9月6日は何の日?

 

 

 

 

 

さて、皆さん。

 

毎年9月6日が一体何の日かは、ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

って、実はこれ、俺も最近知ったことなんですけどね………、

 

 

 

 

 

 

 

どうやら9月6日というのは、「妹の日」らしいです。

 

 

 

 

……と言っても別に、ネットで活動している妹萌えギャルゲーオタク有志」……

とか言いつつ、限りなく志は低そうだけど、

とにかくそんな連中が仲間内で勝手に作り上げた記念日ってわけではなく、

これはちゃんと公的に認定されている日ということらしいんですよ。

 

 

 

まあ、そんなわけでその「妹の日」についての詳しい内容をちょっと調べてみたんだけど、

どうやら「妹の日」が9月6日になった理由ってのは別に、

キン肉バスターをやぶるコツとはまるで関係なくて、

 

 

 >妹の可憐さを象徴する乙女座(8月27日〜9月23日)の中間の日の前日

 

 

ってことで、この日になったらしいんですよね。

 

 

 

 

………しかし、それにしても、

 

 

 妹の可憐さを象徴する

 

 

だなんて、ギャルゲーオタクでもないのに

妹に幻想を抱いちゃダメだと思うんですけどねえ……。

 

 

 

 

しかも驚きなのは、それだけじゃありません。

なにやら「妹の日」には、

 

 >毎年、その年に活躍した「妹」だけを対象とした「日本妹大賞」を授与

 

なんてのをやってるらしいじゃないですか!

 

うわーっ、これスッゲー気になるー!

 

 

 

 

 

……と、まあこんなわけで、何かと気になる記念日、「妹の日」だけど、

その中でも特に一番気になるのは、

 

 

 >(妹の日は)「兄弟型姉妹型」研究の第一人者で漫画家の

畑田国男さんが1991(平成3)年に制定

 

 

と書かれている、この妹の日を制定した畑田国男なる人物のことですよ。

 

一体この男は、何ゆえにこんな日を制定しようと思ったんですかねえ?

 

 

 

 

 

と思って、彼について、ちょっとネットで調べてみたんですがー………

 

 

 

 

 

どうやらこの、畑田国男って男………、

 

 

 

 

 

 

重度の妹フェチらしいです。

 

 

 

 

 

いや、だってねー、驚き! 驚きですよ!

 

 

 

どうもこの男、「妹の力」社会学なる本を出しているらしいんだけど、

その本の目次に出てくる見出しを見るだけでも、

この男の妹フェチっぷりが如実に現れていますよ。

 

 

では、その気になる見出しってのをいくつかここで紹介いたしましょう。

 

 

 

 

 

 その1:

 なぜ「妹」なのか

 

 

 

 

 

 その2:

 「妹と仲良くしたい」 小学生の作文より

 

 

 

 

 

 その3:

 「古事記」の中の妹

 

 

 

 

 

 その4:

 トロイ戦争は「妹」のために起きた

 

 

 

 

 

 その5:

 キリストも「妹」がお好き?

 

 

 

 

 

 その6:

 少女とは妹のこと

 

 

 

 

 

 その7:

 恋多き女とは「妹」

 

 

 

 

 

 その8:

 都市はまさに「妹」である

 

 

 

 

 

 その9:

 「妹」にやられた総理大臣

 

 

 

 

 

 その10:

 「おたく」も妹時代の象徴

 

 

 

 

 

 その11:

 妹は素敵な兄を待っている

 

 

 

 

 

 

 その12:

 オー・妹・ベイビー

 

 

 

 

 

……………

 

 

 

 

 

ヤバイです……、

 

 

 

 

 

ヤバイですよ、畑田国男。

 

 

 

 

 

もう俺は断言するね。

 

畑田国男、妹フェチ間違いなし!!

 

 

だいたい「オー・妹・ベイビー」だなんてお前はくりぃむレモンかっ!

やりすぎにもほどがあるってもんですよ。

 

 

 

 

 

……いや〜、しかしそれにしても、その畑田国男が妹フェチってことになれば、

毎年行われているという「日本妹大賞」の結果ってのも、俄然気になってきますよー。

 

 

 

やはり今度の日本妹大賞にはぜひとも、

妹が12人出てくる悪夢のようなギャルゲー

「シスタープリンセス」の12人に受賞してもらいたいところですね!

 

 

 

 

………なーんてこと書くと、

 

「シスタープリンセスなんて、ゲームじゃねーかよ!

現実と空想をごっちゃにするんじゃねーよ、バカッ!アホッ!幼女誘拐犯!

 

って、皆さん思うかもしれないけど、まあ聞いてほしい。

 

 

実はその後の調査により分かったんだけど、どうやら1999年の日本妹大賞には、

アニメ映画「となりの山田くん」「ののちゃん」が選ばれているらしいんですよ。

 

 

 

……そう。

 

 

 

これでもう、お解りですね。

 

 

 

この日本妹大賞には、実在しないアニメの妹でも受賞可能ってことですよ!

 

 

 

ほら、どうです………?

 

 

 

こう考えれば、「シスタープリンセス」にも受賞の可能性があるように思えて来たでしょ。

 

しかもこの「妹の日」の発案者は、あの妹原理主義者の畑田国男なんですよ。

 

ヤツならやりかねんでしょう、マジで!

 

 

 

 

 

………いや〜、それにしてもまさか「妹の日」の影に、

こんな男の功績があったとは、全く驚きですねー。

 

 

 

妹に命を懸けた男………、その男の名は畑田国男

 

 

 

彼は日本妹界のとして………、

 

いや日本妹界のお兄ちゃんとして、後世まで語り継がれていくことでしょう。

 

 

嗚呼、偉大なり畑田国男。

 

嗚呼、素晴らしき妹の日………。

 

 

 

 

 

戻る

 

 

 

 

P.S.

ちなみにこの畑田国男氏は、現在既に亡くなっているらしいです。

彼にはぜひとも、天国から現在の妹ブームを暖かく見守って欲しいものですね。