もっと分からないと思います。
2004年07月14日 04時47分23秒

2004年7月1日号 古道具屋をめぐる冒険
街を歩いて質流れショップの店先に将棋盤が出ていたことがあります。かなり分厚かった。へえと思ってじっと見てみましたけど、少し汚れていて、あんまり魅力的ではありませんでした。
質流れショップには、麻雀パイなども良く並べられていることが多いような気がします。
何でなのでしょうね?
2004年07月14日 04時41分06秒

2004年6月24日号 バレーボールにはまる
バレーボールって昔は9人制もやっていたと思うのですが、いつから6人制だけになってしまったのでしょう?
子供の頃、体育でやっていたバレーボールって9人制だったと思います。全員参加しやすいからなのかなあ。
サーブは1回失敗しても、もう一回できたような気がします。それでもサーブがなかなか入らなくてとても困った。
今、テレビで見られるバレーボールはそれとは全然違うけど、いまどき9人制って無いのでしょうか?
そしてバレーの選手って何であんなに身長があるんでしょう?
2004年07月14日 04時32分05秒

2004年6月17日号 情報戦と悪魔の兵器
名人戦では森内竜王が勝ちましたね。
と言うことは現在森内>羽生となるのでしょうか。
でも棋聖戦では羽生さんが勝ったから羽生>佐藤
とはいえ他の棋戦では、佐藤>森内のような気が。
さて、一番強いのは誰なんだろう?
2004年07月14日 04時26分03秒

2004年6月10日号 女傑を待望す
去年、NHK杯戦では中井先生が大活躍されましたね。今年も好調のようですね。
旦那様より強いのかしらなどと思ってしまいます。
こんな強い方でも、奨励会から普通に四段になることができなかった。プロの将棋差しになることの難しさってありますね。
でも、いつか、女流ではなく女性のプロ棋士が現れて欲しいとおもいます。
2004年07月14日 04時16分53秒

2004年6月3日号 ボヤく島八段
銀河戦ってなかなかいい名前だと思います。囲碁だと竜星戦なのかな。将棋には竜王があるのだから、竜星戦のほうが将棋のほうの名前でも良いという考えもなくはないでしょうけど、かっこいいほうの銀河戦が将棋のテレビ棋戦になって良かったと思います。
これ、本戦にはいるのは各ブロックでの優勝者または最多勝利者なんですよね。だから意外な人が本戦に出ることも多い。うまくすると2勝ででられますから。
で、斉田女流とかでたことあるわけですけど、こういうのって面白いと思います。いろいろな人が指すのを見たいですから。
2004年07月14日 04時12分41秒

2004年5月27日号 はるかなる千勝
最近はインターネットも定額制になってほんと良かったと思います。従量制の頃は通信費の削減のために、いろいろと大変でしたから。
定額制になって自由につなげられるようになったことで、オンラインゲームというのもできるようになったと思います。
囲碁ですとパンダネットが有名ですが将棋ですと、将棋倶楽部24とかが有名なのでしょうか?
ただ、やってみたいけれど、負けたら辛いだろうなあと思うとチョットためらってしまいます。
2004年07月14日 04時01分58秒

2004年4月29日・5月6日号 「班長」の故郷へ
朝日新聞で主催しているプロ棋戦というと、朝日オープン選手権となるわけですが、たしかに長い。
とはいえ『深浦朝日オープン選手権者』が長すぎるからと言って、『深浦朝日』だと何がなんだか分からない。なんか朝日新聞の回し者みたいでとてもヘン。
TVなどで見かける現実の深浦先生はとてもマジメそうな方なんですが、小学校の頃ずっと「班長」だったそうで、とても納得できるものがありますね。
2004年07月14日 03時54分47秒

2004年5月20日号 ボランティアという言葉
誰かのためにちょっと何かをする。
それがうまくいったときの気持ち。
これってその達成感だけで報われたような気がしてしまいます。
ついでに「ありがとう」なんて言われたらもう照れくさくてなんだか逃げ出したいような。
おまけに「お礼」なんて、ドキドキしてしまうだろうな。
2004年07月05日 02時45分09秒

2004年5月13日号 おい、サギサワよ
鷺沢萌ってよく知らないんです。
多分全然読んだことないかもしれない。
ただ、作家の自殺が相次いでいるようですね。
もうすこしメンタルヘルスがなんとかなるといいのに、とおもいます。
2004年07月05日 02時34分52秒

2004年4月22日号 麻雀全国大会の無念
正月に餅を詰まらせる老人と、夏にパチンコ屋の駐車場で熱中症になる幼児は、毎年居るのではないか?と思います。
毎年のことなんだから、気を付けろよ。と思うんですけどね。
そういえば、麻雀って、よく分からないのですけど、ドライビングミスディジーという映画でも遊ばれていましたね。ただ管理人は、ゲームセンターでやった麻雀パイを使った四川省とかそんなのしか分からないのです。
2004年06月30日 00時27分08秒

2004年4月15日号 財前五郎の方がいい
最近、テレビドラマって見たかなあ。
なんか「光とともに」がすごい流行ってたみたい。あれで棋士か何かにならないかな、ってそれじゃあヒカルになってしまう。
それはともかく「白い巨塔」って見なかったなあ。「あの病院でロケをした」という噂もあったのに。チョット残念です。
ついでに必要とされているのに、保険の関係で儲からないからと誰もやりたがらない診療分野。小児科とか。もっと手厚くなってほしいですね。
2004年06月30日 00時20分26秒

2004年4月8日号 「百二十面指し」達成
やりましたね。百二十面指し。よかったですね。その後先生の腰痛はどうなったのか、心配です。でも先日の竜王戦でも勝っておられたようですから、大丈夫かな。
ギネスブックに載るのが楽しみですね。
2004年04月09日 10時33分55秒

2004年4月1日号 デレ光j君の事情2
昔、島研ってありましたね。伝説の。で、その四人とも奥様は美女。
一番先に結婚したのは兄貴分の島八段。お相手は竜王戦で知り合ったミス川崎。タイトルは奪取されてもただでは起きないようですね。
羽生名人は女優の畠田理恵さん。婚約指輪のダイヤは大きかったですね。直後の吉川十和子のも大きくて芸能リポーターが「あんな大きいの見たこと無い」って君たちは羽生名人の婚約記者会見に行かなかったんでしょうか?結婚を報じたNHKニュースの副音声で「りえ、はたけだ」と言ったのは見逃してやろう。おにぎり屋さんはご愛敬で。
森内竜王も才色兼備なお嬢様と結婚でしたね。しかも、その後竜王をストレートで奪取したり。あの羽生名人が四連敗ってのは信じられなかったです。内助の功?
で、最後に佐藤棋聖。ほんと末長くお幸せに。
2004年04月09日 10時29分54秒

2004年3月25日号 デレ光j君の事情1
この号は、発売禁止になったものです。とはいえ流通に乗っていたことから、普通にコンビニなどで買えました。むしろたくさん売れてたようですね。
とはいえ、変えなかったであろう方のためにこの号の「浮いたり沈んだり」を紹介しましょう。
佐藤康光棋聖が婚約した。「A級順位戦最終局」で連盟に行ったときに、できたての将棋世界のグラビアを見ると棋聖が婚約者と見つめ合う写真があった。そこでネガを見せてもらうと、二人の世界のオンパレードだった。
2004年04月09日 10時19分30秒

2004年3月18日号 加藤九段の「純」
加藤一二三九段。わたしなどは1239段かと思ってしまうくらい強い先生。十段戦がまだあれば12310段なんだろうか。
よく、「神武以来の天才」と言われますけど、「神武」が何なのかを知らない人も多いですね。景気の名前などと答えるくらいならまだマシなんでしょうが。昔の強い将棋指しとでも思ってるんでしょうか?
よく純粋な先生と言われるけれど、不思議な先生ですよね。師匠を変えたのはなぜなんだろう?
2004年04月09日 10時10分46秒

2004年3月11日号 何で勝っても勝ちは勝ち
「何で勝っても勝ちは勝ち」とか「勝つことは偉いことだ」とか。なかなか含蓄のある言葉だと思います。どんなゲームもそうですけど将棋って本当に勝つことが難しいから。
ところでサッカーってまだブームなんでしょうか?Jリーグが始まった頃はTVなどでもてはやされて私もサッカー場に見に行きたいなと思ったのですが、最近はとんと。ましてTOTOも買っていないとますます興味が持てないです。
2004年04月09日 10時02分14秒

2004年3月4日号 笑う田中九段
田中先生ってホント背が高いですよね。将棋界で、一二を争うのでは?と思ってしまいます。
田中九段の書いた3手詰めくらいの詰将棋の本は、なかなか楽しめました。その巻末にある著者紹介に「趣味、不動産ウオッチング」とあったのがおかしかったです。でもそのおかげか、バブルがはじけた後で山手線の内側に一戸建てを建てたそうです。
ところで子供が四人というのもスゴイですね。これも今の将棋界では多い方なのではと思います。
2004年03月05日 18時54分36秒

2004年2月26日号 ギネスに挑戦します
ギネスがいくらビールだからといって「ギネスに挑戦」がビールを飲むことだと思う人はいませんよね。そうです将棋の他面指し。なんと先崎先生は120面指しに挑戦なんです。ただ問題は体への負担ですとか。
で、思ったことがあります。インターネットの将棋あるじゃないですか。あれで多面指しができたるとしたらどうでしょ?座ったままでできるじゃないですか。
ともかくライバルの羽生名人に負けないようにがんばってくださいね。
2004年03月05日 18時38分01秒

2004年2月19日号 ヒキョーモノでいい
日本には死刑というのがあります。
ただ、いろいろな考え方があって、「現行の死刑では生ぬるい。貼り付け獄門にしろ。」などといささか時代劇の見過ぎのようなことを言う人もいます。あるいは「ただ死刑ではもったいない。臓器を移植して有効活用すべきだ」となかなか合理的なご意見の持ち主とか。「えん罪が怖いから、死刑はよろしくない」と反対なさる方もいらっしゃる。
で、その死刑反対の方に、池田小の事件とかオウムの教祖とかそういう方の死刑判決のときにマスコミがインタビューをすればいいのに。と思うのです。あれほどの事件についても反対といえるのか。
もっとも、死刑にしたところで遺族が納得できるものでもないとしたら、刑罰はいかにあるべきなのかと思ってしまいます。
2004年03月05日 18時29分57秒

2004年2月12日号 中央線のナゾ
中央線は人身事故が多いですね。
そのたびに何万人が迷惑を被るわけですが、そういうことをすると鉄道会社から多額の請求を起こされると聞いたことがあります。そんなことを聞くと怖くて、人身事故は起こせないなあと思います。
そういう電車のトラブルの時こそ、被害を最小限に食い止めるために、携帯で乗り換え案内とか使いたいのですが、しばしば混んでいて繋がらないことがあります。
普段から代替手段をシュミレートしないといけませんね。
2004年03月05日 18時19分32秒

2004年2月5日号 サバイバルゲーム
今期の順位戦も、もうすぐ終わりですね。
早々に名人挑戦者が 決まったのはびっくりだったのですが。
そういえば、昔先崎先生はな、なかなかC2から上がらなくて時間がかかったのを思い出します。田中九段のように何度もA旧に上がって欲しいものです。
2004年03月03日 14時09分54秒

2004年1月29日号 酔いの勝負、真剣の勝負
お正月、先崎先生のお宅には来客が多かったようです。ところで棋士って将棋を極めただけあって、他のゲームも強い人が多いと思います。囲碁とかチェスとか麻雀とか。そうそう、先生の著作「小博打のススメ」にも、いろいろなゲームがありました。
2004年03月03日 13時46分54秒

2004年1月22日号 格闘技雑感
年末は紅白を見ていました。格闘技はどうも苦手なんです。裏番組ではずいぶんやっていたようですけど。だから曙がどうとか言ってもあまりよくわからない。
でも相撲から他の世界に行った人の中でも、コニシキはずいぶんうまく行っているような気がします。よく幼児番組「にほんごであそぼ」を見る機会が多いからでしょうか。きっと、かなり頭もいい人なのでしょうね。
2004年01月22日 17時10分41秒

2004年1月15日号 歌詞と言えばみゆき様
中島みゆきさんが、国語審議会の委員になったのって、いつのことでしたか。今でも委員をしているのでしょうか。
そのような役職に就くだけあって、その歌詞って、やっぱりいいです。「肩に降る雨」という曲の「あの人がくれた冷たさは薬の白さよりなお寒い」なんて、もうゾクゾクしてしまいそう。
そんなみゆきさんの曲で、ロングセラーになった「地上の星」は昨年のCDランキングでもかなり上位に来ていましたね。お笑い芸人が「プロジェクトXで一番成功したのは中島みゆきだ。まーちがいない」というだけのことはありますね。
2004年01月22日 17時02分45秒

2004年1月1・8日号 ハプニングだらけ
新年おめでとうございます。今年もゆっくりしたペースかと思いますがよろしくお願いします。
週刊誌の先崎先生のコーナーも、タイトル部分のデザインが少し変わったけど、先生の連載が続いていて嬉しいです。
それにしても、昨年末のサイン会、行きたかったなあ。本物の先崎先生に会えたのに。残念でした。
というわけで、先生は遠くからそっと応援する存在です。
2004年01月22日 16時42分39秒

2003年12月25日号 テレビ棋戦の裏側
先日のNHK杯戦でしたか、たまたま最後の方だけ見ていたのですが、中井女流3冠が青野九段との対局を見てしまいました。 中井先生って強いですねえ。現役のA級九段に勝ってしまうなんて。 でもそのあと、きっと口の悪い巨大掲示板あたりでは、青野先生ぼろぼろなことかかれたんだろうなあ。とちょっと心配になってしまいます。
2003年12月18日 00時20分33秒

2003年12月18日号 当たりそうな気がする
管理人は、バクチが苦手です。石橋を叩いて壊すタイプっていうのかなあ。どうしてもギャンブルってやる気になれない。身近に競馬場や競輪場もあるところに住んでいるのですが、そこまで出かける気になれない。小心者なのでしょうね。
でも、たまーに宝くじなんかを買ってみたりします。でもむかーし中学校ぐらいで習った確率と統計の期待値という言葉を思い出して、「当たるわけないよなあ」と思ってみたりしてしまうわけです。
そして「あ−あ。たぬきの宝くじかあ」とがっくり来て300円を手にするのです。
ところで先崎先生の新刊、まだ読んでいません。早く読みたいなあ。
2003年12月11日 11時18分59秒

2003年12月11日号 お茶かお水か……
人は水分がないと生きられないと聞きますけど、よく飲むなあと思うときがあります。小腹が好いたときもお茶とか飲んでごまかすことありますしね。あんまり飲んでいると、糖尿病?とか心配になりますよね。ペットボトル症候群とかありますし。
でも、お茶とか水とかなら大丈夫かな。
それにしても、将棋会館にはペットボトルのリサイクルボックスがないのでしょうか?それはエコロジーではありませんね。ぜひ検討して欲しいところです
2003年12月05日 08時41分11秒

2003年12月4日号 政治家という職人
政治は、良く分からないのですが、今回の竜王戦第4局では1日目に国会中継がありました。もちろん難視聴地域対策などで国政の場を中継する必要性があることを否定はしませんけど。
だから2日目はどうなのか心配だったのですが、幸いと言うべきか、国会中継がなかったため、十分な時間をかけて竜王戦のBS中継がありましたね。おかげで終局も生中継で見ることができました。
羽生さんが4連敗なのは納得できなかったけど。
さてと、次は先崎先生にタイトル戦に出ていただきたいですね。
2003年11月29日 08時37分23秒

2003年11月27日号 棋士の小用
「一億と三手読む」と言いますけど、将棋のプロってホントすごいです。だってけっこうコンピューターが進化してるようでも、全然プロに勝てないもの。
それにしても棋士の小用。うーん勝負のというか、プロの厳しさってのを感じました。
2003年11月20日 18時20分06秒

2003年11月20日号 こんがらかった割り勘
「ごちそうさまぁ」の一言で済ましてちゃっかりモードってで済ませられると楽なんですがね。
ルールが複数重なるとややこしやですね。
でも、割り勘ってそんなときにはいいですよね。
2003年11月19日 10時20分33秒

2003年11月13日号 あの人の勉強法
将棋の先生って、どうしてあんなに将棋が強いんだろって思います。
まあ頭のできが根本的に違うんでしょう。
詰将棋をちらっと見てうむっとうなったとたんにうなづくなんて、もう人間とは思えない。
いわゆる「バカの壁」ってことなのでしょうか?
ただ、頑張ることができるというのも才能だなあと思うこともしばしばです。
2003年11月19日 09時46分36秒

2003年11月6日号 ケイタイのある風景
ケイタイ好きですね。やはり電車に乗ってると使いたくなります。もちろん通話ではなくメールなどですけどね。
ところで運転手付きの車ですけど、きっと先生もタイトル戦に出たら、乗れると思うんですけどね。先生頑張って欲しいなあと思います。
2003年11月19日 09時31分45秒

2003年10月30日号 王者の震え
地震って怖いです。少し揺れただけでも大騒ぎ。震度4だと相当あわてます。なのでタイトル戦の最中に地震ってあったらどうするのかかなり気になります。
この間の王座戦の最中がそうでしたね。でも震度4くらいならたいしたこと無いかな。そのまま指し続けてしまったみたいだし。
この頃よく地震が起こるのでちょっと怖いですねえ
2003年10月26日 23時02分50秒

2003年10月23日号 人生を賭けた、その一手
もうすぐ竜王戦が始まりますね。楽しみです。
ていうかインターネット中継で楽しんだ挑戦者決定戦も面白かったです。中原先生が勝ったらって思ってはいたのですけど。また実際応援もすごかったみたいですけどね。
2003年10月20日 00時33分29秒

2003年10月16日号 見事なり!83番
最近アメリカのプロ野球がTVでよく放送されるためなのか、いい選手がアメリカに行ってしまったからなのか、あんまり日本のプロ野球もぱっとしないような気がします。
まあそれなりに阪神の優勝は盛り上がったわけですが、よくある「○○が優勝すると経済効果が○億」って信じられないような気がします。だって必ず、どこかのチームは優勝するはずでしょ?どことどこを比べたらいくらって話ならわかるんだけどなあ。
なんて思うのはわたしだけ?
2003年10月12日 10時08分26秒

2003年10月9日号 本物のふるさと
ふるさとという概念は、子供のころに定住できた人だけのものではないかと思います。親の転勤などで、幼少からあちこち移り住むひとには、「ふるさと」ってむつかしいですよね。
大人になってからであっても、ずっと長く住み続けて、愛着があれば、「ふるさと」と言ってもいいような気もするのですがね。
2003年10月12日 09時59分58秒

2003年10月2日号 文春の真実
暑さ寒さも彼岸までと言いますけど、お彼岸が過ぎたら、ほんとうにめっきり涼しくなりましたね。
鍋がおいしい季節です。きりたんぽなんかいいですね。実はきりたんぽはご家庭でも簡単に作れるのです。別に餅米とかでなくふつうにごはんを炊いて、当たり棒などで半殺しにして、おにぎりを作るみたいに棒につけて焼けばできあがり。
でも、うどんって自分でも作れるというのは、ちょっとびっくりですね。もしも自分で作るなら、キノコと鶏肉とネギが入った暖かいうどんが食べたいなあと思います。
2003年10月12日 09時47分11秒

2003年9月25日号 どこでもドア
こどものころ、「ドラえもん」好きでした。最近は「のび太・ジャイアン症候群」とか、ありますよね。いろいろと科学が進歩しているためか、発達障害についてもいろいろと分かってきたけど、だからといって、それぞれの子供たちに必要な環境が整えられているかどうかはよくわからない。
いろいろと難しい世の中だなあと思います。子供の数は減っているのだから、子供にかかるコストはトータルでは減少しているはずなのに、どうしてなのでしょうね。
2003年09月20日 17時19分33秒

2003年9月18日号 死にたい
今年は冷夏だったわけですが、9月になってから、やたら暑かったような気がします。
でも、先崎先生ってホント中島みゆきさんがすきなんだなあ。って思います。
2003年09月20日 17時07分42秒

2003年8月28日9月4・11日号 女マダーム・ヒロコ
生憎、麻雀てしないので、よくわからないのですよね。4人で遊ぶものらしい。でも将棋連盟では3人で遊ぶものらしい。
というわけで、感想文がうまく書けない。
でもタイトル戦がしばしば行われるところと言うのは、慣れているから、みんな楽ですよね。
2003年09月20日 16時52分55秒

2003年8月14・21日号 読みかけの推理小説
最近、図書館によく行きます。
でも先崎先生の本があるかどうかチェックしていなかったなあ。まずい、調べてみなくては。
最近はインターネットとかでも調べられて、予約もできて楽ですよね。
2003年08月20日 08時34分20秒

2003年8月7日号 ゲーム脳
長崎の少年事件は、かなりショッキングなものでした。子供を持つ親御さんの中には育児に不安を感じた人も多いと思います。
実名らしきものがネットに流れたとか言いますけど、まあ実名なんかどうでもいいんですけど、どうしてそんなことをしたのか?ってのは関心があります。なんとかできなかったのかなと。
だけど、びっくりするような事件とかでも、どうも動機とかが分からないことって多いんですよね。和歌山のカレーも、音羽のお受験も、池田小学校のも、なんで?ってのは、どうもはっきりしない。その辺が残念な気がします。
2003年08月20日 08時11分02秒

2003年7月31日号 横綱の品格
お相撲ってほんと伝統の世界だなあって思います。あの枡席っていうの?お弁当やらお土産やらたくさん食べきれないほどもらえるらしい。女性は土俵に上がらないとか、しきたりもいろいろだし。
まあ、ああいうのもあり、なのかなって感じです。
2003年08月20日 07時53分43秒

2003年7月24日号 対局直後
棋士にとって対局の重要さは、分かっているつもりです。でもつもりなのかな。
ときどき、不戦敗なんかあったりすると、いかがなものかと思ってしまいます。
ところで中井先生は強いですね。とてもうれしいことです。
2003年07月19日 16時09分34秒

2003年7月17日号 じゃがいもの味
ジャガイモは確かに便利な食材です。
ゆでても味噌汁の具でも炒めても美味しい。いつだったか「料理の鉄人」で小林カツ代も使っていたのではなかったかなあ。
なんか、食べたくなった。
2003年07月19日 16時03分14秒

2003年7月10日号 双葉の棋譜
栴檀は双葉よりなどといいますけど、昨今の少年事件はなんだかなあ。
親であることに、不安を感じます。
こんなことで、少子化が進んでしまうんじゃないかなあと、いささか心配。
2003年07月19日 15時58分16秒

2003年7月3日号 囲碁将棋チャンネル
先日プロジェクトXで「プラズマテレビ」をやっていました。きれいだけど高い。でも液晶テレビも結構高価ですよね?
ところでケーブルテレビ。いいですよね。囲碁将棋チャンネルが見られる。ありがたいことに、HPのリンク集にこのサイトも入れていただいたようです。ありがたいことです。
それにしてもいつも思うのですが技術の進歩ってすごいですよね。最近のテレビも横長に対応したり。でも上下反転機能は知らなかった。囲碁将棋にはとてもありがたいんだけど。
2003年06月26日 23時31分10秒

2003年6月26日号 文春の呪い
「呪い」怖いですね。そろそろホラーの季節なのかな?最近の子供はゲームの影響か「呪い」とか「鎧」とか妙に難しい詳しいとか。でも、昔風のオバケは最近はやらないのかなあ。ディズニーランドのホーンテッドマンションも洋風だしなあ。
今の子供たちが怖いものって何なのでしょうね?
2003年06月26日 23時16分08秒

2003年6月19日号 棋士総会
棋士総会があったという連盟の隣の建物に行ってお昼ごはんを食べました。
まさかレストランで総会をしたわけではないと思います。きっと会議室とかでしたんでしょうけど。
でもあのレストランのAランチは、おいしかったです。また機会があれば行きたいな。
2003年06月15日 21時47分28秒

2003年6月12日号 森さんの白いスーツ
先崎先生のNHK将棋講座は見ていました。一度だけですが、はがきだって読まれたことがあります。えっへん。扇子をもらいました。ちょっとした我が家の宝物。
また、先崎先生の講座があったらいいのになあ。
2003年06月05日 14時54分44秒

2003年6月5日号 人間将棋2
時代劇、結構好きです。やはり、時代劇はチャンバラが面白いんだと思いますね。
なもんで、テレビとかでスポーツチャンバラなんてやってると結構楽しい。
ともかく先崎先生も天童の人間将棋は、お疲れ様でした。
2003年06月05日 14時39分14秒

2003年5月29日号 人間将棋1
突然ですが、温泉って良いですよね。体、暖まるし。そしておいしい料理。「○○の湯」なんかだと、その効果も楽しみだし。
「旅行に行きたい。そして温泉に行ってのんびりしたい。」って人は結構多いと思います。
でも子供連れだと温泉ってちょいと大変ですね。大人は楽しいんですが、子供は「熱い、」と大騒ぎ。ちょいとつまんないです。
2003年06月05日 13時35分46秒

2003年5月22日号 GWの将棋指し
GWに管理人は、天童に一泊旅行しました。ホテルの壁に4/19・20の「人間将棋」のポスター。その中に先崎先生の名前。すごいなあ。
でも、なぜ、4/19?桜まつりの一環でやる以上は、桜の開花に合わせてと言うことなのでしょうか?GWなら客もたくさん来るだろうに?天童市観光物産協会はどう思っているのかなあ?
2003年05月17日 09時12分41秒

2003年5月15日号 空想アリバイ
通勤電車に乗ってると、たいていは何もないのですが、その朝は違いました。声高なおじさん。携帯か何かで話しているみたい。
「身長○センチの丸顔の、、」
わたしは、次の駅で乗り換えたのですけど、そのホームでも
「にげるな。駅員を呼んで」「さわるな」
と言い争っているおじさんたち。
さっさと来た電車に乗ったのでその後の展開は不明ですけど、いったいなんだったのでしょう?
2003年05月11日 22時16分21秒

2003年5月1・8日号 将棋ダイエット
ダイエットにもいろいろなやり方がありますね。女性のみ限定ですが、妊娠ダイエットなんてどうでしょう?
一般的には妊娠するとつわりがありますよね。これでそうとうやせられるはず。しかも最近は、妊婦は太りすぎてはいけないと言うことになっていますから、きちんと体重計に乗って、とにかく食べ過ぎない。チョコレートとアイスクリームを控える。もちろんアルコールも。
もしも全然太らなかったら、出産時に、5キロは減るはず。その上授乳時は、とにかく栄養がとられるので、かなり食べても太らない。
結構良いと思うんですけどね。どうなんでしょうか?
2003年04月27日 11時13分29秒

2003年4月24日号 十一年前の一言
大山先生ってやはりすごかったんだろうなあと、思います。実物を見たことは無いんですけどね。でも将棋界にとって、この人の存在って本当に大きかったんですね。強くて、しかも連盟会長としても優れていて。
そういえば、もうすぐ連盟の理事選挙ですか。優れた人が選ばれると良いですね。
2003年04月27日 11時07分25秒

2003年4月17日号 ベトナム戦争のはなし
イラク戦争ですが、終わっちゃったのかな?長引くよりはいいんですが。で、討ち入りの米軍のおのおのがたは、フセインのみしるしをちょうだいつかまつって、泉岳寺とかにもどったんだろうか?
それはともかく、ベトナムですね。
最近スーパーで「フォー」とかいうベトナム麺売っていますね。あれ、結構いけますね。アジアの食べ物の中には、辛いものもあるけど、「フォー」は、さっぱり系でおいしい。ああ、インスタントでいいから食べたくなってきたなあ。
2003年04月12日 20時34分57秒

2003年4月10日号 準優勝のグチ
準優勝男として有名なのは、森下卓先生ですね。でもそんな言い方はすごく失礼なのかなあ。ご本人はたぶん嫌かもしれませんね。
でも、準優勝まで行くって実はとてもすごいことだと思います。一方で、それくらいなら、一回戦で負けたほうがというのも潔いような気もします。でも、やっぱり準優勝って嫌なんだろうなあ。最後までやれるというメリットはあっても。
そういえば「ヒカルの碁」のTVアニメも終わりましたね。梅澤せんせいのGOGO囲碁も一段落。とはいえ再々放送が囲碁将棋チャンネルであるはずなので楽しみにしています。
2003年04月04日 09時45分14秒

2003年4月3日号 ラーメンの味
あー、まあその、順位戦とNHK杯戦ですけど、そのー、いいところまで行ってただけに、何とも言いようがないです。
本人が週刊誌に書いているので感想文の形でふれることができますが、そうでなければ、この話題にはふれにくいですね。
当人が一番残念に思っているであろうところに「残念でしたね」なんて言われたって、傷にさわるようなものですし、がんばった結果でしょうに「またがんばってください」なんていわれたら塩を摺りこまれるように感じるのではと思ってしまうのです。
それともファンたるもの、「残念でしたね。またの機会にはがんばってください」って言うべきなのでしょうか?
2003年04月04日 09時25分33秒

2003年3月27日号 勝ち落ち
今年のA級順位戦は土曜日でしたね。NHKの生中継はするのかどうか心配だったのですが、
まああってよかった。特に深夜の決まるところが中継でよかったです。
先崎先生も解説で出ておられましたね。眼鏡のない先生の顔は、なじめなくてちょっと不思議でしたけど。
2003年04月04日 09時12分45秒

2003年3月20日号 サンプラザさんへ
自分で利用しながらからむ、そのことの是非を先崎先生は分かっている。それは偉いと思います。
客なんだから、何を言ってもいいと思いこんでいるやつも居ますから。
でも、週刊誌で書かれるのはサンプラザさんも困ったろうなあと思います。
2003年04月04日 09時03分36秒

2003年3月13日号 モー娘と将棋
仕事となんとかは家に持ち込まない、などと豪語する輩がいますね。
それは、ともかくパソコンが普及していても、一般的な勤め人が、家で仕事をしようとしても、なかなかできませんね。子供がかまってくれと要求する。配偶者が「おーい」と声をかける。家事や育児を配偶者に押しつけたくても、テキも週末は疲れている。いっそパソコン仕事をしにネットカフェにでも行く方が良いかとさえ思ってしまいます。
先崎先生も、なかなか家で原稿書くのはしんどいのかな?でも、文春のエッセイは毎週楽しみにしています。
2003年03月09日 06時27分40秒

2003年3月6日号 狭き門
「将棋界の一番長い日」は、今年土曜日でしたね。NHKが中継するのかどうかずいぶん心配だったのですが、夜中の一番おいしいところで中継があってよかったです。
先崎先生も解説で出ていらして嬉しかったけど、眼鏡をかけていないので誰なのか判らなくて。
まあ、結果についてはプレーオフということで、まだ楽しめそうですね。
もちろん、B1も気になりますけどね。
2003年03月04日 22時57分02秒

2003年2月27日号 囲碁の「投げ場」
「あーきらめましょーあきらめまーしょー」という華原朋美の曲が流行りましたね。知人も仕事の関係からの着メロに使っていました。周りの状況次第では、この歌でも歌わないと「まったくやってられないよなあ」ということがあります。とはいえ言うことを聞かなくて手を焼いている子供にこの曲を歌われると、がくっときます。
話は変わりますが、その子供の最近の流行は「なんでだろーなんでだろー」です。管理人がウケたのは「おとうさんがテレビを消すとおきるの、なんでだろー」でした。不思議なものですね。あれは。
2003年02月24日 22時54分32秒

2003年2月20日号 升田先生の囲碁
先崎先生の新刊を書店で見ました。2種類ありました。うれしいです。
ところで、升田先生って囲碁がお強かったんですねえ。将棋が強い人は囲碁も強いのでしょうか?すごいなあと思います。
2003年02月15日 22時53分36秒

2003年2月13日号 将棋指しの麻雀
祝日の朝にたまたま早く起きると、「割れ目でポン」をやってますね。麻雀のルールはよくわからないんです。同じのを2個ずつ7組そろえるんですよね?なので見てもよくわからないのです。でも、あの井出さんだけはすごいと思います。
将棋指しは麻雀もトランプの大貧民も、ようは勝負事はなんでも熱くなるのかもしれませんね。大貧民だと2が何枚Aが何枚、場に出ているかなどを覚えていたり。ちょっと普通の人とは違うんじゃないかと思います。
そんな先崎先生も、大山先生と麻雀を打ったことがあるというのは、将来きっと生き字引よばわりされそうな、すごいことになる思います。
2003年02月09日 09時23分52秒

2003年2月6日号 島ノート
島ノート売れているそうですね。私も見かけました。なかなかシックな装丁でしたよね。
先崎先生の本をまだ見ていないのですが、今度探しに行かなくては。と思うのです。
ところで、順位戦の方はなんだか心配ですね。あと少しのハズなのですが。
2003年02月02日 15時14分48秒

2003年1月30日号 いらいらの一日
世の中の将棋ファンがどのくらいいるのか、そしてインターネットをする人がどのくらいいるのか、ということはよくわからないのですが、竜王戦のネット中継はアクセスが集中したそうですね。それだけ将棋ファンであり、かつインターネットをする人が多いということなのでしょうね。将棋とパソコンというのも、割と良い関係のようですね。
竜王戦の中継ですが、来期に期待しています。それにしても連盟もテレビ頼みとは、、、
2003年01月27日 05時08分59秒

2003年1月23日号 中島みゆき様
中島みゆきさん。好きです。紅白歌合戦もそのときだけ起きました。よかった。
そういえば、NHKのニュース番組でもたびたび取り上げられて、「地上の星」もオリコントップだし。
久しぶりにカラオケに行きたい。そして歌いたい。(出来ないけど)としみじみ思います。
2003年01月20日 15時19分21秒

2003年1月16日号 易しいは難しい
あけましておめでとうございます。
ことしこそ将棋が強くなりたい、、、とは、あんまり思わない管理人です。(あきらめてる?)
だって将棋の本って難しいんですもの。読んだことがあるのって、あんまりない。清水市代さんの「囲いのエッセンス」くらいかな。羽生の頭脳って、売れたみたいだけど、理解できる人って多いのかなあ?
でも、先崎先生の本なら期待してしまおうかな?なんておもってしまいます。
今年もよろしくお願いいたします。
2003年01月10日 04時59分33秒

2002年12月26日号 クリスマス前の決戦
世の中、もうすぐクリスマスだ、年末だ、年始だと結構あわただしい12月。
その中でも将棋の対局はしっかり行われているのですね。
竜王戦のタイトル戦は、12/26・27の仕事納め決戦だし、もしもこれで決まらないと来年の1/7・8の仕事始め対戦になってしまう。
(さすがに1/6は指し初め式だったのね)
というわけで、順位戦が終わってから始まるまでの春先の方が将棋指しのオフシーズンなのかもしれません。
でもってこの調子で突っ走っていただいて、先崎先生には楽しいオフシーズンを迎えていただきたいです。
2002年12月22日 02時23分21秒

2002年12月19日号 夫婦で審査員
文部省が学力テストをし、その結果がおおむね良好だったということです。これについては学力低下だなどといろいろな意見がありますね。もちろん、全体のレベルの向上が望ましいわけではありますが。
ところで、一人一人の個人差と言うのもありますよね。これが得意、これが苦手。著しい場合には、LDやADHDですか。他人から見ると怠けているように見えていても、実は本人にとっては、とてもそれが大変だったり。あるいは逆に「何でそんな難しいことができるの?」とまわりから思われたり。
学力テストも、そのように本人の強さ、弱さを把握して、それに合わせた教育をするために役立てて欲しいと思います。
大人でも「これが苦手、これが得意」というのを把握して、長所を伸ばして苦手をごまかして生きていくしかないですね。
というわけで、将棋の強さと、芸術への造詣は比例しないですよね。
2002年12月18日 05時26分53秒

2002年12月12日号 大阪遠征の日常
突然ですが、「中島みゆき」さんのファンです。「プロX」が始まる前からのファンです。研ナオコに曲を提供している頃からのファンです。かつては「夜会」にもよく行きました。いまは家庭の事情で行けませんが、まあいいですそれは。
何でこんなことを書いたかというと、今週号の週刊文春を買って、先崎先生のページを開いたら、左に中島みゆきさんの写真が載っていたからです。「サイレントフォークギター」の広告なんですが。今年は「紅白」にも中島みゆきさんが出るそうで、ファンとしては、ちょっとうれしいです。
ところで、先崎先生の対局結果を連盟のサイトで見て、こちらもファンとしては、ちょっとうれしくなりました。
2002年12月06日 23時44分43秒

2002年12月 5日号 まわり将棋は技術だ
将棋の手番を決めるために、振り駒をしますね。あれって、公平なんでしょうか?前から気になっていたんです。
公平であるためには、駒の表と裏が出る確率が同じでなくてはならないと思います。しかし、そういうことを検定してはいないと思うのですね。それに「歩」のほうが「と」よりも画数が多いですから、盛り上げなら「歩」の方が下になりやすいと思いますし、逆に彫り駒なら、「と」が下になりそう。
時代劇とかですと、サイコロの中におもりを入れて、特定の目が出やすくなるようにして、イカサマしようとすると、ヒーローが見破って、がぶっと噛んだりしますけど、将棋の駒は、かじりませんよね?
もっとも、先手だから、あるいは後手だから、勝ちやすいということも無いそうなので、みんなそういうことには、厳密さを求めないのでしょうか?
囲碁には「にぎり」とかあるそうですけど、盤上の歩を適当に両手に分けて持って、右あるいは左と指定して、しかも、偶数か奇数か当てさせたら、公平にならないだろうかと、思うのですが、、、
2002年12月06日 23時34分48秒

2002年11月28日号 アンチ巨人でなくなる日
日本シリーズも、日米野球も終わりましたね。松井も、どこかに行くし。
それでも読売新聞を読むとしたら、それは、竜王戦があるからでしょう。
今年の挑戦者は阿部さんですけど、先崎先生にも活躍して欲しい。応援してますからね。
2002年11月23日 23時47分30秒

2002年11月21日号 最高の棋友
なにごとにつけ、良きライバルというのはいいものだなと思います。将棋も、勝ったり負けたりできる相手が居るというのはいいものだろうなと思います。思いますというのは、管理人の場合弱すぎて、そういう相手がいない。その上、負けると嫌気がさしてしまう。負けても精進するタイプではないのですね。
先生の頃のチャイルドブランドに、ほーっとうらやましいような気がしてしまいました。
2002年11月17日 23時38分15秒

2002年11月14日号 平成のチャイルドプランド
チャイルドブランド。輝いていましたね。いえ、今でも、輝いています。みんますごくオリコウそうな少年だったのが、とてもかっこいい青年に、そしてすてきな大人になっていきますね。独身男性が少なくなったのは少々寂しいですが、よき伴侶を娶られたことをファンとしても喜びたいです。
「強い」と言われる彼らですけど、やはり、切磋琢磨していくことであれほど伸びたのでしょうね。
2002年11月08日 10時22分17秒

2002年11月 7日号バックギャモン
今年の文化勲章をもらった人の中に、杉本苑子さんがいます。
歴史小説を書かれる方です。
この人が書かれた、平安時代の貴族、藤原道長が主人公の小説をかつて読んだことがあります。
そこに双六をする場面がありました。
双六といっても、現在のお正月にやるようなのや、人生ゲームとは少々違っているそうです。
ちょうどバックギャモンに似ているそうな。
とはいえ、さいころを振って、夢中になるところは、今と同じですね
2002年11月01日 23時08分50秒

2002年10月31日号 障害者施設にて
障害者あるいはその家族が運営しているサイトがインターネットにはいくつかある。
そういうところを回ってみると、「障害は個性だ」とか、「ふつうの子供を育てていても苦労はある」とかいろいろと書いてある。
そうは言っても、自分および家族にいわゆる「障害者」が居ないためか、そういう人々に対して、どう行動すべきかがよくわからない。
ただ、そういう人たちであっても、日々の生活が豊かであることは望ましいと思う。
そして将棋がその一助になるのであれば、それもとてもいいことだと思う。
2002年10月30日 01時17分40秒

2002年10月24日号 将棋の効能
効能なんていうと、薬みたいですね。有効成分はどう、副作用はこう、といろいろあって。
実はそういうことが書いてある添付文書ってのは読まなくてはいけないのでしょうけど、たいていの人は、読みませんな。
字が細かすぎてわかりにくくて。
なんで薬でも不動産でも本当は大切なことをわかりにくく書いてるんでしょうね。
その点、先崎先生のエッセイはわかりやすくていいです。
2002年10月21日 15時44分54秒

2002年10月17日号 手書きのぬくもり
パソコンの宛名書きソフトは、バージョンアップを知らせ、郵便局は年賀はがきの予約を受け付け始めた。
年賀状の季節がもうすぐやってくる。今年ももうすぐ年末だなあと思う。
やはり手書きがというご意見もあるけれど、手間暇を考えたらとても実行できない。
ちなみに棋譜は今でも、手書きらしいですね。電子化は進んでないのでしょうか?
2002年10月13日 15時29分19秒

2002年10月10日号 貴乃花の「格」
相撲見物って、ものすごい娯楽だと思います。枡席なんかに座ると、とうてい食べきれないお弁当とおみやげが付くらしい。
まあ、テイクアウトを前提にしているようなお弁当ではあるのですが。
そうして、相撲そのものが、伝統を守るっていうことでやっていますね。いまどき丁髷を結う人は他にあまりいませんし。
将棋も伝統を重んじているようでいて、タイトル戦も背広だったり、ましてや通常の対局はたいてい和服ということもあまりありませんね。
でも10/6のNHK杯に先崎先生が出られていましたけど、見ていてほっといたしました。
2002年10月07日 15時15分48秒

2002年10月 3日号 インスタントじゃ敵わない
将棋を扱ったテレビドラマの中で、管理人の印象に残っているは「警部補 古畑任三郎」です。
二日制のタイトル戦で封じ手を使ったトリックでした。
でもNHKの将棋タイトル戦中継を見た後だと、あれは、、、と思ってしまいますが。
ところで、タイトル戦中継を見ると、タイトル戦には「立会」というお仕事があるんだなということが分かりますね。
2002年09月26日 23時19分17秒

2002年 9月26日号 森下八段の「気合」
管理人が、最初に見たNHKの将棋講座の講師が森下八段です。美人のアシスタントと一緒に矢倉戦法を解説していました。そういうわけで、管理人は将棋というのは居飛車で指すものだと当初思いこんだものです。管理人も好きな棋士の一人です。すごくまじめそうな方だし。
それはさておき、「気合」ですけどね、大切だと思います。やろうという気持ちがなければ、簡単なはずのことだって、なかなかできない。でも、難しそうなことでも、気合いがあれば、かなりできる。
でもね、だからといって、「気合」さえあればなんでもできる、とは思えないのですよ。精神力だけでは物量に勝てるものではありませんよね。
2002年09月26日 23時04分14秒

2002年 9月19日号 夏きたりなば秋とおからじ
今年は暑かった。ていうか、背広は日本の気候に合ってないんじゃないか?
って思ってしまう。背広に合わせてるとオフィスは冷房効き過ぎで、女性にはつらいし。
だからといって、一昔前の省エネルックはいただけない。
少なくとも、背広とネクタイ無しで仕事という横浜市役所のようなのが、もう少し流行らないかな。
そういえば、なぜか、アザラシまで出てきましたね。
そうはいっても彼岸の頃になると、しみじみと秋だなあと思えます。
2002年09月13日 22時56分39秒

2002年 9月12日号 対羽生戦の顛末(2)
先崎先生のエッセイはたいてい面白い。
でも、今週号は、意味不明だった。でもなんだか分からない。
どうせ、週刊誌に書くのなら、もっと分かるように書いて欲しい。
書けないくらいなら、もっとちがう働きかけ方があるのではないだろうか。
2002年09月13日 22時34分43秒

2002年 9月 5日号 対羽生戦の顛末(1)
テレビ東京の早指し将棋選手権は、TVで将棋を見ることができる、数少ない番組ですね。最近はケーブルテレビなどで将棋のチャンネルもありますけど。
新聞棋戦とかは、主催紙の系列TV局でタイトル戦とか中継しても良いと思うのですけどね。
それにしても、何年か前に、早指し将棋の放送時間が繰り上がりましたね。
あれでは起きて見ることは難しくなりました。「早起き将棋」ですね。
2002年09月05日 00時32分33秒

2002年 8月29日号 一億の地雷
将棋にはいろいろなものがありますね。中将棋、大将棋とか。
指し方は全然分からないのですけど。
いつでしたか、天童の将棋博物館で駒を見たことがあるくらいです。
でも、いろいろな将棋があるというのも面白いですね 
2002年08月24日 23時09分44秒

2002年 8月15・22日合併号 
週刊誌も、お盆休みなんですね。
管理人も、お盆休みです。
家でゴロゴロするのが楽しみです。
2002年08月10日 01時45分25秒

2002年 8月 8日号 真夏の対局
暑いですね。ちょっと外を歩くだけで、汗で服がびっしょり。冷房に頼って生きています。
こんな時には、夏ばてしやすいものですし、夏風邪などをうっかりひくとなかなか治りませんね。
ということで、皆様もお気を付けくださいませ
2002年08月02日 00時31分32秒

2002年 8月 1日号 負け慣れない
島研って、将棋界では有名なんですね。メンバーは、島、羽生、森内、佐藤。
この4人のうち3人が結婚または婚約なわけなんですが、みんなミス川崎、女優、大学講師などの素晴らしい女性と配偶者になさるのですね。
うーん、ずば抜けて将棋に強いと、こういういいことがあるのでしょうか?
現在独身の佐藤さんが、どんな方を人生の伴侶になさるのでしょうか?
というのがミーハーな私のもっぱらの関心事でございます。
2002年07月28日 17時52分00秒

2002年 7月25日号 優しいけどシビア
佐藤康光王将の車って、たしか昔はGTOだったかFTOだったかだと思います。
なんか羽生さんや森内さんとかを乗せて、日光のいろは坂を下ったのだったかな。
それを読んで、もしもなんかあったら、、、、なんて思ったことがあったっけ。
でも、将棋に負けるって、悔しいですよね。ホント
2002年07月23日 14時02分58秒

2002年 7月18日号 二十九手の終局
プロ棋士の棋譜って、あんがい入手しにくい。
まあ、新聞とかに載ってるけど、いちいち自分でそれらを入力するのって、面倒。
でも竜王戦については、「竜王戦倶樂部」(http://www.ryuoh.jp/)で、最近入手できるようになった。
おかげで、ああこれかと言う感じ。なるほどね。
2002年07月17日 22時17分19秒

2002年 7月11日号 住民税がやってきた
先崎先生が、週刊文春で連載されている、「浮いたり沈んだり」ですが、単行本になりました。
で、先日、買いました。電車の中で一気に読んでしまいました。面白かったです。
ちょっと楽しいひとときを過ごせました。
それにしても、住民税は、昨年度の収入にかかるから、きついですよね。
2002年07月08日 01時37分16秒

2002年 7月 4日号 熱狂と静寂
将棋のメッカと言ったら、将棋会館ですね。
滅多にないことですが、ある日、その最寄り駅のJR千駄ヶ谷で降りた時。
「はい、ある人ひと買うよ。ある人買うよ。無い人売るよ。無いひと売るよ」
って言っていたオヤジが何人か居ましたね。
わたしは、「なに?なあに?」と聞いたら、そっぽ向かれて。
あれって、あの、、、ダフ屋さん、、、だったんでしょうか?
で、なんで千駄ヶ谷で?って思ったんですが、隣が国立競技場だったんだそうで。
ていうことは、あの日もなにかのスポーツイベントが行われていたのでしょうね。
それにしても、お金って言うのはこういう言い方は不適切かもしれないけど、
なんというか、「それ欲しい」っていう気持ちを定量化したものではないかと思うときがあるのです。
ダフ屋さんが出るくらいなら、そういうイベントのチケットは、いっそのこと定価をつけないで
入札制にするとかすれば、主催者ももっと儲けられるのでは?、なんて思ったりするんですが。
2002年07月08日 01時33分06秒

2002年6月27日号 ワールドカップ私観
サッカーのワールドカップも、日本が負けたためか、「まだやってるの?」って気分です。
勝てば、近くの店で、ポイント倍増セールだったんですけど、、、残念ですね。
それにしてもチケットの発売は、ひんしゅくでしたね。うちは最初から見に行くつもりもなかったですけど。
でも、先崎先生もサッカーを見て気持ちよく将棋を指していただきたいです。
2002年06月21日 15時54分23秒

2002年6月20日号 一日だけの禁煙
いやあ、恥ずかしながら、先崎先生のこのエッセイが単行本にまとまってるなんて知らなかったです。
早速買わなくてはと思ったのですが、まだ買っていません。すいません。買わなくちゃ。
ところで、禁煙することはとてもいいことですね。たとえ一日でも。
先日なにかで、「授乳中ですが煙草がやめられないんです」という質問を見かけました。解答は
「ミルクで育てなさい」でした。そりゃあそうだろうけど、でもねえ。
2002年06月21日 14時24分50秒

2002年6月13日号 コンピューターに負ける日
詰め将棋って、いわばパズルじゃないですか。ああいうのはコンピューターが強いそうですね。そういえば、暗号や暗号解読もコンピューターは強そうですよね。エニグマだってめじゃないんじゃないかな。
いわゆる将棋そのものの強さと詰め将棋のつくるのがうまいかどうかっていうのは無関係ではないけれど、必ずしも、比例するかどうかっていうと、ちょっと微妙ですよね?
でも、指し将棋もコンピューターは強くなっています。もんだいは勝ったり負けたりを楽しめる人間がおかげで減っていることじゃないかなってかんじです。
そのために、開発者が、棋力の向上にエネルギーが注げなくなったら、永遠に将棋にはディープブルーは、やってこないような気がします。
それにしても、ディープブルーが話題になったあのころRS6000を某展示会でうっとりと眺めたなあ。たんすみたいなコンピューターだった。もちろん家庭用じゃない。でもいつか家庭用のパソコンだって、あれと遜色ない性能を持つんだよな。
2002年06月07日 23時50分57秒

2002年6月 6日号 コンピューターとの対決
コンピューター将棋っていえば、十年以上前「森田将棋」が出たときは、画期的でしたね。
ルールが分かるくらいの人がやってみて
「ちぇ、全然指さないよ。遅いなー。昼休みおわっちまうよ」とか
「なんでこんなひどい手を指すかねー。たんに王手を逃げるだけじゃない」とか
言ってましたけど。
それからパソコンはずんずん速くなったためなのか、コンピューターも強くなりましたね。初段とか二段とか三段とか。
それにつれて、
「コンピューターには勝てないよ」と言う話もざらになってきて。
もう強さを競っても、一般人には喜ばれなくなってきた時代になりましたね。逆に「接待モード」などがついた将棋ソフトが出てきたりして。
これからの将棋ソフトってどうなるんでしょうね。なんか楽しみです。
2002年05月30日 14時23分40秒

2002年5月30日号 女流棋士の世界
世の中には、アルコールなどに対してかなり寛容な人もいる。しかし、飲酒に対して厳しい宗教や国家もある。したがって、酒飲んでたからと言って、その言動を大目に見てくれというのは、あんまり個人的にはどうかなって思う。
でも、先崎先生の文章はたぶん酒を飲んでいてもステキだとは思うけど。
ところで、タイトルにもある女流棋士のあり方については、将棋の掲示板などではたまに話題になりますね。いろいろと歴史的な経緯とか合ってのことなのでしょうから、何とも言えないのですけど。
ところで、高橋和さんの名前って読めませんでした。(ていうか読める人居るのかな?)そして、先日は松尾歩さんの名前を大声で「まつお、ふ!」と叫んでしまいました。名前ってむつかしいです。
2002年05月23日 15時30分05秒

2002年5月23日号 清里の青空
ゴールデンウィークって、みんな旅行とか言ったのでしょうか?そういえば、羽生さんが今フランスに行っていらっしゃるとか。以外と春って旅行にはいい季節なのかもしれませんね。
ところでスポーツや数学は若いうちが力が出るわけですけど、世の中って、必ずしも若いひとだけがいいってものじゃないですよね。もちろん若くて力のある人もいるけど、経験などが持つ力もありますよね。
将棋の力って、いくつまで伸びるのかな?なんて思ってしまいました。
2002年05月16日 22時52分59秒

2002年5月16日号 伝説のスナック
新宿はよく行きます。まあ、日本一乗降客が多い駅だから当たり前かな?
でも、たいていは、東口の方に行ってしまいますね。伊勢丹とかもそっちの方だし。
それにしても、今年の桜は、早かったですね。もう、あっと言う間で。八重桜をチョット楽しんだくらいでした。
話は変わりますけど、大平さんは最近四段になられたのですね。よかったよかった。まだ三段の頃に、何かの将棋のイベントでお見かけして以来、ちょっと気になっていたものですから。
今後のご活躍をお祈りします。
2002年05月08日 15時47分20秒

2002年5月2・9日号 記憶力の悪さ
将棋の強い人って、自分から見ると、違う人種のような気がします。
詰将棋が解けたり、棋譜を並べたりできるなんて、すごすぎる。
そして、先崎先生って、やっぱり、ある種の天才なんじゃないかなって思います。
ところで、記憶力の悪さって、わたしとしては、やっぱしんどいことがいろいろとあるんですけど、なんとかならないものですかね?
2002年04月24日 21時31分46秒

2002年 4月25日号 指が覚えている
カラダが覚えている。ってのはよく聞く話ですね。例えば、自転車とか水泳とか。あれは一度覚えると体が覚えているので、ずっとできるのだとか。
覚えるのは脳みその役目と簡単にいえるものでもないのでしょうか?
逆に子供の運動会などでおとうさんが転ぶのは、昔と同じように体を動かそうと頭で指令をしても、体の方がついていけない場合だそうな。
それにしても、最近はなんでもTVゲームで実際に体を動かすことが少なくなりましたね。まずいのかな。
2002年04月20日 13時16分56秒

2002年 4月18日号 ビリー・ワイルダー監督の死
最近、全然映画見てないです。もう三年くらいかな。
「千と千尋」も「ハリポタ」も見ていない。結構昨年は話題になったのに。
だからといって、ビデオを借りたりもしない。ていうことは、わたしって何してるんだろ、って気分です。
えーが、見に行きたいなあ。。。。
2002年04月12日 01時08分42秒

2002年 4月11日号 ”ハスラー”と”カモ”
カモで思い出したのですが、「しぎやき」とかいう料理。あれはナスでつくるのだと思いますが。「鴫焼き」と書きますよね。
これを「鴨(かも)」と読み間違えたことがあります。「スーパーにシギがあった。珍しい」と思ったら、カモだったり。
まあ、普段でも、鶏肉は食べても、なかなかカモは食べないですね。
2002年04月12日 01時01分21秒

2002年 4月 4日号 カップラーメンの思い出
カップラーメン。管理人も好きです。夜中に食べるのが好きです。
それにしても、先日、風邪をひいて一家でダウンしたときにはつらかったです。特に主婦がダウンすると食事の支度もできないからつらいですね。家事援助サービスが欲しかったです。マジで。
2002年03月31日 16時47分20秒

2002年 3月28日号 下駄をはくまで分からない
大山名人って、すごい人だったんですね。
ちょっとしみじみ。そして、それを伝える先崎先生の筆の冴え。きっと早口の人だったんだな。って分かりますもん。
ところで、同じような表現で「棺桶のふたをおおうまで」って言い方もありますね。最近、スキャンダルをTVや週刊誌がよく扱ってるようですけど、棺桶のふたをおおっても、変わることもあるよねえ。
2002年03月21日 20時48分17秒

2002年 3月21日号 無念の降級
せっかくBSでも生中継してくれたA級順位戦最終日なのに、管理人は39度の熱を発してぐったりしておりました。で、全然TVを見てないうちに終わってしまいました。見たかったよー。応援したかったよー。と思っても後の祭り。管理人にとっても無念であります。
あとで、新聞を見たら、加藤九段が5度目の降級らしいですね。てことは、過去に6回昇級したということなんでしょうか?それはそれですごいことだと思います。
ともかく、プロ野球も新しいシーズンが始まってる見たいですし、先崎先生もゆっくり一息ついていただいて、来期またいい将棋を指して欲しいなあ、なんて思います。
2002年03月14日 11時43分40秒

2002年 3月14日号 f幻想のオリンピック
オリンピックも、いつの間にか終わってしまいましたね。まるで国体のように開催国による開催国のための大会になってますが。やっぱり護持せんといかんのかな。
そしてパラリンピックが始まりましたね。
選手の方って、ものすごいなと思う反面、その障碍をどうランク付けするかってのは難しいものですね。
目に見える障碍は、たとえば、足が動かないとか手が不自由とかについては、みんなの合意が得やすいと思いますけど、障碍って必ずしも目に見えるものばかりじゃないですよね。
確かに本人にとっても周りの人にとってもつらいことや不自由なことがあっても、ぱっと見ただけではわかりにくいこともあると思うんですよね。
2002年03月13日 16時18分08秒

2002年 3月 7日号 島八段の昇級
管理人は2月末日からずっと風邪で寝込んでおりました。その間にいつの間にかA級順位線も終わっていて、あれれ?って気分です。
ところで、島初代竜王、私の記憶が確かならば、羽生さんとの防衛戦に破れたけれど、そのときのコンパニオンだったミス川崎を射止められたはず。そのためか、島八段の大盤解説会が南武線沿線のとある駅で数年前に行われて、行ったことがあります。おもしろかったなあ。
あ、ところで、受験シーズンも終わりに近ずきましたが、一浪とかは当たり前のようになってきましたよね。で管理人は、現役合格はしたのですが、学生生活は1年多く過ごしています。入学時には先輩だった方が同じクラスにおいでになってて、自分も留年しそうだったので、「先輩!来年も同じ学年になりましょうね?」と申し上げたら、非常に微妙な表情をなさりましたっけ。なぜ?。気がつくと二人ともどっぺっちゃって、確かに同じ学年になりました。おかげで同級生が多いこと。ま、今になると堂でもいい話なんですが。
2002年03月13日 16時02分32秒

2002年 2月28日号 人生の勝ち負け
週刊誌は、このごろ、ムネオハウスなどで盛り上がっていますね。ワイドショーも。やっぱり見てしまいますね。
それにしても、先崎先生、スキーにおいでになったんだ。平日だったのかなあ。棋士の人ってサラリーマンと違って、平日でも動けることもあるんですよね。そのかわり土日に仕事も入ったりするだろうけど。
なんか奥様とほのぼのしたご家庭のようで、やはり結婚されてよかったなあと思ってしまいます。
2002年02月27日 12時23分44秒

2002年 2月21日号 勝負のアヤ
先崎先生のエッセイは、比較的将棋を知らなくても、読めておもしろいのですが、今週号は、将棋が大好きな人の方が楽しめる内容でしたね。それはともかくとして、今が冷静にがんばるべきか、夢中になるべきか、この辺を見極めるのは、なかなか難しいものですね。
2002年02月14日 11時47分10秒

2002年 2月14日 書き直し
おお、いよいよ明日2/7はA級順位戦なのですね。そうっとかげながら応援させていただきます。
ところで、「カタギ」て何なんでしょうね?多分、小市民とは違うものってかんじがするんですが。
2002年02月06日 22時17分21秒

2002年 2月 7日号 詰む玉、詰まぬ玉
管理人は実は青野先生のことも好きです。
和服が似合って、穏やかな感じで、すごく素敵じゃないですか。いつだったかサイン会でも「どうもありがとう」っておっしゃりながらサインしてくださって、もうこっちは舞い上がりそうな気持ち。ファンを大事になさっておいでで。理事を辞められたけど、これからも大活躍していただきたいですぅ。
2002年02月04日 12時40分10秒

2002年 1月31日号 昭和は遠くなりにけり
平成が始まったころ管理人は「昭和のころはさあ」なんて言って、それが冗談だったのですが、いつの間にか全然冗談じゃなくなっちゃいましたね。
それにしても、ほんと、常識だろうと思っていることが通じないです。管理人は実は時代劇大好き、歴史も結構好き。なもんで、変なことばかり言って「縄文時代から生きてるんだろ?」などと言われっちまうんですがね。
なもんで、先崎先生のお気持ちに大いにうなずいてしまうのですが。
2002年01月27日 20時49分26秒

2002年 1月24日号 首の皮
さすがに勝負の世界ってきつい。まあ、こんな御時勢では、どこの世界ももそうかもしれないけれど。
それにしても「首の皮を剥がしあうような勝負」という表現がすごい。
やっぱり先崎先生の文章ってうまいなあって思っちゃいます。
2002年01月19日 20時18分07秒

2002年 1月17日号 三つの目標
一年の計は元旦にありなんていいますね。
うちもそれなりに目標をたてたほうがいいんだろうなあ、なんて思いつつ今年が始まってしまいました。そんな管理人ですが今年もよろしく。で、このHPの目標ですが
1.先崎先生の応援をじみに続ける
2.この感想文をじみに続ける
3.対局記録を作ってみたいな
という感じかなあ。管理人も目的意識がないほうかも、、、、
2002年01月10日 23時18分16秒

2001年12月27日号 こんな世相だから
今年もいろいろあったなあと、しみじみします。今年の漢字は「戦」でしたものね。
でも、もうすぐお正月。まだ年賀状は書いていなくても。
正月といえば、みんな親戚とか集まって、ゲームなどに打ち興じる。うんいいなあそれ。
2001年12月21日 02時53分57秒

2001年12月20日号 駄洒落という潤滑油
駄洒落。わたしも、そして、うちの連れ合いも言いますねえ。(あ管理人は実は既婚女性です。)
「難解だな」というダンナに対して「ホークス?」などといったあとで、しょーもなって感じで。「ま、野村監督退団記念ってことでいいんじゃない?」などとフォローしてもらったり。
「機雷ってなあに?」とニュースを見て口走る妻に「好きの反対」と答えたり。
ま、潤滑油は大切ですよ。ほんと。

2001年12月13日号 星に願いを
獅子座流星群、管理人は惰眠をむさぼっていて見なかったんだよなあ。
でも、人生、自業自得って思うときはあるけれど、一方で「ワシノセイヤナイデ」
ってのがないと、しんどいのもたしか。
ともかく、勝負の世界ってほんとに大変なんだなあ。しみじみしてしまう。

2001年12月 6日号 ゴキゲン中飛車
将棋の用語って、どんな由来なんだろうって思っていた。
「森下システム」とか「中座飛車」とか「ミレニアム」とか「鷺宮定跡」など。
でも、「ゴキゲン中飛車」が決まった経緯って、そういうことだったのかっ

2001年11月29日号
先生、お疲れ様でした。としか言いようがない。
それにしても、千日手とか持将棋とかの差しなおし規定は、何でそうなってるんでしょ?
まあ、対局者はしかたないけど、記録係などのスタッフも疲れたろうなあ。
スタッフには残業手当てとか、付くんだろうか?労働基準法の適用はどうなるのかなあ。
記録係が少年とかだった場合は、児童の深夜労働にならないんだろうか?
「えなりかずき」だって、生放送の時には、途中で帰ったりするもんなのだが。

2001年11月22日号
先崎先生の奥様は碁打ちなんですね。ほのぼのとしたご家庭のようで。
それにしても地上波は届かないけれどBSなら届くところってどこなんでしょう?
日本が領有権を主張しているけれども必ずしも近隣諸国の理解が得られていないところのことかな?
平家物語の小督にでてくる「いづくか王地ならぬ」という言葉を思い出します。
まあ、相撲とか大ニュースとかでも将棋のBS中継は飛びますねえ

私のホームページへ | Playtown-Kingのページへ | メイン | 今すぐ登録