物語と解説(かいせつ)
Story and Description

One evening, a girl met a woman who had a red coat and a big white mask on her mouth on her way home from school. The woman asked "Do you think I'm beautiful?" The girl could not see clearly the woman's face because of her mask. However, the girl thought that the woman was quite beautiful. The girl answered obediently "Yes, you are beautiful." Suddenly, the woman asked again "Am I really beautiful?" while taking off the mask. The woman's mouth split open to her ear. The girl ran out of fear and escaped from the area. However, the woman pursued the girl with terrible speed. The woman caught up with the girl easily. The woman said "I want to do for you what was done to my face." The woman had a big sickle hidden. Then, the woman split the girl's mouth with the sickle...

---------------------------

She was most active in 1979 from spring to summer. Her name was very famous around Japan just only for that term. It seems that mistake was made when she was in surgery. That is to say, she was a real person. However, she suffered abnormal conditions in her soul from the shock when her mouth split, and people did not know why she came to attack children.

She stood in the shadow of a telegraph pole in the evening. Then, she asked "Am I beautiful?" when children passed in the area. If you answered "yes", she would take off the mask, and ask again. However, if you answered "no", she also took off the mask, and she said "I want to do for you what was done to my face." After all, you could not be safe whether you answered good or bad. Then, she pursued with terrible speed the children.

According to a report, seemingly, she could run 100m in only 3 seconds. They could not run away. She instantly caught them and she split them with a sickle, kitchen knife or razor.

To tell the truth, she did not have unusual attributes. It was only a simple story about an unusual person who attacked a child.

ある日の夕方、ある女の子が学校からの帰り道に、赤いコートを着て、大きなマスクを口につけた女性に出会いました。その女性は少女に近づくと、一言、「私、キレイ?」と尋ねました。マスクで顔半分が隠れていたのではっきりとは分からなかったが、その女性はなかなかの美人であると少女は思いました。少女は素直に、「うん、キレイだよ」と答えました。するとその女性は突然マスクに手をかけ、それをはぎとりながら、「これでも・・・キレイかー!!」と叫びました。その女性の口は、耳まで裂けていました。少女は恐怖のあまり、走ってその場を逃げ出しました。ところが、口の裂けた女は、ものすごい速さで少女を追いかけてきました。少女は簡単に追いつかれてしまい、「あなたも私みたいにしてあげる」と言われました。その口の裂けた女の手には、いつのまにか、鎌が握られていました。そして、その鎌で少女の口を・・・。

---------------------------

「口裂け女」が最も活動的だった時期は、1979年の春から夏にかけてのことでした。彼女の名前は、この時期だけで、日本全国に知れ渡りました。 彼女は、整形手術の失敗が原因で、口が裂けてしまったと言われています。つまり、元々は人間です。ところが、彼女は口が裂けてしまったショックから、精神に変調がきたし、なぜかは分からないが子供たちを襲うようになりました。

彼女は夕方になると電柱の影などにたたずみ、子供が通ると、「私、キレイ?」と聞いてきます。 もし、この質問に肯定のニュアンスで答えると、彼女は例話のごとく、マスクをはぎとり、「これでもかぁ!」と、もう一度聞かれます。 しかし、もしここで否定的なニュアンスで答えたとしても、彼女はマスクをはぎとり、「お前もこうしてやる」と言われます。 結局、なんと答えても助からないのであります。 その後、恐怖で逃げ出す子供を、彼女は恐ろしいまでの速さで追いかけてきます。

一説によると、彼女は100メートルを、わずか3秒で走れるらしいです。これでは、逃げ切れるはずがないです。子供は、たちまち彼女に捕えられ、彼女が隠し持っていた鎌、あるいは包丁、かみそりなどによって、耳まで裂かれてしまうそうです。

実は、元々口裂け女にはこんな異常な属性はなく、ただ「子供を襲う異常者がいる」というだけの話しでした。彼女は、信じられない噂によって妖怪に変えられてしまったのです。


フラッシュアニメーションバージョンです。クリックしてね。
Flash animation version. Click here!!