IV号突撃砲

IV号戦車を組んでからずいぶん経ちましたが、やっとバリエーションモデルの一つが形になりました。
バリエーションモデルだけあって、シャーシはIV号戦車のものをほぼ流用。
その分、ディティールに力を注ぎました。

以下、画像ごとに解説、解説ぅ〜。


まずは、おきまりのアングルから。

画像の上にポインタを置いてみよう!シュルツェンがはずれます。


主砲の角度に注目(画像の上にポインタを置いてみよう)
迎角はもちろん俯角をとる事も可能。まあいつも通りか(^^)

主砲は旋回砲塔を持たない固定砲らしく、上下可動に加え左右へも可動可能。
砲の可動機構と戦闘室側面の傾斜装甲にスペースを取られたため
戦闘室上面のハッチ類の開閉は省略。
かろうじて、ドライバー用ハッチのみが開閉可能。
(画像の上にポインタを置いてみよう)

今回お気に入りなのがシュルツェン。
実車は装着する履帯の幅によってシュルツェンの取り付け角度を変更できるようになっていますが
本作品もそれに倣って角度調節ができるように工夫。
標準履帯(2ポッチ幅)装着時に正面から見ると「逆ハの字」に見えるのがポイント。
取り付け方法もポッチ接着から、これまた実車に倣って吊り下げ式に変更。
これにより、着脱が容易になっています。(画像の上にポインタを置いてみよう)


シュルツェン装着時は予備履帯をはずす必要があるのが難点(^^;
ちなみに予備履帯が3ポッチ幅と幅広なのは、これが冬季もしくは東方用履帯であるため!
という事にしておこう。
(画像の上にポインタを置いてみよう)


実車同様に車体後部、機関室まわりもそのまま流用してもよかったが
ここは、IV号戦車で省略した要素を盛り込むために完全リテイク。
ハッチの開閉が可能となり、エンジンを仕込むスペース(現時点では未搭載)も確保。
さらに誘導輪の取り付け方法・位置の変更、マフラーの改良など、かなり様変わりしています。


開閉箇所は3箇所(画像の上にポインタを置いてみよう)
エンジンは資料を入手次第組み込む予定

シュルツェンを取り付ける支持架が下方向に微妙に曲がっているのに注意

戦闘室上面のリモコン機銃。
スキー部品が防縦形状にぴったりだったのはよかったが、固定に問題アリ。
かなり不安定なため、画像でも微妙に取り付けが歪んじゃってます(^^>"


シャーシはIV号戦車とほぼ同じなので当然サスも可動

戦争末期にはありがちな、重戦車と突撃砲の組み合わせ。
V突より全長が長いIV突もティーガーIIと比べるとかなり小さい。
これは単にティーガーIIが大きすぎるだけなんだが(^^)


最後に他車と全高を比較。突撃砲らしい低姿勢!?
BACK TO LIST